ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーにはどんなデメリットがある?

 

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーにもデメリットはある?

 

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーは、新鮮な生肉を原材料とし素材にこだわって作られた子犬用のドッグフードです。

特に「スモールブリード」として、小型犬の子犬でも食べられるよう粒も小さく、原材料も調整されたナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピー。

 

小型犬の子犬の口はとても小さいですから、こういった粒の小さなドッグフードは重宝する、という方も多いですよね。

ですが、どれほど優秀に思えるドッグフードであっても必ずデメリットを持っているものです。

 

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーも例外ではなく、メリットもあればデメリットも抱えています。

どんなドッグフードなのか、どんなデメリットを持っているのか、詳しくみてみましょう。

 

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーはどんなドッグフードなのか

 

デメリットを知るにはまずナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーがどんなドッグフードか知るところからスタートしましょう!

 

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーは、カナダのペットフードブランドが作っているドッグフードです。

フレッシュで品質の良い原材料にこだわっているのが特徴で、使われているお肉は全て生の物という徹底ぶり。

乾燥させたお肉もよく使われるペットフードの中では一際目立つ存在です。

 

ナウ フレッシュシリーズは年齢や体調、体の大きさに合わせて細かくタイプが分かれており、ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーはその中でも子犬、特に体の小さな小型犬向けに作られているタイプのフードです。

 

成犬になっても体が小さい犬種の子犬の口はとても小さいため、一般の子犬向けフードでは粒が大きすぎることもしばしばですよね。

 

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーの粒は直径が5mmから7mm、厚さは4mmほどととても小さなサイズで、小型犬の子犬でも問題なく食べられる大きさが魅力です。

 

小型犬の子犬向けにはこれ以上ないほどのドッグフードにも思えますが、実はいくつかのデメリットも持っているナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピー。

 

どんな点がデメリットとなっているのか調べてみました。

 

ドッグフードおすすめランキングBEST3はこちら

 

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーは子犬に必要な栄養素を確保できている?

 

子犬向けのドッグフード選びはとても大切な作業です。成犬へ向けてどんどん成長していく子犬期の食事は、まさに愛犬の体を作り上げるもの。

この時期に良質な食事を摂れないと、後々まで体調不良の原因となることさえあります。

体を成長させていく子犬にとって、一番大切な栄養素がタンパク質です。

 

筋肉、内臓、毛皮など、体の色々な部分がタンパク質によってできていることを考えれば、良質なタンパク質をたくさん摂らせてあげたいですよね。

 

子犬用のドッグフードとしては、タンパク質の割合が30%以上のものが理想です。

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーのタンパク質含有量を見てみると、28%以上と表記されています。

極端に少ないわけではないですが、理想の数字からは若干少ないというデメリットを抱えているのがわかりますね。

 

また、なるべく消化吸収がしやすいフードを選ぶ、というのも子犬用の食事を選ぶ際には大事なポイントです。

子犬は成犬と比べまだまだ内臓の機能も弱く、消化の悪いものは上手く栄養として吸収できないからです。

 

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーは、名前にもグレインフリーとある通り穀物が使われておらず、また消化しやすいよう酵素なども配合されていて、しっかり配慮されていることが窺えます。

ですがえんどう豆などの豆類が原材料に含まれている部分が少し気になります。

 

穀物類と同様、豆類も犬にとっては消化しにくい食材なのです。タンパク質が若干少なく、消化しにくい食材も含まれているという点は、子犬用のフードとして見過ごせないデメリットといえます。

 

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーは原材料の品質が良く安心できるだけに、これらのデメリットはとても残念なポイントですね。

 

ドッグフードおすすめランキングBEST3はこちら

 

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーのように粒が小さいのはメリットかデメリットか

 

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーは、口の小さな子犬でも食べやすいよう粒がとても小さく作られているのも特徴です。

小型犬にも配慮したポイントではあるのですが、実はこのナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーの粒の小ささもデメリットになってしまうケースがあります。

 

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーの粒は本当に小さいので、小型犬の子犬であってもかえって食べにくく、食いつきが悪くなってしまうというデメリットにもなるのです。

 

犬の体の大きさや好みによってメリットにもなるナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーの粒の小ささですが、時にはデメリットにもなってしまう可能性がある、と覚えておきたいですね。

 

ドッグフードおすすめランキングBEST3はこちら

 

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーのデメリットを見極め愛犬に合わせたドッグフード選びを

 

どんなドッグフードにもメリットとデメリットがあります。

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーも、安心して食べさせられる品質の高さなどのメリットと同時に、タンパク質が若干少ないこと、消化に悪い食材も使われていることなどのデメリットを抱えています。

 

健康面では問題ないと判断しても、ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーに対してあまり食いつきがよくないかもしれない、というリスクもあります。

 

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード パピーを愛犬に食べさせる食事として選択肢のひとつに加えるのであれば、こういったメリット・デメリットを把握した上で選ぶように心掛けましょう。

 

 

 

  • 安い価格で気軽に購入できる
  • Amazonや楽天、価格comランキング上位

 

のドッグフードを、成分や原材料の確認せずに食べ続けさせてしまうと、

 

毛並みが悪くなる

毛艶が悪くなる

皮膚を痒がる

胃腸が弱くなる

うんちがゆるくなる

目やにが増える

涙やけができる

 

などの原因になります・・・・。

 

そこで当サイト管理人が、以前かかりつけの獣医師さんに教えていただいた、ドッグフード選びの6つの基準をご紹介します。

 

獣医師が推薦する、ドッグフード選びの6つの基準

 

ドッグフード選びの基準① 栄養バランスが良いドッグフード

 

毎日の食事の栄養バランスが偏っていると

 

被毛の毛並みや艶が悪くなる

抜け毛が多くなる

ウンチが固くなる

涙やけができる

 

等、犬の健康上に問題が・・・。

 

そのため、犬の健康に必要な栄養素がバランス良く配合されているドッグフードがおすすめです。

 

栄養バランスの良いドッグフードの基準は、

 

動物性たんぱく質50%以上

粗タンパク質22%~33%前後

脂質10%~15%前後

糖質35%~45%前後

 

で調整されているドッグフードです。

 

犬の健康維持には、肉類・野菜・果物など色々な栄養素がバランス良く配合されているドッグフードを選びましょう。

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

ドッグフード選びの基準② 無添加で製造されているドッグフード

 

 

有名フードのロイヤルカナンなどにも含まれる、酸化防止剤のBHAやBHTは発がん性物質です。

 

発がん性物質を体内に取り入れつづけることで、

 

ガンを発症

血管や内臓からの出血やうっ血

 

など、命の危険が高まります・・・。

 

また、肉副産物である

 

動物の死肉 DEAD

病死した動物の肉 DISEASED

死にかけの動物の肉 DYING

障害のあった動物の肉 DISABLED

 

4Dミート(4つの頭文字をとった総称)が含まれるドッグフードを与え続けると、

 

毛並みや毛艶の悪化

抜け毛が増える

フードを食べない

フードを吐き出す

皮膚を痒がる

涙やけができる

目やにが増える

 

などの症状を引き起こすので、あげているドッグフードに

 

人工添加物 エトキシキン
BHA
BHT
赤色3号
赤色40号
赤色102号
赤色105号
青色2号
ソルビトール
キシリトール
グリシリジン・アンモニエート
ビートパルプ
コーンシロップ
亜硝酸ナトリウム
プロピレングリコール
ソルビン酸カリウム
4Dミート 肉類
肉副産物
◯◯ミール
◯◯パウダー
動物性油脂
◯◯エキス
◯◯パウダー

 

など人工添加物や、4Dミートの可能性がある原材料が不明な記載が含まれている場合は、今すぐドッグフードを切り替えましょう。

 

その為、犬の餌に人工添加物が含まれない無添加ドッグフードがおすすめです。

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

ドッグフード選びの基準③ 動物性たんぱく源が豊富なドッグフード

 

 ※引用元 https://konaka-ah.com/index.php/page/protein

 

動物性たんぱく質は

 

健康的で丈夫な犬の体作り

艶のある綺麗な毛並み

 

に必要な栄養素です。

 

動物性たんぱく源が足りないと

 

  • 犬の体を丈夫に育てられない
  • 毛並みや艶が悪くなる
  • 食いつきが悪くなる

 

といった原因になります、

 

また、犬は本来肉食の為、原材料に肉を多く含むドッグフードを好む傾向があるので、犬の餌には、主原料が肉で粗たんぱく質が50%以上含まれるドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

ドッグフード選びの基準④ グレインフリーのドッグフード

 

 

グレインフリー(グルテンフリー)とは穀物を一切含まない事を意味しています。

 

犬は穀物を消化するのが苦手な生き物です。

 

※アミラーゼと呼ばれる穀物に含まれるデンプンを分解する消化酵素が唾液に含まれない為

 

市販の安いドッグフードには腹持ちを良くするため穀物を含む商品が多く存在しています。

 

穀物を食べ続けることで消化不良を起こし

 

胃捻転を発症する

アレルギーの原因になる

胃腸が弱くなる

うんちがゆるくなる

 

特に胃捻転を発症すると、他の臓器を圧迫してしまい最悪死に至るケースもあるので特に注意が必要です。

 

※胃捻転とは 消化不良により胃の中にガスが溜まり、胃捻転(胃がひねりまわってしまう病気)

 

胃捻転だけでなく、他のトラブルを引き起こす原因になるので、犬の餌にはグレインフリー(グルテンフリー)タイプのドッグフードがおすすめです。

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

ドッグフード選びの基準⑤ 低炭水化物なドッグフード

炭水化物の種類

分類 種類 特徴
単糖類 グルコース(ブドウ糖) 麺類/米/パンなどに多く含まれる
フラクトース(果糖) 果物などに含まれる
ガラクトース 牛乳などに含まれる
二糖類 スクロース(ショ糖) 砂糖の主成分
マルトース(麦芽糖) 水飴などに含まれる
ラクトース(乳糖) 乳製品に多く含まれる
少糖類 オリゴ糖 ごぼうや玉ねぎなどの野菜、蜂蜜などに含まれる
多糖類 グリコーゲン 肝臓や筋肉に蓄えられている成分
デンプン じゃがいもや米、パスタなどの穀物類に含まれる
食物繊維 さつまいもやかぼちゃなどに含まれる

 

ヘルシーで低炭水化物なフードであれば、体重が大きく増え、ダイエットが必要になってしまった場合や、太りやすい体質の場合に、食事量の管理が楽というメリットもあります。

 

低炭水化物でないフードを選択した場合、

 

  • 太りやすい体質になる
  • 毎日のカロリー計算が大変になる
  • 毎日の食事量の管理が大変になる

 

といったデメリットがあります。

 

また、ドッグフードの原材料ににサツマイモが含まれていると、腹持ちがよくなり、給餌量(餌の量)減らすことができ、標準的な体重を維持しやすくなるのでおすすめです。

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

ドッグフード選びの基準⑥ ドライタイプのドッグフード

 

 

カリカリのドライフードをよく噛んで食べる事で、

 

歯周病の予防と対策

給餌量を抑える

ボケ防止

 

が可能になります。

 

ウェットフードの場合、歯間や歯茎に食べかすが残り歯周病の原因になる為、食後のケア(歯磨きなど)が大事になりますが、ドライフードであれば食べかすや歯石などを、食べながら取り除く事がでるので

 

食後のケアが楽になるというメリット

 

もあります。

 

その為、犬の餌にはウェットタイプのフードよりもドライタイプのドライフードがおすすめになります。

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

ドッグフード選びの6つの基準を満たすメリット

 

安全性の低い

栄養バランスが悪い

胃腸が弱くなる

太りやすい

食物アレルギーを発症する

毛並みや艶が悪くなる

食いつきが悪い

 

ドッグフードを避けることができます。

 
比較表

 

しかし、市販のドッグフードや一部のプレミアムフードは安全性に配慮がなく、栄養バランスに偏りが多いドッグフードが多いので注意が必要です・・・。

 

そこで、安全で犬の健康に良いドッグフード選びの6つの基準をもとにした

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

をご紹介します。

 

ドッグフードのおすすめBEST3

カナガン

穀物不使用 無添加
ヒューマングレード ドライフード
全犬種対応 全年齢対応
食いつきの良さ
栄養バランス
安全性の高さ
たんぱく質の量
ヘルシーさ
主原料 内容量
チキン
サーモン
1.8kg
カナガンのおすすめポイント

 

カナガンが今選ばれている理由

 

カナガンはあらゆるドッグフードのいい所を取り入れた理想的なフードです。

 

  • 獣医師も推薦する栄養バランス
  • 穀物不使用のグレインフリー
  • 全犬種全ライフステージ(全年齢)対応

 

栄養バランスやコスパ、あらゆる面でワンランク上の無添加ドッグフードのカナガンは、93%の初回購入者が定期購入している、すべての飼い主さんに一度は試してもらいたい、食いつきの良さ◎のプレミアムドッグフードです!!

 

 

カナガン公式HPはこちら

 

 

ネルソンズ

主成分 内容量
チキン 2kg
食いつきの良さ
栄養バランス
安全性の高さ
たんぱく質の量
ヘルシーさ
ネルソンズの評価

 

トップブリーダーが自身の愛犬の為に開発したプレミアムドッグフード。

カナガンと同様の品質の高さと安全性を持ちますが、7ヶ月〜7歳までとライフステージが限定される為、マイナス評価です。

 

ネルソンズ公式HP

 

アランズナチュラルドッグフード

主成分 内容量
ラム 2kg
食いつきの良さ
栄養バランス
安全性の高さ
たんぱく質の量
ヘルシーさ
アランズナチュラルドッグフードの評価ポイント

 

メイン原材料にラム肉を採用しているので低アレルゲンフードです。

犬の健康面に配慮し、消化を助けてくれるフードですがそのかわりラム肉を好まないワンちゃんにはおすすめできない為、食付きにばらつきもありマイナス評価です。

 

アランズナチュラルドッグフード公式HP

 

カナガンがおすすめドッグフードである理由

 

ネルソンズもアランズナチュラルドッグフードも、品質や安全性が高く犬の健康を考えられたドッグフードですが、

 

ネルソンズのデメリット
  • 動物性たんぱく源が足りない
  • 高カロリー
  • シニア期に切り替えが必要

 

アランズナチュラルドッグフードのデメリット
  • 犬によって食いつきにばらつきがある
  • 独特な香りある
  • 動物性たんぱく源が少し少ない

 

というデメリットがあります。

 

その、ネルソンズやアランズナチュラルドッグフードのデメリットが解消され

 

  • 食いつきの良さ
  • 栄養バランス
  • ヘルシーさ
  • 年齢ごとのフードの切り替えが不要

 

を実現しているのがカナガンです。

 

 

それだけでなく、

 

  • 穀物を一切使用していないグレインフリー
  • 人工添加物を含まない無添加ドッグフード
  • 獣医師も推薦する栄養バランス
  • ジッパー付きのパッケージで保管しやすい

 

というまさに理想形のドッグフードです。

 

 

カナガンの購入はこちら

 

 

今、カナガンが売れている理由と人気の秘密

11

 

  • 理想的な栄養バランス
  • グレインフリー
  • 無添加

 

の、カナガンなら健康的で丈夫な体になり長生きできます。

  

 カナガンを与えるメリット

 

  • 健康的で丈夫な体にできる
  • 綺麗で艶のある毛並みにできる
  • 足腰を強化できる
  • 胃腸の弱さを解消
  • 涙やけを解消
  • 食いつきの悪さを解消

 

だからこそ、カナガンが今、選ばれています

 

安価で品質の悪いドッグフードを与え続けると大切な家族の命が危険にさらされます。

 

早い段階で安全性が高く健康に良いカナガンに切り替える事をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

-ナウフレッシュ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.