犬のよくあるトラブル

愛犬との散歩中にトラブルならない為の対策方法

 

可愛い愛犬との楽しい散歩中には楽しいひとときだけでなく、思わぬトラブルが発生してしまう事も多いです。

 

思わぬトラブルに合ったり起こしてしまわない様飼い主として注意するべきポイントをまとめています。

 

参考にしていただけると嬉しいです。  

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

 

よくある散歩中の事故 加害者にも被害者にもなります

 

飼い主が加害者になってしまうよくあるケース

 

  • 他人を咬んで怪我をさせてしまう ・他人や知り合いに飛びついて洋服を汚してしまう/破いてしまう
  • 他人の庭にある植木を壊してしまう/ひっくり返してしまう ・他人や知り合いの犬や猫、その他の動物に噛み付いてしまう

etc...

 

この他にも飼い主が加害者になってしまうケースは多大にあります。

 

普段はそんな事しないからうちの子は平気♪と油断をしていると、急に他人に噛み付いてしまったり、興奮して追いかけ回してしまう等、普段はまったくしない行動を急に起こしてしまう事もあります。

 

散歩中は人が近づいて来た時や人通りがある通りを散歩する時はリードを短く持つ、進行方向を急に変えても対応出来る様に心の準備とリードをしっかり引いて歩く事が必要です。

 

また、加害者になってしまうケース同様被害者にもなってしまうケースが同様にあります。

 

加害者になってしまうケースとは逆になりますが

 

  • 他人や知り合いの犬に噛まれる ・他人や知り合いの犬に服を汚される/破かれる
  • 他人や知り合いのペットに愛犬が噛まれる
  • 他人のペットにいじめられ怪我をしてしまう
  • 交通事故に巻き込まれる

 

etc...

 

同様に多大なケースがあります。  

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

飼い主に求められる不法行為責任

 

散歩中などにペットが他人を傷つけたり他人の所有物を壊したり、公共物を破壊してしまうといった行為を犯してしまった場合、原則として飼い主が損害賠償責任を負う必要があります。

※民法第718条 飼い主の不法行為責任

 

散歩中に求められる飼い主の注意義務

 

散歩中に加害者になってしまった場合、飼い主が注意義務を果たしていた事が証明できないと、飼い主としての責任である不法行為責任を果たす必要があります。

 

また、被害者側であったとしても、注意義務を怠った場合は不法行為責任を問われるため飼い主としての責任を果たしていない場合は相手側の過失と相殺される場合もあります。

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

賠償責任が発生する相手側の損害

 

・相手側にかかった治療費 ・慰謝料 ・休業損害(会社を休む必要が出た場合の損害等)  

 

思わぬトラブルに巻き込まれて為にも普段の躾が大事

 

普段の躾をしっかりしておくことで思わぬトラブルを避ける事が出来ます。

また、飼い主としての不法行為責任を普段から意識し対策しておくことで加害者になってしまったり、被害者になってしまう事も避ける事ができるので 愛犬の躾だけでなく、飼い主としての責任をしっかり果たしましょう。

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

 

 

ペットの健康管理|ノミ駆除で…。

 

犬種で区分すると、それぞれに発症しやすい皮膚病のタイプがあります。例を挙げると、アレルギー性の皮膚病の種類はテリアに多いです。また、スパニエルは、多種多様な腫瘍や外耳炎が多くなるとされています。
実はフィラリア予防薬は、病院などで診察した後に買うものですが、近ごろは個人輸入もできるため、海外ショップでも手に入れられるから安くなったと言えます。
ノミ駆除で、飼い犬を動物クリニックに頼んでいて、費用も多少は負担がかかっていました。しかしラッキーにも、通販ショップからフロントラインプラスという医薬品をオーダーできるのを知って、以来利用しています。

現在、ペットくすりの利用者数は10万人を超し、受注の件数なども60万以上だそうです。これほどの人たちに支えられている通販なので、気兼ねなく買えるはずです。
一般的に犬の膿皮症とは、免疫力が衰えた際に、皮膚などの細菌が増えてしまい、そのうちに犬に湿疹などを招く皮膚病の1種です。

実際の効果は画一とは言えませんが、フロントラインプラスであれば、1度の投与により犬のノミ予防に関しては長くて3カ月、犬のノミだったら約2か月、マダニの予防は犬犬共に1カ月ほどの効果があります。
月にたった1度、ペットの首の後ろに塗布するだけのフロントラインプラスという医薬品は、オーナーの方々ばかりか、犬や犬に対しても負担をかけないノミやダニの予防や駆除対策の1つと言えるのではないでしょうか。

犬というのは、栄養分のカルシウム量は人の10倍必要な上、薄い皮膚を持っているので、相当デリケートな状態である点などが、ペットサプリメントをお勧めしたい理由でしょうね。
フロントラインプラスに入っている1本は、成長した犬1匹に効き目があるように売られています。まだ小さな子犬には、1本の半量でもノミ・ダニ予防の効果があると思います。
皮膚病が原因で非常にかゆくなると、犬の精神的にも影響が出るようになることもあって、ついには、訳もなく人を噛んだりするというケースだってあるようです。

犬犬対象のノミやダニを退治してくれる薬において、フロントラインプラスだったら多くの飼い主さんから頼りにされていて、かなりの効果を表していることから、試してみてほしいですね。
ペットのダニ退治をはじめ、予防、駆除のために、首輪に取り付ける薬やスプレー式の医薬品が市販されています。1つに決められなければ専門の獣医さんに聞くような方法もお勧めです。お試しください。
基本的に、ペットたちでも年を重ねると、食事が変わるものです。ペットに相応しい食事を念頭に置いて、健康を保ちつつ日々を過ごすように努めましょう。
皆さんは毎日ペットをしっかりみて、身体の健康等を知るようにしておく必要があります。これで、万が一の時に健康時との差異を説明できるでしょう。
犬用のレボリューションなどには、併用を避けるべき薬もあるんです。何らかの薬を合わせて使用させたい際はしっかりと専門の医師に尋ねることが必要です。

 

>>タイリッジバックドッグのドッグフードにおすすめ!!【食いつきがいいと評判の人気の餌ランキングBEST3】

-犬のよくあるトラブル

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.