トイプードル

トイプードルの健康管理について

 

トイプードル ドッグフード 食べない・・・

 

トイプードルがドッグフードを食べなくなく理由の多くは、与えているドッグフードの原材料に穀物が含まれているケースです。玄米や大麦、オー麦などを含んだドッグフードが該当します。

穀物はトイプードルが消化できず腸内で消化不良を起こし体内にとどまってしまうので満腹感が持続します。

その効果を利用し腹持ちをよくするため多くのドッグフードには穀物が含まれますが、穀物が腸内に留まることでガスがたまり、他の臓器を圧迫してしまい胃捻転などの病気を発症する原因になります。

 

そういった体内の異常をトイプードルが察して穀物が含まれるドッグフードをたべなくなります。

 

 >>トイプードルの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

トイプードルのドッグフードで市販フードの安全性について

 

トイプードルのドッグフードで市販されている国産のドッグフードは、価格が安く大量生産されているタイプが多いです。安い価格で販売できるようにコストを抑えるため、トイプードルの健康維持に不要な穀物が大量に含まれ、発ガン性物質の酸化防止剤であるBHAやBHEを原材料に含みフードが傷みにくいようにしています。

そのような安全性の低い市販のドッグフードをトイプードルに与え続けることは、トイプードルに長生きさせないようにする行為です。トイプードルに長生きしてもらい素敵な時間を長く過ごすためにはトイプードルの健康管理がしっかりできる安全性の高いドッグフードを食べさせるべきです。

 

愛犬元気ペディグリーなど、国産で安い価格帯でスーパーやコンビニ、ドラッグストアやホームセンターで販売されているドッグフードは購入せずトイプードルに食べさせるのはやめましょう。

 

トイプードルの健康管理に最適なドッグフード選びが重要です。

 

 >>トイプードルの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

トイプードルが1日に食べるドッグフードなどの食事量について

 

トイプードルの1日に食事量や食事回数の考え方は

 トイプードルの1日に食事量について

 

こちらの記事で情報をまとめています。

飼い犬のトイプードルが太りすぎてしまったり、痩せ過ぎてしまって困っている場合は参考にしていただけると嬉しいです。

ライフステージ別に細かく一日の食事量について細かく紹介しているので参考になると思います。

 

どのようにトイプードルの食事量を管理することでトイプードルの健康管理ができるかわかりやすくご紹介します。

 

 >>トイプードルの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

トイプードルは食べているドッグフードが原因で涙やけが増える場合があります

 

トイプードルは食べているドッグフードの品質が悪いと涙やけができます。

なぜそのようなことになるのかというと、品質の悪いドッグフードは消化が悪く、涙腺にゴミがつまり正常に涙を処理することができなくなり涙やけになってしまいます。

 

また、アレルギー反応でトイプードルが涙やけになる場合もあります。トイプードルが消化しきれない穀物が消化しきれずアレルギーの原因になったり、食物アレルギーの原因になり涙やけが発生する原因になります。その場合は、何が原因でアレルギー反応を起こし涙やけが発生するのかかかりつけの獣医や近所の動物病院で診察をうけてください。

 

なお、室内飼いが基本で外に出歩くことがすくない場合、室内にたまった髪の毛やホコリが目に入り、涙腺が詰まってしまうことで涙やけになる場合もあるので、室内にいることが多い場合は室内を清潔に保つために定期的に部屋の掃除や、空気の入れ替えを行いましょう。

 

 >>トイプードルの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

トイプードルのドッグフードは安くても安全?

 

トイプードルが食べるドッグフードは安い価格のドッグフードでも問題ないのでしょうか???

トイプードルが食べるドッグフードは安全性が高いものでないとトイプードルの健康を損なう恐れがあるため、購入前にしっかり原材料を確認する必要があります。

 

その理由は、ドッグフードの安全性が非常に重要なウェイトを占めているからです。発ガン性物質の人工添加物が原材料に含まれるドッグフードを食べさせる行為は、トイプードルを早死させてしまう原因になるのでやめましょう。

大切な家族であるトイプードルに少しでも長生きしてほしいと考えているなら、安全性の高いドッグフードをトイプードルに食べさせるべきです。

 

また、安全性だけでなくドッグフードの栄養バランスも重要です。栄養バランスが偏っているとトイプードルの丈夫な体を維持することができなくなるので、可能な限り栄養バランスの良いドッグフードをトイプードルにあたえるようにしましょう。

 

そのため、価格の面で考えた場合ドッグフードの単価は高くなるのが必然です。大切な家族であるトイプードルの健康を考えるならドッグフードの販売価格を基準に考えずに、安全性や栄養バランスの良さに重きを置いたドッグフード選びが重要です。

 

 >>トイプードルの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

トイプードルのドッグフードにロイヤルカナンはおすすめ?

 

トイプードル向けロイヤルカナンのドッグフードの原材料をみてみましょう。

気になるところは、

 

家禽*ミート

とうもろこし、米、コーングルテン、小麦

 

のようにトイプードルが消化できない穀物を原材料に含んでいる点。また、保存料(ソルビン酸カリウム)や酸化防止剤のBHAが採用されている点です。

ソルビン酸カリウムは毒性がある疑いがあり、BHAは発ガン性物質です。このような成分が原材料に含まれいてるロイヤルカナンのトイプードル向けドッグフードは本当に安全なのでしょうか?

 

また、ロイヤルカナンの製造工場は現在韓国にあります。韓国や中国といった国の安全性に関する意識や考え方など日本とは違う国民性や国の考え方があるので安全性という面では配慮にかけているブランドなのでは?と個人的には考えています。

 

外国産=安全ということもドッグフードに関してはいえないですし、プレミアムドッグフードの購入はアメリカやヨーロッパなどの諸外国が原産になっているドッグフードがより安全です。日本の国産ドッグフードでも安全性について疑問が残るドッグフード商品も多いため、購入を検討する際に必ず原材料を確認し、トイプードルの健康を脅かすような素材や原材料が含まれていないか細かくチェックする癖をつけてください。

 

 >>トイプードルの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

子犬期のトイプードル(〜7ヶ月)に必要な食べ物や栄養素

 

トイプードルが子犬の時期は、超小型で体も小さいトイプードルの体の成長と強い体づくりの為に動物性たんぱく質、成長期である子犬のトイプードルに野菜や果物など栄養価の高い原材料が含まれた栄養バランスのドッグフードを食べさせるのが理想的です。

 

また、カルシウムやミネラルが多く含まれるドッグフードを食べさせることで子犬期のトイプードルの体を支える骨格である骨の強化、綺麗な体の見た目を維持する効果もあります。

 

そのため、トイプードルがまだ子犬の時期には

  • 動物性たんぱく質
  • 野菜や果物
  • カルシウムやミネラル

を多く含んだドッグフードを食べさせることで、トイプードルが健康的で丈夫な体に成長することを毎日の食事でサポートすることが可能になります。

 

 >>トイプードルの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

成犬期のトイプードル(7ヶ月〜7歳)に必要な食べ物や栄養素

 

トイプードルの成犬期には、成長期な子犬期と同様に強い体を維持する為に動物性たんぱくやカルシウム、ミネラルが必要です。また、トイプードルが成犬になる頃には体も大分成熟してくるので、食べすぎて太ってしまわないよう、しっかりとした給餌量と体重管理が必要になります。

 

特に成犬期のトイプードルはまだ食べ盛りなのに関わらず体の成長がピークを迎える時期でもあり体重が増えやすい時期なので、注意が必要です。そのため、カロリーが高いドッグフードを与えすぎるとあっというまにトイプードルが肥満になってしまうので、毎日の給餌量や体重管理をしっかり行う必要があります。

 

その為、成犬期のトイプードルに食べさせるドッグフードは体重ごとに給餌量が決まっていて、糖分の摂取量が低い低炭水化物のドッグフードが理想的です。

 

 >>トイプードルの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

シニア期のトイプードル(7歳)に必要な食べ物や栄養素

 

シニア期に入ったトイプードルのドッグフード選びは生後から7年という長い月日を経てだんだんと足腰や体が弱くなってくる時期です。そのため、足腰や関節周りのケアにカルシウムやミネラル、グルコサミンやコンドロイチンなど老化現象に対して有効な成分が含まれるドッグフードを食べさせるのがおすすめです。

 

また、トイプードルがシニア期に入り老犬になると食が細くなる傾向もある為、トイプードルの小さい口でも食べやすいサイズで製造されたドッグフードが理想的です。フード自体の味よりも香りに敏感に反応する為、食欲を刺激するような肉の香りが芳醇なドライフードを食べさせると、良く噛んで食べることで顎が強化され脳の老化防止にも一役買ってくれ、歯茎の強化と歯槽膿漏防止に役立ちます。

 

トイプードルのダイエットを成功させるカギ【食事や体重管理のコツ】

  トイプードルを安全にダイエットさえ、痩せさせる為に必要な食事量の調整とダイエットフード選び   トイプードルはぬいぐるみのようなと例えられるカールした被毛が特徴です。でも、その ...

続きを見る

トイプードルが食べる餌の量やご飯の量の調整方法【肥満や痩せすぎにしない1日の食事量】

  トイプードルの健康を管理する上で必要な、毎日の食事量や体重管理についてのお話です。トイプードルが肥満や痩せすぎにならないよう、どのようにトイプードルの食事量を調整し体重管理すればいいかを ...

続きを見る

 

 

トイプードルの条件別ドッグフード選び

 

ダイエットが必要なトイプードルのドッグフード選び

食物アレルギーのあるトイプードルのドッグフード選び

痩せ過ぎてしまったトイプードルのドッグフード選び

避妊手術をしたトイプードルのドッグフード選び

去勢手術をしたトイプードルのドッグフード選び

胃腸が弱いトイプードルのドッグフード選び

 

 

トイプードルの餌にはドライドライタイプのドッグフードがおすすめ?

 

数年前からぬいぐるみのような愛らしさで爆発的な人気を得ているトイプードル。そんなトイプードルですが、ドライフード選びに困っているという声をよく耳にします。

 

現在、日本国内ではたくさんのドライフードの餌が販売されていますが、トイプードルに合うのはどんな餌なのかわからず、選べないというのです。

 

食は体を作る大切なものです。トイプードルを長く健康でいさせてくれるドライフードの餌とは、はたしてどのようなものなのでしょうか。

 

何歳からトイプードルの食事をドライフードの餌にするべきなのか

 

トイプードルの場合、生後2週間頃までは授乳期となっていて、この頃は母乳かミルクしか飲むことができません。生後3〜4週間になると乳歯が生え始め、歯が生えてくるとドライフードに興味を持ちはじめます。

 

この時期になったら、トイプードルには幼犬用のドライフードにぬるま湯かミルクをかけてふやかしたものを与えてみます。母親が食べている成犬用のドライフードに餌では栄養が足りず、大きくて喉に詰まらせる危険があるので、必ず幼犬用のものを与えて下さい。

 

ふやかすお湯やミルクの温度が高すぎるとやけどの危険があり、栄養素が破壊される可能性があるので、必ずかけるものはぬるめのものにしましょう。トイプードルが生後3〜4カ月になると、そのまま硬いドライフードに餌でも食べられるようになります。

 

幼犬期にきちんとドライフードの餌を与えて慣れさせておかないと、大人になったからではドライフードの餌を嫌がって食べなくなってしまうことがあります。ウエットフードは嗜好性が高く、水分補給もでき、犬の食いつきが良いですが、歯にこびりつきやすく、歯石や歯垢や口臭を発生させやすくなります。

 

また、幼少期からやわらかいものばかり食べていると、あごがうまく発達しません。ウエットフードはドライフードの餌と比べて単価が高く、食費も余計に掛かってしまいます。

 

なので、幼い頃からきちんとドライフードの餌に慣れさせ、硬いものを食べあごを発達させ、大人になっても抵抗なく食べられるようにしておくことが大切です。大人になってからドライフードの餌を切り替えるときも配慮が必要です。

 

犬は食べ慣れないものを大量に食べると吐き戻す習性があるので、いきなりすべてのドライフードの餌を新しいものに切り替えると、心にも体にも負担が大きくなりすぎます。

 

まずはこれまでのドライフードの餌に新しいドライフードを少量混ぜて、トイプードルに慣れさせましょう。10日ほど時間をかけて徐々に新しいドライフードの量を増やし、最終的にすべて新しいドライフードの餌と切り替えるようにしてください。

 

ドライフードの餌の切り替えは、基本的には幼犬から成犬になる頃、成犬から老犬になる頃など、トイプードルのステージが切り替わるときに行います。

 

 >>トイプードルの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

トイプードルにおすすめのドライドッグフードの餌とは

 

では、数あるドライフードの中からトイプードルに合うドッグフードはどのように選んだらいいのでしょうか。トイプードルの餌やドッグフードの選び方1.関節成分が配合されている

 

トイプードルは生まれつき膝蓋骨脱臼になりやすいうえ、後天的にも膝蓋骨脱臼になりやすい犬種です。膝蓋骨脱臼とは後ろ足の膝のお皿がずれてしまう症状のことで、小柄でジャンプが好きなトイプードルはとても患いやすいのです。それを予防するためにも、コンドロイチンやグルコサミン、カルシウムが豊富に配合されているドライフードを選びましょう。

 

トイプードルの餌やドッグフードの選び方2. 低カロリーで高栄養

 

トイプードルが起こしやすい膝蓋骨脱臼は肥満になるとリスクが跳ね上がります。 体重が重くなり、膝に負担をかけないように、食事の管理がしやすい低カロリーなドライフードをトイプードルの餌に選びましょう。

 

もちろん、カロリーが低くても十分な栄養が取れなくてはトイプードルが病気になってしまいます。トイプードルの健康維持に必要な栄養素はしっかり取れるドライフードにしてください。

 

トイプードルの餌やドッグフードの選び方3. 涙やけに配慮されている

 

涙やけとは、目から溢れた涙のせいで毛並みが変色してしまう症状のことで、トイプードルはこの涙やけを起こしやすい犬種です。涙やけは質の悪いたんぱく質や人工添加物を摂っていると、涙に余分な成分が混じり、それが涙管をつまらせて起こります。

 

だから、トイプードルを飼育しているなら、質の高い肉や魚を使用していて、人工添加物を使用していないドライフードの餌がおすすめです。

 

トイプードルの餌やドッグフードの選び方4. 小粒で食べやすい

 

トイプードルは小柄な体にあった小さな口をしています。 なので大きな粒のドライフードの餌ではうまく食べることができません。

トイプードルでも楽に食べられるくらい小粒なドライフードを選びましょう。

 

トイプードルにドライフードの餌を食べさせると、硬いものを噛んでしっかりあごが発達し、歯に歯石がつきにくくなり、口臭を抑えることができます。

 

だから、幼犬期の頃からドライフードの餌に慣れさせ、大人になっても毎日食べさせるようにしましょう。

 

トイプードルに合っているドライフードの餌は、関節に配慮した成分が配合され、低カロリーで質の高い素材で製造された人工添加物が含まれていない小粒なものです。

 

こうしたドライフードの餌を与えていると、トイプードルがかかりやすい病気を予防でき、トラブルを起こしにくくなるので健康で長生きしてくれます。

 

最近ではペットも家族という考えが広まってきました。 大切な家族に少しでも元気でいて欲しいなら、ぜひ毎日食べることになるドライフード選びにはこだわりを持つようにしてください。

 

 >>トイプードルの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

トイプードルのドッグフードを決めるポイントとは

 

モコモコのカールした毛と愛らしい目のおかげでまるでぬいぐるみのようなトイプードル。

 

CMに起用されたり、芸能人が飼っていたりと、トイプードルは日本ではとても人気が高い犬種です。

 

小型犬なので室内で簡単に飼えるため、家族のように可愛がっている人も大勢います。

 

そんなトイプードルですが、実は特定の病気にかかりやすいと知っていましたか。 病気は発症してからでは治療に費用も時間もかかります。

 

犬にかかる負担も大きいです。 だからこそ、健康なうちから飼い主がきちんとかかりやすい病気を意識し、予防に努めることが大切です。

 

それにはまず、毎日トイプードルが食べる餌選びからはじめましょう。 では、トイプードルがかかりやすい病気と、予防するためにはどのような餌がいいかをご紹介します。

 

トイプードルのドッグフード選び1. 膝蓋骨脱臼&レッグペルテス

 

膝蓋骨とは膝のお皿のことで、膝蓋骨脱臼とはこの部分が脱臼してしまう病気です。

 

レッグペルテスは股関節が変形して歩行が困難になる病気です。

 

どちらも肥満が原因で起こりやすくなります。 だから、トイプードルには太りにくい餌を選んで食べさせる必要があるのです。

 

トイプードルのドッグフード選び2. 涙やけ

 

涙やけは涙が過剰分泌されることで、目の周りの毛が赤褐色に変色してしまう病気です。

 

人工添加物が多いドッグフードを与えていると、涙に不純物が増え、排出する管がつまりやすくなり、結果涙やけが起こりやすくなります。

 

人工添加物が極力使われていない餌を選んでください。

 

トイプードルのドッグフード選び3. アレルギー

 

アレルギーは涙やけの原因にもなりますし、皮膚炎や下痢や食欲不振を引き起こすこともある怖い病気です。

 

犬のアレルギーは人工添加物や穀物が引き起こすことが多いです。 これらのものが含まれていない餌を選びましょう。

 

トイプードルのドッグフード選び4. 尿路結石

 

結石ができると膀胱が傷ついたり、尿毒症となり、最悪死に至ることがあります。

 

結石は普段の食事が原因で起こることが多いので、尿路結石ができにくいよう配慮された餌を選ぶべきです。

 

手術で結石を取り除いても、食生活が改善されないと再発するので気をつけましょう。

 

トイプードルのドッグフード選び5. 毛艶&毛質

 

トイプードルの魅力はもこもこのカールした毛並みです。 しかし、きちんとした餌を与えないと毛艶が悪くなり、最悪脱毛してしまいます。

 

毛に良い成分が配合されている餌を選んでください。

 

 >>トイプードルの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

トイプードルにおすすめのドッグフードとは

 

トイプードルに食べさせる餌にはいろいろこだわる必要があります。しかし、紹介した条件5つ全部をクリアするドッグフードを探すのは容易ではありません。

 

特に国産のドッグフードには注意が必要です。 というのも、ペット先進国のアメリカやヨーロッパの国々と比較すると、日本はペットに関する法の整備がとても遅れているのです。

 

人間が食べる食品なら国産のほうが安全ですが、ドッグフードでは真逆になります。有名メーカーのドッグフードでも、平気で犬の体に害があるものを配合していたりします。

 

ですから、5つの条件をクリアし、トイプードルに本当に合った餌を与えないと思うなら、ペット先進国で作られている海外のプレミアムドッグフードをおすすめします。

 

海外製のものでも、安価なものは5つの条件をクリアできないものばかりですから、プレミアムドッグフードを与えたほうがいいでしょう。

 

トイプードルにおすすめな無添加ドッグフードの特徴

 

無添加のドッグフードは原材料の産地やドッグフードの製造方法、農薬が使われていないかどうかなどを確認する事ができます。

 

無添加のドッグフードは毛並みが悪かったものが良くなったり、アレルギーなどが改善されます。  

 

無添加ドッグフードがトイプードルにおすすめな理由

 

安価なドッグフードの中にはアレルギーを起こしやすいトウモロコシなどの穀類や肉の副産物などの人が食べない物が入っている事があります。

無添加のドッグフードは少し高価ですが、トイプードルの健康を考えるとやはり無添加のドッグフードの方がいいです。

 

無添加ドッグフードは厳選した原材料が使われて、獣医師が認めたしっかりとしたバランスのとれた栄養が楽に摂取する事ができます。何より、トイプードルの食いつきが違います。

 

添加物はあまりおいしくないようで、無添加のドッグフードの方がよりがっついて食べるようです。国内外を問わず、トイプードルのドッグフードを製造している会社があり、それぞれが特徴のある良質のドッグフードを製造しています。

 

トイプードルにとって安全で安心して与えられるドッグフードの特徴

 

トイプードルにおすすめなドッグフードの特徴は下記のとおりです。

 

  • 肉の副産物が入っていない。

  • 消化の良い食べ物

  • 内容物が分かる。

  • 栄養がしっかりと取れる。

  • 安価なドッグフードを選ばない
  • 食いつきがいい

 

 >>トイプードルの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

トイプードルに安心して与えられる安全なドッグフードの特徴についてのお話

 

上記にあげたトイプードルに安心して与えられるドッグフードの特徴について その理由をお話します。

 

安全で健康的なトイプードルのドッグフード選び

 

・肉副産物が含まれない

 

安価なドッグフードの中には動物の内臓、毛、骨、神経、蹄などの人間の食べ物の中には入っていない物が入っている事がある為注意が必要です。

 

・消化の良い食べ物

 

トイプードルは小型犬の中で特に消化器官が弱い犬種な為、ドッグフードは消化がいい穀物未使用な物を与えましょう。

 

・内容物が分かる

 

ドッグフードの容器の外側には、そのドッグフードの中に含まれている内容物が記載されています。

 

新しいドッグフードを試す時には必ず中に入っているものを確認しましょう。BHA等発がん性物質が添加物に含まれている製品は避けるべきです。

 

・栄養が取れる

 

食餌はただトイプードルに食べさせればいいだけではありません。 人間でも同様ですが、しっかりとした栄養が取れなければ意味がありません。

 

犬と人では必要な栄養が違います。

 

体の形成する為に必要な動物性たんぱく質、関節系のトラブルが多い小型犬のトイプードルには、コンドロイチンなど関節に良い成分を含んだ食餌がおすすめです。

 

・安価なドッグフードは選ばない

 

高ければいいとは限りませんが、安いものには安いだけの理由があります。

 

肉の副産物を含めて、犬の体の負担に係るものが入っている可能性があります。基本的にはスーパーなどで安売りをしているものはBHAなど発がん性物質含まれている可能性もある為避けるべきです。

 

・食いつきがいい

 

栄養がしっかりとれても、愛犬であるトイプードルが食べてくれなれば意味がありません。

 

トイプードルのふわふわ巻き毛は、健康の証です

 

トイプードルといえば、そのふわふわとした巻き毛が何よりの特徴ですが、毛に関してのお悩みがある方も多いのも特徴です。毛量が少ない、バサバサしている、色が退色してきたなどでしょう。

 

これは、その犬の個性、体質と捉えがちですが、本当のところは、トイプードルの毛質は健康のバロメーターであり、SOSのサインでもあるので常に気にかけてあげる必要があります。

 

 >>トイプードルの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

トイプードルの毛並みは健康のバロメーターです

 

犬達は、アレルギーや体調不良を起こすとまずは内臓、便、皮膚という順で、不調が現れます。そして最終段階として毛質の変化が起こります。

 

トイプードルの毛は本来、コシがありしっかりと立ち上がっていて、強めのカールがかかっているものです。ですが、毛量が少ない、地肌が見えるなどの様々なトラブルはその体の中で何かしらのサインを出しているのです。

 

日々の食事から十分な栄養を摂取できていない、食事の成分が体に合わない、添加物が合わない等が考えられます。その為、最適なトイプードルのドッグフード選びも重要です。

 

 >>トイプードルの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

-トイプードル

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.