ミニチュアダックスフンド

ミニチュアダックスフンドの椎間板ヘルニアの治療のサポートをできるドッグフードの選び方

 

椎間板ヘルニアにもっともなりやすいミニチュアダックスフンドのドッグフード選び

 

あなたもミニチュアダックスフンドを飼育するにあたって、椎間板ヘルニアのリスクを承知していたはずです。

なぜならどんな飼育書にもホームページにも、ミニチュアダックスフンドの飼育で気をつけるべきことに「椎間板ヘルニアにとてもなりやすい」と書かれていたはずだからです。

 

わかっていてもミニチュアダックスフンドが椎間板ヘルニアを発症してしまったのは、飼い主の予防方法が不十分であった可能性があります。

再発させないためにも、まずはもう一度、ミニチュアダックスフンドに食べさせるドッグフードの見直しからはじめましょう。

 

椎間板ヘルニア予防にあわせた高機能のドッグフードを食べさせてあげると、かなりリスクを下げることができますよ。

 

ドッグフードによる予防を行っていなかった人はお教えする方法をきちんと実行しましょう。

 

すでに予防用のドッグフードをあげていたのにミニチュアダックスフンドが椎間板ヘルニアになってしまったよという人は、この記事を読んで、あなたの知識に間違いや欠けがないか確認してみてください。

 

 >>ミニチュアダックスフンドの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

ミニチュアダックスフンドの胴が長い体型は可愛いけれど…

 

ミニチュアダックスフンドがここまで椎間板ヘルニアになりやすいのは胴が長く脚が短いせいです。このコミカルなフォルムがミニチュアダックスフンドの魅力ですが、健康面から見ると大問題です。

 

こんな胴だと腰は常に重力に引っぱられてたわみがあり、脊椎は圧力を受けています。

 

手足が短いと、地面に近いので、何かあるとすぐに衝撃が背骨に伝わります。

背骨の中にある椎間板を守るためにも、ミニチュアダックスフンドにはグルコサミンやコンドロイチンを含んだドッグフードを食べさせてあげてください。

 

グルコサミンもコンドロイチンも椎間板を強化して水分量を増やし柔軟性を持たせてくれます。硬いものよりもやわらかいもののほうが衝撃を吸収して受け流すので、壊れにくくなります。

 

グルコサミンとコンドロイチンで強化された椎間板は、この原理でヘルニアになりにくくなるのです。

 

ヘルニアを予防したいのに、どうしても二つの成分を含んだドッグフードが見つからないときには、犬用のサプリメントでミニチュアダックスフンドに摂取させます。

 

でも、サプリメントだとドッグフード代と別に出費が必要になるので、余計にお金がかかることがあります。

 

 >>ミニチュアダックスフンドの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

肥満になりやすいミニチュアダックスフンドの体質も椎間板ヘルニアのあだに

 

ミニチュアダックスフンドは猟犬だったので、ドッグフードをよく食べ、よく動きます。でも運動が十分にできないとすぐに肥満になるという弱点もあります。

 

この体質も、ミニチュアダックスフンドが椎間板ヘルニアになりやすいことに一役かっているのです。肥満は椎間板ヘルニアの発症リスクをとても高めてしまいます。

 

細く引きしまった胴と、脂肪がついて重くなった胴、どちらがたわみやすいと思いますか?答えは当然後者ですよね。

 

自分の増えた体重のせいで、ますます椎間板は圧迫されて飛び出しやすくなり、ミニチュアダックスフンドが椎間板ヘルニアになりやすくなるのです。

これを防ぐにはミニチュアダックスフンドを太らせない様に徹底するしかありません。

 

太らせないためには摂取カロリーを減らすために、ミニチュアダックスフンドには体重管理用のヘルシーなドッグフードを食べさせます。

 

通常の状態なら運動で消費カロリーも減らせるのですが、椎間板ヘルニアになってしまっていると、身体を激しく動かすことは悪化させるので厳禁ですよね。

悪化させないでできる範囲内で身体を動かし、あとはドッグフードによる体重管理で主に太らせない生活をさせます。

 

 >>ミニチュアダックスフンドの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

穀物はミニチュアダックスフンドの敵!

 

ミニチュアダックスフンドの椎間板ヘルニアリスクを高めるものに穀物があります。

うちの子はパンやトウモロコシを喜んで食べるよという場合でも、それはヘルニアになるリスクを増やすだけなので止めてください。

 

問題は、穀物は多くのドッグフードに配合されているという点です。いまだに日本では穀物が犬に食べさせる影響についての知識が周知されていません。

健康意識の高い飼い主さんにやっと広がりつつあります。

 

穀物は犬の身体にまったく必要ないものなのに高カロリーで、これを含んだドッグフードは無駄なものが多いのに肥満になりやすいドッグフードとなってしまいます。

 

椎間板ヘルニアになりやすいので、ミニチュアダックスフンドには食べさせたくないドッグフードですよね。しかも穀物はアレルギーを引き起こすなど、犬の身体に害を及ぼす効果も確認されています。

 

健康が害されるととっても椎間板ヘルニアになりやすいミニチュアダックスフンドのことです。弱った身体のせいで二回目のヘルニアの引き金を引くかもしれません。

 

ですから、ミニチュアダックスフンドに食べさせるドッグフードは穀物不使用のものにしましょう。

 

周知はまだですが、海外産のプレミアムドッグフードなどはすでにグルテンフリーとなってきていて、それは日本でも購入できます。

 

 >>ミニチュアダックスフンドの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

椎間板ヘルニアになりやすいミニチュアダックスフンドには万全の態勢で予防

 

全然当てはまらなかったという飼い主さんも、いくつかは当てはまるドッグフードを与えていたよという飼い主さんも、今回ご紹介した椎間板ヘルニアを予防できるドッグフードの条件にすべて当てはまる商品に切り替えてください。

 

ミニチュアダックスフンドは何度も言いますが、本当に椎間板ヘルニアになりやすいのです。

 

サポートし切れていない箇所があると、そこからミニチュアダックスフンドの椎間板ヘルニアを再発させてしまうので要注意です。

 

 >>ミニチュアダックスフンドの健康維持におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

-ミニチュアダックスフンド

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.