フレンチブルドッグを安全にダイエットさせるときの餌の量

 

肥満は死の危険があるから速やかに解消

 

フレンチブルドッグは鼻がつぶれてあごが突き出したコミカルな顔をしています。

 

愛嬌があってそこがフレンチブルドッグの売りでもあるのですが、そのせいで呼吸器系の病気を起こしやすいという特徴もあるのです。

 

体重が増えると鼻やのどがつぶれて、ますます病気のリスクが高まり危険です。

 

肥満になると、無呼吸症や、最悪呼吸困難になり命を落とすことになるので、体重が増えすぎたらすみやかにダイエットを開始してください。

 

フレンチブルドッグのダイエットでもっとも重要なのは餌の量の管理です。

 

呼吸にトラブルを抱えやすい犬種なので、無理に運動だけで痩せさせるのは危ないので、ダイエットは餌の量の管理を中心にして標準体型を目指しましょう。

 

では、どのように餌の量を管理すればいいのか、フレンチブルドッグの体重の落とし方についてご紹介します。

 

 

フレンチブルドッグの理想体重は8〜14kg

 

あくまでも目安ですが、フレンチブルドッグは成犬で体重が8〜14kg、体高が26〜31cmくらいが平均だとされています。

 

骨太な子もいますが、これくらいの体高なら、体重はこれを超えないくらいに抑えてください。

 

フレンチブルドッグというと、太めな体型のイメージがありますが、それは元々の体型が丸いだけで、脂肪に覆われているのが正常ではありません。

 

触ってみて、肋骨が指で触れるくらいが標準体型です。

 

体重よりも触った感触や見た目を優先して、肥満かどうか判断して、ダイエットが必要か見極めましょう。

 

では、次は餌の量ですが、フレンチブルドッグの1日に必要なカロリーは次のように計算できます。

 

安静時に必要なエネルギー=70×(適正体重)の0.75乗 1日に必要なエネルギー=安静時に必要なエネルギー×1.2〜1.4 これは肥満気味な犬に必要な一日のエネルギーを計算するための数式です。

 

なんだかややこしいなと思う人は、ペットサイトなどで愛犬の適正体重を入力すると計算してくれるところがあるので、

 

そういったものを利用しましょう。

 

これを基準に、1日に与える餌の量を決め、ダイエットを進めていきます。

 

とはいえ、急にこれまでよりも餌の量をグッと減らしたら犬がショックを受けるので、

 

ダイエット用の低カロリードッグフードへ切り替えるのがもっとも安全です。

 

いまではたくさんのダイエット用ドッグフードが販売されていますが、なにを基準に選んだら、より健康的に痩せられるのでしょうか。

 

 

フレンチブルドッグには消化しやすくヘルシーなドッグフードを

 

フレンチブルドッグは消化器官が他の犬種よりも短いので、消化をすることが苦手です。

 

ちょっとしたことで軟便になってしまうのはこのせいです。

 

そのため、ダイエット用といえども消化不良を起こしやすいドッグフードはフレンチブルドッグには厳禁です。

 

犬が消化できない炭水化物、人工添加物などがたくさん使用されてるものは避けてください。

 

消化が苦手なくせに、フレンチブルドッグは大食漢で餌の量が少なすぎるとストレスになります。

 

ですから、低カロリーで、餌の量をある程度たくさん食べられるドッグフードもいいです。

 

消化がゆっくりな食物繊維が入っていると、すぐにはお腹がすかないので、ダイエットでのストレス軽減に役立ちます。

 

とはいえ、ドッグフードを切り替えただけではすぐに体重がぐんぐん落ちるというわけではありません。

 

でも、犬にとって1kg体重を落とすというのは、かなり大きなことです。

 

体重が10kgのフレンチブルドッグが1kg痩せるということは、50kgの人間が5kg痩せたのと同じことです。

 

ですから、フレンチブルドッグの場合、1ヶ月で体重の2〜6%を落とすくらいのダイエットが理想となっています。

 

餌の量を増減して、ゆっくり痩せられるように調節してください。

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

シニア期のフレンチブルドッグは要注意

 

フレンチブルドッグがとくに体重を増やしやすいのが8歳以降です。

 

老いによって活発に動けなくなるので、エネルギーが余って脂肪となって蓄えられやすくなります。

 

動きが鈍くなってから餌の量を減らすのではなく、年齢が8歳を超えたら、すみやかにシニア用の対策を行ってください。

 

シニア用の対策とは摂取カロリーを減らして、体のサポート成分を増やすことです。

 

フレンチブルドッグは皮膚や関節も弱いので、加齢による劣化が起こる前に、ドッグフードやサプリメントなどで、補う栄養を摂られます。

 

身体が正常に機能していれば、きちんとエネルギーが消費されるので、シニアでも簡単には体重が増加しません。

 

老いを予防する抗酸化作用の高い成分を含むものを食べさせるのもおすすめです。

 

シニアになってダイエットが必要になった場合は、これらの成分をきちんと補いつつ、餌の量を減らしてください。

 

老いてからダイエットをさせるだなんてと思うかもしれませんが、肥満は万病の元です。

 

シニア用ダイエットドッグフードを利用するなどして、安全面に考慮しながら餌の量を調整し、フレンチブルドッグの体重を元に戻します。

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

フレンチブルドッグはリバウンドに気をつけましょう

 

フレンチブルドッグは見た目に反して繊細な犬です。

 

緩やかなダイエットとはいえ、まったくストレスがないわけではないので、減量は二度とさせないほうがいいに決まっています。

 

一度太らせてしまったら、反省して二度とフレンチブルドッグの体重を増やさないように、飼い主は気をつけましょう。

 

標準体重に戻ったからといって、太ったときと同じような餌の量に戻してしまえば、すぐにリバウンドします。

 

肥満予防のためのダイエットは、一生継続してください。

 

定期的に体型や体重をチェックして、問題があれば餌の量を加減し、重度の肥満になるのを予防します。

 

太りやすいフレンチブルドッグなら、ダイエット用のドッグフードを餌の量を調節しながらずっと食べさせていてもかまいません。

 

ただし、ずっと食べられるほど栄養面に優れたドッグフードを選んでくださいね。

 

また、犬に長生きしてもらう為には、安全性が高く健康的で品質の高いドッグフードがおすすめです。

 

 ドッグフードおすすめランキングBEST3

 

そこで、安全性が高く健康的で品質の高いドッグフードを選ぶ際の条件についてご紹介します。

 

 

ドッグフード選びの6つのポイント

 

 

  • TVCMで見かけた
  • スーパーやドラッグストア、コンビニで気軽に買える
  • 価格が安い

 

という、ドッグフードの選び方をしていると

 

  • ドッグフードを急に食べてくれなくなる
  • 毛並みや毛艶が悪くなる
  • ウンチが臭い/硬い
  • 皮膚が赤い/痒がる
  • 胃腸が弱くなる

 

など、犬の健康を損ないます。

 

その原因は、

 

大量の穀物が含まれているドッグフードを与えている

 

からです。

 

穀物が多く含まれる犬の餌を与え続けると消化不良になり、

 

  • 食物アレルギー
  • 胃腸の調子が悪くなり軟便になる
  • 消化が悪く食欲不振になる

 

といった原因になり、

 

胃の中でガスが溜まる事で、胃捻転(胃がひねりまわってしまう病気)になり、他の臓器を圧迫し最悪死亡するケースもあります。

 

それだけでなく、市販されている安い価格帯のドッグフードには日持ちを良くするため、発がん性物質の酸化防止剤(BHA/BHT)が含まれ

 

発がん性物質を体内に取り込む事で、発ガン性や歩行障害、呼吸困難、消化器官や内臓の出血

 

などの健康被害にあう確率も格段に増えます。

 

それなのにも関わらず、ロイヤルカナンなどのプレミアムフードと呼ばれる、高価なフードにもBHAやBHTが含まれているので、

 

犬の餌にドッグフードの購入を検討する場合は、原材料や成分表を細かくチェックする事が大切になります。

 

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

そこで、ドッグフード選びで悩んでいる飼い主さん向けに、以前知り合いの獣医師さんからアドバイス頂いた、

 

ドッグフードの選びの6つのポイント

 

をご紹介したいと思います。

 

 

ドッグフード選びの6つのポイント

 

 

栄養バランスが良いドッグフード

 

犬の身体を丈夫に育てる為には、必要な栄養素がバランス良く配合されているドッグフードがおすすめです。

 

理想的な栄養素のバランスは、

 

  • 動物性たんぱく源が60%
  • ビタミン、ミネラルが40%

 

の最もバランスが良い6:4の黄金比率でブレンドされ

 

  • タンパク質22%~33%前後
  • 脂質10%~15%前後
  • 糖質35%~45%前後

 

含まれているドッグフードがおすすめです。

 

栄養バランスが偏ると

 

  • 毛並みが悪くなる
  • 抜け毛が多くなる
  • ウンチが固くなる
  • 涙やけができる

 

等、犬の健康上に問題が出てくるので、

 

犬の餌には栄養素がバランス良く配合されているドッグフードを選ぶのがおすすめです。

 

 

無添加で製造されたドッグフード

 

 

今与えているドッグフードに

 

  • 酸化防止剤
  • 人工香料
  • 人工着色料
  • 4Dミート

 

など人工添加物や、◯◯ミート/◯◯パウダー等原材料が不明な肉副産物(4Dミート)が含まれていませんか???

 

酸化防止剤のBHAやBHTは発がん性物質です。

 

発がん性物質を与え続けることで、ガンを発症したりや血管や内臓からの出血やうっ血など、命の危険が高まります。

 

また、肉副産物である

 

  • 動物の死肉 DEAD
  • 病死した動物の肉 DISEASED
  • 死にかけの動物の肉 DYING
  • 障害のあった動物の肉 DISABLED

 

この4つのDの頭文字をとった品質の悪い4Dミートが含まれるドッグフードを与え続けると、

 

  • 毛並みや毛艶の悪化
  • 抜け毛が増える
  • ドッグフードを食べない・吐き出してしまう
  • 肌を痒がるなどのアレルギー症状が出る
  • 涙やけができる

 

などの症状を引き起こします。

 

その為、犬の餌に人工添加物が原材料や成分に含まれない無添加ドッグフードを与える事で、犬の健康を維持する事が可能になるのでおすすめです。

 

 

動物性たんぱく源が多いドッグフード

 

 ※引用元 https://konaka-ah.com/index.php/page/protein

 

動物性たんぱく質は

 

  • 健康的で丈夫な犬の体作り
  • 艶のある綺麗な毛並み

 

に必要な栄養素です。

 

犬は本来肉食の為、原材料に肉を多く含むドッグフードを好む傾向があるので、

 

犬の餌には、主原料が肉で粗たんぱく質が50%以上含まれるドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

 

穀物不使用のグレインフリー(グルテンフリー)なドッグフード

 

 

グレインフリー(グルテンフリー)とは穀物を一切含まない事を意味しています。

 

犬は穀物を消化するのが苦手な生き物です。

 

※アミラーゼと呼ばれる穀物に含まれるデンプンを分解する消化酵素が唾液に含まれない為

 

市販の安いドッグフードには腹持ちを良くするため穀物を含む商品が多く存在しています。

 

穀物を食べ続けることで消化不良を起こし

 

  • 胃捻転を発症する
  • アレルギーの原因になる
  • お腹がゆるくなる

 

などトラブルを引き起こす原因になるので、犬の餌にはグレインフリー(グルテンフリー)タイプのドッグフードがおすすめです。

 

 

低炭水化物なドッグフード

 

ヘルシーで低炭水化物なフードであれば、体重が大きく増え、ダイエットが必要になった場合に食事量の管理が楽というメリットがあります。

 

ヘルシーなフードである事で1回の食事での摂取カロリーを減らす事ができる為

 

高カロリー、高炭水化物なドッグフードの場合、人間と同様に、どんなに運動していても犬も太ります

 

ですが、犬の餌にサツマイモが含まれているとエネルギー消費に時間がかかり腹持ちがよくなり、

 

給餌量(餌の量)減らすことができ、ダイエットにも最適なのでおすすめです。

 

 

ドライタイプのドッグフード

 

 

カリカリのドライフードをよく噛んで食べる事で、

 

  • 歯周病の予防と対策
  • 給餌量を抑える
  • ボケ防止

 

が可能になります。

 

ウェットフードの場合、歯間や歯茎に食べかすが残り歯周病の原因になる為、食後のケア(歯磨きなど)が大事になりますが、

 

ドライフードであれば食べかすや歯石などを、食べながら取り除く事がでるので

 

食後のケアが楽になるというメリット

 

もあります。

 

その為、犬の餌にはウェットタイプのフードよりもドライタイプのドライフードがおすすめになります。

 

 

以上が、ドッグフード選びに必要な6つのポイントになります。

 

市販ドッグフード比較表はこちら

 

そこで、ドッグフード選びに必要な6つのポイントをもとにした、ドッグフードおすすめランキングBEST3をご紹介します。

 

 

ドッグフードのおすすめランキングBEST3

モグワン

無添加/グレインフリー/ドライフード/全犬種・全年齢(全ライフステージ)対応

総合評価
review_5

栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
主成分 内容量
チキン
サーモン
1.8kg
モグワンのおすすめポイント

モグワンは、

 

ドッグフード選びの6つのポイント

 

をすべて満たしている、犬の健康を第一に考えて開発された、プレミアムドッグフードです。

 

モグワンの詳細記事はこちら

 

  • 獣医師も推薦する栄養バランス
  • 穀物不使用のグレインフリー
  • 全犬種全ライフステージ(全年齢)対応

 

で、犬の体を健康的で丈夫にする事ができ、子犬期〜シニア期まで一生涯与え続けることができるメリットもあります。

 

毎日の食事量管理も楽な、食いつきの良さ★★★★★のおすすめドッグフードです。

 

モグワン公式サイト

 

モグワンがドッグフードおすすめランキング1位の理由

 

カナガン

無添加/グレインフリー/ドライフード/全犬種・全年齢(全ライフステージ)対応

総合評価
review_45

栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
主成分 内容量
チキン 2kg
カナガンの評価

 

モグワンとカナガンを比較

 

モグワンドッグフードと同様の品質の高さと安全性を持つ国産のプレミアムドッグフードで、全犬種/全ライフステージ(全年齢)にも対応しています。

 

でも、モグワンとカナガンを比較すると含まれる動物性たんぱく質が60%とモグワンより高カロリーで、

 

食いつきがモグワンドッグフードにくらべると悪かったので、2位です。

 

 

カナガン公式サイト

 

ネルソンズ

無添加/グレインフリー/ドライフード/全犬種対応

総合評価
review_4

栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
主成分 内容量
チキン 2kg
ネルソンズの評価ポイント

 

モグワンとネルソンズの比較

 

トップブリーダーが自身の愛犬の為に開発したプレミアムドッグフード。

 

グレインフリー/ヒューマングレードなので安全性も高いですが、モグワンやカナガンとネルソンズを比較すると動物性たんぱく質量が少ないのと、カロリーがやや高め。

 

食いつきもわるくなく信頼できるフードではあるのですが、7ヶ月〜7歳までのライフステージが限定されてしまい、

 

7歳を超えたら別のフードに切り替える必要があるので3位です。

 

ネルソンズ公式サイト

 

モグワンがドッグフードおすすめランキング1位の理由

 

少し前まで、犬の餌で人気が高く、多くの人に選ばれていたのはカナガンやネルソンズでしたが、

 

カナガンは

 

  • 個体によって食いつきの良さにばらつきがある
  • 少しカロリーが高め、でシニア犬には不安
  • 独特な香りが苦手な場合がある

 

というデメリットがあり、

 

ネルソンズドッグフードには

 

  • 動物性たんぱく源が足りない
  • 高カロリー
  • シニア期に切り替えが必要

 

というデメリットがありました。

 

その為、

 

「カナガンの品質の高さや安全性、栄養バランスの良さ等のメリットを生かしたまま、デメリットを補うドッグフードを開発したい!」

 

というカナガンスタッフの思いから開発されたのがモグワンです。

 

カナガンとネルソンズのデメリットを補う

 

  • 理想的な食いつきの良さ
  • 栄養バランス
  • ヘルシーさ

 

を実現しています。

 

 

また、それだけでなく、モグワンは

 

  • 穀物を一切使用していないグレインフリー
  • 人工添加物が含まれない無添加ドッグフード
  • 獣医師も推薦する栄養バランス

 

なので、犬の健康を一番に考えられ、安心して与える事が出来るおすすめプレミアムドッグフードです。

 

 

モグワンの公式販売サイト

 

 

 

モグワンドッグフードは犬が健康になるだけでなく、食いつきも良いドッグフードです!!

  • コンドロイチンとグルコサミンで足腰を強化できる
  • 毛並みや毛艶が綺麗になる
  • 消化に良くウンチの状態を改善できる
  • 品質が良く、涙やけ対策にもなる

 

というメリットがあるからこそ、モグワンドッグフードが今、多くの飼い主さんに選ばれています

 

 

購入後、疑問や質問についても、専門スタッフが親身になって対応してくれるので、アフターケアサービスも充実しています。

 

 

大切な家族を元気で長生きにしてくれるモグワンドッグフードが、今なら初回半額キャンペーン中です。

 

 

 

モグワンドッグフードの給餌量について
モグワンドッグフードへの切替方法について
モグワンドッグフードのコストパフォーマンスについて

 

 

 

 

 

-フレンチブルドッグ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.