チワワ

チワワのドッグフードおすすめ人気ランキングBEST3【食いつきがいいと評判で安全な餌】

 

チワワの餌におすすめなドッグフードの選び方

 

大切な家族であるチワワに今、どんな餌やご飯、ドッグフードを与えていますか?

 

今、チワワに与えている

 

  • ドッグフードへの切り替えを検討している場合
  • 今、与えているドッグフードの安全性が気になる場合

 

は、まず、購入前にドッグフードの原材料を細かくチェックする必要があります。

 

ドッグフードの原材料に穀物や○○ミールや○○パウダー、着色料や香料、保存料などが書かれている場合は要注意です。それはチワワの健康を脅かす危険なドッグフードである可能性が高いです。

 

また、市販フードやプレミアムフードの一部にも品質の悪いドッグフードや、安全性が低いドッグフードが存在します。しかし、数多く存在するドッグフードの中から、本当に安全でチワワの健康にいいドッグフードを選ぶ作業は本当に大変だと思います。

 

そこで当サイトでは、チワワの健康を一番に考えた場合のドッグフード選びのポイントと、市販のドッグフードやプレミアムドッグフードの安全性や品質、栄養バランスなどを比較しながら、本当にチワワにおすすめできるドッグフードをランキング形式でまとめましたのでご紹介します。

 

チワワの健康を考えた餌やドッグフード選び

 

 

  • ドラッグストアやスーパーで販売されているドッグフード
  • 価格が安いドッグフード

 

を食べ続けると

 

食いつきが悪くなる

フードを吐き出す

アレルギーになる

消化不良を起こす

胃腸が弱くなる

 

などの原因になるため注意が必要です。

 

 

そこで、チワワのドッグフード選びで大切な6つのポイントをご紹介します。

 

チワワのドッグフード選で大切な6つのポイント

 

 

 ・ 栄養バランスの良さ

 ・ 安全性

 ・ 動物性たんぱくの量 

 ・ 穀物の有無

 ・ 低炭水化物

 ・ ドライフード

 

チワワのドッグフード選びで大切なポイント① 栄養バランスの良さ

 

 

栄養バランスが偏っていると

 

被毛の毛並みや艶が悪くなる

抜け毛が多くなる

ウンチが固くなる

涙やけができる

 

などの原因になります。そのため、犬に必要な栄養素がバランス良く配合されているドッグフードがおすすめです。

 

本来肉食である犬の場合は、タンパク質を主食と考え、肉類をたっぷりとり良質の脂肪分と適量の野菜や果物がたべさせましょう。摂取するタンパク質の量が多すぎても、カロリー過多で消化器官に負担がかかるので注意が必要です。

 

動物性たんぱく源が50%以上含まれ、ビタミン、ミネラルが40%以上配合されているドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

 栄養バランスの良いドッグフードランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

チワワのドッグフード選びで大切なポイント② 安全性

 

 

購入前にドッグフードのパッケージの裏側を見て原材料を確認しましょう。

 

法律でドッグフードに含まれる原材料と添加物はすべて表示されなくてはならないと決まっています。原材料や成分表をみることで、栄養バランス、タンパク質の原材料、どんな添加物が使われているかなどがわかります。

 

ロイヤルカナンなどにも含まれる、酸化防止剤のBHAやBHTは発がん性物質です。発がん性物質を体内に取り入れつづけると

 

ガンを発症する

血管や内臓からの出血やうっ血を起こす

 

などの可能性が高まります。また、肉副産物である

 

動物の死肉 DEAD

病死した動物の肉 DISEASED

死にかけの動物の肉 DYING

障害のあった動物の肉 DISABLED

 

4Dミート(4つの頭文字をとった総称)が含まれるドッグフードを与え続けると、

 

毛並みや毛艶の悪化

抜け毛が増える

フードを食べない

フードを吐き出す

皮膚を痒がる

涙やけができる

目やにが増える

 

などを引き起こすので、あげているドッグフードに

 

人工添加物 エトキシキン
BHA
BHT
赤色3号
赤色40号
赤色102号
赤色105号
青色2号
ソルビトール
キシリトール
グリシリジン・アンモニエート
ビートパルプ
コーンシロップ
亜硝酸ナトリウム
プロピレングリコール
ソルビン酸カリウム
4Dミート 肉類
肉副産物
◯◯ミール
◯◯パウダー
動物性油脂
◯◯エキス
◯◯パウダー

 

など人工添加物や、4Dミートの可能性がある原材料が記載されている場合は、ドッグフードの切り替えをおすすめします。

 

 無添加ドッグフードランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

チワワのドッグフード選びで大切なポイント③ 動物性たんぱく質の量

 

動物性たんぱく質は

 

健康的で丈夫な犬の体作り

艶のある綺麗な毛並み

 

に必要な栄養素です。もともと肉食動物である犬にとって、動物性たんぱく質が一番消化しやすく、

 

  • 健康的で丈夫な体の維持する
  • 艶やかな毛並みを生み出したりする

 

のに重要な成分です。

 

特に動物性たんぱく源としておすすめなのが、チキン、ラム肉、魚肉です。消化しやすいだけでなく、良質な脂質を含み、健康を維持するのに必要なビタミンや脂肪酸を効率よく摂取することができます。

 

また、本来肉食である犬は肉類を好む傾向にあります。特に、食いつきが良いドッグフードは牛・鶏・豚などの肉類がメインのドッグフードです。ドッグフードの原材料が肉メインのフードを選ぶことで、犬の嗅覚を刺激し食欲があがります。

 

そのため、犬の餌には、主原料が肉で粗たんぱく質が50%以上含まれるドッグフードを基準にするドッグフードを選ぶのがおすすめです。

 

 動物性たんぱく源が豊富なドッグフードランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

チワワのドッグフード選びで大切なポイント④ 穀物の有無

 

犬は穀物を消化するのが苦手な生き物です。

 

※アミラーゼと呼ばれる穀物に含まれるデンプンを分解する消化酵素が唾液に含まれない為

 

しかし、市販の安いドッグフードには腹持ちを良くするため穀物を含む商品が多く存在しています。

 

穀物を食べ続けることで消化不良を起こし

 

胃捻転を発症する

アレルギーの原因になる

胃腸が弱くなる

うんちがゆるくなる

 

原因になります。特に胃捻転を発症すると、他の臓器を圧迫し最悪死に至るケースもあるので特に注意が必要です。※胃捻転とは 消化不良により胃の中にガスが溜まり、胃がひねりまわってしまう病気

 

しかし、良質なドッグフードとしておすすめされている製品の中にも、玄米や大麦やオートミールなど、穀物が配合されているものが多いので注意が必要です。

 

穀物を食べ続けると胃捻転だけでなく、消化不良を引き起こし胃腸が弱くなるなどの原因にもなるため、犬の餌には穀物を一切含まないグレインフリー(グルテンフリー)タイプのドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

 グレインフリーのドッグフードランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

チワワのドッグフード選びで大切なポイント⑤ 低炭水化物

炭水化物の種類

分類 種類 特徴
単糖類 グルコース(ブドウ糖) 麺類/米/パンなどに多く含まれる
フラクトース(果糖) 果物などに含まれる
ガラクトース 牛乳などに含まれる
二糖類 スクロース(ショ糖) 砂糖の主成分
マルトース(麦芽糖) 水飴などに含まれる
ラクトース(乳糖) 乳製品に多く含まれる
少糖類 オリゴ糖 ごぼうや玉ねぎなどの野菜、蜂蜜などに含まれる
多糖類 グリコーゲン 肝臓や筋肉に蓄えられている成分
デンプン じゃがいもや米、パスタなどの穀物類に含まれる
食物繊維 さつまいもやかぼちゃなどに含まれる

 

炭水化物の量が少ないフードは、糖質量が少なく脂肪になりにくいので、食事量の管理が楽になるメリットがあります。

 

ドッグフードに含まれる炭水化物の量が多い場合、

 

  • 太りやすい体質になる
  • 毎日の食事量の管理が大変になる

 

ので注意が必要です。粗脂質が10〜15%以内の数値になっているドッグフードを選ぶのがおすすめです。

 

また、ドッグフードの原材料にサツマイモが含まれていると、腹持ちがよくなり、給餌量(餌の量)減らすことができ、標準的な体重を維持しやすくなるので、サツマイモが原材料に含まれているドッグフードを基準に選ぶのもおすすめです。

 

 低炭水化物のドッグフードランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

チワワのドッグフード選びで大切なポイント⑥ ドライフード

 

カリカリのドライフードをよく噛んで食べる事で、

 

歯周病の予防と対策

給餌量を抑える

ボケ防止

 

が可能です。

 

ウェットフードの場合、歯間や歯茎に食べかすが残りやすく歯周病になりやすいので食後のケア(歯磨きなど)が重要ですが、ドライフードの場合は食べかすが歯の間に詰まることも少なくなるので

 

食後のケアが楽になるというメリット

 

があります。

 

その為、犬の餌にはウェットタイプのフードよりもドライタイプのドライフードを基準にドッグフードを選ぶのがおすすめです。

 

 ドライフードのドッグフードランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

以上がチワワのドッグフード選びで大切な6つのポイントになります。

 

 

安い価格で購入できるドッグフードや、どこでも気軽に購入できるドッグフードだけでなく一部のプレミアムフードにも安全性に配慮がなく、栄養バランスに偏りが多いドッグフードが多いので注意が必要です。

 

 ドッグフードの比較や評価の一覧

 

 

そこで、チワワのドッグフード選びで大切な6つのポイントを基準にしたドッグフードランキングBEST3をご紹介します。

 

おすすめドッグフードの人気ランキングBEST3

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイントを基準にしたおすすめドッグフードの人気ランキングBEST3をご紹介します!!

モグワン

総合評価:S

主原料 内容量 フードタイプ
チキン
サーモン
1.8kg ドライフード
食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
モグワンの評価

 

モグワンの詳細記事

 

モグワンは栄養バランスがよく、犬が好んで食べる動物性たんぱく源を豊富に含んだドライフードです。低炭水化物でヘルシーなだけでなく、子犬期からシニア期まですべての年齢に対応していて食いつきの良さ◎のプレミアムドッグフードです。

 

モグワンが今、選ばれている理由

 

1日先着1000名限定で初回購入時50%OFFキャンペーン中

 

モグワン公式サイト

 

 カナガン

総合評価:A+

主成分 内容量
チキン 2kg
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 2kg ドライフード
食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
カナガンの評価

 

カナガン詳細記事

 

モグワンドッグフードと同様の品質の高さと安全性を持つ国産のプレミアムドッグフードで、全犬種/全ライフステージ(全年齢)にも対応しています。

モグワンと比較すると含まれる動物性たんぱく質が60%とモグワンより高カロリーなため、痩せてしまい体重が減ってしまった場合におすすめできるドッグフードです。

 

カナガン公式サイト

 

カナガンとモグワンの比較

 

ネルソンズ

総合評価:A

主成分 内容量
チキン 5kg
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 5kg ドライタイプ
食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
グレインフリー
ネルソンズの評価ポイント

 

ネルソンズの詳細記事

 

トップブリーダーが自身の愛犬の為に開発したプレミアムドッグフード。グレインフリー/ヒューマングレードなので安全性も高いですが、モグワンやカナガンよりも動物性たんぱく質量が若干少なくカロリーがやや高めのフードです。

ライフステージが限定され7ヶ月〜7歳までしか与えることができませんが、パッケージが5kg〜と大容量なため、大型犬の飼い主さんに高評価のドッグフードです。

 

ネルソンズ公式サイト

 

ネルソンズとモグワンの比較

 

モグワンがおすすめドッグフードである理由

 

カナガンもネルソンズも、品質や安全性が高く犬の健康を考えられたドッグフードですが、

 

カナガンのデメリット
  • 犬によって食いつきにばらつきがある
  • 少しカロリーが高め
  • 独特な香りある
ネルソンズのデメリット
  • 動物性たんぱく源が足りない
  • 高カロリー
  • シニア期に切り替えが必要

 

というデメリットがあります。

 

その、カナガンやネルソンズのデメリットを解消し

 

  • 食いつきの良さ
  • 栄養バランスの良さ
  • ヘルシーさ

 

を実現したのがモグワンです。

 

 

 モグワン公式サイトの50%OFFキャンペーンで購入するにはこちら

 

チワワの餌のドッグフードにモグワンがおすすめな理由

 

チワワにおすすめできるドッグフードの条件は

 

良質な動物性タンパク質が十分含まれている

グレインフリー(穀物不使用)である

人工添加物が不使用である

 

です。

 

チワワにおすすめできるドッグフードは、上記の条件をクリアしている必要があります。しかし、市販の安価なドッグフードは安全性も品質も悪く逆にチワワの健康を損なうおそれのあるドッグフードばかりです。

 

ですが、モグワンは、チキンとサーモンがタンパク源の主体で消化が良く高タンパクでカロリー控えめです。無添加なのはもちろん、素早くエネルギーに変わるココナッツオイルが配合されているのが、チワワにとっては嬉しいポイントです。

 

モグワンはチワワの丈夫な体つくりに必要な成分の

 

骨格を強化するカルシウム

関節周りや足腰の強化にコンドロイチン

 

が、含まれるドッグフードなので、チワワの怪我をしにくい体つくりや関節系のトラブルも回避する事ができるようになり、

 

チワワの綺麗な毛並みや艶の維持に必要なミネラル

 

も豊富に含まれていることで、チワワの毛並みや艶も取り戻すことができます。

 

モグワン公式サイトこちら

 

チワワの餌におすすめなモグワンと他のドッグフードとの違い

 

チワワの餌におすすめなモグワンと他ドッグフードとの大きな違いは、モグワンがチワワの食べやすいサイズと形で製造されているところです。

 

チワワのような小型犬の小さい口でも食べやすいサイズで、咀嚼(よく噛む)するようになります。翌かんで食べることでチワワの満腹中枢を刺激してくれるので、少ない給餌量でもチワワのお腹を満足させる事ができ、チワワの体重管理が楽になるメリットもあります。

 

モグワンはチワワによくある涙やけ対策や、目やにを抑えることができるおすすめドッグフードです

 

小型犬の中でも特に小さなチワワは、少量で十分な栄養が取れるドッグフードが向いていますが、同時に、カロリー過多にも要注意です。また、毎日食べるドッグフードに有害な人工添加物が少しでも混じっていれば、体の小さなチワワは大きな影響を受けてしまいます。

 

しかし、モグワンは、無添加で高品質な原材料を使用しているので、安心してチワワにおすすめできるドッグフードです。それだけでなく、チワワの餌におすすめなモグワンは穀物を一切使用していないグレインフリータイプのドッグフードです。

 

※小麦、大豆、トウモロコシなどの穀物は、チワワが皮膚アレルギーを引き起こす原因になる

 

ですが、穀物不使用で高品質の原材料のモグワンならチワワの涙腺をつまらせる事もなく、涙やけ対策や目やにを抑える事も可能です。

 

 

1日先着1000名限定で初回購入時50%OFFキャンペーン中です

 

 

 

モグワンは健康に良いだけでなく、食いつきの良さ◎のドッグフードです

 

モグワンは

 

  • 「愛犬にはずっと元気でいて欲しい」

 

と願うすべての飼い主さんに一度は試してもらいたい、食いつきの良さ◎のドッグフードです。

 

 

1日先着1000名限定で初回購入時50%OFFキャンペーン中

 

 

 

 

チワワが食べる餌の量やご飯の量の調整方法【肥満や痩せすぎにしない1日の食事量】

  チワワに与える餌の量と1日の食事量の調整方法   チワワは食欲旺盛で肥満になりやすい犬種です。肥満は様々な病気を引き起こす原因となったり、寿命を縮める原因にもなるので、チワワの ...

続きを見る

チワワが餌やご飯、ドッグフードを食べてくれない時の対策方法

  チワワが餌やご飯、ドッグフードを食べてくれない時の対策方法   チワワが餌やご飯を食べてくれない・・・   そんな時にどうすべきかを、どうすればチワワが餌やご飯を食べ ...

続きを見る

 

 

子犬期のチワワ(〜7ヶ月)に必要な食べ物や栄養素

 

チワワが子犬の時期は、超小型で体も小さいチワワの体の成長と強い体づくりの為に動物性たんぱく質、成長期である子犬のチワワに野菜や果物など栄養価の高い原材料が含まれた栄養バランスのドッグフードを与えるのが理想的です。

 

また、カルシウムやミネラルが多く含まれるドッグフードを与えることで子犬期のチワワの体を支える骨格である骨の強化、綺麗な体の見た目を維持する効果もあります。

 

そのため、チワワがまだ子犬の時期には

  • 動物性たんぱく質
  • 野菜や果物
  • カルシウムやミネラル

を多く含んだドッグフードを与えることで、健康的で丈夫な体に成長することを毎日の食事でサポートすることが可能になります。

 

成犬期のチワワ(7ヶ月〜7歳)に必要な食べ物や栄養素

 

チワワの成犬期には、成長期な子犬期と同様に強い体を維持する為に動物性たんぱくやカルシウム、ミネラルが必要です。また、チワワが成犬になる頃には体も大分成熟してくるので、食べすぎて太ってしまわないよう給餌量と体重管理が必要になります。

 

特に成犬期のチワワはまだ食べ盛りなのに関わらず体の成長がピークを迎える時期でもあり体重が増えやすいライフステージです。そのため、カロリーが高いドッグフードを与えすぎるとあっというまにチワワがおデブちゃんになってしまうので、毎日の給餌量や体重管理をしっかり行う必要があります。

 

その為、成犬期のチワワに与えるドッグフードは体重ごとに給餌量が決まっていて、糖分の摂取量が低い低炭水化物のドッグフードが理想的です。

 

シニア期のチワワ(7歳)に必要な食べ物や栄養素

 

シニア期に入ったチワワのドッグフード選びは生後から7年という長い月日を経てだんだんと足腰や体が弱くなってくる時期です。そのため、足腰や関節周りのケアにカルシウムやミネラル、グルコサミンやコンドロイチンなど老化現象に対して有効な成分が含まれるドッグフードを与えるのがおすすめです。

 

また、チワワがシニア期に入り老犬になると食が細くなる傾向もある為、チワワの小さい口でも食べやすいサイズで製造されたドッグフードが理想的です。フード自体の味よりも香りに敏感に反応する為、食欲を刺激するような肉の香りが芳醇なドライフードを与えると、良く噛んで食べることで顎が強化され脳の老化防止にも一役買ってくれ、歯茎の強化と歯槽膿漏防止に役立ちます。

 

チワワの条件別ドッグフード選び

胃腸が弱いチワワのドッグフード選び

ダイエットが必要なチワワのドッグフード選び

関節が弱いチワワのドッグフード選び

痩せ過ぎてしまったチワワのドッグフード選び

避妊手術をしたチワワのドッグフード選び

去勢手術をしたチワワのドッグフード選び

食物アレルギーのあるチワワのドッグフード選び

 

 

チワワの健康維持に必要な栄養素や成分

 

世界最小の犬種として知られるチワワは、とても華奢ですが、好奇心旺盛で自立心が強く、動きは活発ですよね。

反面、臆病で繊細なため、ドッグフードの味や香りにも敏感で、せっかく評判の良いドッグフードを選んでも、なかなか食いついてくれないことがあると思います。

 

そんな時、ついついチワワを甘やかしてオヤツ向けのドッグフードをたくさんあげてしまうことも・・・。

 

その結果太りすぎてしまい、ダイエットが必要になるチワワは少なくありません。そうならないためにも、チワワには健康に良くて食いつきのよいドッグフードを選ぶ必要があります。

 

また、チワワは活発に動き回りますが、体が小さく骨が細いので、膝や肩の関節のトラブルを抱えやすい犬種です。抱っこをしているときに、チワワが膝から飛び降り、骨折や脱臼をするという事故も数多く報告されている為注意が必要です。

 

特に、チワワがかかりやすい膝蓋骨脱臼などは、慢性化する可能性もあるので骨や骨格の強くすることができる栄養成分を含んだ、ドッグフード選びが必要です。

 

骨が細く膝や肩の関節にトラブルが多く発生しがちなチワワに必要な成分は

 

たんぱく質脂肪炭水化物ミネラルビタミン

 

になります。

 

チワワも人間と同じ6大栄養素を必要としますが、必要量はそれぞれ体の大きさも違う為人間とは違います。例えば、ミネラルの中に含まれるカルシウムは、チワワに関しては人間の約10倍も必要です。

 

そして、特にチワワの細い骨や骨格の健康には「カルシウム」だけでなく「リン」も必要です。カルシウムやリンは総称して「ミネラル」と呼ばれています。また、たんぱく質、脂質、ミネラルがチワワの丈夫な体をつくり、チワワのエネルギー源となる栄養素は、炭水化物、脂質、たんぱく質です。

 

活発に動き回るチワワに特に必要な成分のカルシウムやリンの他に、グルコサミンやコンドロイチンなどの成分も不可欠となります。

 

それだけでなく、チワワは体が小さく、エネルギーをあまり蓄えることができないので、興奮や運動で消耗しすぎた場合に、低血糖に陥ることがあります。少量で素早く栄養が取れるドッグフードがあれば良いですね。

 

室内飼いのため、特別に甘やかさなくても、運動不足から太りすぎてしまうチワワもよくいます。すると、人間と同じで糖尿病、心臓病、関節を痛めるなどの心配が出てきます。チワワ向けのドッグフードとしては、カロリー控えめで、必要な栄養分がきちんととれるドッグフードがおすすめです。

 

チワワの特徴や性格、ドッグフードの選び方

 

チワワは大きな潤んだ瞳と可愛らしいしぐさが魅力的です。

 

世界最小の犬でポケットドックとも呼ばれています。 あのつぶらな瞳でじーっと動かず見つめる・・・ というシーンがある某CMでチワワが特に注目されました。

 

その為、チワワに対し可愛くておとなしいイメージを持った方も多いかもしれませんが、実はチワワはとても活発で俊敏な犬種で体が小さい割に、勇敢で勝気な性格をしています。家族に愛される事が大好きな甘えん坊な所がある反面、自分より体の大きな相手にも勇敢に立ち向かって行く好戦的部分も持っています。

 

チワワは可愛い風貌で甘え上手な為、ついつい甘やかしてしまいがちですが、自意識の強い所がありますので、しつけを間違うとわがままで言う事をきかなくなってしまいます。

 

実は頭がいいチワワ

 

しかし、チワワは頭が良くしつけもしやすいので、きちんと上下関係を築けば、 人間ととても良い関係で過ごせます。

 

チワワの性格については、他の犬種と比べチワワのその性格は千差万別です。基本的には、活発で俊敏ですが、臆病な子、大胆な子、と様々です。体系的なチワワの特徴としては、「アップルヘッド(アップルドーム)」と呼ばれる独特の丸い頭部もチワワの特徴です。

 

頭のてっぺんに「モレラ」と呼ばれるくぼみのある子もいます。

※これは、頭蓋骨が完全に接合していない弱い部分なので、頭部への強い衝撃には十分に注意が必要です。

 

JKC(ジャパンケンネルクラブ)が定めるチワワのスタンダードな体重は 500g〜3.0kgですが、1kg〜2kgが望ましいです。

 

※現在は体のサイズが小さい犬種ですが、元々3kg以上の比較的体が大きいサイズが原種で、人為的な繁殖で強制的に体重を軽くミニマムサイズの犬種に特徴が変わり、本体の体重に近い1〜2kg内で体重をキープさせるのがチワワには良いという理由があります。

 

チワワの被毛タイプ

 

チワワの毛のタイプは短毛の「スムースコート」とやわらかい長毛の「ロングコート」です。

 

毛色は基本的に全ての色、組み合わせが認められるので、バリエーションは豊富です。

※犬種の「スタンダード」とは、その犬種の理想的な形態や性格などを細かく定めたものです。

 

日本では主にJKCという団体が定めています。また、チワワの健康維持には品質が高く安全性の高いドッグフードを選ぶ必要があります。

 

チワワに合うドライフード選びのポイント

 

世界最小と言われていたこともあるくらい身体が小さなチワワ。

 

狭いマンションやアパートでも飼いやすく、室内の運動だけで散歩をさせる必要がないので、現在の日本ではいまだに人気に品種なのですが、実は飼育法によって寿命に差が出る犬種でもあります。小柄ゆえに、些細なことにでも影響を受けやすいので、チワワを飼育するなら、きちんと環境を整えてあげなくてはいけません。

 

特に重要なのが毎日食べるチワワの餌のドライフードです。 身体は食べたものからできています。その為チワワに与えるドライフードはしっかり吟味して、納得のできたものを与えましょう。

 

ではチワワの餌に合うドライフードとはどんなものなのでしょうか。

 

チワワに与えるドライフードを切り替えるタイミング

 

ドライフードの良い点は、噛み応えがありアゴを強くしてくれるところと、歯石ができにくいところです。たしかにチワワの餌はウエットフードのほうが嗜好性が高く、犬には人気なのですが、だからといってウエットフードばかりあげているのはチワワにとってよくありません。

 

ウエットフードだけでは、歯に歯石や歯垢がたまり、歯周病の原因となってしまいます。やわらかく噛みごたえがない分、チワワのアゴは未発達にはなりやすいです。

 

だから、できればチワワの餌にはドライフードもウエットフードもどちらも与えるようにすることがベストです。ウエットフードは単価が高く、開封後1日以内に食べきらなくてはならないため、ドライフードを常食としたほうがいいでしょう。

 

しかし、幼犬期からチワワの餌にドライフードを与えて育てないと、それが食べるものだとわからず、チワワが成犬になってから食べさせようと思っても拒否されることがあります。

 

よって、ドライフードは幼犬期の頃から慣れさせる様にしてください。 授乳期の終わり頃に、子猫用のドライフードをお湯やミルクでふやかして、幼犬に与えます。

 

歯が生えてきた頃に合わせて与えてあげると、何度か失敗することは合っても、やがて興味をもって食べてくれるようになります。成犬用のドライフードでは栄養が足りなく、粒が大きいので、必ず子犬用のドライフードを与えてください。

 

ドライフードを切り替えるタイミングは、チワワが子犬から成犬になる頃、成犬からシニア犬になる頃など、チワワの成長ステージに変化が見られたときです。また、与えているドライフードでは食いつきが悪かったり、配合されている成分に不安が出てきたときなどには、切り替えるようにしましょう。

 

大人になってからでも、ドッグフードの切り替えは慎重に行いましょう。繊細な子だと急に変わるとストレスになりますし、食べたことがないものを大量に食べると吐き出してしまうことがあるのです。

 

まずはこれまでのドッグフードにひとつかみ新しいドッグフードを混ぜ、食べてくれたら、何日もかけて徐々に新しいチワワのドッグフードの割合を増やしていきます。

 

10日前後ですべて新しいドッグフードに切り替わるように調節しましょう。

 

チワワにおすすめのドライフードの餌

 

チワワは身体が小さいので、当然口も小さいため、小粒なドライフードでなくては上手に食べることができません。

 

チワワの口でも問題なく食せる大きさの粒のドライフードを選んでください。 小柄な犬は膝蓋骨脱臼や関節炎を患いやすいという特徴があります。

 

チワワもその類に漏れず、先天的にも後天的にも膝や関節に問題を抱えやすい犬種です。そのため、チワワに与えるドライフードを選ぶなら、それらを予防しケアしてくれる成分が配合されているドライフードを選びましょう。

 

関節を強化してくれる効果があるのはコンドロイチンやグルコサミンです。チワワの骨を強くするカルシウムや、関節や骨を覆う筋肉を強化してくれるたんぱく質がしっかり配合されているものを選ぶもの重要なポイントとなっています。

 

また、近年ではチワワのアレルギーが増えてきています。チワワのアレルギーの原因となりやすいのは穀物です。 チワワの祖先はオオカミであり、もともと彼らは集団で狩りをして動物を食べていました。

 

つまり、多少の植物は食べていましたが、穀物を食べるようになったのは人間が農耕を始め、犬に与えるようになってからなのです。

 

そのせいか、チワワの中には多量に穀物を与えるとアレルギー反応を起こす子がいます。そのため、チワワをアレルギーにさせたくないなら、穀物はなるべく使用していないドライフードを与えるようにしましょう。

 

人工添加物はチワワの消化器官で吸収できず、ストレスになるので、人工防腐剤、人工香料、人工着色料などは使用していないもののほうが、チワワの身体に優しいです。

 

チワワの餌に適したドライタイプのドッグフードまとめ

 

ドライフードは酸化しにくく管理がしやすい上、チワワのアゴの発達を促し、歯石や歯垢が溜まるのを防いでくれます。

 

そのため、チワワを飼育するならドライフードを餌にうまく使いましょう。しかし、チワワが幼犬期からドライフードになじんでいないと、ドライフードを食べることを拒否するチワワもいます。幼い頃からチワワを育てるなら、きちんとドライフードを食べさせ、慣れさせることが大切です。

 

チワワは関節を故障しやすいので、関節や骨や筋肉をサポートしてくれる成分が配合されているドライフードを与えると、リスクを下げることができます。

 

穀物や人工添加物はチワワの身体に悪影響を及ぼすことがあるので、こういったものは使用されていないドライフードの餌をチワワに与えるようにしましょう。

 

チワワが尿路結石になってしまったときの食事

 

チワワと限らず、どの犬種でも犬は尿路結石になりやすい欠点を抱えています。尿路結石とは尿が通る場所に結石ができてしまう病気です。膀胱や尿管を傷つけ激痛を伴うことも多く、尿路が完全にふさがってしまうと尿毒症になり死亡してしまう恐ろしい病気です。

 

だから、チワワを飼育するなら、尿路結石を発症しないよう、食生活や環境を整えてあげると、健康でいられる期間を延ばすことができるのです。

 

では、チワワの尿路結石を予防するには、飼い主はどうしたらいいのでしょうか?

 

チワワが尿路結石になる原因

 

チワワの尿路結石と言っても、結石ができる原因にはさまざまなものがあります。何が原因でチワワが尿路結石を発症してしまったかによって、

 

  • ストルバイト結石
  • シュウ酸カルシウム結石
  • シスチン結石
  • シリカ結石

 

というように名前が異なり、対処法や予防法にも差が出ます。

 

中でもチワワの尿路結石はストルバイト結石、シュウ酸カルシウム結石が尿路結石の90%を占めるため、今回はこの二つをチワワが発症してしまう原因についてに絞ってご説明します。チワワにストルバイト結石ができる大きな原因は、チワワの尿道から入り込んでしまった細菌が、尿管や膀胱で繁殖してしまうことです。

 

この細菌が繁殖すると、弱酸性だった尿酸値がアルカリ性になってしまい、これまでは普通に尿に混じって体外に排出されていたリン酸アンモニウムマグネシウムの濃度が高くなり結晶化してしまいます。

 

これがどんどん大きくなり、ついにはチワワが尿路結石となってしまうのです。

 

シュウ酸カルシウム結石の場合はまったく反対で、体内の尿酸値が何かを理由に酸性に傾きすぎると、シュウ酸とカルシウムが結合してしまい結石になります。つまり、尿酸値はアルカリ性になりすぎても、賛成になりすぎても尿路結石を発症してしまうのです。

 

チワワの尿路結石の原因として共通して言えるのは、水を飲む量が減って、尿を出す量が減ると、体内で尿が濃縮されてしまうと結石にもなりやすくなります。そのため、水を飲むのが苦手なチワワを飼っている人は、特に尿路結石には注意する必要があります。

 

また、きちんとチワワが排尿をしていれば、尿道に細菌が入り込んでも尿が押し流してくれ、チワワの尿酸値が極端に傾くこともありません。

 

だから、きちんとチワワがトイレでオシッコをしているかどうかチェックするもの大切になります。

 

尿路結石になってしまったチワワの健康管理法

 

すでにチワワが一度尿路結石になっていたとしても、同じ生活を続けていれば再発してしまう可能性があります。先に紹介したように、チワワの尿路結石には飲水量と排尿量が大きく関係しています。

 

チワワの尿路結石再発を防ぎたいなら、清潔な水が飲める水場をたくさん用意し、トイレを清潔にしていつでも排尿できるように準備しておきましょう。チワワが水を飲みたがらない場合、器や置かれている高さが気に入らなかったり、トイレに近いからチワワが嫌がっている可能性があります。

 

チワワの水皿の種類を変えてみたり、飲みやすいように台の上に置いてみたり、水飲み場の位置を変えてみるのもオススメです。

 

また、尿路結石を予防するには、チワワの食事管理も大切です。水を飲みたがらないチワワには水分が多いウエットフードを与えてみるといいでしょう。

 

結石の原因となりやすい、マグネシウムやシュウ酸やカルシウムなどミネラルが多い食べ物はチワワに与えないようにしてください。

 

尿路結石を患ってしまったチワワに合うドッグフードや餌の選び方

 

チワワの尿路結石の再発を予防したいなら、毎日食べるチワワのドッグフードや餌の選びかたを厳選する必要があります。

 

あまり尿酸値の値が悪いなら、尿路結石用の病療食を与えたほうがいいですが、何由来の結石なのかや現在どれくらいの尿酸値なのかによって、チワワに与えるべきドッグフードや餌は異なりますので、まずは獣医師に相談して、支持された病療食を与えるようにしてください。

 

一度尿路結石になってしまった犬の再発に多いのは、ストルバイト結石になってしまい、尿酸値を酸性にしようとしすぎて、今度はシュウ酸カルシウム結石を発症してしまうパターンです。尿路結石になってしまった場合、尿酸値をどちらかに傾けようとするのではなく、正常な弱酸性の尿酸値に戻すよう意識することが大切です。

 

それには定期的な尿酸値の検査が欠かせません。

 

チワワの尿酸値が正常範囲内に戻ったのなら、弱酸性を維持でき、結石の原因となるミネラルは低く抑えられているドッグフードを選ぶようにしてください。病療食ではない一般的なドッグフードでも、尿路結石に配慮し、マグネシウムやカルシウムの配合量を低く調整しているものがあり、

 

こうしたドッグフードや餌をチワワの常食に選ぶと、チワワの尿路結石の再発を予防することができます。

 

チワワの尿路結石対策の為のドッグフードや餌選び

 

チワワが尿路結石になってしまった経験がある人は、飼育環境の整備や、食事管理を行うと再発を予防することができます。尿路結石はとても再発しやすい病気なので、一度でも患ってしまったら、なぜ発症したのかきちんと原因を追究し改善してください。

 

しかし、尿酸値の改善ばかりに気を取られていると、今度はチワワに別の結石ができてしまうこともあるので、

 

尿酸値は弱酸性を目指すよう、こまめな尿酸値チェックが必要となります。尿酸値の値が傾いている場合は、医師と相談の上、phをコントロールできる病療食を与えます。尿酸値が弱酸性で落ち着いたら、市販の低マグネシウム、低カルシウムの尿路結石予防用ドッグフードや餌をメインにチワワに与えましょう。

 

-チワワ
-,

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.