チワワ

胃腸が弱いチワワに食べさせるドッグフードの選び方

 

胃腸が弱いチワワに食べさせるドッグフードの選び方

 

胃腸が弱いチワワに食べさせるドッグフードの選び方についてのお話です。どのような特徴があるドッグフードを選ぶことで胃腸が弱いチワワでも安心して与えることができるドッグフードなのかをご紹介します。

 

チワワの体質にあわせたドッグフードの選び方

 

チワワの胃腸の弱さを解消できるドッグフードの特徴

 

胃腸が弱いチワワに安心して食べさせることができるドッグフードの特徴は以下のとおりです。

 

  • 穀類が含まれないグレインフリー
  • アレルギー物質が含まれない

 

穀物はチワワが消化しずらい食べ物です。消化しずらいということは消化不良を起こし胃の中で消化しきれず便秘につながるなどのトラブルの原因になります。

 

それだけでなく、消化不良を起こし続けていると胃捻転を発症し死亡してしまうケースもあるので注意が必要です。

 

※胃捻転とは・・・胃の中にガスが溜まり胃がねじれ他の臓器を圧迫してしまう病気

 

また、とうもろこしや小麦などの穀物、牛肉や豚肉などの肉類がチワワのアレルゲンになりえる食べ物なので、穀物や鶏肉以外の肉類が含まれていないドッグフードを選ぶことが、胃腸が弱いチワワにおすすめできるドッグフード選びです。

 

チワワの体質にあわせたドッグフードの選び方

 

胃腸が弱いチワワには鶏肉や魚がメインのドッグフードがおすすめ

 

チワワの丈夫な体作りには動物性たんぱく質が必要です。動物性たんぱく質を体に取り入れることで普段の生活で筋肉を増やすことができ、骨格を強くすることができます。

 

また、チワワのきれいな体を維持するためにも動物性たんぱく質は必要で体の艶も維持する事ができるようになります。その動物性たんぱく質が豊富に含まれるチキンや魚がメインの原材料のドッグフードを選ぶことがおすすめです。

 

チワワの体質にあわせたドッグフードの選び方

 

胃腸が弱いチワワには穀物が含まれないドッグフードがおすすめ

 

チワワは基本的に肉食よりの雑食動物に当たるので、穀類を消化するのが得意ではありません。穀類は腹持ちが良い、与えやすいといった、飼い主側の都合で穀類を食べさせるのはやめましょう。

 

胃腸が弱い事が分かっているのであれば、穀類が未使用なグレインフリーのドッグフード選択する必要があります。

 

チワワの体質にあわせたドッグフードの選び方

 

販売価格が安いドッグフードに含まれる危険な原材料を、胃腸が弱いチワワに与えない様にしましょう

 

動物の内臓、毛、骨、神経、蹄などの副産物や、穀類などのアレルギーとなる物質が入っていないドッグフードを選択する必要があります。安価なドッグフードの中には、原材料に◯◯ミールや◯◯パウダーといった、元の原料が不明な素材や、穀物が大量に含まれている事が多く危険です。

 

そういった、危険な原材料を含むドッグフードを、胃腸が弱いチワワに与えていると、更に体調不良を加速させてしまいます。アレルギーの原因となる物質は犬によって違うので、動物病院で検査をしてもらい、その物質が入っていないドッグフードを選択しましょう。

 

他犬種と同様に、チワワも一日の食事量が違います

 

犬は犬種毎に、一日食べる食事量が違う動物だという事を忘れてないようにしましょう。チワワも同様です。体に必要な栄養も違います。その事を理解してチワワの体質にあったドッグフードを与えるようにしましょう。

 

うんちが柔らかい時は食事を与え過ぎな場合もあり、チワワの胃腸が弱いと勘違いしてしまう場合もあるので注意が必要です。チワワが一日に食べる量を調整しながら、体のサイズにあった食事量を与える様にする必要があります。

 

チワワの体質にあわせたドッグフードの選び方

 

胃腸が弱いチワワにおすすめなドッグフードまとめ

 

胃腸が弱いチワワに与える餌は、どの様な特徴を持つドッグフードが最適なのかをテーマにお話しました。そこで、胃腸が弱いチワワにも最適なモグワンを併せて紹介します。

 

 

モグワンは穀物を一切使用しないグレインフリーでチワワの胃腸に優しいドッグフードで、メインの原材料もチキンやサーモン、野菜や果物も含まれ消化しやすい配合。

 

ビタミンも豊富でサツマイモや豆類(えんどう豆・レンズ豆・ひよこ豆)で食物繊維もしっかり摂る事ができます。それだけでなく、整腸作用のあるビール酵母や乳酸菌も含まれているのでまさに胃腸の弱いチワワの食事をサポートできるドッグフードです。

 

モグワンは健康に良いだけでなく、食いつきの良さ◎のドッグフードです

 

モグワンは

 

  • 「愛犬にはずっと元気でいて欲しい」

 

と願うすべての飼い主さんに一度は試してもらいたい、食いつきの良さ◎のドッグフードです。

 

 

1日先着1000名限定で初回購入時50%OFFキャンペーン中

 

 

 

おすすめドッグフードの人気ランキングBEST3

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイントを基準にしたおすすめドッグフードの人気ランキングBEST3をご紹介します!!

モグワン

総合評価:S

主原料 内容量 フードタイプ
チキン
サーモン
1.8kg ドライフード
食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
モグワンの評価

 

モグワンの詳細記事

 

モグワンは栄養バランスがよく、犬が好んで食べる動物性たんぱく源を豊富に含んだドライフードです。低炭水化物でヘルシーなだけでなく、子犬期からシニア期まですべての年齢に対応していて食いつきの良さ◎のプレミアムドッグフードです。

 

モグワンが今、選ばれている理由

 

1日先着1000名限定で初回購入時50%OFFキャンペーン中

 

モグワン公式サイト

 

 カナガン

総合評価:A+

主成分 内容量
チキン 2kg
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 2kg ドライフード
食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
カナガンの評価

 

カナガン詳細記事

 

モグワンドッグフードと同様の品質の高さと安全性を持つ国産のプレミアムドッグフードで、全犬種/全ライフステージ(全年齢)にも対応しています。

モグワンと比較すると含まれる動物性たんぱく質が60%とモグワンより高カロリーなため、痩せてしまい体重が減ってしまった場合におすすめできるドッグフードです。

 

カナガン公式サイト

 

カナガンとモグワンの比較

 

ネルソンズ

総合評価:A

主成分 内容量
チキン 5kg
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 5kg ドライタイプ
食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
グレインフリー
ネルソンズの評価ポイント

 

ネルソンズの詳細記事

 

トップブリーダーが自身の愛犬の為に開発したプレミアムドッグフード。グレインフリー/ヒューマングレードなので安全性も高いですが、モグワンやカナガンよりも動物性たんぱく質量が若干少なくカロリーがやや高めのフードです。

ライフステージが限定され7ヶ月〜7歳までしか与えることができませんが、パッケージが5kg〜と大容量なため、大型犬の飼い主さんに高評価のドッグフードです。

 

ネルソンズ公式サイト

 

ネルソンズとモグワンの比較

 

モグワンがおすすめドッグフードである理由

 

カナガンもネルソンズも、品質や安全性が高く犬の健康を考えられたドッグフードですが、

 

カナガンのデメリット
  • 犬によって食いつきにばらつきがある
  • 少しカロリーが高め
  • 独特な香りある
ネルソンズのデメリット
  • 動物性たんぱく源が足りない
  • 高カロリー
  • シニア期に切り替えが必要

 

というデメリットがあります。

 

その、カナガンやネルソンズのデメリットを解消し

 

  • 食いつきの良さ
  • 栄養バランスの良さ
  • ヘルシーさ

 

を実現したのがモグワンです。

 

 モグワン公式サイトの50%OFFキャンペーンで購入するにはこちら

 

-チワワ
-

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.