チワワの去勢後の食事に最適なドッグフードの選び方

 

チワワの去勢後に起こる体調の変化に合わせたドッグフードの選び方

 

去勢したチワワはこれまでと同じように飼育していると、トラブルが起こる可能性があります。中でも重要なのは去勢後の食事です。

 

去勢前とまったく同じ食事をチワワに与えていると、問題が起こるので、去勢後の食事には特に注意を払うようにしてください。

 

では、去勢後の食事はどうしたらいいのかや、去勢によって起こるチワワの変化についてご紹介し、どのようなドッグフードを選ぶことで去勢後のチワワの体調管理がしやすくなるかお話します。

 

 

➤➤おすすめドッグフードの人気ランキングBEST3はこちら

 

チワワの去勢後の体の変化

 

チワワを去勢すると、生殖器が原因で起こる前立腺肥大や精巣腫瘍が発生するリスクを抑えることができます。これらはどちらも放置して悪化させると重篤な症状が出て、最悪命を落とすことになる恐ろしい病気です。

 

また、オスの場合去勢をすると性ホルモンが減少して攻撃性が減退し、オス同士でけんかをすることも少なくなります

 

メスを求めなくなるので、遠ぼえやメスを求めて脱走するなどの問題行動も起こしにくくなります

 

このように、病気のリスクやけんかで怪我をするリスク、脱走、欲求不満によるストレスなどから開放されるため、一般的には去勢をしたチワワのほうがしない犬よりも長生きしやすいです。

 

ただし、問題行動をやめるかどうかは、個体差が大きく、手術を受けたチワワが必ずそうなるというものではありませんので、過度な期待は持たないほうがいいでしょう。

 

攻撃性が低くなるので性格は丸くなりやすいですが、その分、活発に動かなくなるので以前よりも運動量が減ります

 

また生殖器に使用していたエネルギーが使われず余るので、以前よりも太りやすくなります。しかも、性欲がなくなってしまった分、去勢をしたチワワは食欲が増すことが多いです。

 

そのため、手術を受けたチワワはとても太りやすくなるので、去勢後の食事はこれまでと同じものを与えていてはいけないのです。

 

チワワはもっと食べたいとねだってくるかもしれませんが、それはお腹が減っているのではなく、食欲が増大しているからなので、去勢後の食事はねだられてもカロリーを減らすようにしましょう

 

ただし、あまりにも去勢後の食事を減らしすぎると、今度はそれがストレスとなり、問題行動の引き金となるので、調節には微妙なさじ加減が重要になってきます。

 

チワワにおすすめなドッグフードの人気ランキングBEST3はこちら

 

去勢後のチワワの健康維持に必要な食事量の管理方法

 

去勢後のチワワはどうしても脂肪がつきやすくなるので、まずは運動量を増やし、カロリー消費量を増やすようにしましょう。

 

無理やりさせても逆効果となるので、

 

  • 散歩は距離ではなく回数を増やす
  • 家の中で動き回れる場所を増やす
  • 遊んであげる時間をこまめに用意する

 

など、チワワがストレスなく体を動かせるように工夫してください。

 

去勢後のチワワの食事は、できればただ量を減らすのではなく、去勢した犬用のドッグフードや体重管理用の低カロリードッグフードに切り替えたほうが、チワワにストレスを与えません

 

チワワが成犬の場合、基本は1日2食ですが、食欲が旺盛で太りやすい子の場合は、去勢後の食事回数を増やし、こまめにドッグフードを与えることで空腹を感じないようにさせたほうが、太りにくくなります。

 

とはいえ、飼い主さんの状況によっては、仕事などで日中に食事を与えるのは無理だという人もいるでしょう。そういう人の場合は、帰宅後与える夕飯を2回に分けるなどするだけでもOKです。

 

自分の生活リズムを乱さない程度でいいので、去勢後の食事は回数を増やしてあげましょう

 

チワワにおすすめなドッグフードの人気ランキングBEST3はこちら

 

去勢後のチワワの食事管理とドッグフードの選び方

 

では、去勢後の食事に適したドッグフードとはどのようなものでしょうか。

 

まずは肥満予防に、カロリーが低く抑えられているものが理想的です。

 

ただし、粗悪なドッグフードだと、カロリーが低い分、含まれる栄養も減っているものがあるので、穀物でかさまししている様な品質の悪いドッグフードは避けるようにしてください。いくら肥満を予防できても、これでは栄養不足となり、別の病気になってしまいます

 

チワワは体が小さい分衝撃を受けると足や腕の関節や腰にトラブルを発症しやすいので、きちんとチワワの体全体の筋肉が育つよう、質の高いたんぱく質が配合され、関節サポート効果があるコンドロイチンやグルコサミンを含んだチワワのドッグフードがおすすめです。

 

また、穀物はカロリーが高く、犬のアレルゲンとなりやすい食物です。そのため、できればチワワの去勢後の食事には、あまり穀物が使用されていないドッグフードを選んだほうがいいです。

 

元々犬は肉食で穀物を食べるようになったのは人間に飼育され始めてからです。そのせいか、犬の消化器官はあまり穀物をうまく分解・吸収することができません

 

たくさん与えると消化管に余計なストレスがかかるので、できればグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードのほうが、太りにくいうえに、免疫低下などのリスクを下げてくれるのでおすすめです。

 

こうした条件にすべて見合うドッグフードとなると、こだわって製造されているため、高価なものが多いです。しかし、チワワは元々身体が小さいので、大型犬と比べると、高いドッグフードを与えても食費がそれほど跳ね上がりません。

 

また、去勢後のチワワの食事に低品質なドッグフードを与えて病気にしてしまうと、手術費用や通院代でかえって高額な出費になってしまうこともあります。

 

その為、チワワを去勢したときには値段ばかり気にせず質の高いドッグフードを与えましょう。

 

チワワにおすすめなドッグフードの人気ランキングBEST3はこちら

 

チワワの去勢後の食事管理とドッグフードの選び方まとめ

 

去勢をすると、望まない出産をさせるリスクがなくなり、病気を予防できて、問題行動を抑制することも可能なのです。

 

しかし、手術をするとチワワの運動量が落ち、食欲が増して、太りやすくなるので、去勢後の食事管理は必ず行ってください。

 

チワワに与える去勢後の食事に適しているドッグフードは、低カロリーで筋肉や関節を強化してくれる成分が配合されているものです。穀物がたっぷり配合されている安価なドッグフードでは、太りやすく、アレルギーなどの病気を発症しやすくなるため、できれば去勢後の食事にはグレインフリーのものを選びましょう。

 

高機能ドッグフードは、どうしてもスーパーなどで売られているお手頃なドッグフードと比べると値段が張ります。

 

しかし、値段が高い分、健康にはしっかり配慮されたものなのです。

 

チワワにおすすめなドッグフードの人気ランキングBEST3はこちら

 

安全で犬の健康に良いドッグフードの選び方

 

 

  • ドラッグストアやスーパーで販売されているドッグフード

 

を食べ続けさせると

 

食いつきが悪くなる

毛並みが悪くなる

毛艶が悪くなる

皮膚を痒がる

胃腸が弱くなる

うんちがゆるくなる

目やにが増える

涙やけができる

 

など、犬の健康を損なう原因になります。

 

そのため、ドッグフードを購入するときはパッケージの背面に記載されている原材料を確認し、犬の体に良くない物が含まれていないか細かくチェックする必要があります。

 

そこで、ドッグフードを購入する際に参考になるよう、ドッグフード選びの7つの基準をご紹介します。

 

ドッグフード選びの7つの基準

 

ドッグフード選びの基準① 栄養バランスが良いドッグフード

 

なぜ、栄養バランスが大切なのでしょうか?

 

甘いものやカロリーの高いものばかりを食べていては、体を壊してしまいます。野菜や果物も食べて、食物繊維やビタミン、ミネラルも摂取しなくてはなりません。

 

つまり、さまざまな栄養をバランスよく摂取することが大切です。

 

食事の栄養バランスが偏っていると

 

被毛の毛並みや艶が悪くなる

抜け毛が多くなる

ウンチが固くなる

涙やけができる

 

犬の体にトラブルが発生します。

そのため、犬の健康に必要な栄養素がバランス良く配合されているドッグフードがおすすめです。

 

ただ、気をつける必要があるのは、肉食の犬と、雑食である人間では、必要な栄養が違うということです。

犬の場合は、タンパク質を主食と考え、肉類をたっぷりとり良質の脂肪分と適量の野菜や果物がたべせることがおすすめ。

 

摂取するタンパク質の量が多すぎても、カロリー過多で消化器官に負担がかかるので注意が必要です。

 

理想的な栄養バランスは

 

動物性たんぱく質50%以上

粗タンパク質22%~33%前後

脂質10%~15%前後

糖質35%~45%前後

 

で、あとはビタミン、ミネラルなどが配合されているドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

おすすめドッグフードの人気ランキングBEST3はこちら

 

ドッグフード選びの基準② 無添加で製造されているドッグフード

 

 

購入前にドッグフードのパッケージの裏側を見て原材料を確認しましょう。

 

法律でドッグフードに含まれる原材料と添加物はすべて表示されなくてはならないと決まっています。原材料や成分表をみることで、栄養バランス、タンパク質の原材料、どんな添加物が使われているかなどがわかります。

 

ロイヤルカナンなどにも含まれる、酸化防止剤のBHAやBHTは発がん性物質です。

 

発がん性物質を体内に取り入れつづけると

 

ガンを発症する

血管や内臓からの出血やうっ血を起こす

 

などの可能性が高まります。

 

また、肉副産物である

 

動物の死肉 DEAD

病死した動物の肉 DISEASED

死にかけの動物の肉 DYING

障害のあった動物の肉 DISABLED

 

4Dミート(4つの頭文字をとった総称)が含まれるドッグフードを与え続けると、

 

毛並みや毛艶の悪化

抜け毛が増える

フードを食べない

フードを吐き出す

皮膚を痒がる

涙やけができる

目やにが増える

 

などを引き起こすので、あげているドッグフードに

 

人工添加物 エトキシキン
BHA
BHT
赤色3号
赤色40号
赤色102号
赤色105号
青色2号
ソルビトール
キシリトール
グリシリジン・アンモニエート
ビートパルプ
コーンシロップ
亜硝酸ナトリウム
プロピレングリコール
ソルビン酸カリウム
4Dミート 肉類
肉副産物
◯◯ミール
◯◯パウダー
動物性油脂
◯◯エキス
◯◯パウダー

 

など人工添加物や、4Dミートの可能性がある原材料が記載されている場合は、今すぐドッグフードを切り替えましょう。

 

おすすめドッグフードの人気ランキングBEST3はこちら

 

ドッグフード選びの基準③ 動物性たんぱく源が豊富なドッグフード

 

 ※引用元 https://konaka-ah.com/index.php/page/protein

 

動物性たんぱく質は

 

健康的で丈夫な犬の体作り

艶のある綺麗な毛並み

 

に必要な栄養素です。

 

もともと肉食動物である犬にとって、動物性たんぱく質が一番消化しやすく、

 

  • 健康的で丈夫な体の維持する
  • 艶やかな毛並みを生み出したりする

 

のに重要な成分です。

 

特に動物性たんぱく源としておすすめなのが、チキン、ラム肉、魚肉です。消化しやすいだけでなく、良質な脂質を含み、健康を維持するのに必要なビタミンや脂肪酸を効率よく摂取することができます

 

動物性たんぱく源が足りないと

 

  • 犬の体を丈夫に育てられない
  • 毛並みや艶が悪くなる
  • 食いつきが悪くなる

 

といった原因になります。

 

また、犬は本来肉食の為、原材料に肉を多く含むドッグフードを好む傾向があるので、犬の餌には、主原料が肉で粗たんぱく質が50%以上含まれるドッグフードを基準にするドッグフードを選ぶのがおすすめです。

 

おすすめドッグフードの人気ランキングBEST3はこちら

 

ドッグフード選びの基準④ グレインフリーのドッグフード

 

 

グレインフリー(グルテンフリー)とは穀物を一切含まない事を意味しています。

 

犬は穀物を消化するのが苦手な生き物です。

 

※アミラーゼと呼ばれる穀物に含まれるデンプンを分解する消化酵素が唾液に含まれない為

 

しかし、市販の安いドッグフードには腹持ちを良くするため穀物を含む商品が多く存在しています。

 

穀物を食べ続けることで消化不良を起こし

 

胃捻転を発症する

アレルギーの原因になる

胃腸が弱くなる

うんちがゆるくなる

 

原因になります。

特に胃捻転を発症すると、他の臓器を圧迫し最悪死に至るケースもあるので特に注意が必要です。

 

※胃捻転とは 消化不良により胃の中にガスが溜まり、胃がひねりまわってしまう病気

 

しかし、良質なドッグフードとしておすすめされている製品の中にも、玄米や大麦やオートミールなど、穀物が配合されているものが多いので注意が必要です。

 

穀物を食べ続けると胃捻転だけでなく、消化不良を引き起こし胃腸が弱くなるなどの原因にもなるため、犬の餌にはグレインフリー(グルテンフリー)タイプのドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

おすすめドッグフードの人気ランキングBEST3はこちら

 

ドッグフード選びの基準⑤ 低炭水化物なドッグフード

炭水化物の種類

分類 種類 特徴
単糖類 グルコース(ブドウ糖) 麺類/米/パンなどに多く含まれる
フラクトース(果糖) 果物などに含まれる
ガラクトース 牛乳などに含まれる
二糖類 スクロース(ショ糖) 砂糖の主成分
マルトース(麦芽糖) 水飴などに含まれる
ラクトース(乳糖) 乳製品に多く含まれる
少糖類 オリゴ糖 ごぼうや玉ねぎなどの野菜、蜂蜜などに含まれる
多糖類 グリコーゲン 肝臓や筋肉に蓄えられている成分
デンプン じゃがいもや米、パスタなどの穀物類に含まれる
食物繊維 さつまいもやかぼちゃなどに含まれる

 

ヘルシーで低炭水化物なフードなら、食事量の管理が楽というメリットがあります。

 

ヘルシーではないフードの場合、

 

  • 太りやすい体質になる
  • 毎日のカロリー計算が大変になる
  • 毎日の食事量の管理が大変になる

 

といったデメリットがあります。

 

また、ドッグフードの原材料ににサツマイモが含まれていると、腹持ちがよくなり、給餌量(餌の量)減らすことができ、標準的な体重を維持しやすくなるので、サツマイモが原材料に含まれているドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

おすすめドッグフードの人気ランキングBEST3はこちら

 

ドッグフード選びの基準⑥ ドライタイプのドッグフード

 

カリカリのドライフードをよく噛んで食べる事で、

 

歯周病の予防と対策

給餌量を抑える

ボケ防止

 

が可能です。

 

ウェットフードの場合、歯間や歯茎に食べかすが残りやすく歯周病になりやすいので食後のケア(歯磨きなど)が重要ですが、ドライフードの場合は食べかすが歯の間に詰まることも少なくなるので

 

食後のケアが楽になるというメリット

 

があります。

 

その為、犬の餌にはウェットタイプのフードよりもドライタイプのドライフードを基準にドッグフードを選ぶのがおすすめです。

 

おすすめドッグフードの人気ランキングBEST3はこちら

 

ドッグフード選びの基準⑦ 食いつきがいい肉類メインのドッグフード

食いつきが良いドッグフードは牛・鶏・豚などの肉類がメインのドッグフードです。また、フードのサイズが丁度いいサイズで調整され噛みごたえがあり、犬の食欲をそそる野性味あふれる香りがするフードが食いつきが良いです。

 

ドッグフードの食いつきが良くないとドッグフードの切り替えが大変なので、ドッグフードの原材料が肉メインのフードを選び、犬の嗅覚を刺激し食欲をそそってくれる、香りの強いドッグフードを基準にドッグフードを選ぶのがおすすめです。

 

7つの基準を満たしたドッグフード選びのメリット

 

安全性の低い

栄養バランスが悪い

胃腸が弱くなる

太りやすい

食物アレルギーを発症する

毛並みや艶が悪くなる

食いつきが悪い

 

ドッグフードを選んでしまうことを避けることができます。

 

しかし、市販のドッグフードや一部のプレミアムフードは安全性に配慮がなく、栄養バランスに偏りが多いドッグフードが多いので注意が必要です・・・。

 

ドッグフードの比較や評価の一覧

 

そこで、安全で犬の健康に良いドッグフード選びの7つの基準をもとにした

 

ドッグフードの人気ランキングBEST3

 

をご紹介します。

 

おすすめドッグフードの人気ランキングBEST3

モグワン

総合評価 : S

食いつきの良さ
栄養バランス
安全性の高さ
たんぱく質の量
ヘルシーさ
穀物不使用 無添加
ヒューマングレード ドライフード
全犬種対応 全年齢対応
主原料 内容量
チキン
サーモン
1.8kg
モグワンのおすすめポイント

 

モグワンが今、選ばれている理由

 

モグワンはあらゆるドッグフードのいい所を取り入れた食いつきのいい理想的なフードです。

 

  • 獣医師も推薦する栄養バランス
  • 穀物不使用のグレインフリー
  • 人工添加物を一切含まない無添加フード

 

なだけでなく、酸化防止剤にミックストコフェロールを採用し、コストパフォーマンス抜群なワンランク上の無添加ドッグフードです。

 

特に、ドッグフード選びで悩んでいる飼い主さんに一度は試してもらいたい、93%の購入者が満足している食いつきの良さ◎のプレミアムドッグフードです。

 

1日先着1000名限定で初回購入時50%OFFキャンペーン中

 

 

 

モグワンがおすすめ人気ドッグフードランキングで1位の理由

 

カナガン

総合評価 : A+

食いつきの良さ
栄養バランス
安全性の高さ
たんぱく質の量
ヘルシーさ
主成分 内容量
チキン 2kg
カナガンの評価

 

カナガンの詳細

 

モグワンドッグフードと同様の品質の高さと安全性を持つ国産のプレミアムドッグフードで、全犬種/全ライフステージ(全年齢)にも対応しています。

 

でも、モグワンとカナガンを比較すると含まれる動物性たんぱく質が60%とモグワンより高カロリーで、

 

食いつきがモグワンにくらべると悪かったので2位です。

 

モグワンとカナガンの比較

カナガン公式サイト

 

ネルソンズ

総合評価 : A

食いつきの良さ
栄養バランス
安全性の高さ
たんぱく質の量
ヘルシーさ
主成分 内容量
チキン 5kg
ネルソンズの評価ポイント

 

ネルソンズの詳細

 

トップブリーダーが自身の愛犬の為に開発したプレミアムドッグフード。

 

グレインフリー/ヒューマングレードなので安全性も高いですが、モグワンやカナガンとネルソンズを比較すると動物性たんぱく質量が少ないのと、カロリーがやや高め。

 

食いつきもわるくなく信頼できるフードではあるのですが、7ヶ月〜7歳までのライフステージが限定されるので3位の評価です。

 

モグワンとネルソンズの比較

ネルソンズ公式サイト

 

モグワンがおすすめドッグフードである理由

 

カナガンもネルソンズも、品質や安全性が高く犬の健康を考えられたドッグフードですが、

 

カナガンのデメリット
  • 犬によって食いつきにばらつきがある
  • 少しカロリーが高め
  • 独特な香りある
ネルソンズのデメリット
  • 動物性たんぱく源が足りない
  • 高カロリー
  • シニア期に切り替えが必要

 

というデメリットが少しあります。

 

その、カナガンやネルソンズのデメリットが解消され

 

  • 食いつきの良さ
  • 栄養バランス
  • ヘルシーさ
  • 年齢ごとのフードの切り替えが不要

 

を実現しているのがモグワンです。

 

 

それだけでなく、

 

  • 穀物を一切使用していないグレインフリー
  • 人工添加物を含まない無添加ドッグフード
  • 獣医師も推薦する栄養バランス
  • ジッパー付きのパッケージで保管しやすい

 

というまさに理想形のドッグフードです。

 

 

1日先着1000名限定で初回購入時50%OFFキャンペーン中です

 

 

 

 

モグワンは犬が健康になるだけでなく、食いつきも良いドッグフード

  • 健康で長生きできる
  • 毛並みや毛艶が綺麗になる
  • 足腰が強化できる
  • 胃腸の弱さを改善できる
  • 涙やけを改善できる
  • 目やにを減らせる

 

というメリットがあるだけでなく、食いつきもいいドッグフードです。

 

1日先着1000名限定で初回購入時50%OFFキャンペーン中

 

 

 

 

-チワワ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.