子犬だからこそおおすすめしたいネルソンズドッグフード

 

子犬ってこんな時期

 

どんな犬でも子犬の頃って可愛いものですよね。

 

でも可愛がるだけじゃダメです!

 

犬にとってこの時期は健康に成長するための重要な時間ですから、食べるものにも気を使わなければなりません。

 

そこで紹介したいのが「ネルソンズドッグフード」というイギリス産のドッグフードです。 ネルソンズドッグフードには、子犬の成長を手助けするさまざまな効果があるのです。

 

しかも子犬だけでなく成犬やシニア、どのようなサイズの犬にも対応している好都合なフードのようなのですが、本当のところはどうなのでしょうか?

 

 

小型犬の子犬への効果

 

小型犬の子犬は口が小さいですし、噛んだり飲み込んだりする力も未発達です。

 

しかし、そんな特徴をカバーしてくれるのがネルソンズドッグフードなのです。 ネルソンズドッグフードであれば、1粒の厚みが5mm程度と比較的小さいサイズですので、子犬でも食べやすい大きさとなっています。

 

また口だけでなく、小型犬の子犬は胃の容量もとても小さいです。 ですから、さまざまな栄養素が1粒にぎゅっと凝縮されているネルソンズドッグフードであれば、少ない量であっても必要な栄養を適切に摂ることができるのです。

 

 

 

中型犬の子犬への効果

 

中型犬の子犬は、大型犬に比べると代謝率が高く、成犬の体重に達するスピードも早めです。

 

ですから子犬の時期には、筋肉や骨、その他の組織の発達のために十分な栄養素を摂取することが必要です。

 

そんなニーズに応えてくれるのがネルソンズドッグフードです。 ネルソンズドッグフードには、動物性たんぱく質や脂質、カルシウムなどがしっかりと含まれており、中型犬の子犬の成長を助けるためのバランスの取れた栄養素が配合されているのです。

 

子犬の頃からネルソンズドッグフードを食べることで、病気に強く健康な体づくりを実践することができます。

 

 

 

大型犬の子犬への効果

 

大型犬は体格がどっしりとしているため、足や腰の関節に関わるトラブルを引き起こすことがあります。

 

ネルソンズドッグフードには、軟骨の形成やスムーズな関節の動きに欠かせないグルコサミンやコンドロイチンといった成分が入っています。 ですからネルソンズドッグフードを子犬の段階から摂取することで、年を取っても元気に動くことが可能となるのです。

 

ただし、大型犬の子犬の場合にはカルシウムを摂取し過ぎると骨の発達に問題が起きてしまう恐れがあったり、さらには大きな体格の割にはそれほどエネルギーを必要としなかったりといった特性もあります。

 

しかし他のドッグフードと比べて、ネルソンズドッグフードはカルシウムの含有量やカロリーの値が少し高めなので、ネルソンズドッグフードを使用する際には1日分の給与量をしっかりと守るよう注意しましょう。

 

もし子犬の頃から食べ過ぎてしまうと骨の成長や体重管理にマイナスな影響を与えてしまうリスクが生まれるのです。

 

さて、この記事では、犬のサイズ別にネルソンズドッグフードが子犬にもたらす作用や効果についてまとめましたが、全ての犬に共通しているのは、子犬は成犬よりも約2倍の栄養素が必要だとされていることです。

 

それほど、急激な体の成長を支えたり感染症などの病気を予防したりすることに骨を折らなければならない時期なのです。 そんな時期にどのようなドッグフードを与えるかは飼い主の重要な仕事です。

 

ぜひよく考えて犬のニーズに合ったフードを選びましょう。

 

 

 

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.