「ナチュラルドッグフード」がシニア犬に良いワケって?

シニアになっても「ナチュラルドッグフード」

 

愛犬の健康がそろそろ気になるけれど、シニア犬にはどのようなフードをあげれば良いか分からない…

と悩んでいませんか?

犬の身体の健康管理に良いドッグフードとして注目されている「ナチュラルドッグフード」なら、シニア犬の健康を守る効果が期待できます。今回はナチュラルドッグフードのメリットや、抱えている問題点についても詳しくまとめてみましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

 

「ナチュラルドッグフード」はシニア犬にとってプラスの効果

 

以下のように、ナチュラルドッグフードのシニア犬に対するプラスの影響がいくつかあります。

シニア犬にナチュラルドッグフードを食べさせることで、どんなメリットがあるのかお話してみたいと思います。

 

ナチュラルドッグフードは自然の原材料のみを使用

 

ナチュラルドッグフードの大きな特徴が、自然の原材料のみを使用している、という点です。

一般的なドッグフードの場合、ドッグフードを食べるだけでは足りない栄養素を添加物を加えることで補うことがありますが、ナチュラルドッグフードは天然素材だけで犬に必要な栄養素をまかなうことができている貴重な健康フードです。

徹底的に余計な材料を取り除いたドッグフードだからこそ、本来犬が持っている免疫力や自然治癒力をさらにアップさせてくれるのです。

これは犬種に関わらず全てのシニア犬が健康的に毎日を過ごすための重要なポイントと言えますよね。

 

ナチュラルドッグフードはラム肉を使用しています

愛犬の健康を維持するためには、引き締まった筋肉をつけるためにタンパク質やビタミン、ミネラルといった栄養素が必要になりますが、ナチュラルドッグフードはラム肉を使用しているため高タンパクで低カロリー、しかもビタミンA群やB群といった栄養素も摂取できます。

また、材料にはしっかりと海藻が含まれているためミネラルも豊富なので、食欲が落ちてくるシニア犬のとっては必要な栄養素を少量でも摂ることができます。

 

ナチュラルドッグフードは食べやすいサイズのドッグフード

 

シニア犬にとって、顎でしっかりと噛み砕くことのできる力がだんだん弱ってきてしまう年齢でもあるので、噛み砕きやすく食べやすいフードを選ぶということは、とても大切な要素です。

ナチュラルドッグフードは体のサイズに関係なく、難なく噛むことのできる小粒仕様となっていますので安心して食べさせることができます。しかも、フードの素材にはテンサイが入っているので粒にメリハリのある食感が生まれ、犬もしっかりと噛んで食べることができるので健康な歯の維持にも効果的です。

 

「ナチュラルドッグフード」には少しマイナスな要素も…

ナチュラルドッグフードには良い面もたくさんありますが、ちょっとした問題点もあります。それは、材料の一部に穀物が使用されている点です。

ナチュラルドッグフードは、あくまでカサ増しのために穀物を使用しているわけではないので、入っている素材も、玄米やオーツ麦、大麦といった質の良い穀物に限られています。

ですからアレルギーにかかる可能性は低いですが100%安全とも言い切れませんので、その辺りのことを考慮する必要があります。

さらには玄米についてですが、玄米は一般的に消化されにくいという特性があるため、デリケートな犬の胃腸では消化しにくいというデメリットがあるため注意が必要です。ましてやシニアともなると成犬時よりも胃腸の働きも弱ってくるので、玄米入りのドッグフードについては良く考慮する必要がありそうです。

 

ナチュラルドッグフードについてのまとめ

 

  • ナチュラルドッグフードは添加物ゼロ
  • ラム肉を使用しているため、健康な筋肉の維持が期待できる
  • シニア犬でも食べやすい粒になっている
  • 原材料に穀物が使われている

ナチュラルドッグフードには主にこういった特徴があり、また犬の種類によってもその作用に違いがあることことがわかっていただけたかと思います。この記事をきっかけに、ぜひナチュラルドッグフードに関する理解を深めていただければと思います。

シニア犬になっても体のケアを怠らないことが、健康なシニアライフへの近道です。愛犬にはどんな栄養素を摂る必要があるのかをしっかりと理解して、それぞれの犬に適したフードを購入することが大切です。

 

▷▷▷ ナチュラルドッグフードの公式HP

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.