関連記事

飼い犬の幸せと健康のためのドッグフードの選び方

 

犬の寿命は、動物医療の発達やドッグフードの品質改善等が理由で年々長くなっています。一般社団法人ペットフード協会によりますと、2017年度では犬の寿命は15才を超えています。

愛犬に元気で長生きしてもらうためには、ライフステージによって、あげるドッグフードを変えることが必要になるので、犬の健康と言う観点から選び方のポイントとその安全性、そして避けた方が良い危険な食べ物をご紹介します。

 

>>チワワの健康管理に最適なドッグフードおすすめランキングBEST3

 

ドッグフード選びのポイントとそのあげ方

 

成長の盛んな仔犬は、多くのエネルギーを必要とするため高タンパク質が必要です。そして、まだ歯が弱い事もあり、ドライフードは避けてウェットフードを選び、生後4ヶ月までは1日に5回位、生後6ヶ月までは1日3回から4回を目安にしてあげてください。

尚、ガーゼを指に巻いて歯の表面を拭いてあげると口腔ケアになるので、小さい時から慣れさせてあげると良いです。

 

また、6ヶ月位になると妊娠も可能になります。もう仔犬ではありませんが、まだ成長期であることに変わりはないので、半年を過ぎたら仔犬用と成犬用のドッグフードを混ぜてあげる事をおすすめします。

1才位になったら成犬用に切り替えますが、その際もいきなりではなく、徐々に慣れるようにそれまでのご飯に混ぜる量を増やし段階を経て替えてあげましょう。

 

犬は、本来あまり水を飲まない動物です。特に高齢犬は腎機能が低下しがちなため、水分補給が大切になるので、ドライフードは適切ではありません。値段は確かに安いですが、犬の健康と長生きを考えればウェットフードをおすすめします。添加物を含まないウェットフードも売られています。例えば、カナガンのチキンは皮を除いているため高タンパク質ですし、無添加で穀物も不使用です。

 

エネルギー源は、主にタンパク質と脂肪に絞り、純粋な肉食動物である犬は炭水化物を必要としていないので、穀物を含むドッグフードは選ばないようにしましょう。

 

>>エアデールテリアのドッグフードにおすすめ!!【食いつきがいいと評判の人気の餌ランキングBEST3】

 

ドッグフードの安全性

 

添加物、そしてマグネシウムやリンがなるべく低いものを選ぶことが重要です。犬はもともと腎臓があまり強くないことが分かっています。ミネラルは、腎臓のろ過機能に負担をかけてしまうので、含有量の少ないドッグフードをあげる事が大切です。

また、値段の安いドッグフードは、香料や防腐剤等が多く含んでいる事で知られています。そして、人間の食物なら、とても入れられない様な物が使われている物があります。例えば、家禽ミール、肉副産物と記載のあるドッグフードです。

 

家禽ミールは、内臓や骨を粉末にした物を指します。肉副産物は、Dead(死んだ動物の肉)、Diseased(病気だった動物の肉)、Dying(死にかけていた動物の肉)、そしてDisabled(障害があった動物の肉)の4つのDで表されます。

 

これらの原材料は肉を細かくしただけの粗悪品で、カロリーは低く安全性を確保できないため、与え続ければ犬の内臓にかかる負担が大きくなる可能性があります。これらのポイントを押さえてドッグフードの選び方に気をつけると良いですね。

 

>>ボルゾイのドッグフードにおすすめ!!【食いつきがいいと評判の人気の餌ランキングBEST3】

 

犬にあげてはいけない危険なもの

 

家庭で作ったスープや味噌汁を愛犬が飲んでしまったという経験のある人がいると思います。玉ねぎを使っていた場合、犬には大変危険です。玉ねぎに含まれるアリルプロピルジスルファイドと言う物質が、犬の赤血球を破壊して貧血を引き起こす事で知られています。

また、犬は甘い物を感知しにくいですが、飼い主がチョコレート系のスウィーツを食べていると興味を示して欲しがる時があります。

 

しかし、チョコレートやココアに含まれるテオブロミンと言う物質は、犬に嘔吐や下痢を引き起こす場合があり、最悪のケースでは死に至ります。そして、特に仔犬の時期にあげてしまいがちな牛乳ですが、犬は乳糖を分解する酵素が少ない事から、消化に悪く下痢を起こす原因になります。市販の犬用ミルクにしてあげましょう。

 

>>タイリッジバックドッグのドッグフードにおすすめ!!【食いつきがいいと評判の人気の餌ランキングBEST3】

 

家族としてしっかり考えないといけないドッグフード選び

 

一度飼われた犬は、外で生き抜くことは出来なくなります。持って生まれた性質や特性は勿論変わりませんが、ご飯を貰える生活から自分で餌を捕獲するタフさは鈍化し、常に縄張り争いを強いられる緊張に耐えられないのです。

また、言葉は通じなくても、犬は飼い主の事をよく理解してくれる動物です。最後まで看取る事を念頭に犬の居る生活を楽しんでください。

 

>>チベタンテリアのドッグフードにおすすめ!!【食いつきがいいと評判の人気の餌ランキングBEST3】

 

安全で犬の健康に良いドッグフードの選び方

 

品質の悪いドッグフードや、安全性の低いドッグフードを愛犬が食べ続けると、

食いつきが悪くなる

フードを吐き出す

食物アレルギーになる

消化不良を起こす

胃腸が弱くなる

原因になるため、ドッグフードは慎重に選ぶ必要があります。

しかし、数多くあるドッグフードの中からどれを選ぶのが正解なのか、失敗しないのかわかりづらいと思いますので、当サイト管理人が、かかりつけの獣医に教えてもらったアドバイスを元にしたドッグフード選びのポイントについてご紹介したいと思います。

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント

 

下記の内容は、以前、当サイト管理人がかかりつけの獣医さんにアドバイス頂いた内容を元にした、安心安全で犬の健康に良いドッグフード選びで大切なポイントになります。

 

 

>>ドッグフード選びで大切な6つのポイントを基準にしたドッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント① 栄養バランスが良い

 

 

愛犬の健康維持には、たんぱく質脂質ビタミンミネラル、をバランスよくとることができるドッグフードをえらぶのが1つ目のポイントです。

栄養バランスにかたよりがあると

  • 毛艶がわるくなる
  • 怪我をしやすくなる
  • 病気がちになる
  • 痩せてしまう
  • 食欲が減る

などの原因になるため、愛犬のドッグフードえらびは、栄養バランスのいいドッグフードをえらぶのがおすすめです。

栄養バランスがいいドッグフードを愛犬がたべることで

  • 毛なみや毛づやがよくなる
  • 体が丈夫になる
  • 健康を維持できる

ようになり、健康的な食事を毎日たべることで、食いつきもよくなるメリットもあります。

 

AAFCOのドッグフード養分基準
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpan/12/2/12_81/_pdf/-char/ja

 

そのため、

  • たんぱく質が50%程度
  • ビタミンが40%程度
  • ミネラルが10%程度

ふくまれ、原材料全体で6(たんぱく質):4(ビタミン/ミネラル)の割合で調整されているドッグフードをえらぶのがおすすめです。

 

>>栄養バランスのいいドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント② 安全性

 

 

愛犬に元気でいてもらうために、原材料の安全性が高いドッグフードをえらぶのが2つ目のポイントです。

発がん性物質の人工添加物や4Dミートとよばれる肉副産物が原材料に含まれているドッグフードを愛犬がたべつづけると、体調が悪くなったり食欲がなくなったりしてしまうので注意が必要です。

  • 環境庁が定めるペットフードに含まれる成分規格の基準
分類 物質等 定める量(μg/g)
添加物 エトキシキン・BHA・BHT 150(合計量)
犬用にあたっては、エトキシキン75以下
亜硝酸ナトリウム(注) 100
農薬 グリホサート 15
クロルピリホスメチル 10
ピリミホスメチル 2
マラチオン 10
メタミドホス 0.2
汚染物質※ アフラトキシンB1 0.02
デオキシニバレノール 2(犬用)
1(猫用)
カドミウム 1
3
砒素 15
BHC
(α-BHC、β-BHC、γ-BHC及びδ-BHC、の総和をいう。)
0.01
DDT
(DDD及びDDEを含む。)
0.1
アルドリン及びディルドリン
(総和をいう。)
0.01
エンドリン 0.01
ヘプタクロル及びヘプタクロルエポキシド
(総和をいう。)
0.01
その他 メラミン(注) 2.5

出典 環境庁ホームページ https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/petfood/standard.html

 

ペットフードやドッグフードの成分にふくまれる添加物に関して成分規格の基準が環境庁によりさだめられていますが、ペットフードやドッグフードが酸化し、いたんでしまうを防ぐために利用される酸化防止剤のエトキシキンやBHA/BHTは発がん性物質で、

  • ガンの発症
  • 血管や内臓から出血してしまう

などの原因になる可能性があり、人が食べる製品の原材料にふくめることを日本の法律で禁止しています。

また、肉副産物と呼ばれる4Dミート(4つの頭文字をとった総称の)

DEAD/動物の死肉

DISEASED/病死した動物の肉

DYING/死にかけの動物の肉

DISABLED/障害のあった動物の肉

が原材料に含まれるドッグフードを愛犬が食べ続けると

  • 毛なみや毛づやが悪くなる
  • 抜け毛がふえる
  • フードを食べなくなる
  • フードをはきだしてしまう
  • 目やに・涙やけができる

などの原因になるため、

人工添加物 エトキシキン
BHA
BHT
赤色3号
赤色40号
赤色102号
赤色105号
青色2号
ソルビトール
キシリトール
グリシリジン・アンモニエート
ビートパルプ
コーンシロップ
亜硝酸ナトリウム
プロピレングリコール
ソルビン酸カリウム
4Dミート

◯◯ミール
◯◯パウダー
◯◯エキス
○○粉
○○類
動物性油脂

上記のような、人工添加物/4Dミートが原材料にふくまれない、無添加で安全性がたかいドッグフードをえらぶのがおすすめです。

 

>>安全性が高い無添加ドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント③ 動物性たんぱくの量

愛犬にいつまでも元気でいてもらうためには、愛犬のじょうぶな体づくりをサポートできる動物性たんぱく質がでつくられているドッグフードを選ぶのが3つ目のポイントです。

その理由として、動物性たんぱく質は

  • 健康的でじょうぶな愛犬の体づくり
  • きれいで、つやのある毛なみ

の維持に重要な栄養素で、動物性たんぱく質は犬が消化しやすい食材のため、おすすめです。(犬は、穀物などの植物性たんぱく質を消化できる能力がひくい)

とくに、動物性たんぱく源としておすすめなのが、鶏肉、ラム肉、魚肉です。

鶏肉やラム肉、魚肉は牛肉や豚肉よりも高たんぱくでヘルシーな食材で良質な脂質をふくみ、愛犬の健康維持に必要なビタミンや脂肪酸を効率よくとることができるメリットもあります。

出典 環境省ホームページ https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_guide_1808/pdf/3.pdf

 

それだけでなく、本来オオカミが祖先で肉食の犬は、肉類の野性的な香りが濃厚なフードを好む傾向があり食いつきがいいので、肉類がメイン原材料のドッグフードをえらぶのがおすすめです。

 

>>動物性たんぱく源が豊富なドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント④ 穀物の有無

 

愛犬にいつまでも元気でいてもらうためには、原材料に穀物が含まれないグレインフリーのドッグフードを選ぶのが4つ目のポイントです。

亜における穀物起源伝承に関する一研究. 犬と穀物
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AN00100104-19671100-0025

 

犬は、穀物を消化するのが苦手な生き物です。

※犬の唾液に、アミラーゼと呼ばれる穀物に含まれるデンプンを分解する消化酵素が含まれない為

 

それにもかかわらず、市販の安いドッグフードは腹持ちをよくするため、穀物を含むドッグフードが多く存在しています。特に、市販のスーパーやドラッグストア、コンビニなどで購入できる安い国産ドッグフードに多くみられる傾向です。

また、高品質をうたっているプレミアムドッグフードの中にも、玄米や大麦、オートミールなどの穀物が原材料に含まれるドッグフードが販売されているので注意が必要です。

 

穀物が含まれたドッグフードで愛犬が食べ続けると

  • 胃捻転を発症する
  • 食物アレルギーになる
  • 胃腸が弱くなる
  • フードを吐出す・食いつきが悪くなる

原因になります。

特に胃捻転を発症すると、他の臓器を圧迫し最悪死に至るケースもあるので特に注意が必要です。

※胃捻転 = 消化不良により胃の中にガスが溜まり、胃がひねりまわってしまう病気

 

そのため愛犬には、穀物メインではなく、鶏肉や牛肉、豚肉、馬肉などの動物性たんぱく質がメインの食事をあたえることで

  • 胃腸を正常に保てる
  • 食いつきが良くなる

ので、原材料を細かく確認し、玄米や大麦、オートミールや米、とうもろこしなどの穀物が含まないグレインフリーのドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

>>グレインフリーのドッグフードおすすめランキングBEST3

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント⑤ 低炭水化物

 

愛犬にいつまでも元気でいてもらうためには、低炭水化物で糖質の摂取量を抑えることができるドッグフードを選ぶのが5つ目のポイントです。

 

炭水化物の種類
分類 種類 特徴
単糖類 グルコース(ブドウ糖) 麺類/米/パンなどに多く含まれる
フラクトース(果糖) 果物などに含まれる
ガラクトース 牛乳などに含まれる
二糖類 スクロース(ショ糖) 砂糖の主成分
マルトース(麦芽糖) 水飴などに含まれる
ラクトース(乳糖) 乳製品に多く含まれる
少糖類 オリゴ糖 ごぼうや玉ねぎなどの野菜、蜂蜜などに含まれる
多糖類 グリコーゲン 肝臓や筋肉に蓄えられている成分
デンプン じゃがいもや米、パスタなどの穀物類に含まれる
食物繊維 さつまいもやかぼちゃなどに含まれる

 

炭水化物は3大栄養素のひとつで犬の健康維持に必要な栄養素ではありますが、糖質の摂取量が多くなると太りやすくなるので低炭水化物に調整されているドッグフードを選ぶのがおすすめです。

AAFCOの養分基準
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpan1998/10/1/10_21/_article/-char/ja

 

とくに、エネルギー消費が緩やかになるサツマイモが原材料に含まれるドッグフードを与えると、

  • 脂肪になりにくく、体重管理が楽になる
  • 腹持ちが良くなり、おやつを与える必要がなくなる

メリットがあるので、原材料にさつまいもが含まれ、粗脂質が10〜15%以内で調整されているドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

>>低炭水化物ドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

上に戻る

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント⑥ ドライフード

 

愛犬にいつまでも元気でいてもらうためには、ドライタイプのドッグフード(ドライフード)を選ぶのが6つ目のポイントです。

 

ウェットフードの場合、味が濃いので食いつきが良い場合も多い反面、歯間や歯茎に食べかすが残りやすく歯周病になりやすいので食後のケア(歯磨きなど)が大変で、長期保存するために油分が多くカロリーが高いため、給餌量を適切に守らないと犬の体重が増えやすいので注意が必要です。

しかし、ドライフードの場合は食べかすが歯の間に詰まることも少なくなるので、食後のケアが楽になる、歯周病が予防できるなどのメリットがあるだけでなく、ダイエットなどの体重管理が楽になる、食べごたえがあり食いつきが良くなる効果もあります。

また、食べる楽しさがあることで愛犬のストレスを軽減することも食事からサポートすることができるようにもなります。

出典:環境省ホームページ  https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_guide_1808/pdf/6.pdf

 

そのため、歯周病の予防や愛犬が食べる楽しさを維持できるドライフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

>>ドライフードのドッグフードおすすめランキングBEST3

 

上に戻る

 

 

以上がドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイントになります。

 

気軽に安い価格で購入できるドッグフードだけでなく一部のプレミアムフードにも安全性に配慮がなく、人工添加物を含む、栄養バランスに偏りがあるなど、注意が必要なドッグフードが多く販売されているので注意が必要です。

 

>>市販ドッグフードやプレミアムドッグフードの比較表

 

ドッグフードランキングBEST3

モグワン

総合評価 : S

モグワンの評判

 

モグワンの評価

 

モグワンはチキン&サーモンベースの無添加ドライフードです。

犬の胃腸に優しい原材料のみを使用しているので消化がいいだけでなく、愛犬の健康維持に必要な栄養素をしっかりとることができるので、今、多くの愛犬家さんにも選ばれているおすすめドッグフードです。

 

 
食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
主原料 内容量 フードタイプ
チキン
サーモン
1.8kg ドライフード

モグワンが今、選ばれている理由

 

 カナガン

総合評価 : A+

カナガンの評価

 

カナガンの評価

 

カナガンも品質の高さと安全性を持つ外国産のプレミアムドッグフードすが、モグワンよりも高たんぱくフードで、カロリーが高めに設定されています。

そのため、運動が大好きでカロリー消費が多い場合や、痩せ気味な時に、高たんぱくで飼い犬の体重を増やしたい場合におすすめなドッグフードです。

 

食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 2kg ドライフード

カナガンとモグワンの比較

 

ネルソンズ

総合評価 : A

ネルソンズの評価ポイント

 

ネルソンズの評価

 

ネルソンズもグレインフリー/ヒューマングレードなので安全性も高いですが、動物性たんぱく質量が若干少なくカロリーがやや高めのバランスで調整されている大型犬向けのドッグフード。

ライフステージが限定され7ヶ月〜7歳までしか与えることができませんが、パッケージが5kg〜と大容量で、小型〜中型犬でもよく食べる場合や、大型犬の飼い主さんに評価が高いプレミアムドッグフードです。

 

食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
グレインフリー
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 5kg ドライタイプ

ネルソンズとモグワンの比較

 

モグワンがカナガンやネルソンズよりもおすすめできる理由

 

カナガンもネルソンズも、品質や安全性が高いドッグフードですが、

カナガンの特徴
  • 個体によって食いつきにばらつきがある
  • 少しカロリーが高め
  • 独特な香りある
ネルソンズの特徴
  • 動物性たんぱく源が足りない
  • 高カロリー
  • シニア期に切り替えが必要

などがありますが、カナガンやネルソンズのデメリットをすべて補うだけでなく、

 

食いつきの良さ

も実感できるのがモグワンです。

 

 

モグワンは愛犬の健康によく、食いつきもいいのドッグフードです

 

今、モグワンが評価されているのは、愛犬の健康にいいだけでなく、その食いつきのよさです。

 

食いつきがよくなるよう、フードのかたさが調整されているので、かみごたえがあり、よくかんで食べることで腹もちがよくなります。

腹もちがよくなることで、すくないエサの量でも犬がまんぷくになるので、ホネやジャーキーなどのおやつ、チャオちゅーるのような補助食品を食べさせる必要もなくなるのでおサイフにもやさしい作りになっています。

 

愛犬の年齢と体重に合わせた量のモグワンを食べさせるだけで健康維持できるので、まさに一石二鳥ですね。

 

今では、モグワン効果!?でパサパサ気味だったうちの犬の見た目にも艶が戻り、少し太り気味だった顔つきや首元、体つきなどもだいぶスッキリしたので、モグワンに切り替えて本当に良かったと感じています。

また、モグワンのパッケージにはジッパーがついているので、食べる分だけを小分けにする必要もないので、てまをかけずにフードの鮮度を保つことができるのも嬉しいポイントです。

 

当サイト管理人もメインフードをモグワンにしてから1年ほど経ちましすが、病気することもなく、今でもモグワンが大好きで毎日ガツガツ食べてくれているので、本当にうれしいかぎりです。

 

リピーターも多く愛犬家が選ぶNo.1ドッグフードとして名高い「モグワン」は、

愛犬に「ずっと元気でいて欲しい」

と願うすべての飼い主さんに、一度試してみていただきたいと思うプレミアムドッグフードです。

 

 

 

 

-関連記事

Copyright© , 2020 AllRights Reserved.