条件別おすすめドッグフード

子犬期に適したドッグフードとは?

 

子犬期に母乳からドッグフードへ切り替わる犬の餌

 

子犬の食事は非常に気を使います。 まだ体が丈夫ではないため、少しでも変なものを与えてしまうと、体を悪くしてしまうからです。

 

その辺は、人間の赤ちゃんと同じであり、飼い主さんが敏感になる必要があるのです。

 

子犬は一般的に、生後2週間ほどは母乳を飲みます。 母乳以外にも、犬用のミルクがありますので、それらを代用して、すくすくと成長してきます。

 

3週目ぐらいから、乳歯も生えてきて、ものが噛めるようになります。すると、固形のドッグフードにも興味を示すようになります。

 

ただ、まだまだ固形のドッグフードが食べられるほど噛む力はありません。ヘタに食べさせると喉に詰まらせる可能性があります。

 

そこで、子犬用にドッグフードをふやかしたりしながら、徐々に慣れさせていきます。

 

本当に安全で犬の健康に良いドッグフードの選び方

 

子犬期の生後から半年までの時期が一番大切

 

子犬は、生後から半年の間が一番成長する時期でもあります。 生まれた時の何倍もの体重になり、急成長期とも呼ばれます。

 

実はこの時期は、成犬よりも多くの栄養素を必要とするのです。 よって、一日に与えるご飯の量も成犬よりも多くなります。

 

この時期に与えるドッグフードによって、子犬のその後の体の大きさや体の強さが決まってきますので、一番気を使わなければならないのです。食べさせ方としては、母乳の時期を過ぎたら、子犬用のドッグフードを少しふやかしてから、食べさせやすい状態にしましょう。

 

そうして2カ月ぐらい過ぎてから、固形のフードを硬いまま出して、徐々に噛む練習をしていきましょう。遅くても3カ月目には硬いフードのまま食べられるようにならなければなりません。 この時期は、ご飯の回数も1日に3回は必要です。

 

そして、4カ月目以降に、食事を1日に2回にして、完全なドライドッグフードにしていくのです。

 

そこからは、成犬と同じような与え方で問題ありません。 つまり、3〜4カ月目ぐらいが、犬が一番ご飯を食べる時期でもあるのです。

 

本当に安全で犬の健康に良いドッグフードの選び方

 

子犬期に必要な栄養素は

 

基本的に与える食事は子犬用のドッグフードで構いません。 その中で、特にチェックしておきたいのが、そこに含まれている栄養素です。

 

成長が著しい子犬にとって一番大事なものは、動物性タンパク質と動物性脂肪となります。

 

つまり、肉類は必須だということです。 肉の種類はいとわないので、鳥肉やラム肉などを中心に配合したドッグフードを選びましょう。

 

タンパク質は、筋肉は骨格の形成に最も必要です。 この時期にしっかりとタンパク質を摂らなければ、丈夫な体ができませんので、注意しましょう。また子犬は消化能力が未発達です。 だから消化の良い動物性タンパク質が理想です。 逆に、穀物類などから摂れる植物性タンパク質はNGです。

 

消化不良になったり、アレルギーになることもあるので、そういった食材の入ったドッグフードは避けるようにしましょう。

 

本当に安全で犬の健康に良いドッグフードの選び方

 

元気で長生きするためには子犬期の食事管理が重要です

 

子犬は生後から半年間が、一番ドッグフードについて考えなければならない時期です。

 

この時期のご飯の与え方によって、子犬のその後の体が決まってきます。 まず、時期に応じて食べさせるものをしっかりと管理しましょう。

 

そしてドッグフードを与える時期になったら、どんな栄養素が入っているのか、穀物は含んでいないかなどを確認してから与える必要があります。

 

愛犬に元気で長生きしてもらうために、子犬の時期に食べさせるドッグフードには、人一倍気を配りましょう。

 

本当に安全で犬の健康に良いドッグフードの選び方

安全で犬の健康に良いドッグフードの選び方

 

 

  • ドラッグストアやスーパーで販売されているドッグフード
  • 価格が安いドッグフード

 

を食べ続けると

 

食いつきが悪くなる

フードを吐き出す

アレルギーになる

消化不良を起こす

胃腸が弱くなる

 

などの原因になるため注意が必要です。

 

そこで本当に安全で犬の健康に良いドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイントをご紹介します。

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント① 栄養バランスが良い

 

栄養バランスが偏っていると

 

被毛の毛並みや艶が悪くなる

抜け毛が多くなる

ウンチが固くなる

涙やけができる

 

などの原因になります。そのため、犬に必要な栄養素がバランス良く配合されているドッグフードがおすすめです。

 

本来肉食である犬の場合は、タンパク質を主食と考え、肉類をたっぷりとり良質の脂肪分と適量の野菜や果物がたべさせましょう。摂取するタンパク質の量が多すぎても、カロリー過多で消化器官に負担がかかるので注意が必要です。

 

動物性たんぱく源が50%以上含まれ、ビタミン、ミネラルが40%以上配合されているドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

 栄養バランスの良いドッグフードランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント② 安全性

 

 

購入前にドッグフードのパッケージの裏側を見て原材料を確認しましょう。

 

法律でドッグフードに含まれる原材料と添加物はすべて表示されなくてはならないと決まっています。原材料や成分表をみることで、栄養バランス、タンパク質の原材料、どんな添加物が使われているかなどがわかります。

 

ロイヤルカナンなどにも含まれる、酸化防止剤のBHAやBHTは発がん性物質です。発がん性物質を体内に取り入れつづけると

 

ガンを発症する

血管や内臓からの出血やうっ血を起こす

 

などの可能性が高まります。また、肉副産物である

 

動物の死肉 DEAD

病死した動物の肉 DISEASED

死にかけの動物の肉 DYING

障害のあった動物の肉 DISABLED

 

4Dミート(4つの頭文字をとった総称)が含まれるドッグフードを与え続けると、

 

毛並みや毛艶の悪化

抜け毛が増える

フードを食べない

フードを吐き出す

皮膚を痒がる

涙やけができる

目やにが増える

 

などを引き起こすので、あげているドッグフードに

 

人工添加物 エトキシキン
BHA
BHT
赤色3号
赤色40号
赤色102号
赤色105号
青色2号
ソルビトール
キシリトール
グリシリジン・アンモニエート
ビートパルプ
コーンシロップ
亜硝酸ナトリウム
プロピレングリコール
ソルビン酸カリウム
4Dミート 肉類
肉副産物
◯◯ミール
◯◯パウダー
動物性油脂
◯◯エキス
◯◯パウダー

 

など人工添加物や、4Dミートの可能性がある原材料が記載されている場合は、ドッグフードの切り替えをおすすめします。

 

 無添加ドッグフードランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント③ 動物性たんぱくの量

 

動物性たんぱく質は

 

健康的で丈夫な犬の体作り

艶のある綺麗な毛並み

 

に必要な栄養素です。もともと肉食動物である犬にとって、動物性たんぱく質が一番消化しやすく、

 

  • 健康的で丈夫な体の維持する
  • 艶やかな毛並みを生み出したりする

 

のに重要な成分です。

 

特に動物性たんぱく源としておすすめなのが、チキン、ラム肉、魚肉です。消化しやすいだけでなく、良質な脂質を含み、健康を維持するのに必要なビタミンや脂肪酸を効率よく摂取することができます。

 

また、本来肉食である犬は肉類を好む傾向にあります。特に、食いつきが良いドッグフードは牛・鶏・豚などの肉類がメインのドッグフードです。ドッグフードの原材料が肉メインのフードを選ぶことで、犬の嗅覚を刺激し食欲があがります。

 

そのため、犬の餌には、主原料が肉で粗たんぱく質が50%以上含まれるドッグフードを基準にするドッグフードを選ぶのがおすすめです。

 

 動物性たんぱく源が豊富なドッグフードランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント④ 穀物の有無

 

 

犬は穀物を消化するのが苦手な生き物です。

 

※アミラーゼと呼ばれる穀物に含まれるデンプンを分解する消化酵素が唾液に含まれない為

 

しかし、市販の安いドッグフードには腹持ちを良くするため穀物を含む商品が多く存在しています。

 

穀物を食べ続けることで消化不良を起こし

 

胃捻転を発症する

アレルギーの原因になる

胃腸が弱くなる

うんちがゆるくなる

 

原因になります。特に胃捻転を発症すると、他の臓器を圧迫し最悪死に至るケースもあるので特に注意が必要です。※胃捻転とは 消化不良により胃の中にガスが溜まり、胃がひねりまわってしまう病気

 

しかし、良質なドッグフードとしておすすめされている製品の中にも、玄米や大麦やオートミールなど、穀物が配合されているものが多いので注意が必要です。

 

穀物を食べ続けると胃捻転だけでなく、消化不良を引き起こし胃腸が弱くなるなどの原因にもなるため、犬の餌には穀物を一切含まないグレインフリー(グルテンフリー)タイプのドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

 グレインフリーのドッグフードランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント⑤ 低炭水化物

炭水化物の種類

分類 種類 特徴
単糖類 グルコース(ブドウ糖) 麺類/米/パンなどに多く含まれる
フラクトース(果糖) 果物などに含まれる
ガラクトース 牛乳などに含まれる
二糖類 スクロース(ショ糖) 砂糖の主成分
マルトース(麦芽糖) 水飴などに含まれる
ラクトース(乳糖) 乳製品に多く含まれる
少糖類 オリゴ糖 ごぼうや玉ねぎなどの野菜、蜂蜜などに含まれる
多糖類 グリコーゲン 肝臓や筋肉に蓄えられている成分
デンプン じゃがいもや米、パスタなどの穀物類に含まれる
食物繊維 さつまいもやかぼちゃなどに含まれる

 

炭水化物の量が少ないフードは、糖質量が少なく脂肪になりにくいので、食事量の管理が楽になるメリットがあります。

 

ドッグフードに含まれる炭水化物の量が多い場合、

 

  • 太りやすい体質になる
  • 毎日の食事量の管理が大変になる

 

ので注意が必要です。粗脂質が10〜15%以内の数値になっているドッグフードを選ぶのがおすすめです。

 

また、ドッグフードの原材料にサツマイモが含まれていると、腹持ちがよくなり、給餌量(餌の量)減らすことができ、標準的な体重を維持しやすくなるので、サツマイモが原材料に含まれているドッグフードを基準に選ぶのもおすすめです。

 

 低炭水化物のドッグフードランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント⑥ ドライフード

 

カリカリのドライフードをよく噛んで食べる事で、

 

歯周病の予防と対策

給餌量を抑える

ボケ防止

 

が可能です。

 

ウェットフードの場合、歯間や歯茎に食べかすが残りやすく歯周病になりやすいので食後のケア(歯磨きなど)が重要ですが、ドライフードの場合は食べかすが歯の間に詰まることも少なくなるので

 

食後のケアが楽になるというメリット

 

があります。

 

その為、犬の餌にはウェットタイプのフードよりもドライタイプのドライフードを基準にドッグフードを選ぶのがおすすめです。

 

 ドライフードのドッグフードランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

以上が当サイト管理人がかかりつけの獣医さんに教わったドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイントです。

 

安い価格で購入できるドッグフードや、どこでも気軽に購入できるドッグフードだけでなく一部のプレミアムフードにも安全性に配慮がなく、栄養バランスに偏りが多いドッグフードが多いので注意が必要です。

 

 ドッグフードの比較や評価の一覧

 

そこで、ドッグフードを購入する際の6つのポイントを基準にした、おすすめドッグフードのランキングBEST3をご紹介します。

 

おすすめドッグフードの人気ランキングBEST3

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイントを基準にしたおすすめドッグフードの人気ランキングBEST3をご紹介します!!

モグワン

総合評価:S

主原料 内容量 フードタイプ
チキン
サーモン
1.8kg ドライフード
食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
モグワンの評価

 

モグワンの詳細記事

 

モグワンは栄養バランスがよく、犬が好んで食べる動物性たんぱく源を豊富に含んだドライフードです。低炭水化物でヘルシーなだけでなく、子犬期からシニア期まですべての年齢に対応していて食いつきの良さ◎のプレミアムドッグフードです。

 

モグワンが今、選ばれている理由

 

1日先着1000名限定で初回購入時50%OFFキャンペーン中

 

モグワン公式サイト

 

 カナガン

総合評価:A+

主成分 内容量
チキン 2kg
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 2kg ドライフード
食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
カナガンの評価

 

カナガン詳細記事

 

モグワンドッグフードと同様の品質の高さと安全性を持つ国産のプレミアムドッグフードで、全犬種/全ライフステージ(全年齢)にも対応しています。

モグワンと比較すると含まれる動物性たんぱく質が60%とモグワンより高カロリーなため、痩せてしまい体重が減ってしまった場合におすすめできるドッグフードです。

 

カナガン公式サイト

 

カナガンとモグワンの比較

 

ネルソンズ

総合評価:A

主成分 内容量
チキン 5kg
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 5kg ドライタイプ
食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
グレインフリー
ネルソンズの評価ポイント

 

ネルソンズの詳細記事

 

トップブリーダーが自身の愛犬の為に開発したプレミアムドッグフード。グレインフリー/ヒューマングレードなので安全性も高いですが、モグワンやカナガンよりも動物性たんぱく質量が若干少なくカロリーがやや高めのフードです。

ライフステージが限定され7ヶ月〜7歳までしか与えることができませんが、パッケージが5kg〜と大容量なため、大型犬の飼い主さんに高評価のドッグフードです。

 

ネルソンズ公式サイト

 

ネルソンズとモグワンの比較

 

モグワンがおすすめドッグフードである理由

 

カナガンもネルソンズも、品質や安全性が高く犬の健康を考えられたドッグフードですが、

 

カナガンのデメリット
  • 犬によって食いつきにばらつきがある
  • 少しカロリーが高め
  • 独特な香りある
ネルソンズのデメリット
  • 動物性たんぱく源が足りない
  • 高カロリー
  • シニア期に切り替えが必要

 

というデメリットがあります。

 

その、カナガンやネルソンズのデメリットを解消し

 

  • 食いつきの良さ
  • 栄養バランスの良さ
  • ヘルシーさ

 

を実現したのがモグワンです。

 

 モグワン公式サイトの50%OFFキャンペーンで購入するにはこちら

 

 

モグワンは健康に良いだけでなく、食いつきの良さ◎のドッグフードです

 

モグワンは

 

  • 「愛犬にはずっと元気でいて欲しい」

 

と願うすべての飼い主さんに一度は試してもらいたい、食いつきの良さ◎のドッグフードです。

 

 

1日先着1000名限定で初回購入時50%OFFキャンペーン中

 

 

 

 

-条件別おすすめドッグフード

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.