胃腸が弱いワンちゃんには消化の良いドッグフードを与えましょう

 

胃腸の弱いワンちゃんには消化の良いドッグフードを

 

いくら高い栄養価を持っているドッグフードであっても、それをしっかりと消化できなければ意味がありません。

 

何が消化によいのかは、まず犬の体の構造を理解しなければなりません。

 

犬はご存知の通り肉食動物で、祖先はオオカミです。つまり、体の構造的にも動物性タンパク質の消化に適しております。

 

それは腸の長さや歯の構造から見て、生物学的な見地からも認められていることなのです。

 

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

消化が良いドッグフードとは?

 

つまり、動物性タンパク質がメインとなっているドッグフードというのは、消化のよいものとなります。

 

にもかかわらず、大半のドッグフードは、穀物を中心とした植物性タンパク質が多く含まれております。

 

この理由は明確であり、コスト削減です。大量生産し安価で販売するには、原材料にかかるコストを削減するしかありません。

 

だから、犬にとって消化のよくない、それも粗悪な原材料が使われている事が多いのです。

 

近年は、皮膚病やガン、腎臓病などの病気にかかかってしまう犬が多くなりました。

 

これは、人間では利用できないような添加物などを使っていることも因果関係があると考えられております。

 

胃腸の弱い犬でも安心な消化の良いドッグフード

 

 

消化の良いドッグフードを紹介します

 

では、動物性たんぱく質をメインで使われているドッグフードはどんなものがあるのでしょうか。

 

この見つけ方は簡単で、いかに肉類をメインとした原材料となっているかどうかを見極めればよいのです。

 

そうして絞っていくと、「ナチュラルドッグフード」「カナガン」「オリジン」といった商品にたどりつきます。

 

どれも肉類を中心に使っており、半分以上が肉です。

 

オリジンに至っては8割近くが肉類と、まさに高タンパク質です。

 

これだけ肉が多いと逆に消化が悪そうと思いますが、犬の体の構造上は何ら問題ありません。

 

もちろん、野菜や果物なども含まれておりますので、栄養バランスにも優れております。

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

消化の良いドッグフードの比較

 

それぞれの違いを見てみると、使っている肉が、鳥肉だったりラム肉だったり、あるいはそれ以外の果物や野菜が違います。

 

もちろんどれが良いというわけではありません。それぞれに良さがあります。

 

ただその中でもおすすめはモグワンドッグフードです。

 

 

モグワンは唯一グレインフリーはで穀物を一切使っておりません。またドッグフードにはあまり使われないサツマイモを使っています。

 

サツマイモは原材料が高いため敬遠されがちですが、原材料にこだわっているモグワンでは採用。

 

毎日食べる食べ物にいくら栄養価の高いものが含まれていても、それを消化できなければ意味がありません。

 

まずは犬の体の構造を理解し、その上で消化のよいドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

それには、原材料をしっかりと確認すること、原産地がはっきりしているものを選ぶことが大切になります。

 

モグワンドッグフードは犬が健康になるだけでなく、食いつきも良いドッグフードです!!

  • コンドロイチンとグルコサミンで足腰を強化できる
  • 毛並みや毛艶が綺麗になる
  • 消化に良くウンチの状態を改善できる
  • 品質が良く、涙やけ対策にもなる

 

というメリットがあるからこそ、モグワンドッグフードが今、多くの飼い主さんに選ばれています

 

 

購入後、疑問や質問についても、専門スタッフが親身になって対応してくれるので、アフターケアサービスも充実しています。

 

 

大切な家族を元気で長生きにしてくれるモグワンドッグフードが、今なら初回半額キャンペーン中です。

 

 

 

モグワンドッグフードの給餌量について
モグワンドッグフードへの切替方法について
モグワンドッグフードのコストパフォーマンスについて

 

 

-条件別おすすめドッグフード

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.