カナガンドッグフードなら子犬の時期でも安心して与えることができます

子犬におすすめなカナガンドッグフードの特徴

カナガンドッグフード

 

カナガンドッグフードは肉の配合量が多いドッグフードです。

 

そのため、与えるのはある程度大きくなってからの方がよいかと思い、子犬の頃には与えないようにしている人もいるようです。

 

でもご安心ください。カナガンは、子犬で会っても安心して食べることができる、安全で信頼性の高いペットフードです。

 

なぜ子犬にもおすすめできるのか、その理由を説明していきたいと思います。

 

カナガンドッグフードの特徴その1 粒の大きさ

 

 

一つ目の理由として、その粒の大きさです。

 

口が小さい犬でも食べきれるほどの大きさであり、わざわざ砕いたり小さく刻んだりする必要がありません。

 

犬にとっても飼い主にとっても非常にありがたいことです。

 

また利用している原材料には穀物が含まれておりません。子犬はまだ噛む力が弱いので、穀物で作られたフードを噛み切ることができません。

 

でもカナガンドッグフードは、半分近くが鳥肉であり、非常に柔らかくなっております。

 

噛み切れずに食べなくなってしまったり、喉に詰まらせたりする心配がないことも、おすすめできるポイントです。

 

 

カナガンの特徴その2 栄養が豊富

 

 

次に栄養面です。カナガンのドッグフードは犬だけではなく、人間でも食べることができるほど、高品質で新鮮です。

 

原材料に、新鮮な鳥肉、消化をアシストするサツマイモ、免疫力を高めるためのハーブ類などが利用されております。

 

どれもイギリスで採れたものであり、直接工場に届けられております。

 

またその工場でも、オーダーが入ってから製造するため、作り置きがありません。海の向こうから届けられるにも関わらず、常に新鮮な状態なのは、徹底して鮮度と品質にこだわっているからなのです。

 

だから、胃が弱い子犬が食べても、吐き気をもよおしたり、下痢になったりすることがありません。

 

常に健康的な食事をすることができます。

 

カナガンの特徴その3 アレルギー対策

 

 

またアレルギーの対策もしっかりできます。トウモロコシや小麦といった穀物は犬にとってアレルギーを引き起こす原因になります。

 

でもカナガンは先ほども説明したとおり、穀物を一切使用しないグレインフリーとなっております。

 

だから、小さい頃から与えてもアレルギー体質になる心配をしなくても済みます。

 

また高タンパク質なので、子供の頃から筋肉と骨格がしっかりするようになります。元気よく走りまわり、ずっと元気でいてもられるためにも、カナガンは早い段階で与えてほしいドッグフードなのです。

 

子犬のころは、しつけもそうですし、家の中に慣れてもらうためにも色々と気を使います。

 

そして与えるフードも、やはり原材料や品質に気を配り必要があります。

 

だからこそ、子犬の頃から安心して与えることができるカナガンドッグフードを試して頂きたいです。

 

今、カナガンが売れている理由と人気の秘密

11

 

  • 理想的な栄養バランス
  • グレインフリー
  • 無添加

 

の、カナガンなら健康的で丈夫な体になり長生きできます。

  

 カナガンを食べさせるメリット

 

  • 健康的で丈夫な体にできる
  • 綺麗で艶のある毛並みにできる
  • 足腰を強化できる
  • 胃腸の弱さを解消
  • 涙やけを解消
  • 食いつきの悪さを解消

 

だからこそ、カナガンが今、選ばれています

 

 

-条件別おすすめドッグフード

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.