条件別おすすめドッグフード

肥満気味な犬におすすめのドッグフードは?

 

犬もダイエットをする時代

 

日本は、世界から見ても豊かな国です。 特に食べ物に関しては、毎年賞味期限が切れた食品が大量に廃棄されることが問題になるぐらい、あふれかえっています。

 

そんな環境だから、ワンちゃんのドッグフードも常にたくさんある状態です。

 

ドッグフードだけではなく、ついつい人間が食べるものも与えてしまう人もいるのではないでしょうか。でもそんな習慣を続けていると、犬だってもちろん太ってまいます。 そして肥満気味な体型になってしまうこともあるのです。

 

最近は、犬でさえもダイエットを意識し、肥満対策をしなければなりません。 では、そんな肥満気味なワンちゃんにおすすめのドッグフードはあるのでしょうか。

 

 ➤犬の餌に安全で、健康管理に最適な食いつきのいいドッグフードランキングBESTこちら

 

炭水化物と穀物が肥満気味な犬が太る原因です

 

多くの人が愛犬にドッグフードを与えている事と思いますが、実はその中に入っている原材料も、肥満の原因になっている可能性があります。

 

特に要注意なのが、炭水化物と穀物です。

 

最近は、糖質抜きのダイエットが流行っておりますが、炭水化物には多くの糖質が含まれているため、脂肪になりやすいです。また穀物類は、消化の問題で肥満の原因となります。

 

穀物を消化するにはアミラーゼという酵素が必要となるのですが、犬は生物の構造上、その酵素がありません。 ゆえに穀物類を食べてしまうと、体内で上手く消化されずに肥満の原因となってしまうのです。

 

つまり、ドッグフードを選ぶにあたっては、この二つの成分が入っていないものを選ぶのが理想的です。

 

ただ、市販のドッグフードの多くには、これらのどちらかは必ずといっていいほど入っています。そのため、購入するとすれば通販で探すのがベストです。 日本国内の商品に限らず、海外にも多くの良い商品があります。

 

その為、安全なドッグフード=国産という考えた方は捨てて、まずは選択肢を広げて探すとよいでしょう。

 

 ➤犬の餌に安全で、健康管理に最適な食いつきのいいドッグフードランキングBESTこちら

 

消化の良い肉が肥満対策に最適なドッグフード

 

肥満にならないために、ドッグフード選びは最重要課題です。 ただ犬が一番必要とするのが動物性タンパク質です。

 

それを摂るにはやはり肉は欠かせません。 そのため、肉を選ぶ時は、消化の良い肉の種類を選ぶとよいでしょう。特におすすめが、

 

鶏肉

ラム肉

鹿肉

 

です。

 

鹿肉はあまり見かけませんが、鶏肉かラム肉をメインとしたドッグフードは比較的多く見かけます。 特に通販では良く見かけるので、さほど苦労せずに探すことができます。

 

またドッグフードの中には、肥満対策専用の商品もあります。 「減量用」あるいは「適正体重維持」と表記されたものがそれに当たります。

 

これらのドッグフードは、カロリーが低く、栄養バランスに優れているため、ダイエットや適正体重を維持するのに非常に役立ち、肥満対策になります。

 

 ➤犬の餌に安全で、健康管理に最適な食いつきのいいドッグフードランキングBESTこちら

 

適度な食事と適度な運動が肥満気味な犬のダイエットに必要です

 

とはいえ、いくら太りにくい食品だったり、肥満対策のドッグフードを食べていても、その量が適正でなければ意味がありません。

 

どんなドッグフードでも食べ過ぎてはたちまち肥満になってしまいます。

 

大事なのは、栄養バランスに優れたドッグフードを、適度な量を食べることです。 そして、散歩をしっかりしたり適度に運動をさせることも非常に重要です。

 

大事なワンちゃんをついつい甘やかしたくなる気持ちも分かりますが、肥満防止のため、時には厳しく育ててあげることも大切です。

 

 ➤犬の餌に安全で、健康管理に最適な食いつきのいいドッグフードランキングBESTこちら

安全で犬の健康に良いドッグフードの選び方

 

 

  • ドラッグストアやスーパーで販売されているドッグフード
  • 価格が安いドッグフード

 

を食べ続けると

 

食いつきが悪くなる

フードを吐き出す

アレルギーになる

消化不良を起こす

胃腸が弱くなる

 

などの原因になるため注意が必要です。

 

そこで本当に安全で犬の健康に良いドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイントをご紹介します。

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント

 

 

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント① 栄養バランスが良い

 

 

栄養バランスが悪いと

 

被毛の毛並みや艶が悪くなる

痩せてしまう

太ってしまう

抜け毛が多くなる

ウンチが固くなる

涙やけができる

 

などの原因になるため、必要な栄養素がバランス良く配合されているドッグフードを選ぶ必要があります。

 

犬の健康管理は、肉や魚などの動物性たんぱく源をとり、野菜や果物でビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく摂取するのが理想です。

摂取するたんぱく質の量が多すぎても、カロリー過多で体重が増え、逆に少なすぎても必要な栄養素が足りず体重が減ってしまう原因になります。

 

しかし、必要な栄養をバランスよくとることができていると、しっかり食べてくれ自然と食いつきも良くなるメリットがあります。

そのため、理想的な栄養バランスである

  • 動物性たんぱく源が50%以上
  • ビタミン、ミネラルが40%以上

配合されているドッグフードを基準に選ぶのがポイントです。

 

 栄養バランスの良いドッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント② 安全性

 

 

発がん性物質の人工添加物や4Dミートとよばれる肉副産物が含まれるドッグフードを選んでしまうと、犬の健康を損なう原因になります。

そのため、ドッグフードの購入前に、パッケージの裏側に記載されている原材料や成分表を細かくチェックする必要があります。

 

とくに、酸化防止剤のBHAやBHTは発がん性物質で、

 

ガンを発症する

血管や内臓からの出血やうっ血を起こす

 

などの可能性が高まります。また、肉副産物である

 

動物の死肉 DEAD

病死した動物の肉 DISEASED

死にかけの動物の肉 DYING

障害のあった動物の肉 DISABLED

 

4Dミート(4つの頭文字をとった総称)が含まれるドッグフードを与え続けると、

 

毛並みや毛艶の悪化

抜け毛が増える

フードを食べない

フードを吐き出す

体重が減る

皮膚を痒がる

涙やけができる

目やにが増える

 

などの原因になります。

そのため、

 

人工添加物 エトキシキン
BHA
BHT
赤色3号
赤色40号
赤色102号
赤色105号
青色2号
ソルビトール
キシリトール
グリシリジン・アンモニエート
ビートパルプ
コーンシロップ
亜硝酸ナトリウム
プロピレングリコール
ソルビン酸カリウム
4Dミート

◯◯ミール
◯◯パウダー
◯◯エキス
○○粉
○○類
動物性油脂

 

上記表に記載しているような表記が、パッケージ裏の原材料や成分表に記載されている場合は、ドッグフードの品質や安全性が低く、

  • 急に食べなくなる
  • フードを吐き出してう
  • 嘔吐する

など、食いつきの悪さや体調不良に繋がり、体重が減る原因になるため購入を避けるべきです。そのため、人工添加物や肉副産物を含まない

  • 人工添加物を含まない無添加フード
  • 肉副産物を含まないフード

を基準に選ぶのがポイントです。

 

 安全性の高いドッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント③ 動物性たんぱくの量

 

動物性たんぱく質の量が足りないと、

 

健康的で丈夫な犬の体作り

艶のある綺麗な毛並み

 

が維持できなくなります。

 

動物性たんぱく質は犬の健康管理に重要な栄養素で、動物性たんぱく質は本来肉食である犬が消化しやすい食材です

なかでも、動物性たんぱく源としておすすめなのが、チキン、ラム肉、魚肉です。牛肉や豚肉よりも高たんぱくでヘルシーなため消化しやすく良質な脂質を含み、犬の健康維持に必要なビタミンや脂肪酸を効率よく摂取することができるメリットがあります。

 

また、犬は肉類を好む傾向にあるため、肉類がメイン原材料のドッグフードの食いつきが良いです。食いつきがよくなることで、毎日の食事量が管理しやすくなり、体重管理がしやすくなることで、肥満や痩せすぎの予防につなげることができます。

 

そのため、主原料が肉で粗たんぱく質が50%以上含まれるドッグフードを基準に選ぶのがポイントです。

 

 動物性たんぱく源が豊富なドッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント④ 穀物の有無

 

犬は穀物を消化するのが苦手な生き物です。

 

※アミラーゼと呼ばれる穀物に含まれるデンプンを分解する消化酵素が唾液に含まれない為

 

にもかかわらず、市販の安いドッグフードには犬が消化しにくい穀物を利用することで腹持ちを良くするため、大量に穀物を含むドッグフードが多く存在しています。

 

犬が、穀物を食べ続けることで消化不良を起こし、

 

胃捻転を発症する

アレルギーの原因になる

胃腸が弱くなる

うんちがゆるくなる

体重が減る

食いつきが悪くなる

フードを吐き出してしまう

 

原因になります。

特に胃捻転を発症すると、他の臓器を圧迫し最悪死に至るケースもあるので特に注意が必要です。

※胃捻転とは 消化不良により胃の中にガスが溜まり、胃がひねりまわってしまう病気

 

それにも関わらず、良質なドッグフードとしておすすめされている製品の中にも、玄米や大麦、オートミールなどの穀物が原材料に含まれるドッグフードが販売されているので注意が必要です。

 

ドッグフードの購入前に原材料を確認し、玄米や大麦、とうもろこしなどの穀物を含まないグレインフリードッグフードを選ぶことで、犬の食いつきがよくしっかり食べ続けてくれるようになり、消化もよくなるメリットがあります。

 

そのため、穀物を含まないグレインフリーのドッグフードを基準に選ぶのがポイントです。

 

 グレインフリードッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント⑤ 低炭水化物

炭水化物の種類

分類 種類 特徴
単糖類 グルコース(ブドウ糖) 麺類/米/パンなどに多く含まれる
フラクトース(果糖) 果物などに含まれる
ガラクトース 牛乳などに含まれる
二糖類 スクロース(ショ糖) 砂糖の主成分
マルトース(麦芽糖) 水飴などに含まれる
ラクトース(乳糖) 乳製品に多く含まれる
少糖類 オリゴ糖 ごぼうや玉ねぎなどの野菜、蜂蜜などに含まれる
多糖類 グリコーゲン 肝臓や筋肉に蓄えられている成分
デンプン じゃがいもや米、パスタなどの穀物類に含まれる
食物繊維 さつまいもやかぼちゃなどに含まれる

 

炭水化物は摂取しすぎると犬が太る原因になります。そのため、炭水化物の量が少ないドッグフードは、糖質量が少なく脂肪になりにくいため、犬の体重管理が楽になるメリットがあります。

 

また、犬のエネルギー源にはサツマイモがおすすめです。ドッグフードの原材料にサツマイモが含まれていると、エネルギーの消費が緩やかになり腹持ちがよくなるので、給餌量(餌の量)が管理しやすくなります

給餌量を調整しやすくなることで標準的な体重を維持しやすくなり、腹持ちがよくなることで満足感をえることができるのでドッグフードの食いつきもよくなります。

 

そのため、粗脂質が10〜15%以内で調整され、原材料にさつまいもが含まれるドッグフードを基準に選ぶのがポイントです。

 

 低炭水化物ドッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント⑥ ドライフード

 

カリカリのドライフードをよく噛んで食べる事で、

 

歯周病の予防と対策

給餌量を抑える

ダイエット

ボケ防止

 

が可能です。

 

ウェットフードの場合、歯間や歯茎に食べかすが残りやすく歯周病になりやすいので食後のケア(歯磨きなど)が重要ですが、ドライフードの場合は食べかすが歯の間に詰まることも少なくなるので

 

食後のケアが楽になるというメリット

 

があります。

 

ウェットフードは長期保存するために油分が多くドライフードに比べてカロリーも多く太りやすいフードです。また、噛みごたえがない為、長い間食べ続けると食べ飽きてしまう場合も多いです。

その点、ドライフードは噛みごたえもよく、食べごたえもあるので長期間与え続けても食いつきの良さを維持することができます。それだけでなく、ドライフードをしっかり噛んでたべることで満腹中枢を刺激し、少ない食事量でも満腹感を持続できるので体重管理もしやすくなります

 

その為、犬の餌にはドライフードを基準に選ぶのがポイントです。

 

 ➤ドライフードのドッグフードおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

 

以上がドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイントになります。

 

安い価格で購入できるドッグフードや、どこでも気軽に購入できるドッグフードだけでなく一部のプレミアムフードにも安全性に配慮がなく、栄養バランスに偏りが多いドッグフードが多いので注意が必要です。

 

ドッグフードの比較や評価の一覧

 

そこで、ドッグフード選びで大切な6つのポイントを基準にした、おすすめドッグフードのランキングBEST3をご紹介します。

 

ドッグフードのおすすめランキングBEST3

モグワン

総合評価:S

主原料 内容量 フードタイプ
チキン
サーモン
1.8kg ドライフード
食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
モグワンの評価

 

モグワンの評価や評判は?

 

モグワンは栄養バランスが良いだけでなく、無添加で製造された、穀物を含まないグレインフリーフードです。また、他のドッグフードと違い、フードの形やサイズが食べやすいよう調整され食べごたえがあるので、食いつきもいいドッグフードです。

 

さらに今なら、お試ししやすい初回購入時半額キャンペーン(※1日先着1000名限定)を実施中です。

 

 

➤➤モグワンがランキング1位の秘密とは?

 

 カナガン

総合評価:A+

主成分 内容量
チキン 2kg
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 2kg ドライフード
食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
カナガンの評価

 

カナガンの評判や評価は?

 

カナガンはモグワンと同様の品質の高さと安全性を持つ国産のプレミアムドッグフードで、全犬種/全ライフステージ(全年齢)にも対応しています。

モグワンよりも更に高たんぱくフードなので、激しい運動が好きでカロリー消費が多い場合や、食が細くしっかり食べさせたい場合におすすめできるドッグフードです。

メイン原材料がチキンで香りが強い為、食いつきに差がある場合がありますがモグワン同様、高品質のプレミアムフードです。

 

 

➤➤カナガンとモグワンの比較

 

ネルソンズ

総合評価:A

主成分 内容量
チキン 5kg
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 5kg ドライタイプ
食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
グレインフリー
ネルソンズの評価ポイント

 

ネルソンズの評判や評価は?

 

トップブリーダーが自身の愛犬の為に開発したプレミアムドッグフード。グレインフリー/ヒューマングレードなので安全性も高いですが、モグワンやカナガンよりも動物性たんぱく質量が若干少なくカロリーがやや高めのフードです。

ライフステージが限定され7ヶ月〜7歳までしか与えることができませんが、パッケージが5kg〜と大容量で、小型〜中型犬でよく食べるわんちゃんや、大型犬の飼い主さんに評価が高いプレミアムドッグフードです。

 

 

➤➤ネルソンズとモグワンの比較

 

モグワンがおすすめドッグフードである理由

 

カナガンもネルソンズも、品質や安全性が高く犬の健康を考えられたドッグフードですが、

 

カナガンのデメリット
  • 犬によって食いつきにばらつきがある
  • 少しカロリーが高め
  • 独特な香りある
ネルソンズのデメリット
  • 動物性たんぱく源が足りない
  • 高カロリー
  • シニア期に切り替えが必要

 

というデメリットがあります。

 

その、カナガンやネルソンズのデメリットを解消し

 

  • 食いつきの良さ
  • 栄養バランスの良さ
  • ヘルシーさ

 

を実現したのがモグワンです。

 

 

お試ししやすい初回購入時半額キャンペーン中!!(※1日先着1000名限定)

 

 

 

モグワンは健康に良いだけでなく、食いつきの良さ◎のドッグフードです

 

モグワンは愛犬に「ずっと元気でいて欲しい」と願うすべての飼い主さんにおすすめな食いつきの良さ◎のドッグフードです。

与えているフードの安全性や品質、食いつきの悪さが気になる場合は、モグワンの購入を検討してみてください。

 

 

 

 

-条件別おすすめドッグフード

Copyright© , 2019 AllRights Reserved.