ドッグフード豆知識

老犬に食べさせるドッグフードの切り替え方

 

老犬に食べさせるドッグフードの切り替え方

 

老犬に食べさせるドッグフードの選び方についてのお話です。どのような特徴があるドッグフードを選びながら切り替えすればいいかをわかりやすくご紹介していますので、参考にしていただけると嬉しいです。

 

老犬に食べせるドッグフードが持つべき特徴

 

動物性たんぱく源が豊富

低カロリー

低炭水化物

カルシウムが入っている

 

というように、太りやすく足腰が弱くなる老犬には、体を強化しつつヘルシーである必要があります。

 

老犬向けのドッグフードも存在していますが、フードによっては人工添加物が配合されていたり、穀物が多く含まれるなど老犬の体に負担を食べさせるフードがある為注意が必要です。

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

そこで、老犬でも安心してたべさせられるドッグフードの選び方についてご紹介します。

 

老犬のドッグフード選び

 

13歳ラブラドールのメスを飼っていますが、ドッグフードについて悩み始めました。13年一緒に暮らしてくる中で、いくつかドッグフードを試してきたからです・・・。

 

値段、栄養、ダイエット、年齢、健康状態、アレルギー…あげだしたらキリがないのですが、ドッグフードを食べさせる事を検討する時には悩みが付いて回りますよね・・・。

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

我が家の愛犬についてもこれまでに幾度となく悩んできました。

 

体調を崩しては他のものに切り替えてみたり、経済的なことを考えて変えてみた時期もあったり、体質に合わないので変えてみたり、毛ツヤや皮膚の状態が気になれば変えてみたり、ダイエット目的で変えてみたり…

 

うちの子を愛しているのでその都度、担当の獣医師に犬の様子、家計のことを含めていろいろと相談してきて、獣医から

 

「これを試してみたら?」

 

という提案の元色々なドッグフードに切り替えてきました。おかげで13歳の今でも元気に過ごしてきました。

 

けれども最近になって犬の体力が低下してきているのを感じます。もちろん年齢のことはあると思います。

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

そのことは獣医師からも伝えられて、体重を増やすと筋力が追いつかずに体を動かすのが大変だから、ということを言われて、これまで以上に量については管理に気を配るようになりました。

 

それでも散歩の時間が一時期より短くなったのが原因だと思うのですが、体重を維持するというのが難しく、直ぐに増えてしまいます。

そのため、老犬に食べさせるドッグフード選びは弱ってくる体をしっかりとささえることができる体を維持するために必要な動物性たんぱく質が豊富で、体重が増えすぎないように食事量の調整がしやすいヘルシーなドッグフード選びが重要です。

 

そこで、老犬に食べさせるドッグフード選びの詳しいポイントについてお話しますので、あわせて参考にしていただけると嬉しいです。

 

安全で犬の健康に良いドッグフードの選び方

 

品質の悪いドッグフードや、安全性の低いドッグフード、原材料に穀物を含んだドッグフードを与え続けると、

食いつきが悪くなる

フードを吐き出す・食べなくなる

食物アレルギーになる

消化不良を起こす

胃腸が弱くなる

原因になるため、愛犬のドッグフード選びは、ドッグフードの原材料にどのような素材や成分が含まれているか、添加物が含まれていないか等を細かくチェックする必要があります。

ですが、数多くあるドッグフードの中から、どのドッグフードを選ぶのが正解なのか、ドッグフード選びで失敗しないのか、わかりづらいと思いますので当サイト管理人が、かかりつけの獣医師さんに頂いたアドバイスを元にしたドッグフード選びのポイントについてご紹介したいと思います。

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント

※当サイト管理人が以前、かかりつけの獣医さんに教えて頂いた情報を基にしています

 

 

>>ドッグフード選びで大切な6つのポイントを基準にしたドッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント① 栄養バランスが良い

 

 

愛犬の健康を維持するためにたんぱく質脂質ビタミンミネラル、をバランスよくとることができるドッグフードを選ぶが重要です。

  • タンパク質が多すぎる
  • ビタミンが少ない
  • ミネラルなどの鉄分が多すぎる

などドッグフードに含まれる栄養バランスにかたよりがあると、

  • 免疫力が下がる
  • 毛つやが悪くなる
  • 怪我をしやすくなる
  • 病気がちになる
  • 痩せてしまう
  • 食欲が減る

などの原因になりますが、愛犬が、栄養バランスのいいドッグフードをたべることで

  • 毛なみがよくなる
  • 毛づやがよくなる
  • 体が丈夫になる
  • 免疫力が高まり健康を維持できる

ので、毎日を元気よく過ごすことができるようになります。

 

AAFCOのドッグフード養分基準
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpan/12/2/12_81/_pdf/-char/ja

 

そのため、

  • たんぱく質が50%程度
  • ビタミンが40%程度
  • ミネラルが10%程度

含まれる、栄養バランスのいいドッグフードを選ぶと自然と食いつきも良くなるのでおすすめします。

 

>>栄養バランスのいいドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント② 安全性

 

 

愛犬の健康を維持するためには、安全性が高いドッグフードを選ぶことが重要です。

安全性が低く、低品質なドッグフードを食べつづけると、

  • 体調が悪くなる
  • 病気がちになる
  • 食欲がなくなる
  • 免疫力が下がる

ので注意が必要しなければなりません。

  • 環境庁が定めるペットフードに含まれる成分規格の基準
分類 物質等 定める量(μg/g)
添加物 エトキシキン・BHA・BHT 150(合計量)
犬用にあたっては、エトキシキン75以下
亜硝酸ナトリウム(注) 100
農薬 グリホサート 15
クロルピリホスメチル 10
ピリミホスメチル 2
マラチオン 10
メタミドホス 0.2
汚染物質※ アフラトキシンB1 0.02
デオキシニバレノール 2(犬用)
1(猫用)
カドミウム 1
3
砒素 15
BHC
(α-BHC、β-BHC、γ-BHC及びδ-BHC、の総和をいう。)
0.01
DDT
(DDD及びDDEを含む。)
0.1
アルドリン及びディルドリン
(総和をいう。)
0.01
エンドリン 0.01
ヘプタクロル及びヘプタクロルエポキシド
(総和をいう。)
0.01
その他 メラミン(注) 2.5

出典 環境庁ホームページ https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/petfood/standard.html

 

ペットフードやドッグフードの原材料にふくまれる添加物に関し、成分規格の基準が環境庁により定められていますが、酸化防止剤(ペットフードやドッグフードが酸化し、傷んでしまうを防ぐために利用される)のエトキシキンやBHA/BHTは発がん性物質で、

  • ガンを発症する
  • 血管や内臓から出血し死亡してしまう

などの原因になり、人間が食べる食品にふくめることを日本の法律で禁止されている物質なので、愛犬にも食べさせるべきではない添加物です。

また、肉副産物と呼ばれる4Dミート(4つの頭文字をとった総称の)

DEAD/動物の死肉

DISEASED/病死した動物の肉

DYING/死にかけの動物の肉

DISABLED/障害のあった動物の肉

が原材料に含まれるドッグフードを愛犬が食べ続けると

  • 毛なみや毛づやが悪くなる
  • 抜け毛がふえる
  • フードを食べなくなる
  • フードをはきだしてしまう
  • 目やに・涙やけができる

などの原因になるため、

人工添加物 エトキシキン
BHA
BHT
赤色3号
赤色40号
赤色102号
赤色105号
青色2号
ソルビトール
キシリトール
グリシリジン・アンモニエート
ビートパルプ
コーンシロップ
亜硝酸ナトリウム
プロピレングリコール
ソルビン酸カリウム
4Dミート

◯◯ミール
◯◯パウダー
◯◯エキス
○○粉
○○類
動物性油脂

人工添加物/4Dミートが原材料にふくまれない、無添加で安全性が高いドッグフードを選ぶと、食べているうちに愛犬も違和感なく食べれ、食いつきもよくなるのでおすすめです。

 

>>安全性が高い無添加ドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント③ 動物性たんぱくの量

愛犬の健康を維持するためには、原材料の主成分が動物性たんぱく質でつくられているドッグフードを選ぶのが重要です。

動物性たんぱく質は

  • 健康的でじょうぶな愛犬の体づくり
  • 免疫力の向上
  • きれいで、つやのある毛なみの維持

に必要な栄養素なだけでなく、デリケートな犬の胃腸にもやさしい食材で、とくに、おすすめできるのが、鶏肉や魚肉です。

鶏肉や魚肉は牛肉や豚肉よりも高たんぱくでヘルシーな食材で、良質な脂質を含むだけでなく、愛犬の健康維持に必要なビタミンや脂肪酸を効率よくとることができるメリットがあります。

出典 環境省ホームページ https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_guide_1808/pdf/3.pdf

 

それだけでなく、鶏肉や魚肉の野性的な香りが強いフードを好む傾向があり食いつきがいいので、鶏肉や魚肉がメイン原材料のドッグフードを選ぶのがおすすめです。

 

>>動物性たんぱく源が豊富なドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント④ 穀物の有無

 

愛犬の健康を維持するためには、原材料に穀物が含まれないグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードを選ぶことが重要です。

東亜における穀物起源伝承に関する一研究. 犬と穀物
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AN00100104-19671100-0025

 

犬は穀物を消化するのが苦手な生き物です。

※犬の唾液に、アミラーゼと呼ばれる穀物に含まれるデンプンを分解する消化酵素が含まれない為、穀物を消化する力が弱い

 

しかし、市販のドッグフードは、犬が消化が苦手としている穀物を原材料に多く含めることで、

  • 大量生産し価格を安くする
  • 少ない食事量でも腹持ちをよくする

為に、主原材料に穀物を含んでいるドッグフードが多く販売されています。(特に市販のスーパーやドラッグストア、コンビニなどで購入できる価格の安い国産ドッグフードに多くみられる)

また、一部のプレミアムドッグフードの中にも、玄米や大麦、オートミールなどの穀物が原材料にさりげなく含まれるドッグフードが販売されているので注意が必要です。

 

穀物が含まれたドッグフードを愛犬が食べ続けると

  • 胃捻転になる
  • 食物アレルギーになる
  • 胃腸がよわくなる
  • フードを吐出す・食いつきがわるくなる
  • 食欲が減り、免疫力が下がる

原因になります。

特に胃捻転になると、胃以外の臓器にも負担をかけてしまい、最悪、愛犬が亡くなるケースもあるので特に注意をお願いします。

※胃捻転 = 消化不良により胃の中にガスがたまり、胃がひねりまわってしまう病気

 

そのため、購入前にドッグフードの原材料を細かくチェックし、玄米や大麦、オートミールや米、とうもろこしなどの穀物が含まれないグレインフリードッグフードを基準に選ぶと、食いつきが悪くなることなく食べ続けてくれるのでおすすめです。

 

>>グレインフリーのドッグフードおすすめランキングBEST3

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント⑤ 低炭水化物

 

愛犬の健康を維持するためには、炭水化物量が少ない、低炭水化物/低糖質のドッグフードを選ぶのが重要です。

 

特に室内犬の場合、外に出て散歩することも少なく行動範囲も限定されてしまうため、カロリー消費が少なくなりがちで太りやすくなってしまう傾向があるので、できる限り

  • 外にでかけて散歩する
  • 室内でも運動できるように工夫する
  • ドッグランに行く

など、愛犬が体を動かせるような環境づくりも大切ですが、低炭水化物の食事内容で糖質を抑えるなどの健康維持も大切です。

 

炭水化物の種類
分類 種類 特徴
単糖類 グルコース(ブドウ糖) 麺類/米/パンなどに多く含まれる
フラクトース(果糖) 果物などに含まれる
ガラクトース 牛乳などに含まれる
二糖類 スクロース(ショ糖) 砂糖の主成分
マルトース(麦芽糖) 水飴などに含まれる
ラクトース(乳糖) 乳製品に多く含まれる
少糖類 オリゴ糖 ごぼうや玉ねぎなどの野菜、蜂蜜などに含まれる
多糖類 グリコーゲン 肝臓や筋肉に蓄えられている成分
デンプン じゃがいもや米、パスタなどの穀物類に含まれる
食物繊維 さつまいもやかぼちゃなどに含まれる

 

炭水化物は3大栄養素のひとつで、愛犬の健康維持や免疫力維持に必要な栄養素ですが、糖質を多くとりすぎると糖尿病や肥満の原因にもなるので低炭水化物ドッグフードを選ぶのがおすすめです。

AAFCOの養分基準
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpan1998/10/1/10_21/_article/-char/ja

 

また、エネルギー消費がゆるやかになるサツマイモがふくまれるドッグフードを食べると、

  • 脂肪になりにくい
  • 腹持ちがよくなる

メリットがあるので、原材料にさつまいもが含まれ、粗脂質が10〜15%以内で調整されているドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

>>低炭水化物ドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

上に戻る

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント⑥ ドライフード

 

愛犬の健康を維持するためには、ドライタイプのドッグフードを選ぶのが重要です。

愛犬の歯の健康も維持することは、顎をしっかり使いながらたべることで、脳の活性化にもつながるので、とても大切です。

 

そのため、ドライフードでしっかり噛み砕いて食べることが必要になります。

やわらかいウェットフードの場合、味が濃く食いつきがいい反面、しっかり歯磨きをしないと歯間や歯茎に食べかすが残り歯周病になりやすいです。

食後のケア(歯磨きなど)が大変なだけでなく、油分が多くカロリーが高いので、給餌量を適切に守らないと愛犬の体重が増えやすくなってしまうデメリットもあります。

 

ですが、ドライフードの場合は、ウェットフードとは違い食べかすが歯の間に詰まることも少なく食後のケアも楽になるだけでなく、ドライフードをしっかり噛んで食べることで

  • 食事量の調整がしやすく愛犬の体重が管理しやすい
  • 食べごたえがあり、愛犬の食いつきがよくなる

というメリットがあります。

出典:環境省ホームページ  https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_guide_1808/pdf/6.pdf

 

そのため、歯周病の予防にもなり、愛犬が食事をする楽しさを維持できるドライフードを基準にえらぶのがおすすめです。

 

>>ドライフードのドッグフードおすすめランキングBEST3

 

上に戻る

 

 

以上がドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイントになります。

 

安い価格で気軽に購入できる市販のドッグフードだけでなく一部のプレミアムフードにも安全性や犬の健康維持に関する配慮がないドッグフードもあり、

  • 人工添加物を含んでいる
  • 栄養バランスに偏りがある

など、注意が必要なドッグフードが多く販売されているので注意が必要です。

 

>>市販ドッグフードやプレミアムドッグフードの比較表

 

ドッグフードおすすめランキングBEST3

モグワン

総合評価 : S

モグワンの評価ポイント


モグワンの評判

 

モグワンは動物性たんぱく質が豊富なチキンとサーモン、食物繊維が豊富なサツマイモやかぼちゃ、ビタミン豊富なリンゴやバナナ、クランベリーをバランス良く含んだ栄養満点フード。デリケートな犬の胃腸にも優しいグレインフリーで、愛犬の健康維持がしやすいと評判のおすすめドッグフードです。

 

食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
主原料 内容量 フードタイプ
チキン&サーモン 1.8kg ドライフード

 

モグワンが、累計販売数200万個を突破したその理由とは?

 

カナガン

総合評価 : S

カナガンの評価ポイント

カナガンの評判

 

カナガンは多くの獣医師から評価を受けているドッグフードです。

モグワンより少し高たんぱくで、カロリーが高めに調整されているので、運動など身体を動かすことが大好きなワンちゃんや、痩せ気味で体重を増やしたい場合におすすめできるドッグフードです。

 

食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 2kg ドライフード

 

➤ カナガンとモグワンの比較

 

ネルソンズ

総合評価 : A+

ネルソンズの評価ポイント


ネルソンズの評判

 

ネルソンズも安心安全な無添加ドッグフードです。

モグワンやカナガンに比べると動物性たんぱく質量が若干少なくカロリーがやや高めのバランスで調整されており、ライフステージが限定され7ヶ月〜7歳までしか与えることができないですが、パッケージが5kg〜と大容量なので、大型犬や中型犬、激しい運動が大好きでカロリー消費が多いワンちゃんにも評価が高いプレミアムドッグフードです。

 

食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
グレインフリー
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 5kg ドライタイプ

 

➤ ネルソンズとモグワンの比較

 

 

モグワンがおすすめできる理由

 

カナガンもネルソンズも、品質や安全性が高いドッグフードですが、

カナガンの特徴
  • 個体によって食いつきにばらつきがある
  • 少しカロリーが高め
  • 独特な香りある
ネルソンズの特徴
  • 動物性たんぱく源が足りない
  • 高カロリー
  • シニア期に切り替えが必要

などがありますが、カナガンやネルソンズのデメリットをすべて補うだけでなく、

食いつきの良さ

も実感できるのがモグワンです。

健康と食いつきの良さを目指し、食材のひとつひとつまでこだわり抜いた、海外ユーザーにも大好評の「モグワン」を一度、お試しください。

 

 

 

モグワンドッグフードの給餌量

 

  • モグワンドッグフードの1日の給餌量
  • モグワンドッグフードへの切替方法や注意点

 

モグワンドッグフードの1日の給餌量

 

モグワンドッグフードの給餌量については

  • 子犬期の体重別
  • 成犬期の体重別

それぞれ決まっています。

 

※パッケージ横に表記されています

 

ライフステージ(年齢)別給餌量表

※表がずれている場合、横にスクロール可能です

給餌量
子犬期
(4ヶ月〜12ヶ月)
成犬期
(1歳〜6歳)
シニア期
(7歳〜)
体重 1日の給餌量 体重 1日の給餌量 体重 1日の給餌量
1〜1.5kg 41〜55g 1〜1.5kg 33〜45g 1〜1.5kg 24〜33g
1.5〜2kg 55〜68g 1.5〜2kg 45〜56g 1.5〜2kg 33〜42g
2〜2.5kg 68〜84g 2〜2.5kg 56〜68g 2〜2.5kg 47〜51g
2.5〜3kg 84〜93g 2.5〜3kg 68〜76g 2.5〜3kg 51〜57g
3〜3.5kg 93〜102g 3〜3.5kg 76〜83g 3〜3.5kg 57〜62g
3.5〜4kg 102〜110g 3.5〜4kg 83〜89g 3.5〜4kg 62〜66g
4〜4.5kg 110〜119g 4〜4.5kg 89〜96g 4〜4.5kg 66〜72g
4.5〜5kg 119〜128g 4.5〜5kg 96〜104g 4.5〜5kg 72〜78g 
5〜6kg 128〜145g 5〜6kg 104〜118g 5〜6kg 78〜88g 
6〜7kg 145〜163g 6〜7kg 118〜132g 6〜7kg  88〜99g 
7〜8kg 163〜180g  7〜8kg 132〜146g 7〜8kg 99〜109g 
8〜10kg 180〜215g  8〜10kg 146〜175g  8〜10kg 109〜131g 
10〜12kg 215〜250g  10〜12kg 175〜203g  10〜12kg 131〜152g
12〜14kg 250〜285g  12〜14kg 203〜230g 12〜14kg 152〜172g 
14〜17kg 285〜337g  14〜17kg 230〜273g  14〜17kg 172〜204g 
17〜20kg 337〜390g  17〜20kg 273〜316g  17〜20kg 204〜237g 
20〜23kg 390〜442g  20〜23kg 316〜358g  20〜23kg 237〜268g 
23〜27kg 442〜512g  23〜27kg 358〜414g  23〜27kg 268〜310g 
27〜30kg 512〜564g  27〜30kg 414〜457g  27〜30kg 310〜342g 

※大体の目安で、シニア期の給餌量については成犬期の7〜8割減が平均です。

 

毎日、現在の年齢と体重に合わせて決められた給餌量を与えるだけでいいので、毎日の食事量管理を楽にすることができます。また、給餌量を守ることで愛犬の健康維持も食事からサポートすることができるのでおすすめです。

 

 ➤ モグワン公式サイト

 

モグワンドッグフードへの切替方法

 

フードの切り替えは失敗してしまう場面も多く、フードによって給餌量も違ってくるので飼い主側の負担が意外に大きいですよね。

また、いきなり新しいフードに切り替えてしまうと、

  • そっぽを向いて食べてくれない
  • 吐き出してしまう

などがトラブルになる場合が多いです。

その為、5つのパターンに合わせてモグワンドッグフードへの切り替える為の対策をとる必要があります。パターンと対策方法については以下の通りになります。

 

  • 現在与えているフード以外食べない場合
  • ウェットフードから切り替える場合
  • 臭いに敏感な場合
  • 偏食気味な場合
  • 新しフードを警戒しやすい場合

 

現在与えているフード以外食べない場合

 

今食べているフードに慣れきってしまうと他のフードを受け付けない場合があります。その為、現在与えているフードに少しづつモグワンドッグフードを混ぜて与えるようにしましょう。

いきなりまったく新しいフードに切り替えた場合、仮に食べてくれたとしても胃がびっくりして吐き出してしまう場合がある為、注意が必要です。

また、少しづつ与える事で新しいフードの香りや食感にも慣れさせる事ができスムーズに切り替える事が可能です。

 

 

ウェットフードから切り替える場合

 

普段ウェットフードを与えていると、ドライフードのモグワンに切り替えた際に食感が急激に変わるため、反応がいまいちな場合があるので、徐々にドライフードに慣れさせる必要があります。

ドライフードの場合は、ぬるめのお湯を足す事でふやかし食感を変化させる事ができます。

同様に、水分量でふやかし具合を調整しながら徐々にモグワンドッグフードへ切り替えていきましょう。

 

臭いに敏感な場合

 

手のひらに一粒のせて食べさせた時に食べない等、臭いに敏感で食べてくれない場合は、フードの切り替えが大変だと思います。香りに慣れさせたい場合は、細かく粉状になるまで細かく砕いて、現在与えているフードにふりかけてみてください。

細かく砕くことで香りが緩和される為、臭いに敏感でも切り替えやすくなります。

 

偏食気味な場合

 

わがままでおやつなどの好きなものしか食べない場合は、一旦与える事をやめてみましょう。例えば30分置いて食べない場合は片付けてしまい何も与えない様にする事が必要。

「食べなければ食事ができない」と意識させる事が重要になります。根気よく続けて理解できれば食べてくれるようになる確率が高いです。

 

新しいフードを警戒しやすい場合

 

フードを切り替える際に警戒してしまうのは、室内犬・多頭飼いの犬に特に多く見られる傾向です。この場合は、香りに敏感な場合同様、フードを細かく粉状になるまで細かく砕いて今与えているフードにふりかけ混ぜてから与えるようにすると、切り替えやすくなります。

合わせて食感が苦手そうな場合は、お湯を足してふやかして与えると食べてくれやすくなります。

 

モグワンドッグフードのコストパフォーマンスの良さ

 

モグワンドッグフードを与える事で丈夫で健康体になるので、病気や怪我のリスクから遠ざける事ができます。

 

現在の年間平均費用は

 

  2016年 前年比
治療費 57,192円 98.8
保険料 43,799円 103.0

”引用元 :毎年恒例! ペットにかける年間支出調査(2016年)”
"https://www.anicom-sompo.co.jp/news/2016/news_0170322.html"

 

と高額になっていますが、健康で丈夫な体になる事で、相対的に治療費やペット保険の費用を結果的に抑える事ができ、1日あたりの食費も132円〜とコストパフォーマンスも良いフードです。

低品質で安価なドッグフードは、一袋2,000円〜と、モグワンドッグフードより安いですが、定期購入やまとめ買いする事で最大20%割引購入する事が可能ですし、

 

 

毎日の食事で健康を手に入れる事ができるので、決して高くない価格帯です。

 

 

 

 

 

 

 

老犬の健康管理|市販の犬用レボリューションであれば…。

 

老犬については、毎日食べる老犬フードを選ぶ権利がないということも、老犬サプリメントが要求される根拠の1つです。みなさんはできる限り、怠らずに対応するようにしてあげましょう。
少なからず副作用の知識を持って、老犬にフィラリア予防薬を使用しさえすれば、医薬品の副作用などは心配する必要はありません。みなさんもなるべく医薬品を利用してしっかりと事前に予防していきましょう。
老犬の犬や犬などを飼っている家では、ダニの被害があります。よくあるダニ退治シートは殺虫剤とは種類が違いますから、速効性を持っていることはないものの、置いておくと、時間をかけて効果を出すはずです。
今販売されている商品というのは、本来は医薬品ではありません。結果として効果がそれなりになるようです。フロントラインは医薬品でもありますし、効果に関しても充分に満足できるでしょう。
いまは、月に1度飲むフィラリア予防薬タイプが主流らしく、通常、フィラリア予防薬は、飲んでから数週間に効き目があるというよりは、服用させてから1か月分の時間をさかのぼっての予防をするのです。

犬向けのレボリューションの場合、ノミを防いでくれるのはもちろんですが、それからフィラリアの予防対策になり、犬回虫や犬の鉤虫症、ミミヒゼンダニなどの感染までも防ぐんです。
「老犬くすり」のショップは、インポート手続きの代行ネットショップで、外国の製品を格安に買えるのが特徴で、老犬を飼っている方にはありがたいショップなんです。
フロントラインプラスでしたら、1本分を犬や犬の首筋に付けてあげると、身体に住み着いたノミなどは24時間以内に駆除されてしまい、その後、4週間くらい一滴の効果が長続きします。
老犬のためには、単にダニとかノミ退治をするのみでは駄目で、老犬の周辺をダニやノミに対する殺虫効果のあるアイテムを駆使して、いつも衛生的にしておくことが必須です。
年中ノミで悩んでいたうちの家族を、駆除効果のあるフロントラインがあることを知って、救ってくれました。ここ数年は大事な老犬は欠かすことなくフロントラインをつけてノミ対策しているので安心しています。

老犬の動物にも、当然のことながら食べ物、ストレスに起因する病気にかかるので、飼い主さんたちは愛情を示して病気にならないよう、老犬サプリメントを使ったりして健康状態を持続することが大事だと思います。

犬対象のハートガードプラスとは、食べて効果が出る利用者も多いフィラリア症予防薬であって、寄生虫の増殖をちゃんと予防するばかりか、消化管内の寄生虫を取り除くことができて大変便利だと思います。
市販されている犬用の駆虫目的の薬は、腸の中にいる犬回虫を取り除くことができるようになっています。出来るだけ薬を服用させるつもりはないと思うのならば、ハートガードプラスなどがおススメでしょう。
犬に起こる膿皮症とは、免疫力の低下時に皮膚にある細菌が異常なまでに増加してしまい、そのうちに皮膚のところに湿疹などを患わせてしまう皮膚病ということです。
市販の犬用レボリューションであれば、体重次第で大小の犬用の何種類かがあります。愛犬の体重別で買ってみるようにしてください。

 

犬の餌におすすめ!!【食いつきがいい安心安全で健康に良いドッグフードランキングBEST3】

 

老犬の健康管理|もしもいかがわしくない薬を買い求めたければ…。

 

市販されている「薬」は、本来は医薬品ではありません。結局効果のほども弱くかもしれませんが、フロントラインは医薬品の一種ですから、効果に関してもバッチリです。
利用する度にメール対応がスピーディーなだけでなく、輸入に関するトラブルもなく手元に届き、1度たりとも困った体験等をしたことなどないんです。「老犬くすり」の通販というのは、信頼できて良いサイトですから
、利用してみましょう。
ノミ退治については、成虫のほか卵などもあり得るので、部屋の中をしっかり清掃をしたり、犬犬が利用しているマットレス等を交換したり、洗うようにするのがポイントです。
おやつのようなタイプのフィラリア予防薬が簡単に与えられるので、大いに利用されています。ひと月に1回だけ、おやつのように犬に飲ませるだけですし、非常に楽に予防対策できるのも親しまれる理由です。
その効果というのは、生活環境次第で変わりますが、フロントラインプラスは、一回与えたら犬のノミであれば3カ月くらい、犬のノミ予防に関しては長くて2カ月、マダニの予防には犬犬双方に1ヵ月くらい効力があるみ
たいです。

フロントラインプラスという医薬品は、ノミやマダニの退治だけじゃなくて、例え卵があっても、発育するのを阻止し、ノミが成長することを妨げるというありがたい効果があるみたいです。
犬用の駆虫用の医薬品は、体内に居る犬回虫などを取り除くことが可能なので、あまり多くの薬を飲ませる気になれないというのならば、ハートガードプラスの類が良いと思います。
犬の膿皮症という病気は免疫力が衰退した時に皮膚の中の細菌が非常に多くなってしまい、このために肌の上に湿疹とか炎症が現れてしまう皮膚病ということです。
家族の一員の老犬の健康自体を守りたいですよね。だったら、信用できないショップは回避するのをお勧めします。ここなら間違いないという老犬用の医薬品通販であれば、「老犬くすり」があまりにも有名ですね。

いまは、ダニ退治にはフロントラインと言っても言い過ぎではないような老犬用医薬品になります。部屋飼いの老犬さえ、ノミ、あるいはダニ退治は外せないでしょう。是非とも、このお薬を使っていただければと思い
ます。

それまでは、ノミ駆除をしてもらうために、犬を獣医さんに訪問していた時は、時間やコストが少なからず負担だったんです。あるとき偶然、オンラインストアでフロントラインプラスなどを注文できるらしいと知ったため
、ネット通販から買っています。
ノミ被害にあって苦悩していたものの、駆除効果のあるフロントラインが救い出してくれ、ここ数年はうちでは欠かすことなくフロントラインの薬でノミ予防しているからトラブル知らずです。
とても単純にノミ予防できるフロントラインプラスという薬は、小型の室内犬ばかりか大き目の犬を老犬に持っている方たちを応援するありがたい薬です。
月ごとのレボリューション使用でフィラリアの予防対策は当たり前ですが、そればかりか、ノミや回虫を撃退することさえ可能ですから、口から入れる薬はどうも苦手だという犬にもおススメです。
ふつう、犬の場合、カルシウムの必要量は私たちの約10倍必須なほか、皮膚が薄いからとっても過敏になっている点だって、老犬サプリメントをお勧めしたい理由でしょう。

 

犬の餌におすすめ!!【食いつきがいい安心安全で健康に良いドッグフードランキングBEST3】

 

老犬の健康管理|老犬用薬の通販ショップ「老犬くすり」ならば…。

 

「老犬くすり」というショップには、嬉しいタイムセールが用意されています。トップページの上の方に「タイムセールを告知するページ」にとべるリンクが存在するみたいですし、チェックをしておくととってもお得で
すね。
フロントラインプラスの医薬品を月に一度、犬や犬の首に垂らしただけで、老犬の身体にいるダニやノミは翌日までに消え、それから、4週間くらいの長期に渡って与えた薬の効果が保持されるそうです。
ダニ退治だったらフロントライン、的な老犬用のお薬では?完全に部屋で飼っている老犬だとしても、嫌なノミ・ダニ退治はすべきです。ぜひとも使ってみてください。
老犬を飼育していると、多くの人が直面して悩むのが、ノミ、そしてダニ退治でしょうし、困っているのは、飼い主さんでも老犬たちも実は同じだと言えます。
犬種別に個々に招きやすい皮膚病があって、アレルギー系の皮膚病といったものはテリア種に良くあるらしく、スパニエル種であれば、外耳炎とか腫瘍を招きやすいと考えられています。

老犬サプリメントを良く見てみると、パッケージに何錠摂取させるべきかといった点が記載されているはずです。書かれていることを飼い主さんは留意しておいてください。
老犬用薬の通販ショップ「老犬くすり」ならば、通常正規品保証付きで、犬犬向けの薬を格安価格で買い物することが可能なので、薬が必要になったら利用してみてください。
毎月一度、レボリューションの利用の効果で、フィラリアの予防に役立つことばかりでなく、ノミやミミダニなどの虫の根絶さえ期待できますから、服用する薬が好きではない犬たちにもおススメです。
フロントラインプラスという製品の1ピ老犬は、成長した犬1匹に使用して使い切るように売られています。ふつう、小さな子犬の場合、1ピ老犬の半分でもノミ・ダニ予防の効果があるんです。
犬犬には、ノミが身体について取り除かなければ病気を発症させるきっかけになります。素早く処置して、できるだけ症状を悪化させないように用心すべきです。

世間で犬と犬をともに飼育しているようなオーナーの方々には、小型犬・犬対象のレボリューションは、家計に優しく動物の健康管理ができてしまう嬉しい医薬品でしょう。
フロントラインプラスについては、ノミ、マダニにとても強烈に効き目を表しますが、哺乳動物においては、安全範囲は相当広範囲にわたるので、飼っている犬や犬にちゃんと利用できます。
非常に楽な方法でノミ・マダニ予防、駆除ができるフロントラインプラスなどは、小型の犬だけでなく体の大きい犬を飼う人を助ける嬉しい薬です。
ふつう、ノミやダニは家の中で生活している犬犬にさえ付きます。例えば、ノミやダニ予防を単独目的ではしないのであるならば、ノミ・ダニの予防に効果的なフィラリア予防薬タイプを購入したりするといいでしょう。
老犬によっては、老犬サプリメントをむやみにとらせて、その後に変な作用が現れることもあると聞きます。注意して分量調整するべきです。

 

犬の餌におすすめ!!【食いつきがいい安心安全で健康に良いドッグフードランキングBEST3】

 

老犬の健康管理|ダニ退治だったらフロントラインと言っても言い過ぎではないような退治薬では…。

 

ダニ退治だったらフロントラインと言っても言い過ぎではないような退治薬では?室内で飼う老犬に対しても、ノミやダニ退治はすべきです。フロントラインを使ってみてください。
市販されている老犬フードだけからはカバーするのが大変である時、または日常的に欠けると感じている栄養素は、サプリメントに頼って補足してください。
フロントラインプラスについては、体重制限がありません。妊娠中だったり、授乳期にある親犬や親犬に使ってみても問題ないことが認識されている頼もしい医薬品だと聞いています。
実は、犬については、カルシウムの必須量は人間よりも10倍近く必須であるほか、肌が薄いので非常に繊細にできているところも、老犬サプリメントを使用すべきポイントなんです。
日々、老犬の暮らしぶりをしっかりみて、健康状態等をチェックしておくべきでしょう。それで、老犬が病気になっても、健康な時との変化を詳細に伝えられます。

効果に関しては、生活環境次第で変わりますが、フロントラインプラスというのは、1つ使うと犬ノミだったらおよそ3カ月、犬のノミに対しては長いと2か月の間、マダニは犬犬双方におよそ1ヵ月効力があります。
動物用にも諸々の効果がある成分を入れた老犬サプリメントが市販されています。こういったサプリメントは、数々の効果があるらしいという点からも、人気が高いそうです。
老犬のダニ退治で、効果があるし大事なのは、清掃をしっかりして自宅をきれいに保っていることです。あなたが老犬を飼っているとしたら、身体を清潔にするなど、ケアをするようにしましょう。
みなさんがノミ退治する時は、家に潜むノミも完全に撃退しましょう。常に老犬の身体のノミをなるべく退治するのはもちろん、部屋中のノミの退治を実行することが肝要です。
フロントライン・スプレーという商品は、害虫の駆除効果が長持ちする老犬の犬犬対象のノミやマダニの退治薬の1種です。ガスを用いない機械によって照射されるので、投与の際は照射音が静かというメリットもあるん
です。

犬種別に起こりやすい皮膚病のタイプがあります。アレルギー系の皮膚病の類はテリアに多くみられます。一方、スパニエルは、様々な腫瘍や外耳炎を発症しやすいとされています。
基本的に、老犬が体調に調子が悪いところがあっても、飼い主に教えることはないと思います。ですから老犬が健康でいるためには、日頃からの予防とか早期発見をするべきです。
自宅で犬とか犬を飼っている方が困っているのは、ノミ・ダニ関連で、処方してもらったノミやダニ退治の薬を使ったり、毛の手入れを頻繁にしたり、ある程度予防していると想像します。
フロントラインプラスという薬を1ピ老犬を犬や犬の首筋に付けると、身体に住み着いてしまったノミやダニは次の日までに撃退される上、その後、4週間くらい与えた薬の予防効果が続いてくれるのです。
老犬のためのレボリューションとは、人気のフィラリア予防薬の名称で、製薬会社のファイザー社のものです。犬用、犬用があります。老犬の犬、犬ともに、年齢とか体重に合せて分けて使うことが大前提となります。

 

犬の餌におすすめ!!【食いつきがいい安心安全で健康に良いドッグフードランキングBEST3】

-ドッグフード豆知識

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.