ミックストコフェロールが配合されているドッグフードが人気の理由

 

ミックストコフェロールを使用したドッグフードとは?

 

ミックストコフェロールはドッグフードに酸化防止剤として使用されている成分のことですが、

 

愛犬家の間では、ミックストコフェロールが配合されているドッグフードはとても人気で、他の酸化防止剤を使用しているものは絶対に犬に与えないという人さえいます。

 

どうしてドッグフードの酸化防止剤にそこまでこだわる必要があるのでしょうか。

 

酸化防止剤の必要性と危険性

 

酸化防止剤とは食品の酸化を防ぐために入れられる添加物のことです。

 

酸化防止剤が添加されていない食品はすぐに劣化して食べられなくなってしまいます。 製造してから消費者の手に届くまでにはどうしても時間がかかります。

 

その間の食品の劣化を防ぐためにはどうしても添加物が必要なのです。 ましてドライドッグフードは開封から一月くらいかけてゆっくり消費していきます。

 

その間にドッグフードが酸化しないようにするため、ドッグフードには強力な酸化防止剤が配合されていることが多いのです。

 

ところが、あまり強力な酸化防止剤は犬の身体へ悪影響を及ぼします。

 

日本ではペットに対する法律が甘いため、ドッグフードに使用されている酸化防止剤の中には、発がん性が指摘されているほど危険なものまであるのです。

 

こうした危険な酸化防止剤から犬を守ろうという意識が強まり、使用されることが増えたのがミックストコフェロールです。

 

ミックストコフェロールは酸化を防いでくれる効果はそれほど高くないのですが、体内に入っても害を及ぼしません。

 

それどころかミックストコフェロールは身体の機能を調整してくれる効果まで持ち合わせているのです。

 

ミックストコフェロールは安全な天然性

 

体内に入ると害を及ぼす酸化防止剤はすべて人工的に製造されたものです。

 

酸化防止機能はかなり強力で、一年経ってもまったく酸化しなかったというものまでありますが、身体に害があるのでは意味がありません。

 

その点、ミックストコフェロールは天然由来のものから抽出されることが多く、配合されているドッグフードは安全です。

 

トコフェロールとはビタミンEの一種で、α、β、γ、δに分類されます。 αトコフェロールがもっとも強い抗酸化作用を持っているのですが、それでも最高で効果は一カ月しか持ちません。

 

だからミックストコフェロールを使用しているドッグフードは開封後から一カ月以内に食べきらなくてはならないのですが、犬の健康にはかえられませんよね。

 

ミックストコフェロール配合のドッグフードを購入するときには、必ず一カ月で食べきれる量で購入するようにしましょう。

 

また、酸化を遅らせるために、開封後はドッグフードを密封容器に移し替えて、空気に触れさせないようにして保存すると、酸化を遅らせることができます。

 

酸化してしまったドッグフードを食べると消化できずストレスになったり、新陳代謝が阻害されたり、老化が促されてしまうので、

 

開封後時間がたったドッグフードは、必ずまだ食べられる品質なのか、においなどを確かめるようにしましょう。

 

危険な酸化防止剤

 

このような理由からミックストコフェロールは愛犬を大切にしたい飼い主さんたちから熱い支持を受けています。

 

しかし、いまだに危険な酸化防止剤を使用しているドッグフードはたくさん売られていて、それを知らずに犬に与えている人も多いのです。

 

中でも特に避けていただきたい危険な酸化防止剤をご紹介します。

 

1.BHT(ジプチル・ヒドロキシ・トルエン)

 

もともとは石油の酸化を防ぐために使われていた酸化防止剤です。

 

細胞を変異させる効果があることが認められていて、それがガン化へ繋がるのではないかとの意見もあります。

 

他にも奇形を発生させやすくなる疑いがあり、危ないのでいまでは人間の食品ではチューインガムやバターなどへの限定的な使用以外認められていません。

 

2.BHA(ジプチル・ヒドロキシ・アニソール)

 

BHTが危ないと発覚したので、代用に使用されるようになった酸化防止剤。

 

しかし、その後名古屋大学がBHAの発がん性を発見しました。 今では人間の食べるへは、パーム原材油およびパーム核原材油に限り使用が認められています。

 

ところがドッグフードにはいまでも普通に使用されていて、アメリカ産のものにも配合されています。

 

3.エトキシキン

 

日本ではリンゴや梨の変色防止に使用されている物質ですが、発ガン性が疑われています。

 

使用制限内ならチューンガムやバターや魚介冷凍食品に使用することも可能です。

 

アメリカでも150ppmまでならドッグフードにエキシトシンを配合してもOKとされています。

 

このように、危険な人工酸化剤は複数あり、いまでもこれらはドッグフードに添加されています。

 

すべてミックストコフェロールよりも強力な酸化防止効果を持っていますが、はたして人間へは使えなかったり制限されているような成分を、身体の小さい犬に与えて良いのでしょうか。

 

そんな危険なことをするくらいなら、ミックストコフェロールを使用しているドッグフードを与えたほうがいいでしょう。

 

ミックストコフェロールが配合されているドッグフードが人気の理由まとめ

 

ミックストコフェロールとは天然由来の安全な酸化防止剤のことです。

 

ミックストコフェロールの成分はほぼビタミンEと変わりません。

 

だから、犬の体内に入り込んでも悪さをせず、むしろビタミンEとして身体の調子を整えてくれます。

 

日本で販売されているドッグフードには、発がん性を危険視されている酸化防止剤を使用して製造されているものも普通に存在していて、適当に購入するのは実はとても危険です。

 

愛犬に危険なものを与えたくないならミックストコフェロールを使用したドッグフードを与えましょう。

 

ドッグフードを購入するときには、必ず原材料の表示を見て、こうした危険な酸化防止剤が配合されていないかチェックしてください。

 

また、犬に長生きしてもらう為には、安全性が高く健康的で品質の高いドッグフードがおすすめです。

 

 ドッグフードおすすめランキングBEST3

 

そこで、安全性が高く健康的で品質の高いドッグフードを選ぶ際の条件についてご紹介します。

 

 

ドッグフード選びの6つのポイント

 

 

  • TVCMで見かけた
  • スーパーやドラッグストア、コンビニで気軽に買える
  • 価格が安い

 

という、ドッグフードの選び方をしていると

 

  • ドッグフードを急に食べてくれなくなる
  • 毛並みや毛艶が悪くなる
  • ウンチが臭い/硬い
  • 皮膚が赤い/痒がる
  • 胃腸が弱くなる

 

など、犬の健康を損ないます。

 

その原因は、

 

大量の穀物が含まれているドッグフードを与えている

 

からです。

 

穀物が多く含まれる犬の餌を与え続けると消化不良になり、

 

  • 食物アレルギー
  • 胃腸の調子が悪くなり軟便になる
  • 消化が悪く食欲不振になる

 

といった原因になり、

 

胃の中でガスが溜まる事で、胃捻転(胃がひねりまわってしまう病気)になり、他の臓器を圧迫し最悪死亡するケースもあります。

 

それだけでなく、市販されている安い価格帯のドッグフードには日持ちを良くするため、発がん性物質の酸化防止剤(BHA/BHT)が含まれ

 

発がん性物質を体内に取り込む事で、発ガン性や歩行障害、呼吸困難、消化器官や内臓の出血

 

などの健康被害にあう確率も格段に増えます。

 

それなのにも関わらず、ロイヤルカナンなどのプレミアムフードと呼ばれる、高価なフードにもBHAやBHTが含まれているので、

 

犬の餌にドッグフードの購入を検討する場合は、原材料や成分表を細かくチェックする事が大切になります。

 

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

そこで、ドッグフード選びで悩んでいる飼い主さん向けに、以前知り合いの獣医師さんからアドバイス頂いた、

 

ドッグフードの選びの6つのポイント

 

をご紹介したいと思います。

 

 

ドッグフード選びの6つのポイント

 

 

栄養バランスが良いドッグフード

 

犬の身体を丈夫に育てる為には、必要な栄養素がバランス良く配合されているドッグフードがおすすめです。

 

理想的な栄養素のバランスは、

 

  • 動物性たんぱく源が60%
  • ビタミン、ミネラルが40%

 

の最もバランスが良い6:4の黄金比率でブレンドされ

 

  • タンパク質22%~33%前後
  • 脂質10%~15%前後
  • 糖質35%~45%前後

 

含まれているドッグフードがおすすめです。

 

栄養バランスが偏ると

 

  • 毛並みが悪くなる
  • 抜け毛が多くなる
  • ウンチが固くなる
  • 涙やけができる

 

等、犬の健康上に問題が出てくるので、

 

犬の餌には栄養素がバランス良く配合されているドッグフードを選ぶのがおすすめです。

 

 

無添加で製造されたドッグフード

 

 

今与えているドッグフードに

 

  • 酸化防止剤
  • 人工香料
  • 人工着色料
  • 4Dミート

 

など人工添加物や、◯◯ミート/◯◯パウダー等原材料が不明な肉副産物(4Dミート)が含まれていませんか???

 

酸化防止剤のBHAやBHTは発がん性物質です。

 

発がん性物質を与え続けることで、ガンを発症したりや血管や内臓からの出血やうっ血など、命の危険が高まります。

 

また、肉副産物である

 

  • 動物の死肉 DEAD
  • 病死した動物の肉 DISEASED
  • 死にかけの動物の肉 DYING
  • 障害のあった動物の肉 DISABLED

 

この4つのDの頭文字をとった品質の悪い4Dミートが含まれるドッグフードを与え続けると、

 

  • 毛並みや毛艶の悪化
  • 抜け毛が増える
  • ドッグフードを食べない・吐き出してしまう
  • 肌を痒がるなどのアレルギー症状が出る
  • 涙やけができる

 

などの症状を引き起こします。

 

その為、犬の餌に人工添加物が原材料や成分に含まれない無添加ドッグフードを与える事で、犬の健康を維持する事が可能になるのでおすすめです。

 

 

動物性たんぱく源が多いドッグフード

 

 ※引用元 https://konaka-ah.com/index.php/page/protein

 

動物性たんぱく質は

 

  • 健康的で丈夫な犬の体作り
  • 艶のある綺麗な毛並み

 

に必要な栄養素です。

 

犬は本来肉食の為、原材料に肉を多く含むドッグフードを好む傾向があるので、

 

犬の餌には、主原料が肉で粗たんぱく質が50%以上含まれるドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

 

穀物不使用のグレインフリー(グルテンフリー)なドッグフード

 

 

グレインフリー(グルテンフリー)とは穀物を一切含まない事を意味しています。

 

犬は穀物を消化するのが苦手な生き物です。

 

※アミラーゼと呼ばれる穀物に含まれるデンプンを分解する消化酵素が唾液に含まれない為

 

市販の安いドッグフードには腹持ちを良くするため穀物を含む商品が多く存在しています。

 

穀物を食べ続けることで消化不良を起こし

 

  • 胃捻転を発症する
  • アレルギーの原因になる
  • お腹がゆるくなる

 

などトラブルを引き起こす原因になるので、犬の餌にはグレインフリー(グルテンフリー)タイプのドッグフードがおすすめです。

 

 

低炭水化物なドッグフード

 

ヘルシーで低炭水化物なフードであれば、体重が大きく増え、ダイエットが必要になった場合に食事量の管理が楽というメリットがあります。

 

ヘルシーなフードである事で1回の食事での摂取カロリーを減らす事ができる為

 

高カロリー、高炭水化物なドッグフードの場合、人間と同様に、どんなに運動していても犬も太ります

 

ですが、犬の餌にサツマイモが含まれているとエネルギー消費に時間がかかり腹持ちがよくなり、

 

給餌量(餌の量)減らすことができ、ダイエットにも最適なのでおすすめです。

 

 

ドライタイプのドッグフード

 

 

カリカリのドライフードをよく噛んで食べる事で、

 

  • 歯周病の予防と対策
  • 給餌量を抑える
  • ボケ防止

 

が可能になります。

 

ウェットフードの場合、歯間や歯茎に食べかすが残り歯周病の原因になる為、食後のケア(歯磨きなど)が大事になりますが、

 

ドライフードであれば食べかすや歯石などを、食べながら取り除く事がでるので

 

食後のケアが楽になるというメリット

 

もあります。

 

その為、犬の餌にはウェットタイプのフードよりもドライタイプのドライフードがおすすめになります。

 

 

以上が、ドッグフード選びに必要な6つのポイントになります。

 

市販ドッグフード比較表はこちら

 

そこで、ドッグフード選びに必要な6つのポイントをもとにした、ドッグフードおすすめランキングBEST3をご紹介します。

 

 

ドッグフードのおすすめランキングBEST3

モグワン

無添加/グレインフリー/ドライフード/全犬種・全年齢(全ライフステージ)対応

総合評価
review_5

栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
主成分 内容量
チキン
サーモン
1.8kg
モグワンのおすすめポイント

モグワンは、

 

ドッグフード選びの6つのポイント

 

をすべて満たしている、犬の健康を第一に考えて開発された、プレミアムドッグフードです。

 

モグワンの詳細記事はこちら

 

  • 獣医師も推薦する栄養バランス
  • 穀物不使用のグレインフリー
  • 全犬種全ライフステージ(全年齢)対応

 

で、犬の体を健康的で丈夫にする事ができ、子犬期〜シニア期まで一生涯与え続けることができるメリットもあります。

 

毎日の食事量管理も楽な、食いつきの良さ★★★★★のおすすめドッグフードです。

 

モグワン公式サイト

 

モグワンがドッグフードおすすめランキング1位の理由

 

カナガン

無添加/グレインフリー/ドライフード/全犬種・全年齢(全ライフステージ)対応

総合評価
review_45

栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
主成分 内容量
チキン 2kg
カナガンの評価

 

モグワンとカナガンを比較

 

モグワンドッグフードと同様の品質の高さと安全性を持つ国産のプレミアムドッグフードで、全犬種/全ライフステージ(全年齢)にも対応しています。

 

でも、モグワンとカナガンを比較すると含まれる動物性たんぱく質が60%とモグワンより高カロリーで、

 

食いつきがモグワンドッグフードにくらべると悪かったので、2位です。

 

 

カナガン公式サイト

 

ネルソンズ

無添加/グレインフリー/ドライフード/全犬種対応

総合評価
review_4

栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
主成分 内容量
チキン 2kg
ネルソンズの評価ポイント

 

モグワンとネルソンズの比較

 

トップブリーダーが自身の愛犬の為に開発したプレミアムドッグフード。

 

グレインフリー/ヒューマングレードなので安全性も高いですが、モグワンやカナガンとネルソンズを比較すると動物性たんぱく質量が少ないのと、カロリーがやや高め。

 

食いつきもわるくなく信頼できるフードではあるのですが、7ヶ月〜7歳までのライフステージが限定されてしまい、

 

7歳を超えたら別のフードに切り替える必要があるので3位です。

 

ネルソンズ公式サイト

 

モグワンがドッグフードおすすめランキング1位の理由

 

少し前まで、犬の餌で人気が高く、多くの人に選ばれていたのはカナガンやネルソンズでしたが、

 

カナガンは

 

  • 個体によって食いつきの良さにばらつきがある
  • 少しカロリーが高め、でシニア犬には不安
  • 独特な香りが苦手な場合がある

 

というデメリットがあり、

 

ネルソンズドッグフードには

 

  • 動物性たんぱく源が足りない
  • 高カロリー
  • シニア期に切り替えが必要

 

というデメリットがありました。

 

その為、

 

「カナガンの品質の高さや安全性、栄養バランスの良さ等のメリットを生かしたまま、デメリットを補うドッグフードを開発したい!」

 

というカナガンスタッフの思いから開発されたのがモグワンです。

 

カナガンとネルソンズのデメリットを補う

 

  • 理想的な食いつきの良さ
  • 栄養バランス
  • ヘルシーさ

 

を実現しています。

 

 

また、それだけでなく、モグワンは

 

  • 穀物を一切使用していないグレインフリー
  • 人工添加物が含まれない無添加ドッグフード
  • 獣医師も推薦する栄養バランス

 

なので、犬の健康を一番に考えられ、安心して与える事が出来るおすすめプレミアムドッグフードです。

 

 

モグワンの公式販売サイト

 

 

 

モグワンドッグフードは犬が健康になるだけでなく、食いつきも良いドッグフードです!!

  • コンドロイチンとグルコサミンで足腰を強化できる
  • 毛並みや毛艶が綺麗になる
  • 消化に良くウンチの状態を改善できる
  • 品質が良く、涙やけ対策にもなる

 

というメリットがあるからこそ、モグワンドッグフードが今、多くの飼い主さんに選ばれています

 

 

購入後、疑問や質問についても、専門スタッフが親身になって対応してくれるので、アフターケアサービスも充実しています。

 

 

大切な家族を元気で長生きにしてくれるモグワンドッグフードが、今なら初回半額キャンペーン中です。

 

 

 

モグワンドッグフードの給餌量について
モグワンドッグフードへの切替方法について
モグワンドッグフードのコストパフォーマンスについて

 

 

 

-ドッグフード豆知識

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.