ロイヤルカナン サイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアとカナガンを比較しよう

 

育ち盛りを支えてくれるドッグフードとは?

 

育ち盛りの子犬は可愛いですが、この頃どう育ったかでワンちゃんの一生が決まります。

 

そんな大切な時期にしっかり育つよう中型犬用に開発されたのがサイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアです。

 

一方、子犬からシニア犬まで、小型犬から大型犬まで食べられることで人気のカナガン。

 

どちらが優秀なのか、サイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアとカナガンの能力を比較してみちゃいました。

 

果たして専用に作られたフードと、オールマイティなフードでは、比較するとどちらが優秀なのでしょうか。

 

サイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアとカナガンの優れたところや弱点を徹底的に比較します。

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

プレバイオティクスがお腹の働きをサポート

 

子犬の頃はちょっとしたことでお腹を壊しやすいもの。 でも未発達な身体で下痢をすると体力が奪われ危険です。

 

そこでサイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアは、プレバイオティクスを配合して乱れがちなワンちゃんの消化器官をサポートしてくれます。

 

プレバイオティクスとは腸の奥まで届き善玉菌を増やしてくれる食品成分のことです。

 

一方、比較対象のカナガンでは、理想的な栄養バランスのため腸に負担がかからず、消化がしやすくなっています。

 

また、サイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアには消化しにくい部分を取り除いた消化率が90%以上のたんぱく質が入っているため、

 

負担をかけずにすぐに消化できて、胃や腸へストレスがかかりません。

 

これはカナガンはない配慮です。 消化率の比較では、カナガンよりもサイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアのほうに分があります。

 

では、他の分野でも比較をしてみましょう。

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

サイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアは便秘になりやすい?!

 

次は身体に悪いものが入っていないかです。 サイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアにはビートパルプというものが入っています。

 

これはサトウダイコンの搾りかすなのですが、緩くなるウンチを固めてくれる効果があります。

 

一見とても役立ちそうなものなのですが、ビートパルプの効果は強すぎるのが問題です。

 

もともとワンちゃんが便秘気味だった場合、ビートパルプの入ったフードを食べるとますます便秘になってしまいます。

 

ですので、お腹の調子が変調しやすい子犬には、ビートパルプの入ったサイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアは向いていません。

 

先ほどから比較しているカナガンにはこのビートパルプが入っていないので安心です。

 

悪影響なものが入っていないかの面から比較してみると、カナガンのほうが子犬に安心して与えることができます。

 

また、ビートパルプは無理にウンチを固めるので、実際は下痢をしているのに、飼い主がワンちゃんの異変に気がつけなくなることがあります。

 

長年犬を飼っている人でもワンちゃんの体調の変化は気がつきにくいものです。

 

サイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアを与えていると、その貴重な気づくチャンスを失うことになります。

 

こうした面から比較しても、やはりカナガンのほうが安全です。

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

薬品が残留しているかも

 

サイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアが使用しているビートパルプにはもう一つ心配があります。

 

サトウダイコンを搾るときに、硫酸系薬品を使用することがあるのです。

 

もしもこの方法を用いて搾った場合、この硫酸系薬品が残留していることがあります。

 

サイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアを販売しているロイヤルカナンは原材料の品質管理をしっかりしている会社ですが、

 

産地や農薬の有無だけでなく、加工のときに使用した薬剤までチェックしているのかどうかはわかりません。

 

カナガンならビートパルプを使用していないので、そんな心配もいりませんよ。

 

このような理由からビートパルプは愛犬家から嫌われています。

 

サイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアは、それをわざわざ使用する必要はなかったのではないでしょうか。

 

たとえ安全でも、消費者が不安になるような原材料は避けるというのが一流です。

 

カナガンはビートパルプのかわりに食物繊維が豊富で安全な野菜類をたくさん配合しています。

 

消費者が安心できる原材料だけで製造しているかどうかの比較でもカナガンが優秀と言っていいでしょう。

 

総合的に判断すると、二つのドッグフードを比較すると、カナガンのほうが優れてるとわかりました。

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

子犬のお腹に優しいのはカナガン

 

驚いたことに、比較してみると子犬専用のサイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアよりも、オールマイティなカナガンのほうがずっと優れているとわかりました。

 

ウンチが固まると飼い主は掃除がしやすくてとても助かるのですが、やはりワンちゃんのことを考えたら、ビートパルプが入っているサイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアは怖くて与えられません。

 

掃除のしやすさよりも、ワンちゃんの健康のほうが大事ですよね。

 

サイズ ヘルス ニュートリション ミディアム ジュニアは子犬の消化器官への配慮までしっかりしているのに、

 

わざわざ問題の多い原材料を入れてしまったのは残念でなりません。

 

おそらくビートパルプは野菜と比較すると安価なため、コストを低くするために入れています。

 

カナガンはビートパルプを使用していないことからも、コストよりもワンちゃんの健康を優先しようという意志が感じられます。

 

企業理念を比較しても、カナガンのほうがずっと好ましいです。 子犬の頃はとても繊細です。

 

元気に育って欲しいなら、ぜひ子犬専用フードと比較しても負けないカナガンを選んでください。

 

ドッグフードのおすすめBEST3

 

 

-ドッグフード比較

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.