ロイヤルカナン サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートとカナガンを比較してみよう

 

アレルギーを予防できるドッグフードは?

 

最近は犬もアレルギーを発症することが多くなってきて、問題になっています。

 

アレルギーになると目やにやフケが増えるだけでなく、重症化すると被毛や皮膚にまで影響が出てしまいます。

 

一度なると障害完治することはないため、いまから発症しないよう食生活を気にしてあげるといいでしょう。

 

では、そんな皮膚を健康的に維持したい犬用のサイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートと、カナガンは、どちらがより優れているのか比較してみましょう。

 

サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートもカナガンも、皮膚を強化してくれると飼い主に評判がいいドッグフードです。

 

二つを比較することで、それぞれの良い面、悪い面を検証していきましょう。

 

うちの子は皮膚が弱いという飼い主さんや、アレルギーが怖いという飼い主さんは、ぜひ今回のサイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートとカナガンの比較を参考にしてください。

 

 

ダーマコンフォートはアレルゲンになりにくいたんぱく質を使用

 

アレルゲンとなるものは複数ありますが、犬の場合、食べている肉類からアレルギーを発症してしまうことはままあります。

 

そこでサイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートは、肉類の品質を高めアレルギーが発症しにくいようにしました。

 

質の高いたんぱく質を摂れば、皮膚の再生力も高まるため、肌が強化されて、アレルギーだけでなくトラブルを起こしにくくなります。

 

また、サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートは皮膚や被毛を健康的にしてくれるオメガ6脂肪酸と、オメガ3脂肪酸を配合しました。

 

では、比較しているカナガンはというと、狭い鶏舎ではなく地面で飼育したストレスのかかっていない鶏をできるだけ鮮度が良いまま加工して配合しています。

 

オメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸を含んだ消化しやすいサーモンオイルもカナガンには入っています。

 

ここまでは両者は似たような配慮を行っているため比較ができませんが、サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートだけは、アレルギーを発症しにくいたんぱく質を使用していると公言しています。

 

それがどんなたんぱく質かは正式な発表はされていませんが、原材料を見るに、おそらくはレバーを使用して製造されています。

 

これはカナガンにはない配慮です。 比較勝負は、今のところサイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートが優位となりました。

 

 

犬のアレルゲンは肉類だけじゃない

 

犬がアレルギーを起こしやすいものは肉以外にも小麦やトウモロコシがあります。

 

驚いたことに、これらはサイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートに使用されているんです。

 

小麦にいたっては、原材料の中で二番目に多く配合されています。 これでは、いくら肉類でアレルギーの発症を予防しても、意味がありません。 犬がどんな食品でアレルギーを発症するかは、誰にもわからないのです。

 

肉類だけでなく、サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートはこれらの食品も使用するべきではありませんでした。

 

その点、比較しているカナガンはグルテンフリーなので穀物は一切使用していません。

 

カナガンを与えている限り、穀物によるアレルギーはまず発症しないのです。

 

穀物アレルギーへの配慮を比較すると、カナガンのほうが圧倒的に優れているとわかりました。

 

たしかにサイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートはアレルゲン除去食品ではありません。

 

ですから、穀物を配合しても嘘をついているわけではありませんが、アレルゲンになりにくい肉を使用していることを宣伝文句にするなら、アレルゲンになりうる食品は極力使用しないでほしかったというのが本音です。

 

比較してした結果、サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートは皮膚は丈夫にしてくれるけれど、アレルゲン対策が万全のものではないとわかりました。

 

 

合成添加物はアレルギーの元

 

犬がアレルギーを発症しやすいものにはもう一つあります。 それが合成添加物です。

 

これは人間が開発した酸化防止剤や保存料のことです。 自然界にないものが身体に入ることで、免疫機能が正常に機能せずにアレルギーを発症してしまいます。

 

残念ながらこうした合成添加物も、サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートは使用しています。

 

アレルギーを起こしにくい配慮をしていますよと自ら言っておきながら、比較のために蓋を開けてみたら、この状態です。

 

サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートを販売しているロイヤルカナンは、きちんとアレルギーのことを調べて製造したのでしょうか。

 

カナガンは合成添加物も一切使用していません。

 

天然由来のハーブや成分を配合することで、食品の劣化を防いでいます。

 

ただし、こうした天然由来のものは合成添加物と違い効果が薄れるのが早いので、カナガンは開封後に一月以内に食べきったほうがいいでしょう。

 

保存のしやすさの比較ならサイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートに軍配が上がりますが、そもそもの皮膚に優しいドッグフードからは外れてしまっているので、おすすめはできません。

 

このように、カナガンはサイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートと比較しても、ずっと皮膚のためになる成分が入っていて、アレルゲン除去も優秀です。

 

愛犬の皮膚の健康を考えたら、カナガンを選んでください。

 

 

アレルギーリスクを減らせるカナガン

 

サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートもカナガンも、皮膚を丈夫にするという観点だけでみたら、どちらも優秀です。

 

けれど、アレルギーリスクを減らしてくれるかどうかということで比較してしまうと、サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートはむしろアレルゲンになりやすいものが多いから、避けたほうがいいという結果になりました。

 

一種類だけアレルゲン除去を徹底してそれを売りにし、さもアレルゲン除去に力を入れていますという風な印象を持たせようとするのは、正直信用のおける会社のすることではないのではと疑問を持たざるを得ません。

 

その点、カナガンは、皮膚によいドッグフードだと公表しなくても、きちんと肌を健やかにする配慮が細やかになされているのでさすがです。

 

今回の比較のように、皮膚に良いと宣伝していても内容が不十分であることは少なくありません。

 

会社側が公表している「皮膚を健康にする」「アレルギー予防にいい」などの文句は鵜呑みにせず、本当にそうなのか、今回の比較を参考にきちんと吟味するようにしましょう。

 

カナガンなら、どの方向から調べても、肌のためになり、アレルギーリスクも軽減できます。

 

愛犬の皮膚を丈夫にするドッグフードを探しているなら、サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ミニ ダーマコンフォートよりも断然カナガンですよ。

 

今、カナガンドッグフードが売れている理由と人気の秘密

11

 

  • 理想的な栄養バランス
  • グレインフリー
  • 無添加

 

の、カナガンドッグフードなら健康的で丈夫な体になり長生きできます。

  

 カナガンドッグフードを与えるメリット

 

  • 健康的で丈夫な体にできる
  • 綺麗で艶のある毛並みにできる
  • 足腰を強化できる
  • 胃腸の弱さを解消
  • 涙やけを解消
  • 食いつきの悪さを解消

 

だからこそ、今カナガンドッグフードが選ばれています

 

安価で品質の悪いドッグフードを与え続けると大切な家族の命が危険にさらされます。

 

早い段階で安全性が高く健康に良いカナガンドッグフードに切り替える事をおすすめします。

 

 

 

安全性が高く、健康で丈夫な体と綺麗で艶のある毛並みにできる

 

-ドッグフード比較

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.