サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドとカナガンを比較してみよう

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

太りやすい体質になってしまった犬には

 

犬の避妊・去勢手術は望まない妊娠を避けるだけでなく、特定の病気の発症リスクを軽減できるメリットがあるのですが、太りやすくなるのが難点です。

 

手術をすることが当たり前になるのと同時に、現在では犬の肥満が問題となっています。

 

そんな太りやすい超小型犬のためにつくられたサイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドは、本当に優れたドッグフードなのでしょうか。

 

今人気のカナガンと内容を比較して、どちらがより超小型犬のためになるのか徹底的に調べちゃいます。

 

サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドはフランスのプレミアムドッグフードで、カナガンはイギリスのプレミアムドッグフードです。

 

お隣の国同士ですが、果たして比較してみるとどんな結果になるのでしょう。

 

超小型犬の肥満が心配な人は、ぜひこのサイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドとカナガンの比較を参考にしてみてください。

 

燃えやすく満腹感があるステアライズド

 

肥満にならないためには、カロリーが低いフードを選ぶ必要があります。

 

カロリーを比較するとサイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドが100中359kcalなのに対し、カナガンは100g中361kcalと、わずかにサイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドのほうが低カロリーです。

 

また、サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドは脂肪燃焼効果を高めるL-カルニチンが強化して配合されているので、脂肪がつきにくい身体になります。

 

このL-カルニチンは、カナガンには含まれていません。

 

こうした脂肪をつきにくくするための配慮を比較すると、カナガンよりはサイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドのほうが優れていると言えます。

これは、カナガンはどんな猫でも食べられるように製造されたのに対し、サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドは肥満になりやすい猫専用に作られたせいでしょう。

 

では、太りやすい子専用の商品にはカナガンは敵わないのでしょうか?

 

更なる比較をすると、驚きの結果がわかりました。

 

 

タンパク質量はカナガンのほうが圧勝

 

サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドは標準的な製品よりもたんぱく質を8%も増量し、26%に引き上げました。

 

脂質は標準的な製品よりも23%もカットし、14%となっています。

 

では、比較対象のカナガンはというと、粗たんぱく質が33%、脂質が17%となっています。

 

脂質の割合では負けてしまいましたが、タンパク質の割合ではサイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドよりもカナガンのほうが7%も高いのです。

 

サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドは従来品よりも体重維持がしやすいようにたんぱく質をアップしているのに、それでもこんなに大きな差がつきました。

 

同じカロリーでも、たんぱく質が多いほうが筋肉がつきやすくなり、脂肪にはなりにくいです。

 

カロリーの比較ではわずかな差だったとを考慮すれば、7%もタンパク質量が多いカナガンのほうが、体重管理に適しています。

 

このように、太りにくいかどうかはカロリーだけでなく、たんぱく質量も比較して見なければわかりません。

 

いくら低カロリーでも、たんぱく質がぜんぜん入っていないドッグフードは粗悪品なので気をつけてくださいね。

 

 

犬は動物が主食

 

犬の祖先である狼は、動物を狩って命を繋いできました。

 

たしかに犬は野菜も食べる雑食性ですが、やはり一番大切なのは動物性の食品です。

 

比較してみるとサイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドに最も多く含まれているのは、カロリーの高い穀物のトウモロコシです。

 

一方、カナガンは骨抜きチキンが最も多く含まれていて、犬が本当に求めてる栄養バランスに近くなるよう、6割は動物性原材料で構成されています。

人間もそうですが、バランスの悪い食生活は肥満の元です。

 

そういった意味でも、肥満予防になるよう配合まで調整されているのはカナガンのほうで間違いありません。

 

サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドは一見するとあれこれ配慮されていますが、そもそも元になっている従来品があまりにも肥満に配慮されていないせいで、比較するとカナガンのほうが優秀になってしまうのです。

 

体重管理用や、太りやすくなった犬用と明記されていなくとも、比較してみたらカナガンのほうがずっと優秀でした。

 

超小型犬を肥満から守りたいなら、サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドよりも、カナガンのほうが絶対におすすめですよ。

 

 

超小型犬を肥満から守ってくれるのはカナガン

 

超小型犬は身体が小さいので少し体重が増えただけでも足腰にかかる負荷は急増してしまいます。

 

そのため、日頃から太らないドッグフードを与えることはとても重要なことです。

 

サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドは低カロリー低脂肪と体重管理に適しているように思えますが、きちんと調べてカナガンと比較するとそれほど優れた製品でないことがわかりました。

 

このように、体重管理用とされているドッグフードでも、詳しく比較・検証してみると実は一般のドッグフードよりも劣っていたということはままあります。

 

騙されないようにするには、販売会社の言うことを鵜呑みにするのではなく、今回のサイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドとカナガンの比較のように中身までよく調べることです。

 

それが面倒だという人は、今回体重管理にも優れているとわかったカナガンを与えてください。

 

きちんと肥満予防ができます。

 

サイズ ヘルス ニュートリション エクストラ スモール ステアライズドにしようかなとお考えのそこのあなた。

 

本当に愛犬のためになるのは、カナガンドッグフードです。

 

また、ドッグフード選びではいろいろなドッグフードを比較してから選択する必要があります。

 

そこで、ドッグフードを比較する場合にどの様なポイントがあるかもご紹介していますので、興味があれば参考にしてみてください。

 

 

➤➤ドッグフードの比較

 

 

今、カナガンドッグフードが売れている理由と人気の秘密

11

 

  • 理想的な栄養バランス
  • グレインフリー
  • 無添加

 

の、カナガンドッグフードなら健康的で丈夫な体になり長生きできます。

  

 カナガンドッグフードを与えるメリット

 

  • 健康的で丈夫な体にできる
  • 綺麗で艶のある毛並みにできる
  • 足腰を強化できる
  • 胃腸の弱さを解消
  • 涙やけを解消
  • 食いつきの悪さを解消

 

だからこそ、今カナガンドッグフードが選ばれています

 

安価で品質の悪いドッグフードを与え続けると大切な家族の命が危険にさらされます。

 

早い段階で安全性が高く健康に良いカナガンドッグフードに切り替える事をおすすめします。

 

 

 

安全性が高く、健康で丈夫な体と綺麗で艶のある毛並みにできる

 

 

-ドッグフード比較

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.