健康上のリスクが多いミニチュアシュナウザーでも安心のドッグフードはどっち? カナガンとブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーを比較!

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

かかりやすい病気の多いミニチュアシュナウザーでも安心できるドッグフード選び

 

犬種によって、それぞれかかりやすい病気や健康上注意したい点というのは様々に異なります。

 

ミニチュアシュナウザーは、他の多くの犬種と比較すると、発症のリスクが高く注意しておきたい健康上のポイントが比較的多いタイプのわんちゃんです。

 

大切な愛犬だからこそ、毎日の食事にも注意していきたいですよね。 ミニチュアシュナウザーが抱える様々な病気などのリスクを軽減できるよう配慮して作られたブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーは、ミニチュアシュナウザーに与えるドッグフードとしては人気が高い商品です。

 

また、どんな犬種でも食べられるカナガンも、バランスの良さから人気を集めています。

 

様々な犬種のため専用のドッグフードをいくつも開発しているロイヤルカナンのブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーと、どんな犬種でも安心して食べられるよう工夫されたカナガンのドッグフード。

 

毛色の異なるブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーとカナガンを比較することで、ミニチュアシュナウザーの食事としてはどちらがより適切かをチェックしていきましょう!

 

 

ミニチュアシュナウザーの抱える尿路結石リスク

 

いまだにはっきりした原因はわかっていませんが、ミニチュアシュナウザーは他の犬種と比較するとかなり尿路結石のリスクが高い種類の犬です。

 

統計によると他の犬種と比較すると7.7倍ほど尿路結石が形成される確率が高く、数ある犬種の中でも特に尿路結石ができないよう注意が必要な犬種なのです。

 

尿路結石を防ぐためには、尿路結石ができる原因となるミネラルを摂り過ぎないよう調節しなければいけません。

 

ブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーは、尿路結石をはじめとした泌尿器系のトラブルを起こしやすいミニチュアシュナウザー向けにミネラルは控えめのフードとなっています。

 

その数値は8.8%以下と、他のドッグフードと比較すると若干低めであることがわかります。

 

今回ブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーと比較するカナガンのミネラル量はどうなっているのでしょうか。

 

カナガンの成分分析値を見てみると、ミネラル分は9.00%とあります。

 

ブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーと比較すると若干高いですが、それでもほとんど誤差のような数字ですから、尿路結石のリスク予防に関してはブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーとカナガンにほとんど差はなく、どちらにも尿路結石予防の効果は期待できるでしょう。

 

 

皮膚病のリスクも高いミニチュアシュナウザーだからこそ栄養バランスと原材料の品質が重要!

 

ミニチュアシュナウザーは、尿路結石以外にも皮膚に関する健康トラブルも起こしやすい犬種です。

 

アレルギーやアトピーなどの症状も起こしやすいので、毎日食べるドッグフードは栄養バランスだけでなく原材料の品質にも注意して選ばなければいけません。

 

原材料の品質という観点から見ると、カナガンはブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーをはじめとした他のドッグフードと比較してとても優秀です。

 

カナガンには人工の添加物が使われていない上、原材料は全てナチュラルで、ラベルや公式ホームページでどんな食材が使われているかちゃんと確認することもできます。

 

カナガンは基本的にアレルゲンになりにくい原材料で作られていますが、万が一アレルギー性の皮膚炎などを発症してしまった場合でも、カナガンのように原材料の表記が明確であればアレルゲンの特定がしやすくなるというメリットも生まれます。

 

そんなカナガンと比較すると、ブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーは原材料の品質は少し怪しいといわざるを得ません。

 

ブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーのラベルには、カナガンとは違って具体的にどんな食材に由来しているのかわからない表記も多いですし、犬がアレルギーを起こしやすい食材や人工の添加物なども複数使われています。

 

アレルギー性の皮膚疾患リスクも高いミニチュアシュナウザーに食べさせるドッグフードとしては、ブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーよりもカナガンの方が理想的ですね。

 

 

太りやすいミニチュアシュナウザーにとってはなるべくヘルシーなドッグフードが理想

 

これまで紹介してきた病気のリスクとは少し違いますが、ミニチュアシュナウザーの健康上の特徴として、他の犬種と比較して太りやすい傾向があるというものが挙げられます。

 

肥満は色々な病気の原因ともなりますから、できるだけ太らないようドッグフード選びにも工夫が必要です。

 

私達がダイエットするときには炭水化物と並んで脂質の摂取も控えますが、肉食動物である犬にとっては脂質はある程度はどうしても必要になる栄養素です。

 

太りやすいミニチュアシュナウザーにとってもそれは同じで、やみくもに脂質を減らすとかえって健康を害してしまうことになります。

 

ブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーは肥満になりすぎないよう脂質を控えめにしていますが、カナガンは一般的なドッグフードと同程度の脂質含有量です。

 

そこだけを比較するとカナガンのドッグフードはミニチュアシュナウザーに向かないように見えますが、脂質以上に肥満につながりやすい炭水化物はブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーの方がずっと多く含まれています。

 

犬にとって脂質は重要なエネルギー源ですから、カナガン程度の割合であればよほど食べ過ぎない限り充分消費できる範囲内です。

 

むしろ、脂質と比較するとより太りやすくなる炭水化物が多いブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーの方が、ミニチュアシュナウザーの体には負担をかける結果になってしまうでしょう。

 

 

尿路結石や皮膚トラブル、肥満の防止にもつながるカナガンがおすすめ

 

他の犬種と比較すると、尿路結石やアレルギー性皮膚炎、肥満など、健康上の様々な面で高いリスクを抱えているミニチュアシュナウザー。

 

いつでも元気でいてほしいからこそ、毎日のドッグフードはより体に良いものを選んであげたいですよね。

 

ミニチュアシュナウザー用として販売されているブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーですが、カナガンと比較してみると、ミニチュアシュナウザーに食べさせるフードとしてはブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーには足りない点も多いことがよくわかりました。

 

むしろ全犬種向けであるカナガンの方が、ミニチュアシュナウザーに食べさせるドッグフードとしても理想的ですよね。

 

ブリード ヘルス ニュートリション ミニチュアシュナウザーとカナガン、両者を比較した場合、よりおすすめできるドッグフードはカナガンであるといえます。

 

また、ドッグフード選びではいろいろなドッグフードを比較してから選択する必要があります。

 

そこで、ドッグフードを比較する場合にどの様なポイントがあるかもご紹介していますので、興味があれば参考にしてみてください。

 

 

➤➤ドッグフードの比較

 

 

今、カナガンドッグフードが売れている理由と人気の秘密

11

 

  • 理想的な栄養バランス
  • グレインフリー
  • 無添加

 

の、カナガンドッグフードなら健康的で丈夫な体になり長生きできます。

  

 カナガンドッグフードを与えるメリット

 

  • 健康的で丈夫な体にできる
  • 綺麗で艶のある毛並みにできる
  • 足腰を強化できる
  • 胃腸の弱さを解消
  • 涙やけを解消
  • 食いつきの悪さを解消

 

だからこそ、今カナガンドッグフードが選ばれています

 

安価で品質の悪いドッグフードを与え続けると大切な家族の命が危険にさらされます。

 

早い段階で安全性が高く健康に良いカナガンドッグフードに切り替える事をおすすめします。

 

 

 

安全性が高く、健康で丈夫な体と綺麗で艶のある毛並みにできる

 

-ドッグフード比較

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.