カナガンドッグフードとブリード ヘルス ニュートリション 柴犬を栄養バランスから比較!柴犬におすすめのドッグフードは?

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

柴犬の健康を維持するのに最適なドッグフード選び

 

犬は、犬種によって体の大きさや毛並み、体型などに様々な違いがありますよね。

 

その違いに着目し、犬種ごとに細かくタイプを分けた専門性の高いドッグフードも販売されています。

 

ブリード ヘルス ニュートリション 柴犬も、そういった専門性の高いドッグフードのひとつ。 ロイヤルカナンから販売されているブリード ヘルス ニュートリション 柴犬は、一般的なドッグフードと比較するとより柴犬の健康維持に特化したフードです。

 

それとは逆に、どんな犬種でも、またどんな年齢でも量を調節すれば問題なく食べられる全年齢向けのドッグフードもありますよね。

 

そういったドッグフードの中でも、他と比較して特に有名なのはカナガンではないでしょうか。

 

ブリード ヘルス ニュートリション 柴犬と同じように、もちろんカナガンも柴犬に食べさせるドッグフードとしても利用できます。

 

柴犬向けに特化したブリード ヘルス ニュートリション 柴犬とカナガン、柴犬の毎日の食事としてより理想的なのはどちらのドッグフードか、ブリード ヘルス ニュートリション 柴犬とカナガンをそれぞれ比較しながら見ていきましょう。

 

 

食欲の旺盛な柴犬の食事はカロリー計算も大切!

 

犬種ごとに大まかな性格の方向性があるように、体の特徴も別な犬種と比較するとそれぞれ少しずつ違います。

 

柴犬の特徴のひとつが、食欲が旺盛であるということ。 適切な量以上に食べてしまうこともよくあります。

 

犬は自分で食事制限はできませんから、飼い主である私達が摂取カロリーを計算してコントロールしてあげる必要がありますよね。

 

ブリード ヘルス ニュートリション 柴犬も柴犬のそんな性質に配慮して、適切なカロリー量に調整していると説明しています。

 

実際にブリード ヘルス ニュートリション 柴犬のカロリーを見てみると、100グラムあたり377キロカロリー。

 

他のドッグフードと比較しても、そこまでカロリーを控えているという印象は持てない数字ですよね。

 

実際、柴犬以外の犬種にもおすすめのカナガンのカロリーはブリード ヘルス ニュートリション 柴犬よりも低く、100グラムあたりおよそ361キロカロリー。

 

若干ではありますが、カナガンの方が比較的ヘルシーですね。

 

太りやすかったり食欲が旺盛で食べ過ぎたりする子でなければブリード ヘルス ニュートリション 柴犬でも問題なく適正体重を維持できますが、ついついたくさん食べてしまう子にはブリード ヘルス ニュートリション 柴犬よりもカナガンの方がおすすめです。

 

比較的太りにくい食材を使っているドッグフードはカナガン

 

適正体重の維持を意識した食事を考える場合、カロリーと同じくらい注意したいのが「太りやすい食材が含まれているかどうか」ということ。

 

カロリー自体は同じでも、それがお肉の脂質のカロリーなのか、それとも炭水化物のカロリーなのかで犬の太りやすさは大きく変化します。

 

人間からするとダイエットの天敵でもある脂質ですが、肉食動物である犬にとっては比較的エネルギーとして燃やしやすい栄養素です。

 

犬にとってはむしろ炭水化物の方が脂肪として蓄えられやすい栄養素。 食欲の旺盛さから太りやすい子も多い柴犬からすれば、炭水化物の多いドッグフードはできるだけ避けたいものです。

 

残念なことに、柴犬向けに作られているはずのブリード ヘルス ニュートリション 柴犬には、米やとうもろこしなど炭水化物を多く含む食材がいくつか使われています。

 

ブリード ヘルス ニュートリション 柴犬と比較すると、チキンや野菜が主な原材料であるカナガンは含まれている炭水化物の量も少なめです。

 

ブリード ヘルス ニュートリション 柴犬とカナガン、原材料を比較してみると、カナガンの方が柴犬にとってより理想的な栄養バランスのドッグフードであるといえますね。

 

 

がっしりした柴犬の体型を支えるには高タンパクなドッグフードがベスト

 

柴犬は、体の大きさはそこまで大きくなりませんが、全体的にがっしりとした体つきで、他の種類と比較すると筋肉量が多めの犬種です。

 

そのがっしりとした筋肉を支えるためには、高タンパクなドッグフードがおすすめです。

 

ブリード ヘルス ニュートリション 柴犬のタンパク質含有量を見てみると、その数字は24.0%以上。 低タンパクとまではいきませんが、他のドッグフードと比べると比較的低めの数値です。

 

一方のカナガンは、たっぷりチキンを使っているため動物性タンパク質が豊富で、成分分析値によると全体の33.00%がタンパク質だそうです。

 

ブリード ヘルス ニュートリション 柴犬とカナガンとを比較すればその差は一目瞭然ですよね。

 

適正体重の維持に続いて、筋肉量をキープするという観点から見ても、ブリード ヘルス ニュートリション 柴犬とカナガンを比較するとカナガンの方がおすすめできるという結果になりました。

 

 

ヘルシーかつ栄養価の高いカナガンなら柴犬の健康維持にもぴったり

 

柴犬向けに作られたブリード ヘルス ニュートリション 柴犬とどんな犬種でも食べられるカナガンとを比較してきました。

 

カロリーや栄養バランスから比較した結果、ブリード ヘルス ニュートリション 柴犬よりもカナガンの方が柴犬の健康を守るためにはより高い効果が期待できる、という結果になりましたね。

 

ブリード ヘルス ニュートリション 柴犬は柴犬用に作られたドッグフードではあるものの、穀物がメインの材料であること、タンパク質が少ないことなど、気になる点が目立ちます。

 

「柴犬用」という言葉に惹かれる気持ちもありますが、実際に原材料などを比較・検討した上で、カナガンの方を毎日の食事としてオススメします。

 

また、ドッグフード選びではいろいろなドッグフードを比較してから選択する必要があります。

 

そこで、ドッグフードを比較する場合にどの様なポイントがあるかもご紹介していますので、興味があれば参考にしてみてください。

 

 

➤➤ドッグフードの比較

 

今、カナガンドッグフードが売れている理由と人気の秘密

11

 

  • 理想的な栄養バランス
  • グレインフリー
  • 無添加

 

の、カナガンドッグフードなら健康的で丈夫な体になり長生きできます。

  

 カナガンドッグフードを与えるメリット

 

  • 健康的で丈夫な体にできる
  • 綺麗で艶のある毛並みにできる
  • 足腰を強化できる
  • 胃腸の弱さを解消
  • 涙やけを解消
  • 食いつきの悪さを解消

 

だからこそ、今カナガンドッグフードが選ばれています

 

安価で品質の悪いドッグフードを与え続けると大切な家族の命が危険にさらされます。

 

早い段階で安全性が高く健康に良いカナガンドッグフードに切り替える事をおすすめします。

 

 

 

安全性が高く、健康で丈夫な体と綺麗で艶のある毛並みにできる

 

-ドッグフード比較

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.