ウェルネス

ウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールのメリットとデメリット、安全性の評価

 

ウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミール

 

犬も人間同様食物アレルギーにかかることがあります。

 

近年ではアレルギーで獣医のお世話になるケースが増えてきていて、飼い主さんは早急にアレルギー予防に努めるべきです。

 

でも、まだなってもいないのに何をどうすればいいかわからないという人は、ドッグフードをウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールに切り換えましょう。

 

それだけでアレルギーリスクを減らせるとウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールは評判になっています。

 

では、ウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールがなぜアレルギー予防に向いているのか、デメリットはないのかご説明します。

 

 ➤犬の餌におすすめな食いつきのいいドッグフードランキングBESTこちら

 

 

ウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールのダックはアレルギー予防に適している

 

ドッグフードと言えばチキン味のものが多いですが、ウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールに使われているのは鴨です。

 

じつは鶏肉はアレルギーを引き起こしやすいので、できれば犬には与えないほうがいい食材となっています。

 

とはいえ、犬ってチキン味が大好きですよね。

 

そこでウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールは犬の食いつきのことも考え、同じ家禽類でもアレルギーを比較的起こしにくい鴨を使用しているのです。

 

チキンアレルギーや七面鳥アレルギーでも、ダックフレーバーなら食べることができます。

 

また、ウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールには動物性たんぱく質は鴨しか使われていないので、他の動物アレルギー持ちのワンちゃんでも食べることが可能です。

 

さらには原材料の質を高め、余計な添加物を使わず、天然由来のものしか使用していないので、ますますアレルギーを引き起こしにくくなっています。

 

口コミを調べてみても、あちこちにアレルギー予防対策が施されているので、ウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールは信用できると評価が高かったです。

 

 ➤犬の餌におすすめな食いつきのいいドッグフードランキングBESTこちら

 

 

ウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールは皮膚を強くしてくれる処方

 

犬のアレルギーは皮膚によく現れることがあります。

 

皮膚がカサカサしていたり、かゆがってかきむしったりと、アトピーと同じような症状が出るのです。

 

ウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールには皮膚を丈夫にするオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸をたくさん含む亜麻仁とキャノーラ油が配合されています。

 

また、皮膚の生成に欠かせない良質なたんぱく質を高配合しています。

 

そのためウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールを与えると犬の皮膚が強化され、アレルギー症状が出にくく、出てしまっても重症化しないように予防できるのです。

 

これらの成分は被毛の質も高めてくれるので、ウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールを与えてみたら、手触りがよくなってびっくりしたなどの口コミもたくさん見られました。

 

犬の場合、皮膚のコンディションは目でわかりにくいですが、被毛の変化を見れば、いかにこのドッグフードが質を高めてくれているかわかります。

 

 ➤犬の餌におすすめな食いつきのいいドッグフードランキングBESTこちら

 

 

ウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールはたんぱく質配合量が低い

 

気になるのはウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールのたんぱく質配合量の低さです。

 

保証分析値は21.0%となります。

 

これはAAFCO(米国飼料検査官協会)栄養基準を満たしている数値ではありますが、プレミアムドッグフードとしてはかなり低めの数値です。

 

高たんぱく質なドッグフードを求めている飼い主さんにはウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールはおすすめできません。

 

ただし、たんぱく質が低めだといいこともあります。 腎臓への負担が少ないので、腎不全の発症リスクを抑えられるのです。

 

血液検査で腎機能の数値が悪かった犬などにはウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールのほうが向いています。

 

腎不全は回復させることができず、犬の死因になりやすいので、腎臓は労わってあげてくださいね。

 

 ➤犬の餌におすすめな食いつきのいいドッグフードランキングBESTこちら

 

 

ウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールのメリットデメリット、安全性の評価まとめ

 

気をつけてもらいたいのですが、ウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールを食べさせていれば、絶対にアレルギーにかからないというわけではありません。

 

人間には水アレルギーの人まで発見されているように、口に入るものである以上、完璧にアレルギーリスクがないものなんて存在しません。

 

ただ、発症リスクが低めの食材を選んで食べさせ、可能性をできるだけ低く抑えることは可能です。

 

そうした観点から見ると、ウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールはとてもこだわって設計されている、質の高いアレルゲン予防ドッグフードです。

 

アレルギーを発症させてしまうと、生涯犬が苦しむことになり、飼い主にかかる負担も大きくなってしまいます。

 

そんな思いをさせたくないなら、いまから対策をしましょう。

 

それにはウェルネス シンプル(穀物不使用)全犬種用 成犬用(1歳以上)ダック&オートミールがおすすめです。

 

 ➤犬の餌におすすめな食いつきのいいドッグフードランキングBESTこちら

 

安全で犬の健康に良いドッグフードの選び方

 

 

  • ドラッグストアやスーパーで販売されているドッグフード
  • 価格が安いドッグフード

 

を食べ続けると

 

食いつきが悪くなる

フードを吐き出す

アレルギーになる

消化不良を起こす

胃腸が弱くなる

 

などの原因になるため注意が必要です。

 

そこで本当に安全で犬の健康に良いドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイントをご紹介します。

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント

 

 

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント① 栄養バランスが良い

 

 

たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルを必要な分量を含んだ栄養バランスのいいドッグフードをたべることで健康を維持することができます。

毎日食べる食事の栄養バランスに偏りがあると

  • 毛並みが悪くなる
  • 被毛の艶がなくなる
  • 痩せてしまう
  • 腎不全
  • フケが増える
  • 皮膚炎になる
  • 膵臓炎になる
  • 視力の低下
  • 新陳代謝の低下
  • カルシウムやリンの吸収力が低下
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 下痢

の原因になるため、たんぱく質や脂質、ビタミンやミネラルがバランスよく配合されたドッグフードを与える必要があります。

そのためドッグフード選びの際は、

  • たんぱく質と脂質が50%以上
  • ビタミン、ミネラルが40%以上

で配合され、肉や魚などに含まれる動物性たんぱく源や脂質、野菜や果物に含まれるビタミンやミネラルが栄養バランスの黄金比率といわれる6:4の割合でバランスよく摂取するのが理想的な食事です。

 

栄養バランスが良いドッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント② 安全性

 

 

愛犬の健康を維持するためには、安全性が高いドッグフードを選ぶのも重要な要素です。

 

安全性の低い、発がん性物質の人工添加物や4Dミートとよばれる肉副産物が含まれるドッグフードを選んしまうと、愛犬の健康を損なう原因になります。

とくに、酸化防止剤に利用されるBHAやBHTは発がん性物質で、

 

ガンを発症する

血管や内臓からの出血やうっ血を起こす

 

などの原因になります。また、肉副産物と呼ばれる

 

動物の死肉 DEAD

病死した動物の肉 DISEASED

死にかけの動物の肉 DYING

障害のあった動物の肉 DISABLED

 

4Dミート(4つの頭文字をとった総称)を含んだドッグフードを与え続けると、

 

毛並みや毛艶の悪化

抜け毛が増える

フードを食べない

フードを吐き出す

体重が減る

皮膚を痒がる

涙やけができる

目やにが増える

 

などの原因になります。そのため、

 

人工添加物 エトキシキン
BHA
BHT
赤色3号
赤色40号
赤色102号
赤色105号
青色2号
ソルビトール
キシリトール
グリシリジン・アンモニエート
ビートパルプ
コーンシロップ
亜硝酸ナトリウム
プロピレングリコール
ソルビン酸カリウム
4Dミート

◯◯ミール
◯◯パウダー
◯◯エキス
○○粉
○○類
動物性油脂

 

上記のような表記が、パッケージ裏の原材料や成分表に記載されているドッグフードの購入はさけるべきです。

 

人工添加物や肉副産物が原材料に含まれているドッグフードは愛犬の体調不良に繋がり、体重が減る原因や食いつきの悪さの原因にもなるため購入はせずに、人工添加物を利用していない安全な無添加のドッグフードを選ぶのがおすすめです。

 

安全性が高い無添加ドッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント③ 動物性たんぱくの量

愛犬の丈夫な体作りをサポートできる、動物性たんぱく質がメインのドッグフードを選ぶのも重要なポイントです。

 

動物性たんぱく質は

健康的で丈夫な犬の体作り

艶のある綺麗な毛並み

 

の維持に必要な栄養素で、犬が消化しづらい穀物のような植物性たんぱく質と違い、動物性たんぱく質は犬が消化しやすい食材です。

とくに、動物性たんぱく源としておすすめなのが、鶏肉、ラム肉、魚肉です。鶏肉やラム肉、魚肉は牛肉や豚肉よりも高たんぱくでヘルシーな食材で良質な脂質を含み、犬の健康維持に必要なビタミンや脂肪酸を効率よく摂取することができるメリットもあります。

さらに、犬は野菜や穀物などの植物よりも肉類を好む嗜好があるので、肉類がメイン原材料のドッグフードの食いつきが良いという効果もあります。

 

そのため、主原料が動物性たんぱく質の肉類で粗たんぱく質が50%以上含まれるドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

動物性たんぱく源が豊富なドッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント④ 穀物の有無

原材料に穀物が含まれないグレインフリーのドッグフードを選ぶことも大切なポイントです。

 

犬は、穀物を消化するのが苦手な生き物です。

※犬の唾液に、アミラーゼと呼ばれる穀物に含まれるデンプンを分解する消化酵素が含まれない為

 

にもかかわらず、市販の安いドッグフードには犬が消化しにくい穀物を利用することで腹持ちを良くするため、大量に穀物を含むドッグフードが多く存在しており、良質なドッグフードとしておすすめされている製品の中にも、玄米や大麦、オートミールなどの穀物が原材料に含まれるドッグフードが販売されているので注意が必要です。

穀物を食べ続け消化不良を起こすと

胃捻転を発症する

食物アレルギーになる

胃腸が弱くなる

うんちがゆるくなる

体重が減る

食いつきが悪くなる

フードを吐き出す

 

原因になります。

特に胃捻転を発症すると、他の臓器を圧迫し最悪死に至るケースもあるので特に注意が必要です。

※胃捻転とは 消化不良により胃の中にガスが溜まり、胃がひねりまわってしまう病気

 

そのため、原材料を細かく確認し、玄米や大麦、オートミールや米、とうもろこしなどの穀物を含まないドッグフードを選ぶのが大切です。

 

なかでも、穀物を一切含まないグレインフリーのドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

グレインフリードッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント⑤ 低炭水化物

低炭水化物のヘルシーなドッグフードを選ぶのもおすすめポイントです。

 

炭水化物の種類
分類 種類 特徴
単糖類 グルコース(ブドウ糖) 麺類/米/パンなどに多く含まれる
フラクトース(果糖) 果物などに含まれる
ガラクトース 牛乳などに含まれる
二糖類 スクロース(ショ糖) 砂糖の主成分
マルトース(麦芽糖) 水飴などに含まれる
ラクトース(乳糖) 乳製品に多く含まれる
少糖類 オリゴ糖 ごぼうや玉ねぎなどの野菜、蜂蜜などに含まれる
多糖類 グリコーゲン 肝臓や筋肉に蓄えられている成分
デンプン じゃがいもや米、パスタなどの穀物類に含まれる
食物繊維 さつまいもやかぼちゃなどに含まれる

 

炭水化物は摂取しすぎると犬が太る原因になります。炭水化物も栄養バランスを考えると必要な栄養素ではありますが糖質の摂取量が多くなる分、炭水化物の量が多いドッグフードを食べさせ続けると、気がついた時にはすでに体重が増えていた、そんなに食べさせてないのに太ってしまったなど、飼い犬の健康管理に関する問題になりやすいので注意が必要です。

 

しかし、低炭水化物のドッグフードを選ぶことで、糖質量が少なく脂肪になりにくく体重管理が楽になるメリットを得ることができるようになります。

また、犬のエネルギー源には穀物ではなく、サツマイモがおすすめです。ドッグフードの原材料にサツマイモが含まれていると、エネルギーの消費が緩やかになり腹持ちがよくなるメリットがあります。

 

そのため、原材料にさつまいもが含まれ、粗脂質が10〜15%以内で調整されているドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

低炭水化物ドッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント⑥ ドライフード

 

ドライタイプのドッグフード(ドライフード)を選ぶのも飼い犬の健康管理に必要なポイントです。

 

ウェットフードの場合、歯間や歯茎に食べかすが残りやすく歯周病になりやすいので食後のケア(歯磨きなど)が重要ですが、ドライフードの場合は食べかすが歯の間に詰まることも少なくなるので

 

食後のケアが楽になるというメリット

 

があるからです。

また、カリカリのドライフードをよく噛んで食べる事で、

歯周病の予防と対策

給餌量を抑える

ダイエット

ボケ防止

 

が可能になるというメリットもあります。

 

また、ウェットフードは長期保存するために油分が多くドライフードに比べてカロリーも多く太りやすく、噛みごたえがないので長期間食べ続けると飼い犬が食べ飽きてしまうケースも。

 

しかし、ドライフードであれば噛みごたえがあり、犬自身が食べごたえを感じることができるので長期間与え続けても食いつきの良さを維持することができます

その為、犬の餌にはドライフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

ドライフードのドッグフードおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

 

以上がドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイントになります。

 

安い価格で購入できるドッグフードや、どこでも気軽に購入できるドッグフードだけでなく一部のプレミアムフードにも安全性に配慮がなく、栄養バランスに偏りが多いドッグフードが多いので注意が必要です。

 

ドッグフードの比較や評価の一覧

 

そこで、ドッグフード選びで大切な6つのポイントを基準にした、おすすめドッグフードのランキングBEST3をご紹介します。

 

ドッグフードのおすすめランキングBEST3

モグワン

総合評価:S

モグワンの評価

 

モグワンの詳細はこちら

 

モグワンは栄養バランスが良さやフードの安全性の高さだけでなく、動物性たんぱく質を豊富に含み、穀物を含まないグレインフリーで低炭水化物のヘルシーなドライフードで、今、多くの健康志向の愛犬家さん達に選ばれているプレミアムフードです。

また、モグワンは犬種問わず、食べやすいサイズと形で調整されているので噛み砕きやすく、飽きずに食べ続けることができるよう工夫されているのも人気がある理由の一つです。

食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
主原料 内容量 フードタイプ
チキン
サーモン
1.8kg ドライフード

➤➤モグワンがランキング1位の理由

 

 カナガン

総合評価:A+

カナガンの評価

 

カナガンの評判や評価は?

 

カナガンはモグワンと同様の品質の高さと安全性を持つ国産のプレミアムドッグフードで、全犬種/全ライフステージ(全年齢)にも対応しています。

モグワンよりも更に高たんぱくフードなので、激しい運動が好きでカロリー消費が多い場合や、食が細くしっかり食べさせたい場合におすすめできるドッグフードです。

メイン原材料がチキンで香りが強い為、食いつきに差がある場合がありますがモグワン同様、高品質のプレミアムフードです。

 

食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 2kg ドライフード

➤➤カナガンとモグワンの比較

 

ネルソンズ

総合評価:A

ネルソンズの評価ポイント

 

ネルソンズの評判や評価は?

 

トップブリーダーが自身の愛犬の為に開発したプレミアムドッグフード。グレインフリー/ヒューマングレードなので安全性も高いですが、モグワンやカナガンよりも動物性たんぱく質量が若干少なくカロリーがやや高めのフードです。

ライフステージが限定され7ヶ月〜7歳までしか与えることができませんが、パッケージが5kg〜と大容量で、小型〜中型犬でよく食べるわんちゃんや、大型犬の飼い主さんに評価が高いプレミアムドッグフードです。

 

食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
グレインフリー
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 5kg ドライタイプ

➤➤ネルソンズとモグワンの比較

 

モグワンがおすすめドッグフードランキング1位の理由

 

カナガンもネルソンズも、品質や安全性が高く犬の健康を考えられたドッグフードですが、

 

カナガンのデメリット
  • 犬によって食いつきにばらつきがある
  • 少しカロリーが高め
  • 独特な香りある
ネルソンズのデメリット
  • 動物性たんぱく源が足りない
  • 高カロリー
  • シニア期に切り替えが必要

 

というデメリットがあります。

 

その、カナガンやネルソンズのデメリットを解消し

 

  • 食いつきの良さ
  • 栄養バランスの良さ
  • ヘルシーさ

 

を実現したのがモグワンです。

 

 

モグワンは健康に良いだけでなく、食いつきの良さ◎のドッグフードです

 

モグワンは愛犬に「ずっと元気でいて欲しい」と願うすべての飼い主さんにおすすめな食いつきの良さ◎のドッグフードです。

 

モグワンを購入するには公式サイトもしくは販売代理店が出店しているAmazonでの販売のネット通販限定というデメリットはありますが、食事の品質や安全性に不安がある場合や、食いつきの悪さが気になるならモグワンの購入をおすすめします。

 

 

 

 

 

-ウェルネス

Copyright© , 2019 AllRights Reserved.