ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)はシニア犬に向いているドッグフードなの?

 

ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)のメリットデメリット

 

室内でも飼育しやすい小型犬がブームとなってからずいぶんたち、シニアとなる子が増えてきました。

 

そんな子に向けて作られ、評価が高いのがウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)です。

 

ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)は日本よりもずっと動物愛護の法律が厳しいアメリカで製造されている、プレミアムドッグフードです。

 

法律の緩い日本製では安心できない、より健康維持効果の高いドッグフードが欲しいなどの要望がある飼い主さんたちから人気となっています。

 

では、本当にウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)は評判どおり性能が高いのでしょうか。

 

ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)のメリットとデメリットを調べてみました。

 

ドッグフードおすすめランキングBEST3はこちら

 

 

ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)はシニアにちょうどいいカロリー

 

犬もシニア期になると若い頃ほど活発に動けなくなり、消費エネルギーが減りはじめます。

 

そのため若い頃と同じ食事をしていると、エネルギーが消費できずにどんどん太ってしまうのです。

 

小型犬は身体が華奢なので、太ってしまうと影響が大きく、病気や怪我をしやすくなってしまいます。

 

そこでウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)は、研究の結果、成犬用ドッグフードよりもカロリーを4%削減しました。

 

たった4%と思うかもしれませんが、シニアの小型犬を太らせないためには、これくらいでちょうどいいのです。

 

カロリーにすると、349kcal/100gとなります。

 

あまりカロリーを減らしてしまうと、今度はエネルギー不足に陥り、身体の老化を早めてしまうことがあるので、

 

シニアになったからといって、無闇にヘルシーすぎるドッグフードを与えるのは止めてくださいね。

 

ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)なら、加齢によって太ってきてしまったシニア犬にも安心して与えられるとの口コミも多いです。

 

太りやすくはなりますが、衰えを予防するためにも、栄養はしっかり摂取する必要があります。

 

ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)はたんぱく質を25%も含んでいるので、衰えやすくなる筋肉や臓器をきちんと動くように手助けしてくれます。

 

老化防止に効果のあるビタミンや野菜類も入っているので、ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)は若々しさの維持にも効果がありますよ。

 

ドッグフードおすすめランキングBEST3はこちら

 

 

ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)はシニアの弱点をカバー

 

シニアになると起こりやすいのは肥満だけではありません。

 

身体のいたるところで老化によるトラブルが起こりやすくなり、それを放置していると、寿命にまで影響が出ることがあります。

 

たとえば、歯に歯石が溜まりやすくなり、そこから歯肉炎などを発症しやすくなるのですが、

 

ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)なら、噛むことで歯垢を除去でき、歯石が発生することを予防でき、口内の健康維持に役立ちます。

 

また、老いてくると腸内環境が悪化しやすくなるのですが、ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)には乳酸菌と食物繊維が入っているので、

 

消化器官が活発になり、お通じトラブルを予防できます。

 

他にも、関節トラブルの予防、皮膚や被毛トラブルの予防など、ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)なら老化によって引き起こされるトラブルの数々を未然に防ぐことが可能です。

 

肥満を予防しながら、ここまで健康効果もつけることは、安価なドッグフードではできません。

 

現にウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)もなかなかのお値段ですが、お値段以上にシニア犬を病気や怪我から守ってくれます。

 

そのことが評価され、口コミが良く、リピーターが多いのです。

 

ドッグフードおすすめランキングBEST3はこちら

 

 

ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)は初老の犬には向いているけれど

 

ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)は7歳以上の犬に向けて作られていますが、超高齢犬にはあまりおすすめできない商品です。

 

同じシニアと言えども、段階があり、後期に入った犬だと、ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)では合わない可能性があります。

 

後期シニア犬になると、あごや歯が弱って硬いものが食べにくくなりますが、ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)は歯垢が取れるくらい硬いドッグフードです。

 

また、初期のシニア犬は太りやすくなりますが、後期になると食べる量がぐんと減るので、

 

今度はカロリー不足が心配になり、高カロリードッグフードを与えたほうがよくなります。

 

このように、ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)はすべてのシニア犬に向いているわけではありません。

 

口コミでもそれをわかっていて、いまの愛犬にはベストだけれど、後期にあった商品も欲しいとの意見が見られました。

 

ドッグフードおすすめランキングBEST3はこちら

 

 

若い頃と同じと考えてはいけない

 

若い頃には平気だった高カロリーの食事や油っぽい食事も、シニアになったら嫌になったなんて話はよく耳にしますよね。

 

そういう食事を老いてからも無理に続けていては、健康にもよくありません。

 

ドッグフードも同じように、年齢にあったものを与えましょう。

 

中年や老年の人が、まだ自分は若いと若い頃と同じ食事をしていると、血液がドロドロになったり、成人病になったりします。

 

それも同じです。

 

犬自身がまだ成犬用のドッグフードを食べたいとアピールしても、心を鬼にして、シニア用のドッグフードを与えましょう。

 

ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)なら食いつきがいいので、嫌がられる心配もありません。

 

今回ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)の実力を調べてみましたが、評判の高さも納得の、安心しておすすめできるドッグフードでした。

 

ぜひこれから7歳になる犬を飼っている人も、すでにシニア期の犬を飼っている人も、ウェルネス 小型犬高齢犬用(7歳以上)への切り替えを検討してみてください。

 

ドッグフードおすすめランキングBEST3はこちら

 

 

-ウェルネス

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.