ウェルネス 成犬用(1〜6歳)は犬のためになるドッグフードなの?

 

犬をどこまで健康にしてくれるのか

 

愛犬を飼っていると少しでも長く元気でいて欲しいと思うものです。 健康維持に重要なのが、毎日食べることになるドッグフード選び。

 

選ぶなら、少しコスパが悪くても、犬の健康をサポートしてくれるドッグフードを選びましょう。

 

愛犬家から密かに人気が高いのがウェルネス 成犬用(1〜6歳)です。

 

ウェルネス 成犬用(1〜6歳)は、日本の大手のドッグフードのように宣伝などで見かける機会が少なく、誰もが知っているほど有名ではありませんが、その実力からリピーターが後を絶ちません。

 

今回はそんなウェルネス 成犬用(1〜6歳)の魅力と弱点について迫りました。

 

ドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

 

高品質の生肉や生魚が第一原材料

 

犬は雑食性ですが、どちらかというと肉食動物に近く、体の維持には動物性たんぱく質がもっとも必要となります。

 

ところが、現在日本で市販されている多くのドッグフードは穀物が第一原材料のものばかりです。

 

当然、このようなドッグフードでは炭水化物の取りすぎと、動物性たんぱく質の不足から、健康維持がしにくくなります。

 

犬よりももっと雑食性の高い人間でさえ、炭水化物の取りすぎは肥満や糖尿病の元なのです。

 

そこでウェルネス 成犬用(1〜6歳)は犬の身体のことを第一に考え、良質の骨抜きチキンや白身魚などをふんだんに使用し、第一原材料は必ず生肉や生魚になるように設計されています。

 

もちろん炭水化物や脂肪も犬のベストバランスになるよう配分されています。

 

これにより、しっかり必要な栄養を摂取することができ、余計な栄養はカットできるので、身体の維持をしっかりすることができるのです。

 

また、生肉や生魚は質のまでこだわって厳選されているため、吸収率が高く、余計な成分が健康を害する心配もありません。

 

原材料を他社製品と比較してみた結果、安心して食べさせられるからウェルネス 成犬用(1〜6歳)を選んでいるとの声がもっとも多いです。

 

ドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

 

犬の体型にあわせて3タイプ

 

同じ犬といえど、犬種によって体型は大きく異なります。 また、犬は体型によって故障しやすい箇所が違ったり、口の大きさには差があります。

 

ウェルネス 成犬用(1〜6歳)は体重別に超小型犬用、小型犬用、中・大型犬用と3種類販売されているため、自分の犬にぴったりのドッグフードを与えることができるのです。

 

原材料も、骨抜きチキン&玄米、骨抜き七面鳥&オートミール、骨抜きチキン&オートミールと、体型別にもっとも健康をサポートしやすい食物が主原料になるように設計されています。

 

口コミを調べてみると、ウェルネス 成犬用(1〜6歳)は食いつきもなかなかいいと評判です。

 

また、意外と大切なのが粒の大きさ。 体型別にわかれていないドッグフードだと、粒の大きさが中途半端であることが多く、

 

そのせいで食べるのを嫌がったり、消化不良をおこしてしまったりすることがあります。

 

やはり小型犬には極小粒、大型犬には大粒が一番なのです。 ウェルネス 成犬用(1〜6歳)なら、粒の大きさもきちんと体型に合わせてあるので安心できます。

 

いままで粒が合わずに食欲が薄かった犬が、ウェルネス 成犬用(1〜6歳)だと食べてくれるようになったとの声も多数確認しました。

 

ドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

 

グルテンフリーではない

 

ウェルネス 成犬用(1〜6歳)の残念なところでよくあげられるのが、グルテンフリーではない点です。

 

穀物はアレルギーを引き起こしたり、消化不良の元なので、犬には極力食べさせたくない食品です。

 

そのため、プレミアムドッグフードのいくつかはグルテンフリーを徹底しているのですが、ウェルネス 成犬用(1〜6歳)には粗挽き玄米や粗挽き大麦など何種類かの穀物が使用されています。

 

配合量もすべての原材料中第四位や第六位など、なかなかたっぷり入っているのです。

 

これらの穀物が犬の身体に変調をきたさせる可能性はゼロではありません。

 

よって、グルテンフリーにこだわる飼い主さんからは、ウェルネス 成犬用(1〜6歳)は避けられています。

 

とはいえ、一番トラブルを起こしやすい小麦やトウモロコシは不使用にしているので、ある程度の配慮は見られます。

 

グルテンフリーを徹底するほどではないとの考えなら、ウェルネス 成犬用(1〜6歳)はおすすめのドッグフードです。

 

ドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

 

全犬種用には落とし穴があることも

 

超小型犬や小型犬は骨が細く、骨同士を噛み合わせている溝も浅いので、自分で飛び上がった衝撃でも脱臼してしまうことがあります。

 

大型犬は、小型犬と比較しても体型のわりに消化器官が短いので、お通じの問題を起こしやすいです。

 

このように、体型によって犬の弱点は大きく変わってきます。

 

全犬種用ドッグフードは便利ですが、物によってはこれら体型別のトラブルを予防する力に欠けている商品も珍しくありません。

 

それが心配なら、愛犬にはウェルネス 成犬用(1〜6歳)を与えましょう。

 

ウェルネス 成犬用(1〜6歳)はコストよりも犬の健康維持を優先して作られているため、これまで不足していた分の栄養素を見事に補い、犬の寿命をできるだけ引き伸ばすサポートをしてくれます。

 

とくに超小型犬や、大型犬のように平均体型から大きく異なる身体つきをしている犬を飼育している人は、平均的に作ってある全犬種用ではカバーしきれないことが多いです。

 

怪我や病気になった後悔する前に、ウェルネス 成犬用(1〜6歳)を選んでください。

 

大切な家族に長生きしてもらう為には、安全性が高く健康的で品質の高いドッグフードを選ぶ事が重要です。

 

数多く販売されている商品の中から、安全で健康に良いドッグフード選びをする為には6つの基準があります。

 

その6つの基準の詳細なご紹介と、ドッグフード選びの6つの基準をもとにドッグフードを選ぶ事で、どんなメリットがあるのかをお話します。

 

ドッグフード選びで悩んでいる場合は、参考にしてみてください。

 

 

犬の健康を一番に考えた時におすすめ!理想的なドッグフード選びの6つの基準

 

① 栄養バランスが良いドッグフード

 

栄養バランスが偏っていると

 

  • 被毛の毛並みや艶が悪くなる
  • 抜け毛が多くなる
  • ウンチが固くなる
  • 涙やけができる

 

等、犬の健康上に問題が出てきます。そのため、犬の身体を丈夫に育てる為には、必要な栄養素がバランス良く配合されているドッグフードがおすすめです。

 

  • 動物性たんぱく質50%以上
  • 粗タンパク質22%~33%前後
  • 脂質10%~15%前後
  • 糖質35%~45%前後

 

含まれているドッグフードです。

 

犬の健康維持には、肉類・野菜・果物など色々な栄養素がバランス良く配合されているドッグフードを選ぶのがおすすめです。

 

ドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

 

② 無添加で製造されているドッグフード

 

 

酸化防止剤のBHAやBHTは発がん性物質です。発がん性物質を与え続けることで、ガンを発症したりや血管や内臓からの出血やうっ血など、命の危険が高まります

 

また、肉副産物である

 

  • 動物の死肉 DEAD
  • 病死した動物の肉 DISEASED
  • 死にかけの動物の肉 DYING
  • 障害のあった動物の肉 DISABLED

 

この4つのDの頭文字をとった品質の悪い4Dミートが含まれるドッグフードを与え続けると、

 

  • 毛並みや毛艶の悪化
  • 抜け毛が増える
  • ドッグフードを食べない・吐き出してしまう
  • 肌を痒がるなどのアレルギー症状が出る
  • 涙やけができる

 

などの症状を引き起こします。

 

今与えているドッグフードに

 

人工添加物 エトキシキン
BHA
BHT
赤色3号
赤色40号
赤色102号
赤色105号
青色2号
ソルビトール
キシリトール
グリシリジン・アンモニエート
ビートパルプ
コーンシロップ
亜硝酸ナトリウム
プロピレングリコール
ソルビン酸カリウム
4Dミート 肉類
肉副産物
◯◯ミール
◯◯パウダー
動物性油脂
◯◯エキス
◯◯パウダー

 

など人工添加物や、4Dミートの可能性がある原材料が不明な記載が含まれている場合は、今すぐドッグフードの切り替えが必要です。

 

その為、犬の餌に人工添加物が含まれない無添加ドッグフードがおすすめです。

 

ドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

 

③ 動物性たんぱく源が豊富なドッグフード

 

 ※引用元 https://konaka-ah.com/index.php/page/protein

 

動物性たんぱく質は

 

  • 健康的で丈夫な犬の体作り
  • 艶のある綺麗な毛並み

 

に必要な栄養素です。

 

動物性たんぱく源の摂取が足りないと、

 

  • 犬の体を丈夫に育てられない
  • 毛並みや艶が悪くなる
  • ドッグフードの食いつきが悪くなる

 

といった原因になります、

 

また、犬は本来肉食の為、原材料に肉を多く含むドッグフードを好む傾向があるので、犬の餌には、主原料が肉で粗たんぱく質が50%以上含まれるドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

ドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

 

④ グレインフリーのドッグフード

 

 

グレインフリー(グルテンフリー)とは穀物を一切含まない事を意味しています。

 

犬は穀物を消化するのが苦手な生き物です。

 

※アミラーゼと呼ばれる穀物に含まれるデンプンを分解する消化酵素が唾液に含まれない為

 

市販の安いドッグフードには腹持ちを良くするため穀物を含む商品が多く存在しています。

 

穀物を食べ続けることで消化不良を起こし

 

  • 胃捻転を発症してしまう
  • アレルギーの原因になる
  • 胃腸が弱くなる
  • うんちがゆるくなる

 

特に胃捻転を発症すると、他の臓器を圧迫してしまい最悪死に至るケースもあるので特に注意が必要です。

 

※胃捻転とは 消化不良により胃の中にガスが溜まり、胃捻転(胃がひねりまわってしまう病気)

 

胃捻転だけでなく、他のトラブルを引き起こす原因になるので、犬の餌にはグレインフリー(グルテンフリー)タイプのドッグフードがおすすめです。

 

ドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

 

⑤ 低炭水化物なドッグフード

炭水化物の種類

分類 種類 特徴
単糖類 グルコース(ブドウ糖) 麺類/米/パンなどに多く含まれる
フラクトース(果糖) 果物などに含まれる
ガラクトース 牛乳などに含まれる
二糖類 スクロース(ショ糖) 砂糖の主成分
マルトース(麦芽糖) 水飴などに含まれる
ラクトース(乳糖) 乳製品に多く含まれる
少糖類 オリゴ糖 ごぼうや玉ねぎなどの野菜、蜂蜜などに含まれる
多糖類 グリコーゲン 肝臓や筋肉に蓄えられている成分
デンプン じゃがいもや米、パスタなどの穀物類に含まれる
食物繊維 さつまいもやかぼちゃなどに含まれる

 

ヘルシーで低炭水化物なフードであれば、体重が大きく増え、ダイエットが必要になってしまった場合や、

 

太りやすい体質の場合に、食事量の管理が楽というメリットもあります。

 

低炭水化物でないフードを選択した場合、

 

  • 太りやすい体質になる
  • 毎日の運動によりカロリー消費が重要になる
  • 毎日の食事管理が大変になる

 

といったデメリットがあります。

 

また、ドッグフードの原材料ににサツマイモが含まれていると、腹持ちがよくなり、給餌量(餌の量)減らすことができ、標準的な体重を維持しやすくなるのでおすすめです。

 

ドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

 

⑥ ドライタイプのドッグフード

 

 

カリカリのドライフードをよく噛んで食べる事で、

 

  • 歯周病の予防と対策
  • 給餌量を抑える
  • ボケ防止

 

が可能になります。

 

ウェットフードの場合、歯間や歯茎に食べかすが残り歯周病の原因になる為、食後のケア(歯磨きなど)が大事になりますが、ドライフードであれば食べかすや歯石などを、食べながら取り除く事がでるので

 

食後のケアが楽になるというメリット

 

もあります。

 

その為、犬の餌にはウェットタイプのフードよりもドライタイプのドライフードがおすすめになります。

 

ドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

 

理想的でおすすめなドッグフード選びの6つの基準で選ぶメリット

 

  • 危険で安全性の低い、ドッグフードを選んでしまう
  • 胃腸が弱くなるドッグフードを選んでしまう
  • 太りやすいドッグフードを選んでしまう
  • 食物アレルギーを発症してしまうドッグフードを選んでしまう
  • 毛並みや艶が悪くなるドッグフードを選んでしまう
  • 食いつきが悪いドッグフードを選んでしまう

 

ことを回避することができます。

 

ですが、市販のドッグフードや一部のプレミアムフードは安全性に配慮がなく、栄養バランスに偏りが多いドッグフードがほとんどです。

 

ドッグフード比較表はこちら

 

そこで、理想的なドッグフード選びの6つの基準をもとにしたドッグフードのおすすめランキングBEST3をご紹介します。

 

ドッグフードのおすすめランキングBEST3

モグワン

食いつきの良さ
栄養バランス
安全性の高さ
たんぱく質の量
ヘルシーさ
穀物不使用 無添加
ヒューマングレード ドライフード
全犬種対応 全年齢対応
主原料 内容量
チキン
サーモン
1.8kg
モグワンのおすすめポイント

 

モグワンが今選ばれている理由

 

モグワンは犬の健康を第一に考えてられたプレミアムドッグフードです。

 

  • 獣医師も推薦する栄養バランス
  • 穀物不使用のグレインフリー
  • 全犬種全ライフステージ(全年齢)対応

 

で、犬の体が健康になり、子犬期〜シニア期まで一生涯与え続けることができる、

 

食いつきの良さ★★★★★のおすすめドッグフードです。

 

 

カナガン

食いつきの良さ
栄養バランス
安全性の高さ
たんぱく質の量
ヘルシーさ
主成分 内容量
チキン 2kg
カナガンの評価

 

モグワンとカナガンの比較詳細

 

モグワンドッグフードと同様の品質の高さと安全性を持つ国産のプレミアムドッグフードで、全犬種/全ライフステージ(全年齢)にも対応しています。

 

でも、モグワンとカナガンを比較すると含まれる動物性たんぱく質が60%とモグワンより高カロリーで、

 

食いつきがモグワンにくらべると悪かったので2位です。

 

カナガン公式サイトはこちら

 

ネルソンズ

食いつきの良さ
栄養バランス
安全性の高さ
たんぱく質の量
ヘルシーさ
主成分 内容量
チキン 2kg
ネルソンズの評価ポイント

 

モグワンとネルソンズの比較詳細

 

トップブリーダーが自身の愛犬の為に開発したプレミアムドッグフード。

 

グレインフリー/ヒューマングレードなので安全性も高いですが、モグワンやカナガンとネルソンズを比較すると動物性たんぱく質量が少ないのと、カロリーがやや高め。

 

食いつきもわるくなく信頼できるフードではあるのですが、7ヶ月〜7歳までのライフステージが限定されてしまい、

 

7歳を超えたら別のフードに切り替える必要があるので3位です。

 

ネルソンズ公式サイトはこちら

 

 

モグワンがなぜドッグフードのおすすめNo1なのか

 

カナガンもネルソンズも、品質や安全性が高く犬の健康を考え製造されているドッグフードなのですが、

 

カナガンのデメリット
  • 犬によって食いつきにばらつきがある
  • 少しカロリーが高め
  • 独特な香りある
ネルソンズのデメリット
  • 動物性たんぱく源が足りない
  • 高カロリー
  • シニア期に切り替えが必要

 

というデメリットがあります。

 

その、カナガンやネルソンズのデメリットが解消され

 

  • 理想的な食いつきの良さ
  • 栄養バランス
  • ヘルシーさ

 

が実現しているのがモグワンです。

 

 

それだけでなく、

 

  • 穀物を一切使用していないグレインフリー
  • 人工添加物を含まない無添加ドッグフード
  • 獣医師も推薦する栄養バランス

 

という理想形のドッグフードで、パッケージにジッパーがついているので、開封後の保管もしやすいです。

 

※期間限定で初回購入50%OFFキャンペーン実施中

 

 

 

 

モグワンは犬が健康になるだけでなく、食いつきも良いドッグフードです!!

  • コンドロイチンとグルコサミンで足腰を強化できる
  • 毛並みや毛艶が綺麗になる
  • 消化に良くウンチの状態を改善できる
  • 品質が良く、涙やけ対策にもなる

 

というメリットがあるからこそ、モグワンドッグフードが今、多くの飼い主さんに選ばれています

 

※期間限定で初回購入50%OFFキャンペーン実施中

 

 

 

 

 

 

-ウェルネス

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.