ティンバーウルフ※販売終了

ティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラの口コミや評判と安全性に関する評価(販売終了)

 

ティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラ(販売終了)にデメリットはあるのか

 

ティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラは、穀物を一切使わないグレインフリーに強いこだわりをもつドッグフードブランド・ティンバーウルフから発売されているフードのひとつです。

全部で5種類あるティンバーウルフのドッグフードの中でも、ティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラは体重を管理したい子やアレルギーを持っている子におすすめのフードとして作られています。

犬の健康を考えて作られている各種ナチュラルドッグフードと同じように、ティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラも高タンパク質なのが特徴で、犬にとってはメリットの多いドッグフードのように感じられます。

 

ですが原材料をよく見てみると、デメリットもあることがわかります。愛犬に食べさせるドッグフードを選ぶ際には、デメリットもきちんと把握した上で選択肢に加えることが大切です。

まずはデメリットを理解するためにも、ティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラがどんなドッグフードかを知るところからスタートしましょう!

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

 

ティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラはどんな特徴を持つドッグフード?

 

デメリットを知るにはまず特徴を知ることから。ティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラの持つ特徴をチェックしていきましょう。

原材料によって5種類に分かれているティンバーウルフのドッグフードですが、その中でティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラに独特の特徴はエルクのお肉が使われていることです。エルクというのは大鹿の肉のこと。

 

一般的に、ドッグフードに使われる鹿肉はベニソンと呼ばれるものです。ですがティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラにはまた別の種類の鹿肉であるエルクが使われているのですね。

こうした珍しい食材が使われているため、アレルギー対策のためには便利なドッグフードとなっています。

 

アレルギーは同じ食材を食べ続けることにより発症しやすくなりますので、他のドッグフードにはあまり使われていないエルクを使って作られているティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラはそれだけアレルギー発症リスクが低い、というわけです。

 

その他にもサーモンやニシンなどのお魚が多く使われており、総じて犬にとっては低アレルゲンの優しいフードといえますね。またカロリーが低めなのもティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラの特徴です。

高タンパク質ながらカロリーが抑えられているので、ダイエットの必要がある子にもぴったりです。

 

こうして見てみると、ティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラはデメリットなどない完璧なドッグフードのように感じられますが、実はそうとも言えません。一見するだけではわかりにくいデメリットについてもみていきましょう。

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

原材料がヒューマングレードと明記されていない

 

愛犬に安心して食べさせるドッグフードを選ぶ上で、重要なポイントのひとつが「原材料がヒューマングレードかどうか」ということです。ヒューマングレードとは、人間向けの食用品としても問題ない品質である、ということ。

ペットフード向けの品質基準はヒト向けの食品と比べるとゆるく定められているため、その基準に従えば品質が悪く安価で手に入るクズ肉等も原材料として利用することができます。

ですが当然のことながら、大切な愛犬にはできるだけ良い品質のフードを食べさせたいですよね。

 

食事の質の悪さは当然ながら健康や外見にもつながりますし、無視できないデメリットです。ですから、優秀なドッグフードの多くがヒューマングレードの原材料から作られているのです。

ティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラの原材料を見てみると、具体的な食品の名前はしっかり明記されているものの、その品質については保証されていません。

 

ヒューマングレードかどうかわからないということは、質の悪い材料も使われているかもしれない、ということ。

犬の健康を考えれば、残念ながらティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラの原材料の品質には不安が残りますし、デメリットのひとつといえます。

 

もちろんペットフードとしての基準は満たしているわけですが、ヒューマングレードではないというデメリットを無視してまでティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラを選ぶ必要もないでしょう。

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

カロリーが低く給餌量が多めでコスパも悪い!

 

ナチュラルなドッグフードを選ぶ飼い主の頭を悩ませるのがコスパの問題です。愛犬の健康には変えられないとはいえ、良いフードは当然値段も高くなります。

求めている品質さえクリアしているなら、できるだけコスパの良いものを選びたいですよね。

実は、ティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラはこのコストパフォーマンスの面でもデメリットを抱えています。

ティンバーウルフのドッグフードシリーズの中でも最も低カロリーでヘルシーなティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラはダイエットが必要な犬にはぴったりですが、一方で必要なカロリーのために多めに給餌しなければいけません。

ティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラのヘルシーさは魅力でもあるのですが、場合によってはデメリットにもなり得るのです。愛犬に特にダイエットの必要がない場合、また大型犬でできるだけフードのコスパを良くしたいという場合には大きなデメリットとなってしまいますね。

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

アレルギーを持つ子以外には他のフードでOK

 

ティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラの最大の特徴は、なんといってもエルクという珍しいお肉を使っていることです。

ドッグフードによく使われる他のお肉にアレルギーを持っている子にとっては、安心して食べられるフードとして価値がありますね。逆を返せば、アレルギーの問題がなければその他のデメリットが目立つともいえます。

 

ティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラ以外のドッグフードにはよりコスパが良く、原材料の品質の面でもデメリットを抱えていないものがたくさんあります。

ティンバーウルフ ウィルダネスエルク レジェンド フォーミュラを選択肢に加える際には、品質やコスパなどのデメリットを把握するようにしましょう。

 

ネット通販で人気があるドッグフードのデメリット

 

Amazonや楽天のランキングで人気があるドッグフードの

 

  • ロイヤルカナン
  • オリジン

 

などなど、価格が高いドッグフードであっても、原材料や成分表を確認すると

 

  • 人工添加物が含まれている
  • 穀物が含まれている
  • カロリーが高い
  • 栄養バランスが悪い
  • 犬種に制限がある
  • 年齢毎にフードを切り替える必要がある

 

などデメリットがあります。

 

商品名 市販フード ロイヤルカナン オリジン
栄養バランス
安全性の高さ
たんぱく質の量
グレインフリー
ヘルシーさ
ドライフード
価格(2kg換算) 2,000円〜+税 4,500円〜+税 4,300円〜+税
1日あたり 66円〜 150円〜 140円〜
総合評価

 

商品名 サイエンスダイエット アイムス ピュリナワン プロプラン
栄養バランス
安全性の高さ
たんぱく質の量
グレインフリー
ヘルシーさ
ドライフード
価格(2kg換算) 2,000円〜+税  1,500円〜+税 1,200円〜+税 2,000円〜+税
1日あたり 66円 50円 40円 66円
総合評価

 

➤➤獣医師推薦の無添加グレインフリードッグフード

 

商品名 ユーカヌバ プロマネージ ウェルネス スーパーゴールド
安全性
たんぱく質の量
グレインフリー
ヘルシーさ
ドライフード
栄養バランス
価格(2kg換算)  2,790円〜+税 1,200円〜+税  4,220円〜+税 2,500円〜+税
1日あたり  93円〜  40円 140円 83円
総合評価

 

また、ネット通販で人気の高い

 

  • モグワンドッグフード
  • ネルソンズドッグフード

 

も、品質が高いドッグフードではありますが、ドッグフード選びのポイントを満たしていません。

 

商品名 モグワンドッグフード ネルソンズドッグフード
栄養バランス
安全性の高さ
たんぱく質の量
グレインフリー
ヘルシーさ
ドライフード
価格(2kg換算) 4,005円+税 3,960円+税
1日あたり