ロイヤルカナン

室内飼いの仔犬にぴったりのドッグフードはモグワン! ロイヤルカナン ミニ インドア パピー (室内で生活する小型犬専用フード 子犬用)との比較でわかるモグワンのメリット

 

室内で暮らす小型犬の仔犬に必要なドッグフードとは

 

昔は犬といえば庭や戸外で飼うことが当たり前でしたが、小型犬を飼うご家庭も増え、

 

一戸建てだけではなくマンション等の室内でほとんどの時間を過ごすわんちゃんも多くなりました。

 

散歩へ出ることも少ないわんちゃんたちは運動量も少ないですから、他の犬たちと比較すると必要な栄養素やカロリーバランスにも違いがあります。

 

特に仔犬の時期は室内でのみ過ごす子も多いということで、ロイヤルカナン ミニ インドア パピー (室内で生活する小型犬専用フード 子犬用)という室内飼いの仔犬向けに開発されたドッグフードも販売しています。

 

モグワンのようにどんな犬種、どんなライフスタイルのわんちゃんでも食べられるドッグフードと比較した場合、

 

ライフスタイル ヘルス ニュートリション インドア ライフ ジュニアとモグワンではどちらがより仔犬の健康に良いドッグフードなのでしょうか。

 

ライフスタイル ヘルス ニュートリション インドア ライフ ジュニアとモグワンの栄養バランスなどを比較しながらおすすめのドッグフードはどちらか解説していきます。

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

 

犬種別おすすめドッグフード
小型犬
スムースコートチワワの健康維持におすすめなドッグフード ロングコートチワワの健康維持におすすめなドッグフード 柴犬の健康維持におすすめなドッグフード
トイプードルの健康維持におすすめなドッグフード タイニープードルの健康維持におすすめなドッグフード ティーカッププードルの健康維持におすすめなドッグフード
シーズーの健康維持におすすめなドッグフード マルチーズの健康維持におすすめなドッグフード ミニチュアシュナウザーの健康維持におすすめなドッグフード
ミニチュアダックスフンドの健康維持におすすめなドッグフード イタグレの健康維持におすすめなドッグフード キャバリアの健康維持におすすめなドッグフード
中型犬
ボーダーコリーの健康維持におすすめなドッグフード ウィペットの健康維持におすすめなドッグフード アメリカンコッカースパニエルの健康維持におすすめなドッグフード
シェットランドシープドッグの健康維持におすすめなドッグフード 日本スピッツの健康維持におすすめなドッグフード イングリッシュコッカースパニエルの健康維持におすすめなドッグフード
大型犬
ラブラドールレトリバーの健康維持におすすめなドッグフード ゴールデンレトリバーの健康維持におすすめなドッグフード バーニーズマウンテンドッグの健康維持におすすめなドッグフード
アラスカンマラミュートの健康維持におすすめなドッグフード グレートピレニーズの健康維持におすすめなドッグフード ダルメシアンの健康維持におすすめなドッグフード
ミックス犬
マルックスの健康維持におすすめなドッグフード ペキプーの健康維持におすすめなドッグフード チワシーの健康維持におすすめなドッグフード
ポメプーの健康維持におすすめなドッグフード ポメマルの健康維持におすすめなドッグフード ポメックスの健康維持におすすめなドッグフード

 

 

成長期の仔犬にはたくさんの栄養とカロリーhが必要

 

室内から出ない小型犬の仔犬というと、必要なカロリーは低いのではないかとも思えますよね。

 

実際には、小型犬といえど仔犬から成犬へどんどん成長していく時期なので、

 

似たような生活をしている成犬と比較するとずっと多くのカロリーとタンパク質、そして脂質が必要になります。

 

ライフスタイル ヘルス ニュートリション インドア ライフ ジュニアの栄養バランスを見てみると、タンパク質が25.0%、カロリーが

 

100グラムあたり398キロカロリーとなっており、 カロリーは他のドッグフードと比較すると比較的高めですが、タンパク質は仔犬向けのドッグフードとしては少ないように感じられますね。

 

モグワンをライフスタイル ヘルス ニュートリション インドア ライフ ジュニアと比較してみると、カロリーはライフスタイル ヘルス ニュートリション インドア ライフ ジュニアよりも少ないものの、タンパク質は28.00%で脂質が12%とバランス良配合されています。

 

体が大きくなり成犬に近づくにつれて筋肉量や体を覆う毛並みも豊かになっていくことを考えると、

 

モグワンのようにタンパク質が多く摂れるドッグフードの方が理想的でしょう。

 

仔犬の体の成長をサポートするという観点からは、モグワンの方がより良いドッグフードといえますね。

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

ロイヤルカナン ミニ インドア パピー (室内で生活する小型犬専用フード 子犬用)の特徴

健康を維持することで免疫力をサポート

成長期は犬の一生のなかで、極めて重要な期間です。日々新しい発見や出会いを積み重ねるとともに、身体が大きく成長していきます。子犬の免疫機能は、この重要な期間に少しずつ発達していきます。<ミニ インドア パピー>は、ビタミンEを含む独自の抗酸化成分を配合し、健康を維持することで、子犬本来の抵抗力を維持します。

健康的な消化と良質な便の状態を維持

<ミニ インドア パピー>は消化性の非常に高いタンパク質(L.I.P.*)と炭水化物に加え、適切量の食物繊維が健康的な消化を維持し、糞便の量と臭いを軽減します。 *L.I.P. : 消化率90%以上の超高消化性タンパク(ロイヤルカナン調べ)

美しく健康な被毛を維持

美しく健康な被毛を維持するために、オメガ3系不飽和脂肪酸(EPA・DHA)を含む栄養素をバランス良く配合しました。

歯の健康のために

よく噛ませることで歯石の形成を抑えます。

 

ロイヤルカナン ミニ インドア パピー (室内で生活する小型犬専用フード 子犬用)の原材料

消化率90%以上の超高消化性タンパク (ロイヤルカナン調べ)肉類(鶏、七面鳥)、米、動物性脂肪、とうもろこし、植物性分離タンパク*、とうもろこし粉、ビートパルプ、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、コーングルテン、魚油、大豆油、フラクトオリゴ糖、酵母および酵母エキス(マンナンオリゴ糖及びβ-グルカン源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、ユッカエキス、アミノ酸類(L-リジン、L-チロシン、DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ポリリン酸ナトリウム、β-カロテン、ミネラル類(Ca、P、Cl、K、Na、Mn、Fe、Zn、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、D3、コリン、E、C、パントテン酸カルシウム、B6、ナイアシン、葉酸、B1、B2、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)*超高消化性タンパク(消化率90%以上) ・粒の色、形、大きさ等のばらつきは天然由来の原材料を使用しているために起こるもので、品質に問題はありません。 ・輸送、保管時の気温の変動により、油脂成分が粒の表面に溶け出してくることもありますが品質に問題はありません。 

 

ロイヤルカナン ミニ インドア パピー (室内で生活する小型犬専用フード 子犬用)の成分保証値

保証分析値/たんぱく質 25.0 %以上
保証分析値/脂質 16.0 %以上
保証分析値/水分 11.7 %以下
食物繊維 7.1 %
ビタミン/A 26,500 IU
ビタミン/D3 1,200 IU
ビタミン/E 490 mg
カロリー含有量(代謝エネルギー) 392 kcal/100g

 

 

消化しやすいドッグフードで胃腸への負担を軽減!

 

当たり前のことではありますが、仔犬は体の大きさだけではなく内臓の機能なども成長途中の存在です。

 

その分、成犬と比較すると消化不良を起こしてお腹を壊しやすいんですね。

 

室内で暮らしている犬の消化器系に関するトラブルや胃腸の不調は、便の量や臭いに強く影響するため、飼い主にとってもできるだけ予防したい問題です。

 

消化不良による便の臭いを抑えるには、比較的消化しやすいドッグフードをメインで食べさせるようにするのがおすすめです。

 

仔犬といえど立派なわんちゃんですから、消化しやすいドッグフードも成犬と同様にお肉がたくさん使われているグルテンフリーのドッグフードです。

 

つまり、米などの穀物も使われているライフスタイル ヘルス ニュートリション インドア ライフ ジュニアよりも、モグワンの方が比較的仔犬のお腹に優しいのです。

 

ライフスタイル ヘルス ニュートリション インドア ライフ ジュニアも消化しやすいタンパク質を配合してはいますが、

 

植物性のタンパク質や消化しにくい米やとうもろこしが入っていることを加味すれば、やはり比較対象であるモグワンの方が理想的なドッグフードといえます。

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

 

抵抗力の弱い仔犬だからこそ安心・安全のドッグフードを選びたい!

 

ドッグフードを大まかに分類すると、モグワンのような保存料や酸化防止剤などの添加物が含まれていないナチュラルなフードと、

 

消費期限を長くしたり、合理的に栄養素を配合するため添加物も使用しているライフスタイル ヘルス ニュートリション インドア ライフ ジュニアのようなフードの2つに分けることができます。

 

添加物が使われていたとしても犬の体に悪影響が出るほどの量が入っていることはまずありませんが、

 

成犬となっても体の小さな小型犬、さらにその仔犬に食べさせることを考えると、少量の添加物でもできる限り口に入れさせたくはないですよね。

 

ライフスタイル ヘルス ニュートリション インドア ライフ ジュニアは室内で暮らしている小型犬の仔犬用のドッグフードとして作られていますが、

 

実はBHAやソルビン酸カリウムなど、発がん性もあることがわかっている添加物が複数含まれています。

 

犬の健康に影響がないとはいっても、添加物が使われていないモグワンと比較すればかわいい愛犬に食べさせることに抵抗を覚えるのは当然です。

 

体が小さい上免疫力・抵抗力も成犬と比較すると弱い仔犬は特に添加物の影響を受けやすいので、

 

ライフスタイル ヘルス ニュートリション インドア ライフ ジュニアのように添加物が加えられているドッグフードを食べさせる際には、

 

モグワンのようなナチュラルフードを食べさせるときと比較すると充分な注意が必要です。

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

 

仔犬に食べさせるには消化しやすく添加物も入っていないモグワンがオススメ

 

ライフスタイル ヘルス ニュートリション インドア ライフ ジュニアとモグワンの成分や原材料を比較してみると、

 

仔犬向けに作られているライフスタイル ヘルス ニュートリション インドア ライフ ジュニア以上にモグワンの方が室内で暮らす仔犬の健康に良い影響を食べさせるドッグフードであることがわかりますよね。

 

カロリーのみを比較すればモグワンよりも多いライフスタイル ヘルス ニュートリション インドア ライフ ジュニアですが、

 

消化のしやすさや安全面など、その他の点ではモグワンと比較すると安心できない部分もたくさんありますから、

 

「仔犬向け」という言葉に気を取られすぎずしっかり情報を見極めることが大切です。

 

モグワンは愛犬の健康によく、食いつきもいいのドッグフードです

 

今、モグワンが評価されているのは、愛犬の健康にいいだけでなく、その食いつきのよさです。

 

ワンちゃんの食いつきがよくなるよう、フードの形や硬さ、大きさがた食べやすく、噛み砕きやすい様に調整されています。そのため、ワンちゃんが食べたときに、かみごたえがあり、よくかんで食べることで腹もちがよくなるので、ワンちゃんが食べごたえを感じ、満足感を得ることができるので、食いつきがよくなります。

また、腹もちがよくなることで、すくないエサの量でも犬が満腹感を得ることができるので、ホネやジャーキーなどのおやつ、チャオちゅーるのような補助食品を食べさせる必要もなくなるのでおサイフにもやさしい作りになっています。

 

愛犬の年齢と体重に合わせた量のモグワンを食べさせるだけで健康維持できるので、まさに一石二鳥ですね。

 

今では、モグワン効果!?でパサパサ気味だったうちの犬の見た目にも艶が戻り、少し太り気味だった顔つきや首元、体つきなどもだいぶスッキリしたので、モグワンに切り替えて本当に良かったと感じています。

また、モグワンのパッケージにはジッパーがついているので、食べる分だけを小分けにする必要もないので、てまをかけずにフードの鮮度を保つことができるのも嬉しいポイントです。

当サイト管理人もメインフードをモグワンにしてから1年ほど経ちましすが、病気することもなく、今でもモグワンが大好きで毎日ガツガツ食べてくれているので、本当にうれしいかぎりです。

 

■ユーザーアンケートの結果90%が「食いつきが良い」と回答
■ユーザーアンケートの結果90%が「継続したい」と回答

 

90%のユーザーが「食いつきが良い」と回答し、継続したいとリピーターが増えている、愛犬家が選ぶNo.1ドッグフードとして名高い「モグワン」は、愛犬に「ずっと元気でいて欲しい」と願うすべての飼い主さんに、一度試してみていただきたいと思うプレミアムドッグフードですね。

 

 

 

モグワンドッグフードの給餌量

 

  • モグワンドッグフードの1日の給餌量
  • モグワンドッグフードへの切替方法や注意点

 

モグワンドッグフードの1日の給餌量

 

モグワンドッグフードの給餌量については

  • 子犬期の体重別
  • 成犬期の体重別

それぞれ決まっています。

 

※パッケージ横に表記されています

 

ライフステージ(年齢)別給餌量表

※表がずれている場合、横にスクロール可能です

給餌量
子犬期
(4ヶ月〜12ヶ月)
成犬期
(1歳〜6歳)
シニア期
(7歳〜)
体重 1日の給餌量 体重 1日の給餌量 体重 1日の給餌量
1〜1.5kg 41〜55g 1〜1.5kg 33〜45g 1〜1.5kg 24〜33g
1.5〜2kg 55〜68g 1.5〜2kg 45〜56g 1.5〜2kg 33〜42g
2〜2.5kg 68〜84g 2〜2.5kg 56〜68g 2〜2.5kg 47〜51g
2.5〜3kg 84〜93g 2.5〜3kg 68〜76g 2.5〜3kg 51〜57g
3〜3.5kg 93〜102g 3〜3.5kg 76〜83g 3〜3.5kg 57〜62g
3.5〜4kg 102〜110g 3.5〜4kg 83〜89g 3.5〜4kg 62〜66g
4〜4.5kg 110〜119g 4〜4.5kg 89〜96g 4〜4.5kg 66〜72g
4.5〜5kg 119〜128g 4.5〜5kg 96〜104g 4.5〜5kg 72〜78g 
5〜6kg 128〜145g 5〜6kg 104〜118g 5〜6kg 78〜88g 
6〜7kg 145〜163g 6〜7kg 118〜132g 6〜7kg  88〜99g 
7〜8kg 163〜180g  7〜8kg 132〜146g 7〜8kg 99〜109g 
8〜10kg 180〜215g  8〜10kg 146〜175g  8〜10kg 109〜131g 
10〜12kg 215〜250g  10〜12kg 175〜203g  10〜12kg 131〜152g
12〜14kg 250〜285g  12〜14kg 203〜230g 12〜14kg 152〜172g 
14〜17kg 285〜337g  14〜17kg 230〜273g  14〜17kg 172〜204g 
17〜20kg 337〜390g  17〜20kg 273〜316g  17〜20kg 204〜237g 
20〜23kg 390〜442g  20〜23kg 316〜358g  20〜23kg 237〜268g 
23〜27kg 442〜512g  23〜27kg 358〜414g  23〜27kg 268〜310g 
27〜30kg 512〜564g  27〜30kg 414〜457g  27〜30kg 310〜342g 

※大体の目安で、シニア期の給餌量については成犬期の7〜8割減が平均です。

 

毎日、現在の年齢と体重に合わせて決められた給餌量を与えるだけでいいので、毎日の食事量管理を楽にすることができます。また、給餌量を守ることで愛犬の健康維持も食事からサポートすることができるのでおすすめです。

 

 ➤ モグワン公式サイト

 

モグワンドッグフードへの切替方法

 

フードの切り替えは失敗してしまう場面も多く、フードによって給餌量も違ってくるので飼い主側の負担が意外に大きいですよね。

また、いきなり新しいフードに切り替えてしまうと、

  • そっぽを向いて食べてくれない
  • 吐き出してしまう

などがトラブルになる場合が多いです。

その為、5つのパターンに合わせてモグワンドッグフードへの切り替える為の対策をとる必要があります。パターンと対策方法については以下の通りになります。

 

  • 現在与えているフード以外食べない場合
  • ウェットフードから切り替える場合
  • 臭いに敏感な場合
  • 偏食気味な場合
  • 新しフードを警戒しやすい場合

 

現在与えているフード以外食べない場合

 

今食べているフードに慣れきってしまうと他のフードを受け付けない場合があります。その為、現在与えているフードに少しづつモグワンドッグフードを混ぜて与えるようにしましょう。

いきなりまったく新しいフードに切り替えた場合、仮に食べてくれたとしても胃がびっくりして吐き出してしまう場合がある為、注意が必要です。

また、少しづつ与える事で新しいフードの香りや食感にも慣れさせる事ができスムーズに切り替える事が可能です。

 

 

ウェットフードから切り替える場合

 

普段ウェットフードを与えていると、ドライフードのモグワンに切り替えた際に食感が急激に変わるため、反応がいまいちな場合があるので、徐々にドライフードに慣れさせる必要があります。

ドライフードの場合は、ぬるめのお湯を足す事でふやかし食感を変化させる事ができます。

同様に、水分量でふやかし具合を調整しながら徐々にモグワンドッグフードへ切り替えていきましょう。

 

臭いに敏感な場合

 

手のひらに一粒のせて食べさせた時に食べない等、臭いに敏感で食べてくれない場合は、フードの切り替えが大変だと思います。香りに慣れさせたい場合は、細かく粉状になるまで細かく砕いて、現在与えているフードにふりかけてみてください。

細かく砕くことで香りが緩和される為、臭いに敏感でも切り替えやすくなります。

 

偏食気味な場合

 

わがままでおやつなどの好きなものしか食べない場合は、一旦与える事をやめてみましょう。例えば30分置いて食べない場合は片付けてしまい何も与えない様にする事が必要。

「食べなければ食事ができない」と意識させる事が重要になります。根気よく続けて理解できれば食べてくれるようになる確率が高いです。

 

新しいフードを警戒しやすい場合

 

フードを切り替える際に警戒してしまうのは、室内犬・多頭飼いの犬に特に多く見られる傾向です。この場合は、香りに敏感な場合同様、フードを細かく粉状になるまで細かく砕いて今与えているフードにふりかけ混ぜてから与えるようにすると、切り替えやすくなります。

合わせて食感が苦手そうな場合は、お湯を足してふやかして与えると食べてくれやすくなります。

 

モグワンドッグフードのコストパフォーマンスの良さ

 

モグワンドッグフードを与える事で丈夫で健康体になるので、病気や怪我のリスクから遠ざける事ができます。

 

現在の年間平均費用は

 

  2016年 前年比
治療費 57,192円 98.8
保険料 43,799円 103.0

”引用元 :毎年恒例! ペットにかける年間支出調査(2016年)”
"https://www.anicom-sompo.co.jp/news/2016/news_0170322.html"

 

と高額になっていますが、健康で丈夫な体になる事で、相対的に治療費やペット保険の費用を結果的に抑える事ができ、1日あたりの食費も132円〜とコストパフォーマンスも良いフードです。

低品質で安価なドッグフードは、一袋2,000円〜と、モグワンドッグフードより安いですが、定期購入やまとめ買いする事で最大20%割引購入する事が可能ですし、

 

 

毎日の食事で健康を手に入れる事ができるので、決して高くない価格帯です。

 

 

 

-ロイヤルカナン

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.