プロマネージ

プロマネージ  7歳からのチワワ専用の気になる評価と口コミまとめ

 

プロマネージ  7歳からのチワワ専用の安全性とは

プロマネージ  7歳からのチワワ専用は、7歳以上のチワワが抱えることの多い健康上のリスクに配慮して作られたドッグフードです。

犬種別のフードというだけではなく、加齢による健康状態や体の変化まで計算して栄養バランスが考えられており、一見安全性の高いドッグフードのようにも思えます。

 

しかし、健康上のリスクについて考えられているからといって必ずしも安心して愛犬の食事にできるドッグフードというわけではありません。

 

気になる原材料はないか、栄養価はきちんと理想をクリアしているかなど、色々な面からプロマネージ  7歳からのチワワ専用を評価してみましょう。

 

チワワにおすすめなドッグフードの人気ランキングBEST3はこちら

 

プロマネージ  7歳からのチワワ専用の特徴

プロマネージ  7歳からのチワワ専用の特徴は、チワワの性格に由来する普段の行動に加え、健康にも配慮して作られているドッグフードであるというところにあります。

チワワという犬種が気をつけなければいけないことだけではなく、年齢を重ねたシニア犬ならどんな子も直面する問題についても考えられており、シニア期に差し掛かった愛犬の健康を考えるペットオーナーなら誰しも気になるドッグフードといえます。

 

例えば、チワワはとても活動的で勇敢であり、体を動かして遊ぶことが好きな子が多いです。

 

しかしとても小さな犬種であるため骨格が華奢で怪我のリスクが高いため、プロマネージ  7歳からのチワワ専用には骨を丈夫にするカルシウムやリンが多く含まれています。

 

またどれだけ元気にはしゃいでいた子もシニア期に入ると運動量が徐々に落ちていきますが、それにともない弱まりやすい消化機能についても補うため、ラクトフェリンなど胃腸の健康維持に効果的な成分も配合されています。

 

その他トラブルの起きやすい関節に良いグルコサミンやコンドロイチン、加齢によりだんだん衰えていく心臓機能を支えるタウリンなど、シニア期のチワワには嬉しい栄養素がたっぷりです。

 

プロマネージ  7歳からのチワワ専用は、チワワという犬種、そして長年生きてきたシニア犬に降りかかる怪我や病気のリスクの多くに対応できるドッグフードといえます。

 

チワワにおすすめなドッグフードの人気ランキングBEST3はこちら

 

プロマネージ  7歳からのチワワ専用の原材料は安心か?

プロマネージ  7歳からのチワワ専用の原材料を見てみると、主原材料は米になっています。次いで、チキン、さとうもろこし、とうもろこしと続きます。米は小麦などと比べれば犬のアレルゲンになることはかなり少なく、穀類としては安全な部類に入ります。

 

とはいえ肉食動物である犬にとってはあまり必要のないものであることは代わりありません。せめて主原材料がお肉など動物性タンパク質をたっぷり含むものならよかったのですが、主原材料は米です。

 

シニア犬にはタンパク質もたくさん必要なので、主原材料が肉ではなく米というのは少し不安ですね。

 

とうもろこしは米よりもずっとアレルギーを起こしやすいので、主原材料ではなくとも注意しておきましょう。
「家禽類」のように具体的に何が使われているのかわからないものもあります。

 

ペット向けの基準はクリアしているとしても、どんな品質の肉かわからない以上愛犬にすすんで食べさせたくはないですね。
酸化防止剤として、BHAとBHTが使用されているのも不安が残ります。

 

ごく少量で体に影響はないとはいえ、発がん性のある物質をそのまま愛犬に食べさせるわけにはいきません。安全性という意味では、プロマネージ  7歳からのチワワ専用はあまり高い評価はできないといえます。

 

チワワにおすすめなドッグフードの人気ランキングBEST3はこちら

 

プロマネージ  7歳からのチワワ専用の口コミまとめ

プロマネージ  7歳からのチワワ専用に対するポジティブな口コミには、「安くてよく食べる」「涙やけも消え便通がよくなった」など、食いつきの良さに驚く声も多く聞かれます。

 

一方のネガティブな口コミは、やはり先程も触れたような発がん性のある添加物が気になる、匂いが気になる、原材料が不透明で不安……

といった色々な意見がみられます。

 

嗜好性の高いフードのはずですが匂いがとても強く、犬によってはあまり食べてくれないこともあります。犬の好みだけは自裁に食べさせてみないとはっきりわかりませんから、気になったらまずは購入してみることからはじめましょう。

 

チワワにおすすめなドッグフードの人気ランキングBEST3はこちら

 

プロマネージ  7歳からのチワワ専用は安心して愛犬に食べさせられるドッグフードか

プロマネージ  7歳からのチワワ専用は、シニア期のチワワに向けて作られた専門性の高いドッグフードです。
栄養バランスや配合している成分などは素晴らしいのですが、一方で穀物がたくさん使われていたり、原材料がなんなのか具体的によくわからないというネックも持っています。

 

プロマネージ  7歳からのチワワ専用は、アレルギーを持つ子にはあまりおすすめできませんが、その他のメリットもかなり大きく、チワワ特有の怪我や病気、加齢による体の衰えが気になる子にとっては魅力的なドッグフードといえます。

 

残念ながら添加物が使われていたり動物の肉よりも穀類の方が多かったりはしますが、チワワの食いつきが良いのもいいポイントです。シニア期に入るともとよりもさらに食が細くなっていくので、とにかくしっかり食べてほしくて嗜好性の高いフードを探しているという方にはおすすめです。

 

 >>評判のいい犬の餌におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

安全で犬の健康に良いドッグフードの選び方

 

品質の悪いドッグフードや、安全性の低いドッグフードを愛犬が食べ続けると、

食いつきが悪くなる

フードを吐き出す

食物アレルギーになる

消化不良を起こす

胃腸が弱くなる

原因になるため、ドッグフードは慎重に選ぶ必要があります。

しかし、数多くあるドッグフードの中からどれを選ぶのが正解なのか、失敗しないのかわかりづらいと思いますので、当サイト管理人が、かかりつけの獣医に教えてもらったアドバイスを元にしたドッグフード選びのポイントについてご紹介したいと思います。

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント

 

下記の内容は、以前、当サイト管理人がかかりつけの獣医さんにアドバイス頂いた内容を元にした、安心安全で犬の健康に良いドッグフード選びで大切なポイントになります。

 

 

>>ドッグフード選びで大切な6つのポイントを基準にしたドッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント① 栄養バランスが良い

 

 

たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの栄養バランスがいいドッグフードをたべることで愛犬の健康を維持することができます。

 

栄養バランスに偏りがあると

  • 毛並みが悪くなる
  • 被毛の艶がなくなる
  • 痩せてしまう

の原因になり、そのまま食べ続けると

  • 毛艶が悪くなる
  • 怪我しやすくなる
  • 痩せてしまう
  • 食欲が減る

原因になる恐れがあるため、ドッグフードを選ぶ際に原材料の栄養バランスに注意する必要があります。

 

AAFCOのドッグフード養分基準
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpan/12/2/12_81/_pdf/-char/ja

 

そのため、

  • たんぱく質50%〜
  • ビタミン40%〜
  • ミネラル10%〜

の栄養バランスでブレンドされているドッグフードを選ぶのが1つ目のポイントになります。

 

>>栄養バランスが良いドッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント② 安全性

 

 

愛犬の健康を維持するためには、安全性が高いドッグフードを選ぶのも重要です。

 

発がん性物質の人工添加物や4Dミートとよばれる肉副産物が原材料含まれるドッグフードを選んしまうと、愛犬の大切な命を危険晒にさらす原因になる可能性があるため注意が必要です。

 

  • 環境庁が定めるペットフードに含まれる成分規格の基準
分類 物質等 定める量(μg/g)
添加物 エトキシキン・BHA・BHT 150(合計量)
犬用にあたっては、エトキシキン75以下
亜硝酸ナトリウム(注) 100
農薬 グリホサート 15
クロルピリホスメチル 10
ピリミホスメチル 2
マラチオン 10
メタミドホス 0.2
汚染物質※ アフラトキシンB1 0.02
デオキシニバレノール 2(犬用)
1(猫用)
カドミウム 1
3
砒素 15
BHC
(α-BHC、β-BHC、γ-BHC及びδ-BHC、の総和をいう。)
0.01
DDT
(DDD及びDDEを含む。)
0.1
アルドリン及びディルドリン
(総和をいう。)
0.01
エンドリン 0.01
ヘプタクロル及びヘプタクロルエポキシド
(総和をいう。)
0.01
その他 メラミン(注) 2.5

出典 環境庁ホームページ https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/petfood/standard.html

 

上記のように、ドッグフードの成分に含まれる添加物に関して成分規格の基準が環境庁により定められていますが、ペットフードが酸化しフードが傷むのを防ぐために利用され酸化防止剤のエトキシキンやBHA/BHTは発がん性物質で、

 

ガンを発症する

血管や内臓からの出血やうっ血を起こす

 

などの原因になります。また、肉副産物と呼ばれる

 

動物の死肉 DEAD

病死した動物の肉 DISEASED

死にかけの動物の肉 DYING

障害のあった動物の肉 DISABLED

 

4Dミート(4つの頭文字をとった総称)を含んだドッグフードを与え続けると、

  • 毛並みや毛艶の悪化
  • 抜け毛が増える
  • フードを食べない・吐き出す
  • 目やに・涙やけができる

などの原因になるため、

人工添加物 エトキシキン
BHA
BHT
赤色3号
赤色40号
赤色102号
赤色105号
青色2号
ソルビトール
キシリトール
グリシリジン・アンモニエート
ビートパルプ
コーンシロップ
亜硝酸ナトリウム
プロピレングリコール
ソルビン酸カリウム
4Dミート

◯◯ミール
◯◯パウダー
◯◯エキス
○○粉
○○類
動物性油脂

ドッグフードのパッケージ裏の原材料表に上記添加物の名称が記載されていない、自然な素材で製造されたドッグフードを選ぶ事が2つ目のポイントになります。

 

>>安全性が高い無添加ドッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント③ 動物性たんぱくの量

愛犬の丈夫な体作りをサポートできる、動物性たんぱく質がメインのドッグフードを選ぶのも重要なポイントです。

 

動物性たんぱく質は

健康的で丈夫な犬の体作り

艶のある綺麗な毛並み

 

の維持に必要な栄養素で、犬が消化しづらい穀物のような植物性たんぱく質と違い、動物性たんぱく質は犬が消化しやすい食材です。

 

とくに、動物性たんぱく源としておすすめなのが、鶏肉、ラム肉、魚肉です。鶏肉やラム肉、魚肉は牛肉や豚肉よりも高たんぱくでヘルシーな食材で良質な脂質を含み、犬の健康維持に必要なビタミンや脂肪酸を効率よく摂取することができるメリットもあります。

 

出典 環境省ホームページ https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_guide_1808/pdf/3.pdf

 

それだけでなく、犬は野性味あふれる肉類の香りが濃厚な食べ物を好む傾向があり食いつきも良いので、肉類がメイン原材料のドッグフードを選ぶのがドッグフード選びの3つ目のポイントになります。

 

>>動物性たんぱく源が豊富なドッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント④ 穀物の有無

 

原材料に穀物が含まれないグレインフリーのドッグフードを選ぶことも大切なポイントです。

 

亜における穀物起源伝承に関する一研究. 犬と穀物
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AN00100104-19671100-0025

 

犬は、穀物を消化するのが苦手な生き物です。

※犬の唾液に、アミラーゼと呼ばれる穀物に含まれるデンプンを分解する消化酵素が含まれない為

 

にもかかわらず、市販の安いドッグフードには犬が消化しにくい穀物を利用することで腹持ちを良くするため、大量に穀物を含むドッグフードが多く存在しています。

それだけでなく、良質フードとしておすすめされているプレミアムドッグフードの中にも、玄米や大麦、オートミールなどの穀物が原材料に含まれるドッグフードが販売されているので注意が必要です。

 

穀物を食べ続け消化不良を起こしつづけると

  • 胃捻転を発症する
  • 食物アレルギーになる
  • 胃腸が弱くなる
  • フードを吐出す・食いつきが悪くなる

原因になります。

 

特に胃捻転を発症すると、他の臓器を圧迫し最悪死に至るケースもあるので特に注意が必要です。

※胃捻転 = 消化不良により胃の中にガスが溜まり、胃がひねりまわってしまう病気

 

そのため、原材料を細かく確認し、玄米や大麦、オートミールや米、とうもろこしなどの穀物を含まないグレインフリーのドッグフードを基準に選ぶのが4つ目のポイントになります。

 

>>グレインフリードッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント⑤ 低炭水化物

 

低炭水化物のヘルシーなドッグフードを選ぶのもおすすめポイントです。

 

炭水化物の種類
分類 種類 特徴
単糖類 グルコース(ブドウ糖) 麺類/米/パンなどに多く含まれる
フラクトース(果糖) 果物などに含まれる
ガラクトース 牛乳などに含まれる
二糖類 スクロース(ショ糖) 砂糖の主成分
マルトース(麦芽糖) 水飴などに含まれる
ラクトース(乳糖) 乳製品に多く含まれる
少糖類 オリゴ糖 ごぼうや玉ねぎなどの野菜、蜂蜜などに含まれる
多糖類 グリコーゲン 肝臓や筋肉に蓄えられている成分
デンプン じゃがいもや米、パスタなどの穀物類に含まれる
食物繊維 さつまいもやかぼちゃなどに含まれる

 

炭水化物は3大栄養素のひとつで犬の健康維持に必要な栄養素ではありますが糖質の摂取量が多くなるのでタンパク質やビタミンとの栄養バランスの調整が必要です。

 

AAFCOの養分基準
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpan1998/10/1/10_21/_article/-char/ja

 

炭水化物の量が多いドッグフードを食べさせ続けると、

  • 気がついた時にはすでに体重が増えていた
  • そんなに食べさせてないのに太ってしまった

などの問題が起きやすくなります。

 

しかし、低炭水化物のドッグフードを選ぶことで、糖質量が少なく脂肪になりにくく体重管理が楽になるメリットを得ることができるようになります。

また、犬のエネルギー源には穀物ではなく、サツマイモがおすすめです。

 

 

ドッグフードの原材料にサツマイモが含まれていると、エネルギーの消費が緩やかになり腹持ちがよくなるメリットがあるので、原材料にさつまいもが含まれ、粗脂質が10〜15%以内で調整されているドッグフードを基準に選ぶのが5つ目のポイントになります。

 

>>低炭水化物ドッグフードのおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

ドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイント⑥ ドライフード

 

ドライタイプのドッグフード(ドライフード)を選ぶのも飼い犬の健康管理に必要なポイントです。

 

ウェットフードの場合、味が濃いので食いつきが良い場合も多い反面、歯間や歯茎に食べかすが残りやすく歯周病になりやすいので食後のケア(歯磨きなど)が大変で、長期保存するために油分が多くカロリーが高いため、給餌量を適切に守らないと犬の体重が増えやすいので注意が必要です。

 

しかし、ドライフードの場合は食べかすが歯の間に詰まることも少なくなるので

 

食後のケアが楽になる

歯周病が予防できる

 

メリットがあります。

また、カリカリのドライフードをよく噛んで食べる事で、満腹感を得られやすく

ダイエットなど、体重管理が楽になる

というメリットもあります。

 

出典:環境省ホームページ  https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_guide_1808/pdf/6.pdf

 

そのため、ドライフードを基準に選ぶのが、ドッグフード選びの6つ目のポイントになります。

 

>>ドライフードのドッグフードおすすめランキングBEST3はこちら

 

上に戻る

 

 

以上がドッグフードを選ぶときに大切な6つのポイントになります。

 

気軽に安い価格で購入できるドッグフードだけでなく一部のプレミアムフードにも安全性に配慮がなく、人工添加物を含む、栄養バランスに偏りがあるなど、注意が必要なドッグフードが多く販売されているので注意が必要です。

 

>>市販ドッグフードやプレミアムドッグフードの比較表

 

評判のいいドッグフードのおすすめランキングBEST3

モグワン

総合評価:S

モグワンの評判

 

モグワンの評判や口コミ

 

モグワンは栄養バランスがよく、穀物不使用のグレインフリーで愛犬が消化しやすい胃腸に優しいだけでなく、低炭水化物で肥満の元になる糖分の摂取量を抑えう事ができる健康フードです。

それだけでなく、モグワンはフードの形とサイズが噛み砕きやすいドライフードで、チキンとサーモンの香りが犬の食欲を誘うので食いつきもよく、愛犬が食べ飽きることなく食べ続けることができるよう工夫されています。

また、ライフステージ(年齢)でフードを切り替える必要もなく、腹持ちもよくジャーキーなどのおやつを与える必要もないため、コストパフォーマンスがよくお財布にも優しいので愛犬だけでなく飼い主にも優しいドッグフードです。

 

※期間限定で初回購入50%オフキャンペーン中

 
食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
主原料 内容量 フードタイプ
チキン
サーモン
1.8kg ドライフード

モグワンが今、選ばれる理由

 

 カナガン

総合評価:A+

カナガンの評価

 

カナガンの評判や口コミ

 

カナガンも品質の高さと安全性を持つ外国産のプレミアムドッグフードすが、モグワンよりも高たんぱくフードで、カロリーが高めに設定されています。

そのため、運動が大好きでカロリー消費が多い場合や、痩せ気味な時に、高たんぱくで飼い犬の体重を増やしたい場合におすすめなドッグフードです。

 

食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 2kg ドライフード

カナガンとモグワンの比較

 

ネルソンズ

総合評価:A

ネルソンズの評価ポイント

 

ネルソンズの評判や評価は?

 

ネルソンズもグレインフリー/ヒューマングレードなので安全性も高いですが、動物性たんぱく質量が若干少なくカロリーがやや高めのバランスで調整されている大型犬向けのドッグフード。

ライフステージが限定され7ヶ月〜7歳までしか与えることができませんが、パッケージが5kg〜と大容量で、小型〜中型犬でもよく食べる場合や、大型犬の飼い主さんに評価が高いプレミアムドッグフードです。

 

食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
グレインフリー
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 5kg ドライタイプ

ネルソンズとモグワンの比較

 

モグワンがカナガンやネルソンズよりもおすすめできる理由

 

カナガンもネルソンズも、品質や安全性が高いドッグフードですが、

カナガンの特徴
  • 個体によって食いつきにばらつきがある
  • 少しカロリーが高め
  • 独特な香りある
ネルソンズの特徴
  • 動物性たんぱく源が足りない
  • 高カロリー
  • シニア期に切り替えが必要

などがありますが、

その、カナガンやネルソンズのデメリットをすべて補い

  • 食いつきの良さ
  • 栄養バランスの良さ
  • ヘルシーさ

を実現したのがモグワンです。

 

品質や安全性が高いだけでなく、腹持ちがよく給餌量の調整がしやすくダイエットにも最適で、愛犬の胃腸にもやさしい消化のいいドッグフードなので、ドッグフード選びで悩んでいる飼い主さんには一度試していただきたいドッグフードですね。

 

※期間限定で初回購入50%オフキャンペーン中

 

モグワンは健康に良いだけでなく、食いつきの良さ◎のドッグフードです

 

モグワンは市販のドッグフードや他のプレミアムドッグフードでは実現できていない食いつきのいい嗜好性の高さと、安全性や品質の高さが人気で、今、多くの愛犬家に選ばれています。

 

当サイト管理人もモグワンを購入するようになり1年ほど経ちますが、今でもうちのこの食いつきが良く、フードボウルに出した瞬間、美味しそうにガツガツ毎日食べてくれています。

お腹が空いてる時におかわりを要求される時もありますが、モグワンは低炭水化物フードなので少し給餌量が増やしたとしても太りすぎてしまうこともなく、しっかり噛み砕いて食べてくれ腹持ちもいいので、おやつを与える必要もなく、必要な分を必要な量だけ毎日与えるだけで健康管理も問題ないです。

 

今では、モグワン効果!?でパサパサ気味だったうちの子の被毛にも毛艶が戻り、モグワンを食べる前は少し太り気味だった顔つきや体つきもだいぶスッキリしたので、モグワンに切り替えて本当に良かったと実感してます。

 

また、モグワンのパッケージにはジッパーがついているので、開封後でも鮮度を保ちやすく、食べる分だけ小分けにする必要もないところも飼い主に優しいパッケージの作りで、公式サイトとAmazonでのネット通販のみの販売となりスーパーやドラッグストアやペットショップなど気軽に購入できない部分もありますが、公式サイトでの購入であれば20%割引もあるので経済的にもコストパフォーマンスが良くおすすめできます。

 

リピーターも多く愛犬が選ぶNo.1ドッグフードとして名高い「モグワン」は愛犬に「ずっと元気でいて欲しい」と願うすべての飼い主さんに一度していただきたいプレミアムドッグフードですね。

 

※期間限定で初回購入50%オフキャンペーン中

 

 

-プロマネージ
-

Copyright© , 2019 AllRights Reserved.