カナガンドッグフードとモグワンドッグフードの比較【健康的で使いやすいドッグフードは?】

 

 

カナガンドッグフードとモグワンの比較

 

イギリス発の高級ドッグフード、カナガンドッグフードとモグワンを取り上げ、比較しながら特長をご紹介します。

 

カナガンドッグフード、モグワンともに犬本来の食生活に近い、タンパク質多めでバランスのとれた配合と、人工添加物の不使用である無添加ドッグフードである点がセールスポイント。

サイズは約一センチと小粒で、小型犬にも食べやすい大きさ。 しかも食いつきが大変よいと評判です。

 

愛犬にとって日々の食事であるドッグフードは、体調に直接影響を与えますから、できるだけ健康によいドッグフードをあげたいもの。

カナガンドッグフードとモグワンについて、原材料の比較や使い勝手の比較を通して、よりよいドッグフードとはどういうものかを探ってみましょう。

 

 

タンパク質の原材料に違いあり!

 

カナガンドッグフードとモグワンは、どちらも犬の健康にとても配慮されたドッグフードです。

その理由として、無添加で人工添加物は一切使われておらず、犬にとって消化しづらい穀物も配合されていないグレインフリーであることが挙げられます。

 

では、その他の原料についてはどうでしょうか。 犬の食生活は、もともと肉が中心でした。

ですから、ドッグフードで最も重要な原料は、タンパク質のもととなる肉類です。

 

  カナガン モグワン
原材料 チキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、
エンドウ豆タンパク、アルファルファ、チキンオイル3.1%、乾燥卵3.1%、
チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、グルコサミン、
メチルスルフォニルメタン(MSM)、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、
オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン硫酸、カモミール、
セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニス、コロハ
ミネラル類(鉄、亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、D3、E)

チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、
乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、
エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、
ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、
カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、
アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタ(MSM)、
コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、
ビタミン類(A、D3、E)、乳酸菌

成分 タンパク質29%以上
脂質15%以上
粗繊維5.25%以下
灰分11.25%以下
水分9%以下
オメガ6脂肪酸2.8%
オメガ3脂肪酸0.9%
カルシウム1.86%
リン1.42%
エネルギー(100gあたり)376kcal
タンパク質27%以上
脂質10%以上
粗繊維4.75%以下
灰分9%以下
水分9%以下
NFE39%
オメガ3脂肪酸1.18%
オメガ6脂肪酸1.63%
リン1.06%
カルシウム1.40%
エネルギー(100gあたり) 363kcal

 

カナガンドッグフードとモグワンで使用されているタンパク源の原料について、比較してみましょう。

 

まず、モグワンでは、イギリスで育てられた平飼いチキンとスコットランド産サーモンが使用されています。

チキン、サーモンともに質の良いタンパク源ですし、サーモンには抗酸化作用のあるアスタキサンチンや健康を維持するDHAなどが含まれています。

 

ただし、サーモンを使うことで、カロリーは比較的抑えめになります。

次に、カナガンドッグフードの原料を比較してみますと、イギリス産の平飼いチキンを原材料に使っている点はモグワンと同じですが、タンパク質は100%チキン由来のものになります。

チキンには、質の良いタンパク質が豊富に含まれているほか、ビタミン、リン、免疫力を維持するのに役立つセレンも多く含まれています。

 

鶏脂は口当たりがよいだけでなく、必須脂肪酸が入っているので、美しい毛並みや皮膚の健康維持に役立ちます。

 

カナガンドッグフードにはモグワンよりも犬に必要な栄養とカロリーがギュッと凝縮されています。

 

犬の体を丈夫にし、毛並みや毛艶の悪さを改善できる

 

カナガンドッグフードの販売サイトはこちら

 

グルコサミンを取るか、ココナッツオイルを取るか

 

カナガンドッグフードも、モグワンも、良質なタンパク質の他にさまざまな栄養成分が配合されているので、これらも比較してみましょう。

まず、モグワンでは、リンゴ、カボチャ、海藻類のほかにスーパーフードとして知られているココナッツオイルが含まれています。

 

ココナッツオイルの脂肪分は吸収分解が早いので、素早くエネルギーに変わりますし、ラウリン酸によるリフレッシュ効果も期待できます。

いっぽう、カナガンドッグフードでは、穀物原料の代わりになる炭水化物としてサツマイモが配合されているのがポイントです。

 

サツマイモは時間をかけて消化吸収されるため、エネルギー消費がゆっくりで体に負担をかけません。

空腹を感じるまでに時間がかかるので、よく動く愛犬、または太りすぎに気をつけたい愛犬にも向いているでしょう。

 

さらにモグワンとの比較で目立つのは、カナガンドッグフードには健康に良いハーブ類が加えられていることです。

 

特にクランベリーは尿路結石対策になります。

 

もうひとつ、カナガンドッグフードの大きな特長としては、グルコサミンやコンドロイチンといった、関節を保護するのに役立つ成分が多く含まれています。

犬も人と同じで年をとるにつれて関節に不調が出てきますから、このような成分が含まれているカナガンドッグフードは他製品と比較した場合、心強いのではないでしょうか。

 

理想的な栄養バランスで栄養の偏りを解消できる

 

カナガンドッグフードの販売サイトはこちら

 

使い勝手で勝負するなら、どちらに軍配?

 

栄養面の比較の次は、使い勝手の良さを比較してみましょう。人工添加物不使用のドッグフードの注意点として、保存管理があります。

カナガンドッグフードとモグワンのどちらも、イギリスのペットフード専門工場で厳しい品質管理のもとに製造されており、原料のトレーサビリティ(流通経路)も完璧です。

 

とはいえ、手元に届いたフードは、飼い主がきちんと気をつかって適切に管理する必要があります。

無添加ドッグフードは空気に触れると酸化しやすいので、しっかり密封して冷暗所に保管します。

冷蔵庫にしまっておくと、取り出したときに湿気がついてしまうので、あまり良い保管方法ではありません。

ジップロックなどの密閉用の道具を利用するなど工夫が必要です。

 

また、気になるお値段については、わずかですが、カナガンドッグフードの方がモグワンより若干安いです。

どちらも通販のみの取り扱いになり、カナガンドッグフードは1袋(2キロ)あたり3960円、モグワンは1袋(1.8キロ)あたり3960円です。

 

100グラムあたりの値段で比較すると、カナガンドッグフードの方が22円お得です。

もし、愛犬が活発で食欲も旺盛なら、お値打ちなカナガンドッグフードを試してみてはいかがでしょうか

 

プレミアムドッグフード売上No.1!今売れている

 

カナガンドッグフードの販売サイトはこちら

 

最後に比較の結果をまとめてみました

 

1.カナガンドッグフードはタンパク質の原料としてチキンのみを使用し、モグワンはチキンとサーモンの併用です。

 

比較してみると、カナガンドッグフードの方が動物性たんぱく質量が豊富であることがわかります。

 

2.カナガンドッグフードは関節を守るグルコサミンとコンドロイチンほか、有用なハーブ類が含まれています。 いっぽう、モグワンはスーパーフードとして知られるココナッツオイルが配合されています。

 

3.使い勝手の良さとコストパフォーマンスの比較では、カナガンドッグフードの方が多少有利です。

 

もちろん、カナガンドッグフードとモグワンは、どちらも品質の確かなドッグフードです。

 

 

ですが、

 

  • 丈夫な身体に育てる
  • 綺麗な毛並みを維持する
  • 足腰を丈夫に保つ

 

事ができるカナガンドッグフードがモグワンよりもおすすめする事ができます。

 

今、カナガンが売れている理由と人気の秘密

11

 

  • 理想的な栄養バランス
  • グレインフリー
  • 無添加

 

の、カナガンなら健康的で丈夫な体になり長生きできます。

  

 カナガンを食べさせるメリット

 

  • 健康的で丈夫な体にできる
  • 綺麗で艶のある毛並みにできる
  • 足腰を強化できる
  • 胃腸の弱さを解消
  • 涙やけを解消
  • 食いつきの悪さを解消

 

だからこそ、カナガンが今、選ばれています

 

カナガンの購入はこちら

 

 

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.