肉副産物が含まれているドッグフードは犬に与えてはダメな理由

 

肉副産物を含むドッグフードはNG

 

犬の健康を気にしている人たちは、必ず肉副産物が含まれているドッグフードは避けるようにしています。

 

肉副産物を含んだドッグフードは危険だとされていて、いまでは犬以外を飼育している人たちの間でも、肉副産物の危険が知れ渡り、日本中に衝撃を与えました。

 

そんな肉副産物とははたしてどんなものなのでしょうか。 なぜ含まれているドッグフードは避けるべきなのかご紹介します。

 

肉副産物ってどんなもの?

 

肉副産物は肉とつくので勘違いされやすいのですが、肉を加工したときに出た肉以外の部分のことです。

 

正確に言うと、肺、脾臓、腎臓、脳みそ、胃、腸、血液などがこれに当たります。

 

人間が食べられる部分の残りということですね。

 

人間は食べませんが、犬ならそれらの部位でも食べるので、そちらに回しドッグフードに加工しましょうというわけです。

 

たしかに肉副産物とされている部位も、野生で狩りをしていた野犬などは食べています。 犬はわざわざ人間のようにおいしい部分だけ切り取って食べるなんてことはしませんからね。

 

こう聞くと肉副産物はそれほど悪いものではないような気がします。 なぜ飼い主たちから避けられているのでしょうか。

 

肉副産物が危険なわけ

 

一見危険のなさそうな肉副産物が、ここまで嫌われているのには、日本のペットを取り巻く事情に関係しています。

 

日本はこんなにペットを飼育している人たちが増えたのに、ペットに関する法整備がまだまだ未発達なのです。

 

だから、ドッグフード業界では悪徳業者がやりたい放題しても、それを裁く法律はありません。

 

本来、上で紹介した部位だけが肉副産物に入れてよいものなのですが、中には羽やクチバシや糞尿まで混入して製造しているところがあります。

 

それだけでなく、中には4Dミートと呼ばれるとても食肉に適さないような肉まで肉副産物に混ぜ込んでいるところがあります。

 

4Dミートとは「死んでいる動物の肉(Dead)」「死にかけている動物の肉(Dying)」「病気の動物の肉(Diseased)」「障害のある動物の肉(Disabled)」のことです。 それぞれの頭文字を取って4Dミートと呼ばれています。

 

読んだだけでわかるでしょうが、このような肉が食肉に適しているはずもありません。

 

食べてしまったら、どんな悪影響が出るかわからない危険な肉です。

 

しかし、実際に市町村の行政が路上で死んだ動物の肉の処理を肉骨粉加工業者に委託していたとして問題になったという事例もあります。

 

肉骨粉とは食肉に適さない部位を砕いて粉にしたもので、これも飼料やドッグフードへ使用されています。 このように、日本国内のドッグフード事情はまだまだ闇に閉ざされているのです。

 

肉副産物を避ける方法

 

このように、国内で生産されている肉副産物は何が入っているかわからないので、使用されているドッグフードは犬に与えないべきです。

 

肉副産物は国内で有名なドッグフードにも使用されているので、知名度で安心はせず、必ず原材料表示を見て確認してください。

 

ただし、肉副産物は名前を変えて表示されていることがあります。

 

「肉の名前+ミール」と表記されているものはすべて肉副産物です。

 

チキンミール、ミートミール、ポートミールなんて聞くと、おいしそうだななんて思ってしまうかもしれませんが、これは名前をかえた肉副産物です。

 

ほかにもミート副産物、肉粉、ミートミールボーンなども肉副産物と同じようなものなので、これらの記載があるドッグフードは購入しないようにしましょう。

 

肉副産物を避ける方法にはもう一つあります。

 

日本ではドッグフードに使用する原材料を規制する法律はありませんが、アメリカやヨーロッパなどぺっと先進国は違います。

 

そういった国で法の下に製造されているドッグフードは安全です。

 

例えばアメリカでは国と州それぞれでドッグフードに関する規制をかけています。

 

人間の食品と同じレベルの規制が敷かれているのです。

 

また、アメリカ飼料検査官協会(AAFCO)が定めている肉副産物は、汚染されていないものを使用し、毛、角、歯、ひづめは含まないもの、ときちんと決まっています。

 

そしてAAFCOでは自らが給与試験を行い、通過しなければ合格をもらえません。

 

だから、AAFCO基準クリアと表記されているドッグフードは安全であるお墨付きがついているようなものです。 国産のドッグフードを与えるよりも、海外産のこうしたものを与えたほうが安心です。

 

肉副産物が含まれているドッグフードは犬に与えてはダメな理由まとめ

 

肉副産物とは、食肉部分を取り除いた残りの犬が食べられそうな部位を加工したもののことを言います。

 

しかし、日本ではドッグフードに関する法整備が遅れているので、業者の中には犬でも食べない部位を混入していたり、危険な4Dミートを混入しているところがあるのです。

 

これら危険な肉副産物が、どれほどドッグフード業界に出回っているかはわかりません。

 

しかし、肉副産物を検査する機関もなく、危険な部位で肉副産物を製造しても罰則もない日本では、すべての肉副産物をドッグフードから除外したほうが安全なのです。

 

肉副産物は食べてすぐに症状が出るというものではありません。

 

しかし、それ故いつどんな症状が出るのかわからないため恐ろしいものなのです。

 

愛犬に病気の肉や奇形の肉を食べさせたいですか? そんなの絶対にイヤという人は、ドッグフードの原材料表示をしっかり見て、肉副産物が含まれているものは購入しないように努めましょう。

 

また、犬に長生きしてもらう為には、安全性が高く健康的で品質の高いドッグフードがおすすめです。

 

 ドッグフードおすすめランキングBEST3

 

そこで、安全性が高く健康的で品質の高いドッグフードを選ぶ際の条件についてご紹介します。

 

 

失敗しない正しいドッグフードの選び方の6つのポイント

 

 

以前、当サイト管理人がドッグフードを選ぶ際、

 

  • TVCMで見かけた
  • スーパーやドラッグストア、コンビニで気軽に買える
  • 価格が安い

 

という、安易な考えてドッグフードを購入していたのですが、

 

  • ドッグフードを急に食べてくれなくなる
  • 毛並みや毛艶が悪くなる
  • ウンチが臭い/硬い
  • 皮膚が赤い/痒がる
  • 胃腸が弱くなる

 

などの行動や症状が出てきてしまい、なぜだか理由がわからず悩んでいた時期がありました・・・。

 

ネットで調べても原因がわからなかったので、獣医師さんに相談したところ

 

大量の穀物が含まれているドッグフードを与えていた

 

のが原因でした・・・。

 

その理由は、穀物が多く含まれる犬の餌を与え続けると消化不良になり、

 

  • 食物アレルギー
  • 胃腸の調子が悪くなり軟便になる
  • 消化が悪く食欲不振になる

 

といった原因になるからです。

 

それだけでなく、

 

胃の中でガスが溜まり胃捻転(胃がひねりまわってしまう病気)になり、他の臓器を圧迫し最悪死亡してしまう

 

こともあるという事を知りました・・・。

 

それだけでなく、価格が安いドッグフードには日持ちを良くするために、発がん性物質の酸化防止剤(BHA/BHT)が含まれますが

 

発がん性物質を体内に取り込む事で、発ガン性や歩行障害、呼吸困難、消化器官や内臓の出血

 

などの健康被害にあう確率も格段に増えるという事を知り、安易な考えでドッグフードを選んでいた事を非常に後悔しました・・・。

 

それなのにも関わらず、ロイヤルカナンなどのプレミアムフードと呼ばれる、高価なフードにもBHAやBHTが含まれているので、

 

犬の餌にドッグフードの購入を検討する場合は、原材料や成分表を細かくチェックする事が大切になります。

 

 

ドッグフードのおすすめランキングBEST3

 

 

そこで以前の当サイト管理人の様に、ドッグフード選びで悩んでいる飼い主さん向けに、獣医師さんからアドバイス頂いた、

 

失敗しない正しいドッグフードの選び方の6つのポイント

 

をご紹介したいと思います。

 

是非参考にしてください。

 

 

失敗しない正しいドッグフード選びの6つのポイント

 

 

栄養バランスが良い

 

犬の身体を丈夫に育てる為には、必要な栄養素がバランス良く配合されているドッグフードがおすすめです。

 

理想的な栄養素のバランスは、

 

  • 動物性たんぱく源が60%
  • ビタミン、ミネラルが40%

 

の最もバランスが良い6:4の黄金比率でブレンドされ

 

  • タンパク質22%~33%前後
  • 脂質10%~15%前後
  • 糖質35%~45%前後

 

含まれているドッグフードがおすすめです。

 

栄養バランスが偏ると

 

  • 毛並みが悪くなる
  • 抜け毛が多くなる
  • ウンチが固くなる
  • 涙やけができる

 

等、犬の健康上に問題が出てくるので、

 

犬の餌には栄養素がバランス良く配合されているドッグフードを選ぶのが最適です。

 

 

無添加ドッグフードである

 

 

今与えているドッグフードに

 

  • 酸化防止剤
  • 人工香料
  • 人工着色料
  • 4Dミート

 

など人工添加物や、◯◯ミート/◯◯パウダー等原材料が不明な肉副産物(4Dミート)が含まれていませんか???

 

酸化防止剤のBHAやBHTは発がん性物質です。

 

発がん性物質を与え続けることで、ガンを発症したりや血管や内臓からの出血やうっ血など、命の危険が高まります。

 

また、肉副産物である

 

  • 動物の死肉 DEAD
  • 病死した動物の肉 DISEASED
  • 死にかけの動物の肉 DYING
  • 障害のあった動物の肉 DISABLED

 

この4つのDの頭文字をとった品質の悪い4Dミートが含まれるドッグフードを与え続けると、

 

  • 毛並みや毛艶の悪化
  • 抜け毛が増える
  • ドッグフードを食べない・吐き出してしまう
  • 肌を痒がるなどのアレルギー症状が出る
  • 涙やけができる

 

などの症状を引き起こします。

 

その為、犬の餌に人工添加物が原材料や成分に含まれない無添加ドッグフードを与える事で、犬の健康を維持する事が可能になるのでおすすめです。

 

 

動物性たんぱく源が多い

 

 ※引用元 https://konaka-ah.com/index.php/page/protein

 

動物性たんぱく質は

 

  • 健康的で丈夫な犬の体作り
  • 艶のある綺麗な毛並み

 

に必要な栄養素です。

 

犬は本来肉食の為、原材料に肉を多く含むドッグフードを好む傾向があるので、

 

犬の餌には、主原料が肉で粗たんぱく質が50%以上含まれるドッグフードを基準に選ぶのがおすすめです。

 

 

穀物不使用のグレインフリー(グルテンフリー)である

 

 

グレインフリー(グルテンフリー)とは穀物を一切含まない事を意味しています。

 

犬は穀物を消化するのが苦手な生き物です。

 

※アミラーゼと呼ばれる穀物に含まれるデンプンを分解する消化酵素が唾液に含まれない為

 

市販の安いドッグフードには腹持ちを良くするため穀物を含む商品が多く存在しています。

 

穀物を食べ続けることで消化不良を起こし

 

  • 胃捻転を発症する
  • アレルギーの原因になる
  • お腹がゆるくなる

 

などトラブルを引き起こす原因になるので、犬の餌にはグレインフリー(グルテンフリー)タイプのドッグフードがおすすめです。

 

 

低炭水化物フードである

 

ヘルシーで低炭水化物なフードであれば、体重が大きく増え、ダイエットが必要になった場合に食事量の管理が楽というメリットがあります。

 

ヘルシーなフードである事で1回の食事での摂取カロリーを減らす事ができる為

 

高カロリー、高炭水化物なドッグフードの場合、人間と同様に、どんなに運動していても犬も太ります

 

ですが、犬の餌にサツマイモが含まれているとエネルギー消費に時間がかかり腹持ちがよくなり、

 

給餌量(餌の量)減らすことができ、ダイエットにも最適なのでおすすめです。

 

 

ドライフードである

 

 

カリカリのドライフードをよく噛んで食べる事で、

 

  • 歯周病の予防と対策
  • 給餌量を抑える
  • ボケ防止

 

が可能になります。

 

ウェットフードの場合、歯間や歯茎に食べかすが残り歯周病の原因になる為、食後のケア(歯磨きなど)が大事になりますが、

 

ドライフードであれば食べかすや歯石などを、食べながら取り除く事がでるので

 

食後のケアが楽になるというメリット

 

もあります。

 

その為、犬の餌にはウェットタイプのフードよりもドライタイプのドライフードがおすすめになります。

 

 

以上が、失敗しない正しいドッグフード選びに必要な6つのポイントになります。

 

市販ドッグフード比較表はこちら

 

そこで、失敗しない正しいドッグフード選びに必要な6つのポイントをもとにした、ドッグフードおすすめランキングBEST3をご紹介します。

 

 

ドッグフードおすすめランキングBEST3

rank1_a

モグワンドッグフード

無添加/グレインフリー/ドライフード/全犬種・全年齢(全ライフステージ)対応

総合評価
review_5

栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
主成分 内容量
チキン
サーモン
1.8kg
モグワンのおすすめポイント

モグワンは、

 

失敗しない正しいドッグフード選びの6つのポイント

 

をすべて満たしている、犬の健康を第一に考えて開発された、プレミアムドッグフードです。

 

モグワンの詳細記事はこちら

 

  • 獣医師も推薦する栄養バランス
  • 穀物不使用のグレインフリー
  • 全犬種全ライフステージ(全年齢)対応

 

で、犬の体を健康的で丈夫にする事ができ、子犬期〜シニア期まで一生涯与え続けることができるメリットもあります。

 

毎日の食事量管理も楽な、食いつきの良さ★★★★★のおすすめドッグフードです。

 

モグワン公式サイト

 

モグワンがドッグフードおすすめランキング1位の理由

 

rank2_a

カナガンドッグフード

無添加/グレインフリー/ドライフード/全犬種・全年齢(全ライフステージ)対応

総合評価
review_45

栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
主成分 内容量
チキン 2kg
カナガンの評価

 

モグワンとカナガンを比較

 

モグワンドッグフードと同様の品質の高さと安全性を持つ国産のプレミアムドッグフードで、全犬種/全ライフステージ(全年齢)にも対応しています。

 

でも、モグワンとカナガンを比較すると含まれる動物性たんぱく質が60%とモグワンより高カロリーで、

 

食いつきがモグワンドッグフードにくらべると悪かったので、2位です。

 

 

カナガン公式サイト

rank3_a

ネルソンズドッグフード

無添加/グレインフリー/ドライフード/全犬種対応

総合評価
review_4

栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
主成分 内容量
チキン 2kg
ネルソンズの評価ポイント

 

モグワンとネルソンズの比較

 

トップブリーダーが自身の愛犬の為に開発したプレミアムドッグフード。

 

グレインフリー/ヒューマングレードなので安全性も高いですが、モグワンやカナガンとネルソンズを比較すると動物性たんぱく質量が少ないのと、カロリーがやや高め。

 

食いつきもわるくなく信頼できるフードではあるのですが、7ヶ月〜7歳までのライフステージが限定されてしまい、

 

7歳を超えたら別のフードに切り替える必要があるので3位です。

 

ネルソンズ公式サイト

 

モグワンがドッグフードおすすめランキング1位の理由

 

少し前まで、犬の餌で人気が高く、多くの人に選ばれていたのはカナガンやネルソンズでしたが、

 

カナガンは

 

  • 個体によって食いつきの良さにばらつきがある
  • 少しカロリーが高め、でシニア犬には不安
  • 独特な香りが苦手な場合がある

 

というデメリットがあり、

 

ネルソンズドッグフードには

 

  • 動物性たんぱく源が足りない
  • 高カロリー
  • シニア期に切り替えが必要

 

というデメリットがありました。

 

その為、

 

「カナガンの品質の高さや安全性、栄養バランスの良さ等のメリットを生かしたまま、デメリットを補うドッグフードを開発したい!」

 

というカナガンスタッフの思いから開発されたのがモグワンドッグフードです。

 

カナガンとネルソンズのデメリットを補う

 

  • 理想的な食いつきの良さ
  • 栄養バランス
  • ヘルシーさ

 

を実現しています。

 

 

また、それだけでなく、モグワンは

 

  • 穀物を一切使用していないグレインフリー
  • 人工添加物が含まれない無添加ドッグフード
  • 獣医師も推薦する栄養バランス

 

なので、犬の健康を一番に考えられ、安心して与える事が出来るおすすめプレミアムドッグフードです。

 

 

モグワンドッグフードの公式販売サイト

 

 

 

モグワンドッグフードは犬が健康になるだけでなく、食いつきも良いドッグフードです!!

  • コンドロイチンとグルコサミンで足腰を強化できる
  • 毛並みや毛艶が綺麗になる
  • 消化に良くウンチの状態を改善できる
  • 品質が良く、涙やけ対策にもなる

 

というメリットがあるからこそ、モグワンドッグフードが今、多くの飼い主さんに選ばれています

 

 

購入後、疑問や質問についても、専門スタッフが親身になって対応してくれるので、アフターケアサービスも充実しています。

 

 

大切な家族を元気で長生きにしてくれるモグワンドッグフードが、今なら初回半額キャンペーン中です。

 

 

 

モグワンドッグフードの給餌量について
モグワンドッグフードへの切替方法について
モグワンドッグフードのコストパフォーマンスについて

 

 

 

-未分類

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.