ドッグフードの比較【安全性や国産/外国産など注意点やポイント】

 

ドッグフードを選ぶ時は、値段や商品ブランド、知名度、TVCMでみかけたもの、スーパーやドラッグストアで目についたものなど飼い主さんの価値観によって選んでいると思います。

 

ですが、

 

そういったドッグフードの選び方は、危険性のある原材料や成分を含む商品も多く、大変危険です。

 

ドッグフードを選ぶ場合は、各商品の原材料や成分を確認し、メリットデメリットに注意しながらドッグフードを比較し選ぶ必要があります。

 

とはいえ、原材料や成分表を確認だけでは、詳しいことは調べるのが大変ですよね・・・。

 

そこで、ドッグフードの比較の仕方と選び方についてわかりやすくご紹介したいと思います。

 

 >>犬の餌におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

 

ドッグフードは原材料で比較しよう

 

やはり一番チェックすべきポイントは、ドッグフードの原材料に何が含まれているのかです。犬にとって必要な栄養素を摂取できるか、また危険なものは入っていないのか、比較しつつ確認する必要があります。

 

ゆえに、原材料がはっきりと記載されていないドッグフードは未然に避けるべきです。

 

犬は肉食動物であるため、比較的肉を多く使用しているドッグフードが理想的です。肉ではなくても魚など動物性タンパク質を多く取ることができるものが最適です。逆に、植物性タンパク質のものは避けた方が無難です。

 

特に穀物類はあまりおすすめしません。

 

穀物類が多く含まれるドッグフードは原材料が安く保存も利くため、多くのドッグフードに使われています。

 

ただ、犬は穀物類を上手に消化することができません。

 

消化不良を起こしてしまったり、栄養をしっかりと吸収できないことが多いです。

 

犬によっては

 

  • 穀物アレルギーを引き起こす
  • 胃捻転の原因になる

 

など病気の原因になることもあります。

 

まずは、メインとなる原材料がドッグフードを比較するようにしましょう。

 

 >>犬の餌におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

 

ドッグフードの比較は添加物の有無もチェック

 

 

さらにドッグフードにおいて比較しておきたいのが人工添加物や肉副産物(4Dミート)が入っているかどうかです。

 

人口添加物とは、保存料、合成着色料、香料などのことを指します。

 

こうした添加物は、粗悪な原材料でも犬に食べやすくするために利用されることが多々あります。

 

例えば普通ではまずいようなドッグフードであっても、化学調味料を使って犬好みの味にする。

 

あるいは、香料を使って、犬が思わず食いつきたくなるようなニオイをつけるといったことです。

 

でも、こうした添加物は発がん性物質になり、犬の健康を害する危険が高いです。

 

また、肉副産物と呼ばれる4Dミートと呼ばれる

 

  • 動物の死肉 DEAD
  • 病死した動物の肉 DISEASED
  • 死にかけの動物の肉 DYING
  • 障害のあった動物の肉 DISABLED

 

の4つの頭文字Dをとった品質の悪い原材料の事を指します。

 

こういった肉副産物を与え続けると、ドッグフードを食べなくなり毛並みや毛艶など体調も悪くなる可能性が高まります。

 

その為、ドッグフードを選ぶ時は、まず無添加であるかどうか比較して選ぶとよいでしょう。

 

無添加でも販売しているのは、それだけ原材料が優れていて品質が高い表れでもあります。

 

保存期間はどうしても短くなりますが、犬のことを考え総合的に比較すると無添加ドッグフードが一番です。

 

 >>犬の餌におすすめなドッグフードランキングBEST3はこちら

 

 

「原材料」と「添加物の有無」最低限この二つを抑えておく

 

今回紹介した、「原材料」そして「添加物」、この二点で比較すればドッグフード選びで失敗することはまずないでしょう。

 

ただ安いから買う、パッケージが気に入ったから買うといったことではなく、ワンちゃんにとって本当に体によいドッグフードなのか見極めなければなりません。

 

ドッグフードの比較をすることは、他ならぬ大事なワンちゃんの健康につながります。

 

ドッグフードの比較なんて面倒、と思うこともあるかもしれませんがそれが飼い主さんがワンちゃんにできる、最大の配慮なのです。

 

 

また、ドッグフードの比較がしやすいようにおすすめドッグフードBEST3をご紹介します。参考にして下さい

 

ドッグフードおすすめランキングBEST3

モグワン

総合評価 : S

モグワンの評判

 

モグワンの評価

 

モグワンはチキンとサーモンがベースの栄養バランスが良い安心安全な無添加ドライフードです。

犬が消化しやすい穀物不使用のグレインフリーで食いつきもよく、愛犬の健康を維持することができるおすすめドッグフードです。

 

 
食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
主原料 内容量 フードタイプ
チキン
サーモン
1.8kg ドライフード

モグワンが今、75万人以上の愛犬家に選ばれている理由

 

 カナガン

総合評価 : A+

カナガンの評価

 

カナガンの評価

 

カナガンも品質の高さと安全性を持つ外国産のプレミアムドッグフードすが、モグワンよりも高たんぱくで、カロリーが高めに設定されています。

そのため、運動が大好きでカロリー消費が多い場合や、痩せ気味な時に、高たんぱくで飼い犬の体重を増やしたい場合におすすめなドッグフードです。

 

食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
不使用
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 2kg ドライフード

カナガンとモグワンの比較

 

ネルソンズ

総合評価 : A

ネルソンズの評価ポイント

 

ネルソンズの評価

 

ネルソンズもグレインフリー/ヒューマングレードなので安全性も高いですが、動物性たんぱく質量が若干少なくカロリーがやや高めのバランスで調整されています。

ライフステージが限定され7ヶ月〜7歳までしか与えることができませんが、パッケージが5kg〜と大容量で、小型〜中型犬でもよく食べる場合や、大型犬の飼い主さんに評価が高いプレミアムドッグフードです。

 

食いつき 栄養バランス 安全性
たんぱく質量 ヘルシーさ 穀物の有無
グレインフリー
主成分 内容量 フードタイプ
チキン 5kg ドライタイプ

ネルソンズとモグワンの比較

 

モグワンがカナガンやネルソンズよりもおすすめできる理由

 

カナガンもネルソンズも、品質や安全性が高いドッグフードですが、

カナガンの特徴
  • 個体によって食いつきにばらつきがある
  • 少しカロリーが高め
  • 独特な香りある
ネルソンズの特徴
  • 動物性たんぱく源が足りない
  • 高カロリー
  • シニア期に切り替えが必要

などがありますが、カナガンやネルソンズのデメリットをすべて補うだけでなく、

 

食いつきの良さ

も実感できるのがモグワンです。

 

 

モグワンは愛犬の健康によく、食いつきもいいのドッグフードです

 

今、モグワンが評価されているのは、愛犬の健康にいいだけでなく、その食いつきのよさです。

 

食いつきがよくなるよう、フードのかたさが調整されているので、かみごたえがあり、よくかんで食べることで腹もちがよくなります。

腹もちがよくなることで、すくないエサの量でも犬がまんぷくになるので、ホネやジャーキーなどのおやつ、チャオちゅーるのような補助食品を食べさせる必要もなくなるのでおサイフにもやさしい作りになっています。

 

愛犬の年齢と体重に合わせた量のモグワンを食べさせるだけで健康維持できるので、まさに一石二鳥ですね。

 

今では、モグワン効果!?でパサパサ気味だったうちの犬の見た目にも艶が戻り、少し太り気味だった顔つきや首元、体つきなどもだいぶスッキリしたので、モグワンに切り替えて本当に良かったと感じています。

また、モグワンのパッケージにはジッパーがついているので、食べる分だけを小分けにする必要もないので、てまをかけずにフードの鮮度を保つことができるのも嬉しいポイントです。

 

当サイト管理人もメインフードをモグワンにしてから1年ほど経ちましすが、病気することもなく、今でもモグワンが大好きで毎日ガツガツ食べてくれているので、本当にうれしいかぎりです。

 

リピーターも多く愛犬家が選ぶNo.1ドッグフードとして名高い「モグワン」は、

愛犬に「ずっと元気でいて欲しい」

と願うすべての飼い主さんに、一度試してみていただきたいと思うプレミアムドッグフードです。

 

 

 

Copyright© , 2020 AllRights Reserved.