実証!カナガンドッグフードとロイヤルカナンを比較してみました

カナガン ロイヤルカナン 比較

カナガンドッグフードとロイヤルカナンの比較

 

ネット通販で人気の「カナガンドッグフード」と「ロイヤルカナン」に含まれる原材料や成分を踏まえ、どちらが更に最適なドッグフードなのか比較してみました。

 

愛犬に与えるドッグフード選びで「カナガンドッグフード」と「ロイヤルカナン」のどちらがおすすめなのか、選択に迷っている飼い主さんは参考にして下さい。

 

カナガンドッグフードとロイヤルカナン、原材料比較

 

カナガンドッグフードとロイヤルカナン、どちらも認知度が高いドッグフードです。今回は宣伝文句に惑わされないようしっかりと検証していきます。

 

まず原材料を比較します。

 

カナガン ロイヤルカナン
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU、ビタミンD3 2,400IU、ビタミンE 240IU)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ 米、とうもろこし、家禽*ミート、植物性分離タンパク**、動物性脂肪、
加水分解動物性タンパク、ビートパルプ、植物性繊維、魚油、大豆油、フラクトオリゴ糖、ルリチシャ油、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、緑茶・ブドウ抽出物(ポリフェノール源)、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン、L-カルニチン、L-チロシン)、ポリリン酸ナトリウム、ゼオライト、ミネラル類(K、Cl、Ca、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、D3、コリン、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)*鶏、七面鳥

**超高消化性タンパク

主原料はすべて天然由来原料を使用しており、着色料を使用していない為、粒の色調等にばらつきがある場合がございますが、品質に問題はありませんので、安心してご利用ください。

 

パッケージなどに記載されている原材料はドッグフードに含まれている割合が多い順に書かれています。

 

カナガンドッグフードの主原料はチキン。サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモと野菜や海藻、ハーブなどが記載されています。穀物不使用ですべて自然のものが使われています。

 

次にロイヤルカナン(チワワ成犬用)を見ると主原料は米。続いてトウモロコシ、家禽ミート、植物性分離たんぱく、動物性脂肪…。

 

犬が消化が苦手な穀物がメインです。

 

また気になるのが酸化防止剤にBHAが使われているということ。これは発がん性リスクがある為犬の健康を考えるなら避けたほうが良い成分です。

 

こうしてみるとロイヤルカナンは不安点が多くあることが分かります。

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

カナガンドッグフードとロイヤルカナンの成分比較

 

次に成分を比較してみましょう。ドッグフードのパッケージには原材料と同様に必ず成分分析表が記載されています。

 

カナガン ロイヤルカナン
粗たんぱく質:33.00%
脂質 : 17.00%
粗灰分 : 9.00%
粗繊維 : 3.50%
炭水化物 : 32.5%
水分 : 8.50%
オメガ6脂肪酸 : 2.80%
オメガ3脂肪酸 : 0.90%
カルシウム : 1.86%
リン : 1.42%
エネルギー(100gあたり)/約361.25kcal

たんぱく質 : 28.0%
脂質 : 18.0%
粗繊維 : 3.0%
灰分 : 7.3%
水分 : 10.5%
食物繊維 : 7.6%
ビタミン(1kg中) : A 29.000 IU
                          :  D3 800 IU
                          : E 600mg
カロリー含有量 : 407 kcal/100g

 

ここでのチェックポイントは「たんぱく質がどれくらい含まれているか」です。

 

犬にとっては良質なたんぱく質が豊富に摂取できれば炭水化物などは必要ありません。

 

筋肉、血液、毛並みのもととなるため、健康を維持するためには非常に重要な成分です。

 

たんぱく質の割合はカナガンドッグフードは約33%、ロイヤルカナン(チワワ成犬用)は約26%。

 

成分で判断するとカナガンがより犬にあった栄養素が含まれていることが分かります。

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

「カナガンドッグフードとロイヤルカナン、コスパ比較」

 

ではコストパフォーマンスを比較するとどうでしょうか。カナガンドッグフードは公式サイトのみから購入可能で2kg3,960円。100gで換算すると約198円です。

 

ロイヤルカナンは販売店によって価格に差がありますが、チワワ成犬用の製品を見ると1.5kg2,770円程。100gで換算すると約185円です。

 

値段はロイヤルカナンの方が若干安いですが、原材料や成分を考慮するとコストパフォーマンスは良くありません。

 

また、カナガンは咀嚼(よく噛んで食べる)させる事ができる為、腹持ちも良く与える量も少なく出来る為、コストパフォーマンスはかなり良いです。

 

この金額を払うのであれば安全で安心できるカナガンドッグフードを選ぶべきでしょう。

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

カナガンドッグフードとロイヤルカナンの比較まとめ

 

今回カナガンとロイヤルカナンのドッグフードを比較して分かったことは、ドッグフードの内容をしっかりと確認すればどちらを選ぶべきかは一目瞭然であるということでした。

 

カナガンドッグフードの評判が良いのはこれでうなずけます。

 

犬が毎日口にするものに気を遣ってあげるだけで、犬は元気に長生きします。

 

あなたの大切な愛犬を守るために、犬が喜ぶドッグフードを選んであげてくださいね。

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

今、カナガンドッグフードが売れている理由と人気の秘密

11

 

  • 理想的な栄養バランス
  • グレインフリー
  • 無添加

 

の、カナガンドッグフードなら健康的で丈夫な体になり長生きできます。

  

 カナガンドッグフードを与えるメリット

 

  • 健康的で丈夫な体にできる
  • 綺麗で艶のある毛並みにできる
  • 足腰を強化できる
  • 胃腸の弱さを解消
  • 涙やけを解消
  • 食いつきの悪さを解消

 

だからこそ、今カナガンドッグフードが選ばれています

 

安価で品質の悪いドッグフードを与え続けると大切な家族の命が危険にさらされます。

 

早い段階で安全性が高く健康に良いカナガンドッグフードに切り替える事をおすすめします。

 

 

 

安全性が高く、健康で丈夫な体と綺麗で艶のある毛並みにできる

 

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.