カナガンドッグフードとプロプランのドッグフードを比較してみた

カナガン プロプラン 比較

「カナガンドッグフード」と「プロプラン」の比較

 

ネット通販で今人気の「カナガンドッグフード」と「プロプラン」を、特徴を踏まえながらどちらがおすすめできるドッグフードなのか比較してみました。

 

ドッグフード選びで悩んでいる飼い主さん向けにお話します。

 

 

カナガンドッグフードの原材料vsプロプランの原材料

 

カナガンドッグフード プロプラン
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、
サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、
エンドウタンパク、アルファルファ、
鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、
チキングレイビー1.6%、
サーモンオイル1.2%、ミネラル、
ビタミン(ビタミンA 16,250IU、ビタミンD3 
2,400IU、ビタミンE 240IU)、
グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、
ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、
コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、
マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

チキン、米、小麦、家禽ミール、コーングルテンミール、
とうもろこし、
油脂類(牛脂、植物性油脂)、大豆、大豆ミール、
フィッシュミール、
たんぱく加水分解物、卵、小麦アリューロン、
ミネラル類(カルシウム、
リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、
マンガン、亜鉛、
ヨウ素、セレン、硫黄)、グリセリン、
ビタミン類(A、D、E、B1、B2、
パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、
K、ビオチン、C)、
酸化防止剤(ミックストコフェロール)

 

カナガンドッグフードとプロプラン、どちらも世界各地にファンが多くいるドッグフードです。

 

口コミや評判も気になると思いますが、大切なのはきちんと自分の目で成分などを確認することです。

 

あなたはドッグフードを選ぶときに原材料を確認し、比較をしていますか?パッケージやメーカーのHPに記載されていますので必ずチェックしましょう。

 

カナガンドッグフードの原材料を見てみると、骨抜きチキン生肉、乾燥チキン、サツマイモ、えんどう豆などが入っています。野菜や海藻も入りバランスは良いですね。

 

プロプラン(成犬用チキン)の原材料を見てみると、チキン、米、小麦、家禽ミール、トウモロコシ、大豆などが入っています。

 

カナガンドッグフードもプロプランも新鮮な生肉を配合しているため、良質な動物性たんぱく質が多く含まれ、食い付きも良くなります。

 

しかしプロプランに含まれる家禽ミールは不安要素です。

 

一概に悪いとは言えませんが、製造過程の検査義務は無いため、人が口にできないような肉が含まれている可能性があるためです。

 

またプロプランには穀物が含まれています。犬は穀物の消化が苦手で良質なたんぱく質が摂れていれば必要ない材料です。

 

カナガンドッグフードは穀物不使用なのはかなり評価できるポイントです。

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

カナガンドッグフードの成分vsプロプランの成分

 

カナガンドッグフード プロプラン
粗たんぱく質:33.00%
脂質 : 17.00%
粗灰分 : 9.00%
粗繊維 : 3.50%
炭水化物 : 32.5%
水分 : 8.50%
オメガ6脂肪酸 : 2.80%
オメガ3脂肪酸 : 0.90%
カルシウム : 1.86%
リン : 1.42%
エネルギー(100gあたり)/約361.25kcal

粗たん白質 26%以上
粗脂肪 16%以上
粗繊維 3%以下
粗灰分 9%以下
水分 12%以下
代謝エネルギー 390Kcal/100g
オメガ3脂肪酸 0.1%
オメガ6脂肪酸 2.2%
カルシウム 1.0%
リン 0.8%
ナトリウム 0.5%
セレン 0.3%
ビタミンA 15,000IU/kg
ビタミンE 460IU/kg
ビタミンC 70mg/kg
グルタミン酸 1.0%
クエン酸 0.2%
グルコサミン 400ppm

 

次に成分を比較してみましょう。成分で重要なのはたんぱく質の比率です。

 

たんぱく質は血や筋肉を作り毛並みを健康的に保つ要素で多いほど良質なドッグフードと言えます。

 

カナガンドッグフードはたんぱく質が33.0%含まれているのに対して、プロプランの「成犬用チキン」は26.0%、同じく「小型犬子犬用」はやや高めに31%と製品によって違いはあります。

 

たんぱく質は犬の年齢に関わらず必要な栄養素であるため、カナガンドッグフードの比率は優秀です。

 

水分はカナガンドッグフードが8.5%であるのに対して、プロプランは12%。

 

水分が多いと痛みやすくなるためプロプランは保管方法をより考慮する必要があります。

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

カナガンドッグフードのコスパvsプロプランのコスパ比較

 

最後にコストパフォーマンスを比較してみましょう。

 

カナガンドッグフードは2kgで3,960円、プロプラン(成犬用チキン)は3kgで2,800円で販売されています。

 

1日に100g与えるとすると1日あたりの価格はカナガンドッグフードは約198円、プロプランは約93円です。

 

その値段は倍ほどの差がありますが、品質を考えるとプロプランのコスパが良いとは言えません。

 

原材料、成分ともに安心できるデータがあるカナガンドッグフードは総合的に考えてコストパフォーマンスがより優れていると考えられます。

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

カナガンドッグフードvsプロプラン、どちらが総合的におすすめなドッグフード?

 

ドッグフードにはそれぞれ特徴があります。犬の体躯の大きさや種類、年齢や健康状態に合わせたものを選んであげることがベストです。

 

カナガンドッグフードは一種類しか製品がありませんが、それはどんな犬にも適した原材料を使い栄養素が計算されているからという理由があります。

 

たとえ価格が少々張っても、それはそれだけの価値があるからなのです。

 

ライフステージ毎にドッグフードを切り替える作業が必要な場合、飼い主も犬も合わせるのが大変です。

 

ドッグフードの切り替えの大変さだけでなく、犬が健康で長生きするために一番良いフードを選んであげてくださいね。

 

カナガンドッグフードとプロプランのドッグフードを比較した場合、健康面でも、コストパフォーマンス面でもおすすめできるドッグフードは「カナガンドッグフード」です。

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

今、カナガンが売れている理由と人気の秘密

11

 

  • 理想的な栄養バランス
  • グレインフリー
  • 無添加

 

の、カナガンなら健康的で丈夫な体になり長生きできます。

  

 カナガンを与えるメリット

 

  • 健康的で丈夫な体にできる
  • 綺麗で艶のある毛並みにできる
  • 足腰を強化できる
  • 胃腸の弱さを解消
  • 涙やけを解消
  • 食いつきの悪さを解消

 

だからこそ、カナガンが今、選ばれています

 

安価で品質の悪いドッグフードを与え続けると大切な家族の命が危険にさらされます。

 

早い段階で安全性が高く健康に良いカナガンに切り替える事をおすすめします。

 

 

 

 

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.