カナガンドッグフードの評価や評判

ペット先進国のイギリスだからこそ生まれたカナガンドッグフード

ドッグフード おすすめ

 

イギリス生まれのプレミアムフード「カナガン」

 

イギリスはペット愛護先進国です。イギリス人は特に犬が大好きで、昔から多くの愛犬家が日々生活しています。愛犬家の人工が増えるにつれ、ペットに食べさせる食事も健康を第一に考え、日々改良されてきています。

だからこそ、イギリスで生まれたプレミアムドッグフードがあります。それがイギリス発祥の高品質ドッグフードの、「カナガン」なのです。

少しイギリスのペット事情について見ていきたいと思います。

カナガンの購入を検討されているペットオーナーさんは、当サイトの記事を参考にしてみていただけると嬉しいです。

 

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

 

イギリス国内でのペット事情

 

イギリス国民のほぼ半分となる46%の家庭で、何かしらのペットが飼われています。その中でも一番人気なのが、犬なのです。46%のうちの24%の家庭で犬が飼われており、その頭数の総数はイギリス国内900万頭以上とも言われているのです。※一家庭で多頭飼いしているケースが多い

 

日本のペット事情と比較してみると、日本には約1000万頭の犬が飼われていると言われております。

「なんだ、日本の方が多いじゃん」と思われた方は誤解しないでください。

なぜなら、イギリスの人口は日本の約半分です。そう、これだけでもイギリス人がいかに犬を愛しているのかがわかると思います。それだけにイギリスがペット王国といわれる理由です。

 

それはイギリス国内でオープンしているペットショップの形態にも表れてきています。

そもそもイギリスでは、ペットを店頭で販売していないのです。日本のように、たくさんのケースの中に観賞用として犬が入れられ、その中から好きな犬を購入し誰でも飼うことができるわけではないのです。

 

イギリスでは犬を飼いたいと思った人はまずカウンセリングを受ける必要があります。生活習慣や、誰が世話をするのか、犬を大切にする性格なのか、といった適正を厳密に審査され、その検査に合格した人だけが晴れてペットを迎い入れることができる法律があります。

これは国全体としてペット愛護の精神と意識が高く人間だけでなく犬猫など生き物に対する考え方が違うのです。

 

これにより、

「可愛いから」「ちょっと飼ってみようと思った」など、衝動的に購入してしまう人や、「子どもが飼いたいとうるさいので」などの事情だけでよく考えずにペットを購入してしまう人がいないため、飼育放棄をする人を未然に防いだり、野良犬になってしまうことを防止することに繋がっています。

 

こうしたイギリス国内のペット愛護文化が、より犬を大切にする人を増やし、愛犬家を育てているといえます。

そのようなペット愛護精神の元、愛犬の健康を第一に考え、原材料や栄養バランス、成分値まで細かく必要な栄養素やバランスなどすべてを考えに考えて作られたのが「カナガン」なのです。

 

➤➤カナガンドッグフードのレビュー記事はこちら

 

 

イギリス特有の国内事情から生まれた「カナガン」

カナガンドッグフード

 

そんなイギリスの国内環境の中で生まれたペットフードなのですから、犬の健康に関することをしっかりと考えている商品であることは間違いありません。

穀物を一切使わないグレインフリーであることや、高タンパク質で野菜やハーブも配合されていること。そして、高い栄養素があることからも、犬にとって優しい食べ物であることが分かります。

 

「すべての愛犬の為に」というコンセプトのもと、研究や開発が進められている「カナガン」だからこそ、今や世界中で多くの愛犬家に愛されているドッグフードを生み出せたのだと思います。

 

昔から、犬と人間の間に深い関係性と信頼関係を築いてきたイギリスで愛されている商品なのですから、それだけで品質の高さが見て取れると思います。

これからも犬と大切にしていきたい、そして楽しく一緒に過ごしたいと考えている方にこそ、もっとカナガンのことを知ってほしいと思っています。

 

今、カナガンが売れている理由と人気の秘密

11

 

  • 理想的な栄養バランス
  • グレインフリー
  • 無添加

 

の、カナガンなら健康的で丈夫な体になり長生きできます。

  

 カナガンを食べさせるメリット

 

  • 健康的で丈夫な体にできる
  • 綺麗で艶のある毛並みにできる
  • 足腰を強化できる
  • 胃腸の弱さを解消
  • 涙やけを解消
  • 食いつきの悪さを解消

 

だからこそ、カナガンが今、選ばれています

 

カナガンの購入はこちら

 

-カナガンドッグフードの評価や評判

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.