比較すると分かる?!カナガンドッグフードとサイエンスダイエット、どっちがいいの?

カナガン サイエンスダイエット 比較

カナガンドッグフードとサイエンスダイエットを比較してみました

 

ネット通販で人気のある「カナガンドッグフード」と「サイエンスダイエット」の特徴を踏まえ、どちらが最適でおすすめできるドッグフードなのか比較しました。

 

ドッグフード選びの参考にしてください。

 

カナガンドッグフードとサイエンスダイエット、原材料を比較してみた

 

ドッグフードを購入するうえで大切なのは原材料を確認することです。CMやメーカーのうたい文句に惑わされないよう、各メーカーの原材料を比較してみましょう。

 

今回はカナガンドッグフードとサイエンスダイエットを比べてみます。

 

カナガンドッグフード サイエンスダイエット
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU、ビタミンD3 2,400IU、ビタミンE 240IU)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ トウモロコシ、小麦、トリ肉(チキン、ターキー)、動物性油脂、コーングルテン、トリ肉エキス、植物性油脂、ビートパルプ、ポークエキス、亜麻仁、米、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、リジン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)
※代謝エネルギー 373kcal/100g

 

カナガンドッグフードはグレインフリー(穀物不使用)ドッグフードのため、メインは肉です。

 

原材料はチキン、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、海藻やハーブも含まれています。炭水化物はあまり含まれていません。

 

次にサイエンスダイエットを見てみましょう。サイエンスダイエットは犬の状態別に多くの製品がラインナップされています。

 

今回は成犬用のフードを見てみます。

 

トウモロコシ、小麦、トリ肉、動物性油脂、コーングルテン…。原材料で一番多いのがトウモロコシなのが気になります。

 

肉食である犬は穀物を消化するのが苦手だからです。

理想的な栄養バランスで栄養の偏りを解消できる

 

カナガンドッグフードの販売サイトはこちら

カナガンドッグフードとサイエンスダイエットの成分比較すると…やっぱりカナガンドッグフードが良い

 

次に成分を比較したいと思います。

 

カナガンドッグフード サイエンスダイエット
粗たんぱく質:33.00%
脂質 : 17.00%
粗灰分 : 9.00%
粗繊維 : 3.50%
炭水化物 : 32.5%
水分 : 8.50%
オメガ6脂肪酸 : 2.80%
オメガ3脂肪酸 : 0.90%
カルシウム : 1.86%
リン : 1.42%
エネルギー(100gあたり)/約361.25kcal
オメガ3脂肪酸 0.51%
オメガ6脂肪酸 3.69%
粗蛋白質 33.0%以上
粗脂肪 13.0%以上
粗繊維 3.0%以下
粗灰分 9.0%以下
水分 8.5%以下
ビタミンE  400IU/kg以上
ビタミンC  85mg/kg以上

 

カナガンドッグフードは粗たんぱく質が33.0%、脂質17.0%、粗灰分9.0%、水分8.5%などです(100gあたり約361.25kcal)。

 

サイエンスダイエットは粗たんぱく質が22.0%、粗脂肪13.0%、粗灰分5.5%、水分10.0%等です(100gあたり約373kcal)。

 

ドッグフードで最も大切な成分はたんぱく質です。

 

たんぱく質が少ないと毛艶が無くなったり、パサつきの原因にもなり、筋力が低下してしまいます。

 

たんぱく質は25%以上のものが犬にとって良いバランスとなるため、カナガンドッグフードは非常に良い成分バランスだと言えます。

安全性が高く安心して与えることができる健康フード

 

カナガンドッグフードの販売サイトはこちら

コストパフォーマンスはカナガンドッグフードとサイエンスダイエットのどっちが良い?

 

カナガンドッグフードは2kgで3,960円で、例えば1日100g与えるとすれば約198円です。

 

一方でサイエンスダイエット成犬用1.7kgは2,018円、1日100g与えるとすれば約119円です。

 

単純に金額を見るとサイエンスダイエットの方がお得ですが、主成分が穀物と考えるとむしろ高いと感じませんか。

 

犬によっては食いつきが悪いことがあり、他におやつやサプリメントで栄養補給させる事を考えると余計に食費がかかります。

 

総合的にコストパフォーマンスを考えるとカナガンドッグフードに軍配が上がります!

犬の体を丈夫にし、毛並みや毛艶の悪さを改善できる

 

カナガンドッグフードの販売サイトはこちら

犬の健康を考えるなら…カナガンドッグフードを選びたい!!

 

サイエンスダイエットは製品ラインナップも多く犬に合わせたフードを選ぶことができます。

 

認知度も高いため売れ行きも悪くないようですが、その原材料や成分を知って本当にサイエンスダイエットを選びますか?

 

もちろん犬によって好みや体質が違うためサイエンスダイエットを与えて元気な犬もいるでしょう。

 

でもあなたが本当に犬のことを考えるなら良質な肉を豊富に使ったカナガンドッグフードをおすすめします。

 

安全性が高く健康になり、体も丈夫になる

今、カナガンドッグフードが売れている理由と人気の秘密

11

 

  • 理想的な栄養バランス
  • グレインフリー
  • 無添加

 

の、カナガンドッグフードなら健康的で丈夫な体になり長生きできます。

  

 カナガンドッグフードを与えるメリット

 

  • 健康的で丈夫な体にできる
  • 綺麗で艶のある毛並みにできる
  • 足腰を強化できる
  • 胃腸の弱さを解消
  • 涙やけを解消
  • 食いつきの悪さを解消

 

だからこそ、今カナガンドッグフードが選ばれています

 

安価で品質の悪いドッグフードを与え続けると大切な家族の命が危険にさらされます。

 

早い段階で安全性が高く健康に良いカナガンドッグフードに切り替える事をおすすめします。

 

 

 

安全性が高く、健康で丈夫な体と綺麗で艶のある毛並みにできる

 

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.