ドッグフードの比較!これを読んだあなたはどっちを選ぶ?カナガンvsウェルネス

カナガン ウェルネス 比較

「カナガンドッグフード」と「ウェルネス」の比較

 

ネット通販で今人気の「カナガンドッグフード」と「ウェルネス」を、特徴を踏まえながらどちらがおすすめできるドッグフードなのか比較してみました。

 

ドッグフード選びで悩んでいる飼い主さん向けにお話します。

 

カナガンドッグフードとウェルネス、原材料を比較

 

カナガンドッグフード ウェルネス
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、
サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、
エンドウタンパク、アルファルファ、
鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、
チキングレイビー1.6%、
サーモンオイル1.2%、ミネラル、
ビタミン(ビタミンA 16,250IU、ビタミンD3 
2,400IU、ビタミンE 240IU)、
グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、
ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、
コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、
マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

骨抜きチキン、チキンミール、オートミール、粗挽き大麦、
粗挽き玄米、ライ麦粉、トマトポマス、
鶏脂(ミックストコフェロールで酸化防止)、白身魚、
トマト、チキンエキス、にんじん、粗挽き亜麻仁、粗挽ききび、
ほうれん草、さつまいも、りんご、ブルーベリー、チコリ根抽出物、
ガーリックパウダー、ラクトバチルス・プランタルム
エンテロコッカス・フェシウム、ラクトバチルス・カゼイ
ラクトバチルス・アシドフィラス、ユッカ抽出物、
グルコサミン塩酸塩、コンドロイチン硫酸、
ビタミン類(E、コリン、ナイアシン、ベータカロテン、
A、B1、パントテン酸、B6、B、D3、ビオチン、B12、葉酸、C)、
ミネラル類(炭酸カルシウム、リン酸一水素カルシウム、
塩化カリウム、亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、
鉄タンパク化合物、硫酸第一鉄、硫酸銅、
銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、
亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、
アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、
ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)乳酸菌

 

カナガンドッグフードとウェルネス、どちらも悪い評判はあまり無く、ドッグフード選びをしている方は迷うかもしれません。

 

ここでは口コミなどに頼らずしっかりとドッグフードの内容を確認し、評価していきたいと思います。

 

まず製品パッケージやHPに記載されている原材料を比較します。

 

カナガンドッグフードは、チキン、サツマイモ、エンドウ豆、じゃがいも…他にも野菜、海藻、ハーブが含まれており、全て人が口にしても問題のない高品質なものです。

 

次にウェルネスを見てみます。

 

スタンダードな成犬用のタイプを見てみると、原材料はチキン、チキンミール、オートミール、粗びきオオムギ、粗びき玄米、ライ麦粉…と明記されています。

 

どちらも主原料となるチキンは高品質な肉を使用しており高く評価できます。

 

ウェルネスは穀物が含まれていますが、穀物不使用の製品も用意されているため、消化やアレルギーの面で不安があればそちらを選ぶと良いと思います。

 

またウェルネスの○○ミールというのは、製造工場に粉の状態で入荷されたものを加えているためそれがどんなものか把握しづらいのが現状。

 

良質な○○ミールもあるため避けるべきものとは言い難いですが、不安要素の一つとして考えてください。

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

カナガンドッグフードとウェルネス、成分を比較

 

カナガンドッグフード ウェルネス
粗たんぱく質:33.00%
脂質 : 17.00%
粗灰分 : 9.00%
粗繊維 : 3.50%
炭水化物 : 32.5%
水分 : 8.50%
オメガ6脂肪酸 : 2.80%
オメガ3脂肪酸 : 0.90%
カルシウム : 1.86%
リン : 1.42%
エネルギー(100gあたり)/約361.25kcal

粗たんぱく質 22.0%以上
粗脂肪 12.0%以上
粗繊維 4.0%以下
粗灰分 5.7%以下
水分 11.0%以下
カルシウム 1.1%以上
リン 0.8%以上
ビタミンE 400IU/kg以上
オメガ-6脂肪酸 2.7%以上
オメガ-3脂肪酸 0.4%以上
グルコサミン 250mg/kg以上
コンドロイチン硫酸 200mg/kg以上
ベータカロテン 5mg/kg以上
タウリン 0.09%以上
総乳酸菌※数 4.3×104CFU/g以上
※ラクトバチルス・プランタルム、
エンテロコッカス・フェシウム、
ラクトバチルス・カゼイ、
ラクトバチルス・アシドフィラス

 

原材料とともに成分表も確認しましょう。成分表を見るとどんな栄養がどのくらいの割合で入っているかが分かります。

 

ここでのチェックポイントはたんぱく質。ドッグフードは高たんぱく質であればあるほど良質なフードと言えるため必ず見ましょう。

 

カナガンドッグフードの粗たんぱく質は約33.0%、ウェルネスは22.0%以上と記載されています。

 

成分の視点で見るとカナガンドッグフードがより良いフードであることが分かりますね。

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

「カナガンドッグフードとウェルネス、コスパを比較

 

価格を含めたコストパフォーマンスを比べてみましょう。

 

カナガンドッグフードは2kgで3,960円(100gあたり約198円)、ウェルネス(成犬用チキン&オートミール)は2.7kgで4,150円程(100gあたり154円)で購入できます。

 

値段はウェルネスの方が安いのですが、品質などを総合的に考えるとカナガンドッグフードは非常にコストパフォーマンスが良いドッグフードであることが分かります。

 

ウェルネスは販売店が少なく手に入れることが難しい場合もあるため、公式サイトで確実に購入できるカナガンドッグフードは良心的です。

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

本当におすすめできるのはウェルネスよりもカナガンドッグフード

 

カナガンドッグフードとウェルネスのドッグフードを比較するとどちらも品質にこだわっていることが分かります。

 

ただ不安要素と価格を考慮するとカナガンドッグフードに軍配が上がります。

 

あなただったらどちらを選びますか?あなたが本当に犬の健康を考えるならあなた自身が口にしても問題のないくらい安心できるフードを選んであげてくださいね。

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

今、カナガンが売れている理由と人気の秘密

11

 

  • 理想的な栄養バランス
  • グレインフリー
  • 無添加

 

の、カナガンなら健康的で丈夫な体になり長生きできます。

  

 カナガンを食べさせるメリット

 

  • 健康的で丈夫な体にできる
  • 綺麗で艶のある毛並みにできる
  • 足腰を強化できる
  • 胃腸の弱さを解消
  • 涙やけを解消
  • 食いつきの悪さを解消

 

だからこそ、カナガンが今、選ばれています

 

 

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.