「カナガン」と「アイムス」のドッグフードの品質を比較してみました

canagan アイムス 比較

 

「カナガン」と「アイムス」の比較

 

ネット通販で今人気の「カナガン」と「アイムス」を、特徴を踏まえながらどちらがおすすめできるのかドッグフードを比較してみました。

どのドッグフードを愛犬に食べさせるべきか悩んでいる健康志向な愛犬家さんに、カナガンとアイムスのどちらがおすすめできるドッグフードなのかをわかりやすくご紹介しています。

参考になると嬉しいです。

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

カナガンとアイムス、まずは原材料を比較

 

人気ドッグフードのカナガンとアイムスを比較する上で、まず気になるのが原材料だと思います。それぞれどんな原材料を含んでいるドッグフードなのか確認しながら比較してみます。

 

ドッグフードの原材料を確認することは、犬の健康維持のためにとても大切なことです。原材料はパッケージの欄やHPで必ずチェックしましょう!原材料は入っている量が多い順に記載されています。

 

カナガンドッグフード アイムス
チキン生肉26%、乾燥チキン25%、
サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、

エンドウ豆タンパク、アルファルファ、
チキンオイル3.1%、乾燥卵3.1%、

チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、
グルコサミン、
メチルスルフォニルメタン(MSM)、
リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、

オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、
コンドロイチン硫酸、カモミール、

セイヨウハッカ、マリーゴールド、
クランベリー、アニス、コロハ

ミネラル類(鉄、亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン)、
ビタミン類(A、D3、E)

家禽類(チキン、ターキー、他)、トウモロコシ粉、
粗びきコムギ、動物性油脂、乾燥ビートパルプ、
粗びきグレインソルガム、粗びきオオムギ、鶏エキス、乾燥卵、
発酵用乾燥酵母、フラクトオリゴ糖、亜麻仁、食塩、
ビタミン類(E、C、A、パントテン酸カルシウム、
ビオチン、B1、B12、ナイアシン、B2、
イノシトール、B6、D3、葉酸、塩化コリン)、
ミネラル類(塩化カリウム、炭酸カルシウム、
ヘキサメタリン酸ナトリウム、
硫酸第一鉄、酸化亜鉛、
硫酸マンガン、硫酸銅、
酸化マンガン、
ヨウ化カリウム、
炭酸コバルト)、L-リシン塩酸塩、DL-メチオ ニン、
酸化防止(ローズマリー抽出物)

 

まずカナガンは、チキン、サツマイモ、エンドウ豆、じゃがいも…と続き、穀物は入っていません。野菜、海藻、ハーブなども含まれています。

次にアイムス(成犬用チキン)は、家禽類(チキン、ターキー他)、トウモロコシ粉、粗びき小麦、動物性油脂…と続きます。

 

アイムスについては「類」「他」と書かれていると人が口にできない品質の良くない肉副産物※が使われていることが多々あります。

 

※4Dミートと呼ばれる動物の死肉など品質の悪い素材

 

また2番目に書かれているのがトウモロコシ粉。個体によっては問題ないケースもありますが、穀物は犬が消化不良を起こし食物アレルギーになりやすいため注意が必要です。

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

「カナガン」と「アイムス」のドッグフード成分比較

canagan アイムス 比較

 

成分はたんぱく質、脂質、繊維、灰分(ミネラル)、水分の最低5種類は表記されています。そこで確認しておきたい成分は「タンパク質」の量ですね。

基準値は22%以上と定められていますが、動物性たんぱく源が多く含まれるほど、犬の体質に合った良質なフードであることが分かります。

 

カナガンドッグフード アイムス
タンパク質29%以上、
脂質15%以上、
粗繊維5.25%以下、
灰分11.25%以下、
水分9%以下、
オメガ6脂肪酸2.8%、
オメガ3脂肪酸0.9%、
カルシウム1.86%、
リン1.42%
エネルギー(100gあたり)376kcal
たんぱく質 25.0%以上
脂質 14.0%以上
水分 10.0%以下
粗繊維 4.0%以下
灰分 9.9%以下
オメガ-6脂肪酸 1.5%以上
オメガ-3脂肪酸 0.15%以上

 

カナガンは粗タンパク質が33.0%で、それに対してアイムスは25.0%。どちらも基準値はクリアしていますが、カナガンはアイムスに比べ、数値が高い高たんぱく質フードです。

そのため、カナガンの方が愛犬の体を丈夫にすることができ、メイン原材料が動物性たんぱく源であることで消化もいいので健康的です。

 

動物性たんぱく源は犬にとって筋肉強化や毛並みの維持のためにも重要な栄養素なので可能な限り少しでも動物性たんぱく質の量が多く含まれるドッグフードを選択するようにするのがおすすめです。

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

「カナガンドッグフードとアイムスを比較した際にコストパフォーマンスがより優れているのは?」

canagan アイムス 比較

 

最後にコストパフォーマンスはカナガンとアイムスでどちらが良いのか比較してみましょう。

 

カナガンは販売しているのは一種類で、2kgで3,960円(100gあたり約198円)です。アイムスは犬の成長や状態に合わせたフードが20種類展開されています。

一般的な「成犬用チキン」を見ると1.8kgで1,166円(100gあたり約65円)です。値段だけを見るとアイムスは非常に安価で、食欲のある犬を飼っている飼い主に特に支持されていることもうなずけます。

 

この価格である程度の品質を保てていることは評価すべきポイントですが、やはり原材料を合わせて考えると、品質の悪い素材が含まれている為、お勧めは出来ません。

コストパフォーマンスを取るか愛犬の健康を取るかじっくり比較検討してみてください。

 

 >>愛犬の健康を維持できるドッグフード選びのポイント

 

まとめ「総合評価で判断する本当のおすすめフードはカナガンとアイムスのどっち?」

 

カナガンとアイムスの

 

ドッグフードを比較

 

をした結果、おススメしたいのはやはりカナガンです。

 

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

 

ドッグフードにそんなにお金をかけられないと安い方を選んでいる方…おやつ代や医療費はどれくらいかかっていますか?

品質の良いフードをあげればおやつや他の食べ物は必要なくなりますし、犬が健康になることによって病気にもかかりにくくなります。

 

大切な犬のために、是非間違いのない判断をしてあげてください。

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

今、カナガンが売れている理由と人気の秘密

11

 

  • 理想的な栄養バランス
  • グレインフリー
  • 無添加

 

の、カナガンなら健康的で丈夫な体になり長生きできます。

  

 カナガンを食べさせるメリット

 

  • 健康的で丈夫な体にできる
  • 綺麗で艶のある毛並みにできる
  • 足腰を強化できる
  • 胃腸の弱さを解消
  • 涙やけを解消
  • 食いつきの悪さを解消

 

だからこそ、カナガンが今、選ばれています

 

カナガンの購入はこちら

 

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.