「カナガンドッグフード」と「アイムス」のドッグフードの品質を比較してみました

canagan アイムス 比較

 

「カナガンドッグフード」と「アイムス」の比較

 

ネット通販で今人気の「カナガンドッグフード」と「アイムス」を、特徴を踏まえながらどちらがおすすめできるのかドッグフードを比較してみました。

 

ドッグフード選びで悩んでいる飼い主さん向けにお話します。

 

参考にして下さい。

 

カナガンドッグフードとアイムス、まずは原材料を比較

 

人気ドッグフードのカナガンドッグフードとアイムスを比較する上で、まず気になるのが原材料だと思います。

 

それぞれどんな原材料を含んでいるドッグフードなのか確認しながら比較してみたいと思います。

 

ドッグフードの原材料を確認することは、犬の健康維持のためにとても大切なことです。

 

原材料はパッケージの欄やHPで必ずチェックしましょう!原材料は入っている量が多い順に記載されています。

 

カナガンドッグフード アイムス
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、
サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、
エンドウタンパク、アルファルファ、
鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、
チキングレイビー1.6%、
サーモンオイル1.2%、ミネラル、
ビタミン(ビタミンA 16,250IU、ビタミンD3 
2,400IU、ビタミンE 240IU)、
グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、
ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、
コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、
マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

家禽類(チキン、ターキー、他)、トウモロコシ粉、
粗びきコムギ、動物性油脂、乾燥ビートパルプ、
粗びきグレインソルガム、粗びきオオムギ、鶏エキス、乾燥卵、
発酵用乾燥酵母、フラクトオリゴ糖、亜麻仁、食塩、
ビタミン類(E、C、A、パントテン酸カルシウム、
ビオチン、B1、B12、ナイアシン、B2、
イノシトール、B6、D3、葉酸、塩化コリン)、
ミネラル類(塩化カリウム、炭酸カルシウム、
ヘキサメタリン酸ナトリウム、
硫酸第一鉄、酸化亜鉛、
硫酸マンガン、硫酸銅、
酸化マンガン、
ヨウ化カリウム、
炭酸コバルト)、L-リシン塩酸塩、DL-メチオ ニン、
酸化防止(ローズマリー抽出物)

 

今回はカナガンドッグフードとアイムスを比較してみます。

 

まずカナガンドッグフードは、チキン、サツマイモ、エンドウ豆、じゃがいも…と続き、穀物は入っていません。

 

野菜、海藻、ハーブなども含まれています。

 

次にアイムス(成犬用チキン)は、家禽類(チキン、ターキー他)、トウモロコシ粉、粗びき小麦、動物性油脂…と続きます。

 

チキンは多く含まれていることは安心ですが、「類」「他」と書かれていると人が口にできない品質の良くない肉が使われていることがあります。

 

また2番目に書かれているのがトウモロコシ粉。これはアレルギーになりやすいため注意が必要です。

 

「カナガンドッグフード」と「アイムス」のドッグフード成分比較

 

成分はたんぱく質、脂質、繊維、灰分(ミネラル)、水分の最低5種類は表記されています。

 

そこで確認しておきたい成分は「タンパク質」。

 

基準値は22%以上と定められていますが、これは多いほど犬の体質に合った良質なフードであることが分かります。

 

それではそれぞれの成分を比較していきましょう。

 

カナガンドッグフード アイムス
粗たんぱく質:33.00%
脂質 : 17.00%
粗灰分 : 9.00%
粗繊維 : 3.50%
炭水化物 : 32.5%
水分 : 8.50%
オメガ6脂肪酸 : 2.80%
オメガ3脂肪酸 : 0.90%
カルシウム : 1.86%
リン : 1.42%
エネルギー(100gあたり)/約361.25kcal
たんぱく質 25.0%以上
脂質 14.0%以上
水分 10.0%以下
粗繊維 4.0%以下
灰分 9.9%以下
オメガ-6脂肪酸 1.5%以上
オメガ-3脂肪酸 0.15%以上

 

カナガンドッグフードは粗タンパク質が33.0%で、それに対してアイムスは25.0%。(「粗」とは「大体」と言う意味です。)

 

どちらも基準値はクリアしていますが、カナガンドッグフードはアイムスに比べより高たんぱく質フードになっています。

 

筋肉や毛並みの健康維持のためにもタンパク質が多いフードを選んであげましょう。

 

「カナガンドッグフードとアイムスを比較した際にコストパフォーマンスがより優れているのは?」

 

最後にコストパフォーマンスはどちらが良いのか比較してみましょう。

 

カナガンドッグフードは販売しているのは一種類で、2kgで3,960円(100gあたり約198円)です。

 

アイムスは犬の成長や状態に合わせたフードが20種類展開されています。

 

一般的な「成犬用チキン」を見ると1.8kgで1,166円(100gあたり約65円)です。

 

値段だけを見るとアイムスは非常に安価で、食欲のある犬を飼っている飼い主に特に支持されていることもうなずけます。

 

この価格である程度の品質を保てていることは評価すべきポイントですが、やはり原材料を合わせて考えると、品質の悪い素材が含まれている為、お勧めは出来ません。

 

たとえある程度の金額がかかっても犬が口にしても安心な良質なものを選んであげるべきです。

 

まとめ「総合評価で判断する本当のおすすめフードはカナガンドッグフードとアイムスのどっち?」

 

カナガンドッグフードとアイムスの

 

ドッグフードを比較

 

をした結果、おススメしたいのはやはりカナガンドッグフードです。

 

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

 

ドッグフードにそんなにお金をかけられないと安い方を選んでいる方…おやつ代や医療費はどれくらいかかっていますか?

 

品質の良いフードをあげればおやつや他の食べ物は必要なくなりますし、犬が健康になることによって病気にもかかりにくくなります。

 

大切な犬のために、是非間違いのない判断をしてあげてください。

➤➤カナガンドッグフードが今売れている6つの理由

今、カナガンドッグフードが売れている理由と人気の秘密

11

 

  • 理想的な栄養バランス
  • グレインフリー
  • 無添加

 

の、カナガンドッグフードなら健康的で丈夫な体になり長生きできます。

  

 カナガンドッグフードを与えるメリット

 

  • 健康的で丈夫な体にできる
  • 綺麗で艶のある毛並みにできる
  • 足腰を強化できる
  • 胃腸の弱さを解消
  • 涙やけを解消
  • 食いつきの悪さを解消

 

だからこそ、今カナガンドッグフードが選ばれています

 

安価で品質の悪いドッグフードを与え続けると大切な家族の命が危険にさらされます。

 

早い段階で安全性が高く健康に良いカナガンドッグフードに切り替える事をおすすめします。

 

 

 

安全性が高く、健康で丈夫な体と綺麗で艶のある毛並みにできる

 

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.